【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173835.html
若禿に共通する悩み10選

若禿に共通する悩み10選 | LADYCO

LADYCO
若禿に共通する悩み10選

若禿に共通する悩みを10選まとめました。

  • おしゃれができない
  • 彼女ができない
  • 周りの目が気になる
  • 直射日光や電灯が怖い
  • 帽子が必須
  • 同窓会に行けない
  • 似合う髪型がない
  • 何事にもネガティブ思考になる
  • 薄毛治療費がかかる
  • 性格が暗い

1. おしゃれができない

おしゃれができない

10代や20代の若者なら、おしゃれを楽しみたいのがふつうですが、若禿の場合は、似合うおしゃれは限られてしまいます。

どんなにおしゃれな服をきても、薄毛というだけでおしゃれに見えなくなってしまい、周囲から禿のくせにと思われているのではないかとマイナス思考になり、おしゃれを楽しむことができなくなってしまいます。

2. 彼女ができない

彼女ができない

若禿の人は、薄毛のために自分に自信がなく、恋愛関係では不利な状況で挑まざるをえません。

特に、若い女性は見た目を重視する人が多いので、薄毛はかなりのマイナスポイントと言わざるをえません。

どんなに好きな人ができたとしても、自分なんかと思って告白できず、ずっと彼女ができないままという人も少なくありません。

どんなに内面を磨いても、禿げていることで彼女ができにくいのが現実です。

3. 周りの目が気になる

周りの目が気になる

中年以降のハゲは、それほど気にはなりませんが、若い人のハゲというのはかなり目立ってしまい、つい見てしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

そういった周囲の目を気にしてしまい、若禿の人はまずますコンプレックスに感じてしまいます。

頭頂部が薄い人の場合、立っている時には見えなくても、座ると上からハゲが見えてしまいます。

学校や会社に電車を利用する場合、至近距離で上から見られることもありますから、神経がすり減ってしまい、目的地につく頃には疲れきってしまいます。

周囲の目を気にしてしまい、精神的も押しつぶされてしまうこともあり、引きこもりにもつながってしまいます。

4. 直射日光や電灯が怖い

直射日光や電灯が怖い

日光や電灯の下では、ハゲが目立ってしまいます。

自分では少し薄くなってきたと思っていた人でも、電灯の下で自分の頭皮を見ると、かなり地肌が透けて見えてしまい、ショックを受けたという人も少なくありません。

特に、蛍光灯の下では、2倍は禿げて見えるとも言われています。

5. 帽子が必須

帽子が必須

禿げを隠すには帽子が必須ですが、店内でも帽子をかぶっていると、禿ですと自分で言っているようなものなので、おしゃれなレストランには入りづらく、かえって目立ってしまいます。

また、長時間ずっと帽子をかぶっていると、頭皮が蒸れてかゆくなってしまったり、毛穴を詰まらせる原因となり、さらに薄毛が進行してしまう可能性もあります。

外出するときには、帽子を被ってごまかすことはできますが、仕事中や学校などではずっと被ることもできません。

6. 同窓会に行けない

同窓会に行けない

昔の友達に会うと、みんなが自分の禿を見ているような気がして、なかなか同級生に会うことができないという人も少なくありません。

中には、空気を読めない人もいて、実際に薄毛をいじってくる無神経な人もいますから、ますます傷ついてしまいます。

また、若い頃に自分が好きだった女性に、自分が禿げていると知られたくないため、同窓会に行けない人もいます。

7. 似合う髪型がない

似合う髪型がない

若禿の人は、どうしても禿を隠そうとして不自然な髪型になりがちです。

できれば、禿を生かした髪型にすればおしゃれも楽しむことができますが、どうしても禿を隠す髪型になるため、似合う髪型がないと思ってしまいがちです。

そのため、おしゃれな美容院に行くこともなく、自分で髪を切っている人も少なくありません。

8. 何事にもネガティブ思考になる

何事にもネガティブ思考になる

若禿の人は、必要以上に周りの目が気になることが多く、エスカレーターや階段などが苦痛でたまらなくなってしまいます。

髪の毛さえあれば人生は楽しいのにと思い、どんどんネガティブな思考になってしまいます。

ある程度の年齢ではげるのとは違い、若禿はより周りの目が気になってしまいますから、ネガティブ思考になる人が少なくありません。

9. 薄毛治療費がかかる

薄毛治療費がかかる

薄毛のほとんどは、AGAと呼ばれる進行性の薄毛のため、放っておくとどんどん薄毛が進行してしまいます。

このままの状態で大丈夫だと思っていれば問題ありませんが、少しでも改善しようと思うとある程度費用がかかってしまいます。

軽度なAGAの場合には、市販の育毛剤を使用したり、頭皮を清潔に保つ、生活習慣を改善することで若禿を改善することも可能ですが、中・重度な若禿の場合には、AGA治療を行わないと、どんどん薄毛は進行してしまいます。

ただ、薄毛は病気ではないため、AGA治療は保険の適用外となってしまい、継続して続けると数十万円〜数百万円もかかる場合があります。

また、かつらや増毛、植毛などを行っても、費用はかかってしまいます。

10. 性格が暗い

10代や20代で薄毛になってしまった人は、かけがえのない時期に薄毛になったため、青春を謳歌することができず、性格も暗くなってしまう人が少なくありません。

髪がふさふさの人にはわからないコンプレックスに悩まされ続け、一般の人に比べて一定の制約を受けてしまったり、評価が低い、費用がかかるなど、何かと大変なことが多く、ますます暗くなってしまいます。

若禿に共通する悩みを10選まとめました。


おしゃれができない

10代や20代の若者なら、おしゃれを楽しみたいのがふつうですが、若禿の場合は、似合うおしゃれは限られてしまいます。

どんなにおしゃれな服をきても、薄毛というだけでおしゃれに見えなくなってしまい、周囲から禿のくせにと思われているのではないかとマイナス思考になり、おしゃれを楽しむことができなくなってしまいます。

彼女ができない

若禿の人は、薄毛のために自分に自信がなく、恋愛関係では不利な状況で挑まざるをえません。

特に、若い女性は見た目を重視する人が多いので、薄毛はかなりのマイナスポイントと言わざるをえません。

どんなに好きな人ができたとしても、自分なんかと思って告白できず、ずっと彼女ができないままという人も少なくありません。

どんなに内面を磨いても、禿げていることで彼女ができにくいのが現実です。

周りの目が気になる

中年以降のハゲは、それほど気にはなりませんが、若い人のハゲというのはかなり目立ってしまい、つい見てしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

そういった周囲の目を気にしてしまい、若禿の人はまずますコンプレックスに感じてしまいます。

頭頂部が薄い人の場合、立っている時には見えなくても、座ると上からハゲが見えてしまいます。

学校や会社に電車を利用する場合、至近距離で上から見られることもありますから、神経がすり減ってしまい、目的地につく頃には疲れきってしまいます。

周囲の目を気にしてしまい、精神的も押しつぶされてしまうこともあり、引きこもりにもつながってしまいます。

直射日光や電灯が怖い

日光や電灯の下では、ハゲが目立ってしまいます。

自分では少し薄くなってきたと思っていた人でも、電灯の下で自分の頭皮を見ると、かなり地肌が透けて見えてしまい、ショックを受けたという人も少なくありません。

特に、蛍光灯の下では、2倍は禿げて見えるとも言われています。

帽子が必須

禿げを隠すには帽子が必須ですが、店内でも帽子をかぶっていると、禿ですと自分で言っているようなものなので、おしゃれなレストランには入りづらく、かえって目立ってしまいます。

また、長時間ずっと帽子をかぶっていると、頭皮が蒸れてかゆくなってしまったり、毛穴を詰まらせる原因となり、さらに薄毛が進行してしまう可能性もあります。

外出するときには、帽子を被ってごまかすことはできますが、仕事中や学校などではずっと被ることもできません。

同窓会に行けない

昔の友達に会うと、みんなが自分の禿を見ているような気がして、なかなか同級生に会うことができないという人も少なくありません。

中には、空気を読めない人もいて、実際に薄毛をいじってくる無神経な人もいますから、ますます傷ついてしまいます。

また、若い頃に自分が好きだった女性に、自分が禿げていると知られたくないため、同窓会に行けない人もいます。

似合う髪型がない

若禿の人は、どうしても禿を隠そうとして不自然な髪型になりがちです。

できれば、禿を生かした髪型にすればおしゃれも楽しむことができますが、どうしても禿を隠す髪型になるため、似合う髪型がないと思ってしまいがちです。

そのため、おしゃれな美容院に行くこともなく、自分で髪を切っている人も少なくありません。

何事にもネガティブ思考になる

若禿の人は、必要以上に周りの目が気になることが多く、エスカレーターや階段などが苦痛でたまらなくなってしまいます。

髪の毛さえあれば人生は楽しいのにと思い、どんどんネガティブな思考になってしまいます。

ある程度の年齢ではげるのとは違い、若禿はより周りの目が気になってしまいますから、ネガティブ思考になる人が少なくありません。

薄毛治療費がかかる

薄毛のほとんどは、AGAと呼ばれる進行性の薄毛のため、放っておくとどんどん薄毛が進行してしまいます。

このままの状態で大丈夫だと思っていれば問題ありませんが、少しでも改善しようと思うとある程度費用がかかってしまいます。

軽度なAGAの場合には、市販の育毛剤を使用したり、頭皮を清潔に保つ、生活習慣を改善することで若禿を改善することも可能ですが、中・重度な若禿の場合には、AGA治療を行わないと、どんどん薄毛は進行してしまいます。

ただ、薄毛は病気ではないため、AGA治療は保険の適用外となってしまい、継続して続けると数十万円〜数百万円もかかる場合があります。

また、かつらや増毛、植毛などを行っても、費用はかかってしまいます。

10代や20代で薄毛になってしまった人は、かけがえのない時期に薄毛になったため、青春を謳歌することができず、性格も暗くなってしまう人が少なくありません。

髪がふさふさの人にはわからないコンプレックスに悩まされ続け、一般の人に比べて一定の制約を受けてしまったり、評価が低い、費用がかかるなど、何かと大変なことが多く、ますます暗くなってしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-