【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173911.html
自分の子が可愛すぎる瞬間10選

自分の子が可愛すぎる瞬間10選 | LADYCO

LADYCO
自分の子が可愛すぎる瞬間10選

自分の子が可愛すぎると感じる瞬間とはどんな時でしょうか?

10選で見てみましょう。

  • 無意識にくっついてくる時
  • 一緒に寝ようと言ってくる時
  • 相談事をしてくれる時
  • 叱られている時のしょんぼりした様子
  • ご褒美やご馳走に大喜びしている時
  • お願い事が子供っぽい時
  • 空気を読んでくれる時
  • おなかいっぱい食べている時
  • 眠っている時
  • 言い訳がバレバレな時

1. 無意識にくっついてくる時

無意識にくっついてくる時

ソファーに座っている時やお昼寝の時など、おいでと呼んでいないのに無意識にくっついてくる我が子はペットみたいで可愛らしいと感じさせます。

ついよしよしなでてあげたくなるほど。

いつまでも子離れできない瞬間です。

子供は自分の興味がなくなるとまた別の人のところへぱっと行ってしまうこともあり、ますますペットみたいで追いかけたくなりますね。

2. 一緒に寝ようと言ってくる時

一緒に寝ようと言ってくる時

一人で寝れるようになった我が子でもたまには一緒に寝たいと言ってくる時もあり、そんな時はまだまだ甘えん坊だなと可愛らしさを感じます。

怖いテレビを見た時や大晦日などの夜更かしをした日にはここぞとばかりにそう言って甘えそうですね。

「自分で寝れるでしょ?」などと言いながらも親は甘えられると弱いのでちょっと嬉しかったりもします。

3. 相談事をしてくれる時

相談事をしてくれる時

ある程度大きくなって学校の話をしてくれなくなったなと感じていた時に相談事をしてくれる我が子の様子はかわいいなと感じます。

また、幼い我が子からささやかな相談をされるのも和みます。

親は頼られることで自分の存在価値を感じ、我が子の弱さを感じます。

その時に可愛い我が子を守ってあげたいという本能が大きく働きます。

4. 叱られている時のしょんぼりした様子

叱られている時のしょんぼりした様子

小さい我が子が親に叱られてしょんぼりしている様子も不謹慎ではありますが可愛い姿です。

もっと大きくなってからでもむすっと怒られて静かに聞いている姿もまた可愛いもの。

親はいくつになっても子供は子供として見ている部分があるので、たとえ素直にごめんなさいが言えない歳になってしまっても怒られることを受け入れてくれるだけで可愛いなと思えるのです。

しょんぼりした我が子に叱りながら長いまつげが可愛いなとか、涙が美しいななどと感じたりもしています。

5. ご褒美やご馳走に大喜びしている時

ご褒美やご馳走に大喜びしている時

子供はご褒美やご馳走に大喜びしてはしゃぎますね。

その様子が見たくて何かにつけてご褒美を設定してしまうだめな親も多くいます。

また、ご馳走で喜ぶ姿を見たいからつい料理を作りすぎてしまうことも。

子供は子供らしくこんなことではしゃいでもらえると親としても子供の精神状態が安定しているのを感じてほっとしたりもするものです。

6. お願い事が子供っぽい時

お願い事が子供っぽい時

妙に子供っぽいお願い事をされた時に可愛いなぁと感じることもあります。

「好きなものを買ってあげる」と言っているのに安いお菓子などだったり、叶いそうなお願い事をさも大そうなことのように深刻に話してくる姿は謙虚で可愛いですね。

子供は常に親の顔色を伺っています。

だから自然と叶いそうなお願い事を選ぶようにもなってしまいます。

そんな健気さが可愛らしくてついもっと喜ばせたいとも思ってしまうのです。

7. 空気を読んでくれる時

空気を読んでくれる時

夫婦喧嘩をしているとそっと場所を変えてくれたり、体調が悪そうな時にそっと布団をかけてくれるなど、子供は意外と空気を呼んで親が喜ぶことをしてくれる時があります。

そんな時どんな親だってありがたいと感じるだけではなくその子供の心の美しさを感じて感動し、可愛いなぁと思います。

あまりにも空気を読みすぎて遠慮ばかりしている子供は逆に何を考えているかわからずに不安にさせますが、いつもちょっとわがままな我が子がひと気の利くことをしてくれる時は「やるな!」と見直すものです。

できる我が子に感動して可愛さも増します。

8. おなかいっぱい食べている時

おなかいっぱい食べている時

子供にはおなかいっぱい食べて欲しいと思うもの。

特に料理を作る母親はそう思っています。

だからこそ美味しいと言ってくれなくてもそう思っているのが見てわかるくらいぱくぱくと食べてもらえると嬉しくてたまりません。

ほっぺにご飯粒をつけながらむしゃむしゃ食べる子供の姿はとっても癒されて可愛らしい姿です。

本人からするとただ夢中で食べているだけでも親はそんな子供の元気な様子が大好きです。

9. 眠っている時

眠っている時

眠っている時の子供の寝顔はいくつになってもとっても可愛いものです。

寝言も可愛いですし、寝相の悪さだって愛らしくもあります。

相手がこちらを意識していない分、観察しながら癒されている親も多いのではないでしょうか。

すやすや眠る我が子を見ながら赤ちゃんの頃を思い出したりすることも。

親はいつまでも子供の子供らしい姿を見て可愛いなと感じているのです。

10. 言い訳がバレバレな時

子供はバレバレな言い訳や嘘をついて難を逃れようとすることもあり、親としてはイライラしたりもしますがあまりにもバレバレな時はまだまだ幼い我が子にほっとしつつも可愛らしさを感じます。

これが気づかないくらい上手になったら... と不安にも感じていますから、まだまだそれが下手なら幼さを感じて怒る気もちょっと薄まってしまったり。

しかし、ずる賢いとただイライラする親もいますし子供の年齢にもよります。

可愛いでしょ?と自分の武器にはできません。

自分の子が可愛すぎると感じる瞬間とはどんな時でしょうか?

10選で見てみましょう。


無意識にくっついてくる時

ソファーに座っている時やお昼寝の時など、おいでと呼んでいないのに無意識にくっついてくる我が子はペットみたいで可愛らしいと感じさせます。

ついよしよしなでてあげたくなるほど。

いつまでも子離れできない瞬間です。

子供は自分の興味がなくなるとまた別の人のところへぱっと行ってしまうこともあり、ますますペットみたいで追いかけたくなりますね。

一緒に寝ようと言ってくる時

一人で寝れるようになった我が子でもたまには一緒に寝たいと言ってくる時もあり、そんな時はまだまだ甘えん坊だなと可愛らしさを感じます。

怖いテレビを見た時や大晦日などの夜更かしをした日にはここぞとばかりにそう言って甘えそうですね。

「自分で寝れるでしょ?」などと言いながらも親は甘えられると弱いのでちょっと嬉しかったりもします。

相談事をしてくれる時

ある程度大きくなって学校の話をしてくれなくなったなと感じていた時に相談事をしてくれる我が子の様子はかわいいなと感じます。

また、幼い我が子からささやかな相談をされるのも和みます。

親は頼られることで自分の存在価値を感じ、我が子の弱さを感じます。

その時に可愛い我が子を守ってあげたいという本能が大きく働きます。

叱られている時のしょんぼりした様子

小さい我が子が親に叱られてしょんぼりしている様子も不謹慎ではありますが可愛い姿です。

もっと大きくなってからでもむすっと怒られて静かに聞いている姿もまた可愛いもの。

親はいくつになっても子供は子供として見ている部分があるので、たとえ素直にごめんなさいが言えない歳になってしまっても怒られることを受け入れてくれるだけで可愛いなと思えるのです。

しょんぼりした我が子に叱りながら長いまつげが可愛いなとか、涙が美しいななどと感じたりもしています。

ご褒美やご馳走に大喜びしている時

子供はご褒美やご馳走に大喜びしてはしゃぎますね。

その様子が見たくて何かにつけてご褒美を設定してしまうだめな親も多くいます。

また、ご馳走で喜ぶ姿を見たいからつい料理を作りすぎてしまうことも。

子供は子供らしくこんなことではしゃいでもらえると親としても子供の精神状態が安定しているのを感じてほっとしたりもするものです。

お願い事が子供っぽい時

妙に子供っぽいお願い事をされた時に可愛いなぁと感じることもあります。

「好きなものを買ってあげる」と言っているのに安いお菓子などだったり、叶いそうなお願い事をさも大そうなことのように深刻に話してくる姿は謙虚で可愛いですね。

子供は常に親の顔色を伺っています。

だから自然と叶いそうなお願い事を選ぶようにもなってしまいます。

そんな健気さが可愛らしくてついもっと喜ばせたいとも思ってしまうのです。

空気を読んでくれる時

夫婦喧嘩をしているとそっと場所を変えてくれたり、体調が悪そうな時にそっと布団をかけてくれるなど、子供は意外と空気を呼んで親が喜ぶことをしてくれる時があります。

そんな時どんな親だってありがたいと感じるだけではなくその子供の心の美しさを感じて感動し、可愛いなぁと思います。

あまりにも空気を読みすぎて遠慮ばかりしている子供は逆に何を考えているかわからずに不安にさせますが、いつもちょっとわがままな我が子がひと気の利くことをしてくれる時は「やるな!」と見直すものです。

できる我が子に感動して可愛さも増します。

おなかいっぱい食べている時

子供にはおなかいっぱい食べて欲しいと思うもの。

特に料理を作る母親はそう思っています。

だからこそ美味しいと言ってくれなくてもそう思っているのが見てわかるくらいぱくぱくと食べてもらえると嬉しくてたまりません。

ほっぺにご飯粒をつけながらむしゃむしゃ食べる子供の姿はとっても癒されて可愛らしい姿です。

本人からするとただ夢中で食べているだけでも親はそんな子供の元気な様子が大好きです。

眠っている時

眠っている時の子供の寝顔はいくつになってもとっても可愛いものです。

寝言も可愛いですし、寝相の悪さだって愛らしくもあります。

相手がこちらを意識していない分、観察しながら癒されている親も多いのではないでしょうか。

すやすや眠る我が子を見ながら赤ちゃんの頃を思い出したりすることも。

親はいつまでも子供の子供らしい姿を見て可愛いなと感じているのです。

子供はバレバレな言い訳や嘘をついて難を逃れようとすることもあり、親としてはイライラしたりもしますがあまりにもバレバレな時はまだまだ幼い我が子にほっとしつつも可愛らしさを感じます。

これが気づかないくらい上手になったら... と不安にも感じていますから、まだまだそれが下手なら幼さを感じて怒る気もちょっと薄まってしまったり。

しかし、ずる賢いとただイライラする親もいますし子供の年齢にもよります。

可愛いでしょ?と自分の武器にはできません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-