【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165302.html
学生活は自由気ままで楽しいと思う人が多い理由

学生活は自由気ままで楽しいと思う人が多い理由 | LADYCO

LADYCO
学生活は自由気ままで楽しいと思う人が多い理由

人生を振り返ってみて一番自由気ままだったのは大学生時代ではなかったかと思う。

いわば最後のモノトリアムと言ってもいいかもしれない。

  • 将来に選択肢が沢山ある
  • 夏休みや冬休みは、休みまくれる
  • 遊び時間もいっぱいある
  • 趣味に没頭できる
  • 好きな資格をとれる
  • 好きなサークルに入れる
  • オールナイトしても問題はない
  • 異性との出会いが沢山ある
  • 留学することもできる

授業はあるものの、高校生のような、圧迫感や、クラスということに縛られることがなく、社会人みたいな【社畜】みたいな状況にはない。

その特徴を探ってみた。

1. 将来に選択肢が沢山ある

将来に選択肢が沢山ある

当然のことながら、学生時代というのは、社会人になる前の準備段階と言えるのだが、職業というのは実に様々にあるし、大学・学科によって専門分野が全然違うので、将来どういった職業につきたいのかを、学生は選ぶことができる。

もちろん大学選びからその選択肢というのは、絞られているのだが、でも、就職活動をする前の時間は、実にいろいろなことに時間を費やすことができる。

2. 夏休みや冬休みは、休みまくれる

夏休みや冬休みは、休みまくれる

当然学生には、夏休みや冬休みがある。

社会人に比べても、その休日になる日数というのはかなり多い。

長期の旅行に出かけることもできる。

または、がり勉の人は、勉強に集中することができる。

学歴社会ということもあり、仮面浪人している人もいる。

だから、人それぞれ自由に使えるということだ。

3. 遊び時間もいっぱいある

遊び時間もいっぱいある

留年する人や、休学する人もいるが、とにかく大学生は遊ぶ時間もいっぱいある。

一週間ぶっつづけで遊ぶことも可能だ。

遊びすぎでは、ちょっと問題があるが、平日どこにでも出かけることができる。

4. 趣味に没頭できる

趣味に没頭できる

例えばゲーム好きな人がいるとして、社会人であれば大型連休などにしかできないようなことができる。

ゲーム漬けになることもできるし、読書に没頭することもできる。

ドライブ好きなら、ドライブしまくれる。

またアルバイトしていると、他の大学生と出会えることも可能だ。

5. 好きな資格をとれる

好きな資格をとれる

大学生が取れる資格で将来に役立ちそうなのは教員免許である。

そのほかにも学芸員や、公務員になるための勉強もすることができる。

とにかくいっぱい知識を詰め込める時期である。

6. 好きなサークルに入れる

好きなサークルに入れる

大学生は好きな大学のサークルに入ることができる。

部活の延長ともいえるが、例えば漫画家を将来目指している人は漫画研究会などに入ると将来のためになるのかもしれないし、実際そういうやり方で漫画家になった人もいる。

7. オールナイトしても問題はない

オールナイトしても問題はない

アウトドア派では、キャンプ地でオールナイト。

社会人でも、職種によって徹夜する場合もあるが。

大学生は、いつでもオールナイトすることができる。

社会人になると徹夜すると、朝起きるのは相当辛いし、仕事に響く。

でも大学生は体力もあることもあり、徹夜も全然気にならないほどである。

8. 異性との出会いが沢山ある

異性との出会いが沢山ある

女子大学は例外だが、基本的に大学生は、大学に行くと異性に出会える。

サークル活動やゼミを通して、将来の夢が重なるなど共通事項が多いと、いつの間にか仲良くなり付き合ってしまうことなんて、幾らでもある。

これが30代とかだと、合コンや職場恋愛というものもあるが、大学生になって沢山の異性体験をする人は沢山いる。

9. 留学することもできる

大学生だと、海外の大学に留学することもでき、外国人と友達になることもできる。

異文化を知ることによって自分自身は成長することができるし、語学が堪能だと、将来いろいろ役に立つ。

人生を振り返ってみて一番自由気ままだったのは大学生時代ではなかったかと思う。

いわば最後のモノトリアムと言ってもいいかもしれない。


授業はあるものの、高校生のような、圧迫感や、クラスということに縛られることがなく、社会人みたいな【社畜】みたいな状況にはない。

その特徴を探ってみた。

将来に選択肢が沢山ある

当然のことながら、学生時代というのは、社会人になる前の準備段階と言えるのだが、職業というのは実に様々にあるし、大学・学科によって専門分野が全然違うので、将来どういった職業につきたいのかを、学生は選ぶことができる。

もちろん大学選びからその選択肢というのは、絞られているのだが、でも、就職活動をする前の時間は、実にいろいろなことに時間を費やすことができる。

夏休みや冬休みは、休みまくれる

当然学生には、夏休みや冬休みがある。

社会人に比べても、その休日になる日数というのはかなり多い。

長期の旅行に出かけることもできる。

または、がり勉の人は、勉強に集中することができる。

学歴社会ということもあり、仮面浪人している人もいる。

だから、人それぞれ自由に使えるということだ。

遊び時間もいっぱいある

留年する人や、休学する人もいるが、とにかく大学生は遊ぶ時間もいっぱいある。

一週間ぶっつづけで遊ぶことも可能だ。

遊びすぎでは、ちょっと問題があるが、平日どこにでも出かけることができる。

趣味に没頭できる

例えばゲーム好きな人がいるとして、社会人であれば大型連休などにしかできないようなことができる。

ゲーム漬けになることもできるし、読書に没頭することもできる。

ドライブ好きなら、ドライブしまくれる。

またアルバイトしていると、他の大学生と出会えることも可能だ。

好きな資格をとれる

大学生が取れる資格で将来に役立ちそうなのは教員免許である。

そのほかにも学芸員や、公務員になるための勉強もすることができる。

とにかくいっぱい知識を詰め込める時期である。

好きなサークルに入れる

大学生は好きな大学のサークルに入ることができる。

部活の延長ともいえるが、例えば漫画家を将来目指している人は漫画研究会などに入ると将来のためになるのかもしれないし、実際そういうやり方で漫画家になった人もいる。

オールナイトしても問題はない

アウトドア派では、キャンプ地でオールナイト。

社会人でも、職種によって徹夜する場合もあるが。

大学生は、いつでもオールナイトすることができる。

社会人になると徹夜すると、朝起きるのは相当辛いし、仕事に響く。

でも大学生は体力もあることもあり、徹夜も全然気にならないほどである。

異性との出会いが沢山ある

女子大学は例外だが、基本的に大学生は、大学に行くと異性に出会える。

サークル活動やゼミを通して、将来の夢が重なるなど共通事項が多いと、いつの間にか仲良くなり付き合ってしまうことなんて、幾らでもある。

これが30代とかだと、合コンや職場恋愛というものもあるが、大学生になって沢山の異性体験をする人は沢山いる。

大学生だと、海外の大学に留学することもでき、外国人と友達になることもできる。

異文化を知ることによって自分自身は成長することができるし、語学が堪能だと、将来いろいろ役に立つ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-