【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173914.html
結婚に妥協したくない男女の心理

結婚に妥協したくない男女の心理 | LADYCO

LADYCO
結婚に妥協したくない男女の心理

結婚に妥協したくない男女の心理10選をまとめました。

  • 相手に求める条件が高い
  • 仕事が忙しく余裕がない
  • プライドが高い
  • 親が厳しい
  • 二次元が好き
  • 好条件の相手とばかりつきあってきた
  • 自分の年齢を考えていない
  • 結婚生活では自分が優位にたちたい
  • 自分で何でもできる
  • ナルシスト

1. 相手に求める条件が高い

相手に求める条件が高い

男女ともに、相手に求める条件が高すぎて、その分相手が減ってしまい、結婚するチャンスを逃してしまいます。

特に男性は、若くてかわいい子がいいと思っていますが、それとは反比例するように自分は30代、40代と年齢を重ねてしまい、取り返しのつかないことになるケースが少なくありません。

結婚に妥協したくない女性の多くは、どうしようもできないことへの条件が厳しいのが特徴となっています。

特に、長男は嫌だ。

家庭環境などさまざまな条件があり、その人の内面は後回しとなっています。

こういった女性は、限りなく100点に近い男性を求めていますから、結婚は難しいでしょう。

最近は、晩婚化が進んでいますから、30歳を超えていてもそれほど珍しくはありませんが、現実的には、結婚適齢期の男性からは、30代以上の女性は結婚相手としては除外されることが多いので、理想の条件はある程度妥協することが大切です。

30代になると、婚活の競争も激しくなりますから、20代の頃に積極的に婚活をすることをおすすめします。

2. 仕事が忙しく余裕がない

仕事が忙しく余裕がない

仕事が忙しくて、結婚を考える余裕がないという人も多く、社会的地位やプライド、お金を持っているような場合には、一人でも十分やっていくことができますから、今すぐに結婚をしようとは思っていません。

3. プライドが高い

プライドが高い

他人にあわせることが嫌いで、自分の意見は曲げない性格で、プライドが高い。

また、他人の意見を全くきこうとしないのが、結婚に妥協したくない男女の特徴といえます。

こういった人は、自分の時間や価値観、趣味などを最優先して、相手がどう思っているのかは二の次にするため、恋愛面ではうまくいかないことが多いといえます。

プライドが全くないと、だめ男だめ女とつきあってしまう可能性はありますが、プライドが高すぎると恋愛はうまくいかないことが多く、結婚も難しいといえます。

4. 親が厳しい

親が厳しい

結婚相手は有名企業の人でないとだめや、高学歴の人でないとだめなどといった親が結婚相手に求める条件が厳しい人もいます。

こういった人というのは、職業や収入などで相手を選ぶ傾向が強く、親離れできていないケースも少なくありません。

こういった人は、結婚も妥協したくないと思っています。

良家に生まれた子供は、結婚相手に対して理想が高い人が多く、代々続く名家の場合には、小さい頃からよい条件の異性と結婚すれば、幸せになれると思って育っていますから、無条件によい条件の異性を探してしまいます。

5. 二次元が好き

二次元が好き

男女問わず、二次元の異性に理想を求めてしまうため、現実の恋愛にはあまり興味がない場合もあります。

こういった人というのは、結婚に妥協したくないというよりも現実の恋愛をするのも難しいといえます。

オタクの人というのは、現実の恋愛にも高い理想をもってしまいがちですから、男性の場合は二次元の女性のようにナイスバディな女性を求めていたり、女性の場合は王子様のような相手を求めていますから、そもそも結婚は難しいでしょう。

あまりにも二次元にのめり込みすぎてしまうと、幸せを逃してしまいます。

6. 好条件の相手とばかりつきあってきた

好条件の相手とばかりつきあってきた

結婚に妥協したくないという人の多くは、今までの恋愛が、女性の場合は高学歴や高収入、イケメンで、男性の場合は、美人で頭脳が聡明、料理もうまいなど好条件な人とばかりつきあってきたおかげで、平凡な人には見向きもしなくなり、どんどん結婚相手に求める条件が高くなっていってしまいます。

理想を求めていても、どんどん自分は年齢を重ねていきますから、ますます出会える相手は少なくなっていってしまいます。

7. 自分の年齢を考えていない

自分の年齢を考えていない

若い頃にもててきた人というのは、そのときの優越感を忘れることができず、いつまで経っても若いときのように理想が高いままでいます。

いつまでも若いときのようにもてるわけではありませんから、妥協しないと本当に結婚相手を見つけることは難しいといえます。

8. 結婚生活では自分が優位にたちたい

結婚生活では自分が優位にたちたい

結婚に妥協できない男性の多くは、結婚相手を選ぶ際、自分が優位に立ちたいと思っています。

ただ、最近の女性は働いている人も多く、夫も同じように家事をするのは当たり前だという考えをもっていますから、対等な関係を求めています。

そのため、自分が優位に立ちたいという考えを改めないと、結婚は難しいでしょう。

9. 自分で何でもできる

自分で何でもできる

家事や料理などが得意な男性というのは、結婚相手に求める条件も高く、料理や家事はできて当たり前だという考えをもっています。

当然理想が高くなってしまい、恋愛相手が見つかったとしても長続きしないため、結婚には結びつきません。

10. ナルシスト

ナルシストの人は、基本的に自分が一番好きですから、妥協点は見つからず、本気で結婚しようという相手は現れません。

どんなに素敵な相手が見つかったとしても、少しでも気に入らない一面を見てしまうと、すぐに別れてしまうという人も少なくありません。

結婚に妥協したくない男女の心理10選をまとめました。


相手に求める条件が高い

男女ともに、相手に求める条件が高すぎて、その分相手が減ってしまい、結婚するチャンスを逃してしまいます。

特に男性は、若くてかわいい子がいいと思っていますが、それとは反比例するように自分は30代、40代と年齢を重ねてしまい、取り返しのつかないことになるケースが少なくありません。

結婚に妥協したくない女性の多くは、どうしようもできないことへの条件が厳しいのが特徴となっています。

特に、長男は嫌だ。

家庭環境などさまざまな条件があり、その人の内面は後回しとなっています。

こういった女性は、限りなく100点に近い男性を求めていますから、結婚は難しいでしょう。

最近は、晩婚化が進んでいますから、30歳を超えていてもそれほど珍しくはありませんが、現実的には、結婚適齢期の男性からは、30代以上の女性は結婚相手としては除外されることが多いので、理想の条件はある程度妥協することが大切です。

30代になると、婚活の競争も激しくなりますから、20代の頃に積極的に婚活をすることをおすすめします。

仕事が忙しく余裕がない

仕事が忙しくて、結婚を考える余裕がないという人も多く、社会的地位やプライド、お金を持っているような場合には、一人でも十分やっていくことができますから、今すぐに結婚をしようとは思っていません。

プライドが高い

他人にあわせることが嫌いで、自分の意見は曲げない性格で、プライドが高い。

また、他人の意見を全くきこうとしないのが、結婚に妥協したくない男女の特徴といえます。

こういった人は、自分の時間や価値観、趣味などを最優先して、相手がどう思っているのかは二の次にするため、恋愛面ではうまくいかないことが多いといえます。

プライドが全くないと、だめ男だめ女とつきあってしまう可能性はありますが、プライドが高すぎると恋愛はうまくいかないことが多く、結婚も難しいといえます。

親が厳しい

結婚相手は有名企業の人でないとだめや、高学歴の人でないとだめなどといった親が結婚相手に求める条件が厳しい人もいます。

こういった人というのは、職業や収入などで相手を選ぶ傾向が強く、親離れできていないケースも少なくありません。

こういった人は、結婚も妥協したくないと思っています。

良家に生まれた子供は、結婚相手に対して理想が高い人が多く、代々続く名家の場合には、小さい頃からよい条件の異性と結婚すれば、幸せになれると思って育っていますから、無条件によい条件の異性を探してしまいます。

二次元が好き

男女問わず、二次元の異性に理想を求めてしまうため、現実の恋愛にはあまり興味がない場合もあります。

こういった人というのは、結婚に妥協したくないというよりも現実の恋愛をするのも難しいといえます。

オタクの人というのは、現実の恋愛にも高い理想をもってしまいがちですから、男性の場合は二次元の女性のようにナイスバディな女性を求めていたり、女性の場合は王子様のような相手を求めていますから、そもそも結婚は難しいでしょう。

あまりにも二次元にのめり込みすぎてしまうと、幸せを逃してしまいます。

好条件の相手とばかりつきあってきた

結婚に妥協したくないという人の多くは、今までの恋愛が、女性の場合は高学歴や高収入、イケメンで、男性の場合は、美人で頭脳が聡明、料理もうまいなど好条件な人とばかりつきあってきたおかげで、平凡な人には見向きもしなくなり、どんどん結婚相手に求める条件が高くなっていってしまいます。

理想を求めていても、どんどん自分は年齢を重ねていきますから、ますます出会える相手は少なくなっていってしまいます。

自分の年齢を考えていない

若い頃にもててきた人というのは、そのときの優越感を忘れることができず、いつまで経っても若いときのように理想が高いままでいます。

いつまでも若いときのようにもてるわけではありませんから、妥協しないと本当に結婚相手を見つけることは難しいといえます。

結婚生活では自分が優位にたちたい

結婚に妥協できない男性の多くは、結婚相手を選ぶ際、自分が優位に立ちたいと思っています。

ただ、最近の女性は働いている人も多く、夫も同じように家事をするのは当たり前だという考えをもっていますから、対等な関係を求めています。

そのため、自分が優位に立ちたいという考えを改めないと、結婚は難しいでしょう。

自分で何でもできる

家事や料理などが得意な男性というのは、結婚相手に求める条件も高く、料理や家事はできて当たり前だという考えをもっています。

当然理想が高くなってしまい、恋愛相手が見つかったとしても長続きしないため、結婚には結びつきません。

ナルシストの人は、基本的に自分が一番好きですから、妥協点は見つからず、本気で結婚しようという相手は現れません。

どんなに素敵な相手が見つかったとしても、少しでも気に入らない一面を見てしまうと、すぐに別れてしまうという人も少なくありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-