【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173917.html
娘に嫉妬する嫁の心理

娘に嫉妬する嫁の心理 | LADYCO

LADYCO
娘に嫉妬する嫁の心理

娘に嫉妬する嫁の心理とはどんなことが考えられるのでしょうか。

  • 若さを羨ましいと感じている
  • 自由なところが羨ましい
  • お肌がツルツルだから
  • 身近な同性だから
  • 夫からの愛情を独り占めにしてるから
  • 自分と比較しているから
  • 今の時代と昔の時代は違うから
  • 若いと何をしても許されるから
  • 同じ遺伝子を感じるから
  • 考える時間があるから

1. 若さを羨ましいと感じている

若さを羨ましいと感じている

必然的に嫁より娘の方が年齢が若いことになります。

若いと未来への選択肢が何通りもあり、どんなことも出来ます。

ですが結婚して所帯に身を置いてしまうと、選択肢が限られてしまうのでどこか窮屈さを感じてしまいます。

年齢は覆すことが出来ないのでどうしようもないです。

そんなもどかしさから嫉妬心が生まれてしまいます。

ですが歳を重ねた者にしかわからない事もたくさんあります。

経験を生かしこれからの人生はより楽しむように、様々な場所へ出かけてみるのも良いです。

2. 自由なところが羨ましい

自由なところが羨ましい

カラオケ、旅行、恋人とデートなど楽しい事をしている娘をいいなと感じてしまいます。

自由であり、縛り付けているものが何もないので嫉妬してしまいます。

また同じように体験したいと考えていますが、そういうことにはいきません。

同じ年頃の時もっと自由に遊んでおけばよかったなと思い返している事もあります。

ですが今からでも遅くありません。

したい事はする姿勢を忘れずに、毎日を充実して楽しいものへ変化させていきましょう。

3. お肌がツルツルだから

お肌がツルツルだから

自分よりも肌がツルツルなので嫉妬してしまいます。

良い化粧品を使ってもカバー出来ないこともあり、若い肌を羨んでいます。

もっと綺麗になりたいという願いが行き過ぎてしまうと娘に対して嫉妬心を抱いてしまう事があります。

また、今の時代がより進化して肌を10代のように再生出来ないかなと考えていることもあります。

このような場合、自分自身をまずは受け入れる姿勢が大切で、より化粧で美しくなってやろうと大きな野望を持つのことで生活にメリハリが出ます。

4. 身近な同性だから

身近な同性だから

一番近くにいる同性だからです。

女性は自分と誰かを比較して落ち込んでしまう傾向がある生き物です。

それが血縁者であっても同じです。

女という括りがあるのでつい無意識のうちに比べてしまってはどうしようもないことに嫉妬します。

息子や夫に対してあまり嫉妬しないのも特徴です。

同性同士でしか分かち合えないことも あり、今後はそのような発見していけるような生活を送る事が大切です。

5. 夫からの愛情を独り占めにしてるから

夫からの愛情を独り占めにしてるから

結婚して子供を産むと夫からの愛情を独り占めにしていたのに、その愛情が娘に向けられてしまう事もあります。

そのギャップによって羨ましいという気持ちが募ります。

寂しがり屋な奥さんに多く、もっと構って欲しいなという欲求の現れでもあります。

逆に娘が夫ばかりと仲良くしても同じように嫉妬してしまい、自分が一番じゃないとモヤモヤとした気持ちを感じてしまいます。

このような場合、趣味や夢中になれる事を見つけると緩和され愛情を一番に求めようとしなくなります。

6. 自分と比較しているから

自分と比較しているから

自分の子供時代と無意識のうちに比較しているからです。

娘の方が頭が良ければ、凄いという感情が先に来ず、羨ましいという感情が真っ先に来てしまいます。

このような気持ちを和らげるには娘を自分の分身のように思う事です。

過度に分身だと思うと縛り付けてしまうので、敵では無くチーム、ライバル同士ではないことをまずは理解します。

7. 今の時代と昔の時代は違うから

今の時代と昔の時代は違うから

昔の時代よりも今の時代は便利で娯楽にあふれています。

また欲しいものを直ぐに手に入れる事ができるので、我慢をする事も少ないです。

そんな時代の変化を通して嫉妬しています。

昔は昔なりに良いところがあるのですが、極端に視野が狭いと羨ましいという気持ちでいっぱいになりがちです。

このような場合、自分の子供時代にハマった事、昔の楽しかった思い出を浮かべる事で気持ちが安定しやすくなります。

また割り切る勇気も必要です。

8. 若いと何をしても許されるから

若いと何をしても許されるから

年齢が幼ければ幼いほど失敗をしても許されます。

それは普通のことなのですが、その事実が羨ましく思います。

このような考えを持つ妻は小さい頃厳しく育てられた傾向があります。

なので夫が優しく抱きしめてあげるなど肯定する姿勢を見せる事が大切です。

無条件に許し、味方になってくれるんだとわかればその考えも自然と消えて無くなります。

9. 同じ遺伝子を感じるから

同じ遺伝子を感じるから

人によっては同族嫌悪を感じ、より似ている娘に負の感情を感じることがあります。

このような人は自分に対して強いコンプレックスを感じている事が多いです。

なのでコンプレックスを感じる必要はないという事を言葉や態度で教えてあげる必要があります。

優しく温かい態度で接する事で、徐々にコンプレックスを感じないような思考に戻ります。

10. 考える時間があるから

負の感情を抱くのは考える時間があるからです。

手が空いた時に道々と思考を巡りやすく時間が経てば経つほどネガティブな考えに行き届きます。

このような傾向が強い人は、他のことを考える暇もないくらい難しい問題を解くなど思考の空き時間を少なくしましょう。

そうすることで優しい目で娘を見る事ができ、負の感情を抱くことも無くなってきます。

娘に嫉妬する嫁の心理とはどんなことが考えられるのでしょうか。


若さを羨ましいと感じている

必然的に嫁より娘の方が年齢が若いことになります。

若いと未来への選択肢が何通りもあり、どんなことも出来ます。

ですが結婚して所帯に身を置いてしまうと、選択肢が限られてしまうのでどこか窮屈さを感じてしまいます。

年齢は覆すことが出来ないのでどうしようもないです。

そんなもどかしさから嫉妬心が生まれてしまいます。

ですが歳を重ねた者にしかわからない事もたくさんあります。

経験を生かしこれからの人生はより楽しむように、様々な場所へ出かけてみるのも良いです。

自由なところが羨ましい

カラオケ、旅行、恋人とデートなど楽しい事をしている娘をいいなと感じてしまいます。

自由であり、縛り付けているものが何もないので嫉妬してしまいます。

また同じように体験したいと考えていますが、そういうことにはいきません。

同じ年頃の時もっと自由に遊んでおけばよかったなと思い返している事もあります。

ですが今からでも遅くありません。

したい事はする姿勢を忘れずに、毎日を充実して楽しいものへ変化させていきましょう。

お肌がツルツルだから

自分よりも肌がツルツルなので嫉妬してしまいます。

良い化粧品を使ってもカバー出来ないこともあり、若い肌を羨んでいます。

もっと綺麗になりたいという願いが行き過ぎてしまうと娘に対して嫉妬心を抱いてしまう事があります。

また、今の時代がより進化して肌を10代のように再生出来ないかなと考えていることもあります。

このような場合、自分自身をまずは受け入れる姿勢が大切で、より化粧で美しくなってやろうと大きな野望を持つのことで生活にメリハリが出ます。

身近な同性だから

一番近くにいる同性だからです。

女性は自分と誰かを比較して落ち込んでしまう傾向がある生き物です。

それが血縁者であっても同じです。

女という括りがあるのでつい無意識のうちに比べてしまってはどうしようもないことに嫉妬します。

息子や夫に対してあまり嫉妬しないのも特徴です。

同性同士でしか分かち合えないことも あり、今後はそのような発見していけるような生活を送る事が大切です。

夫からの愛情を独り占めにしてるから

結婚して子供を産むと夫からの愛情を独り占めにしていたのに、その愛情が娘に向けられてしまう事もあります。

そのギャップによって羨ましいという気持ちが募ります。

寂しがり屋な奥さんに多く、もっと構って欲しいなという欲求の現れでもあります。

逆に娘が夫ばかりと仲良くしても同じように嫉妬してしまい、自分が一番じゃないとモヤモヤとした気持ちを感じてしまいます。

このような場合、趣味や夢中になれる事を見つけると緩和され愛情を一番に求めようとしなくなります。

自分と比較しているから

自分の子供時代と無意識のうちに比較しているからです。

娘の方が頭が良ければ、凄いという感情が先に来ず、羨ましいという感情が真っ先に来てしまいます。

このような気持ちを和らげるには娘を自分の分身のように思う事です。

過度に分身だと思うと縛り付けてしまうので、敵では無くチーム、ライバル同士ではないことをまずは理解します。

今の時代と昔の時代は違うから

昔の時代よりも今の時代は便利で娯楽にあふれています。

また欲しいものを直ぐに手に入れる事ができるので、我慢をする事も少ないです。

そんな時代の変化を通して嫉妬しています。

昔は昔なりに良いところがあるのですが、極端に視野が狭いと羨ましいという気持ちでいっぱいになりがちです。

このような場合、自分の子供時代にハマった事、昔の楽しかった思い出を浮かべる事で気持ちが安定しやすくなります。

また割り切る勇気も必要です。

若いと何をしても許されるから

年齢が幼ければ幼いほど失敗をしても許されます。

それは普通のことなのですが、その事実が羨ましく思います。

このような考えを持つ妻は小さい頃厳しく育てられた傾向があります。

なので夫が優しく抱きしめてあげるなど肯定する姿勢を見せる事が大切です。

無条件に許し、味方になってくれるんだとわかればその考えも自然と消えて無くなります。

同じ遺伝子を感じるから

人によっては同族嫌悪を感じ、より似ている娘に負の感情を感じることがあります。

このような人は自分に対して強いコンプレックスを感じている事が多いです。

なのでコンプレックスを感じる必要はないという事を言葉や態度で教えてあげる必要があります。

優しく温かい態度で接する事で、徐々にコンプレックスを感じないような思考に戻ります。

負の感情を抱くのは考える時間があるからです。

手が空いた時に道々と思考を巡りやすく時間が経てば経つほどネガティブな考えに行き届きます。

このような傾向が強い人は、他のことを考える暇もないくらい難しい問題を解くなど思考の空き時間を少なくしましょう。

そうすることで優しい目で娘を見る事ができ、負の感情を抱くことも無くなってきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-