【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165232.html
ノーと言える人、言えない人の10の違い

ノーと言える人、言えない人の10の違い | LADYCO

LADYCO
ノーと言える人、言えない人の10の違い

ノーと言える人、言えない人の10の違いをまとめてみました。

  • ノーと言える人は、自分の意思を大切にしている
  • ノーと言える人は、人の意見に左右されない
  • ノーと言える人は、理由を明確に伝えられる
  • ノーと言える人は、嫌なことは絶対にしたくない
  • ノーと言える人は、周りと同調しない
  • ノーと言えない人は、その場の雰囲気に流されてしまう
  • ノーと言えない人は、嫌われることが怖い
  • ノーと言えない人は、人からの評価を気にしがち
  • ノーと言えない人は、自分の意思を持っていない
  • ノーと言えない人は、周りと同調することで安心感を得る

1. ノーと言える人は、自分の意思を大切にしている

ノーと言える人は、自分の意思を大切にしている

ノーと言える人は、自分の意見を大切にしていることがはっきりとした違いです。

人の意見に流されることなく、自分の意見を絶対に貫き通す意志が強く、他人から言われたことでしたくないことや、良いと思わないことに関しては絶対に首を縦に振りません。

2. ノーと言える人は、人の意見に左右されない

ノーと言える人は、人の意見に左右されない

ノーと言える人は、人の意見に左右されない事が違いとして挙げられます。

いろんな意見が飛び交う中で、より良い意見を求めようとするのではなく、自分が決めた意見を絶対に曲げることなく、貫き通します。

人の意見に左右されないので、自分の意見とは違った場合、たとえ他人の意見があろうとも絶対にノーと言い通します。

3. ノーと言える人は、理由を明確に伝えられる

ノーと言える人は、理由を明確に伝えられる

ノーと言える人は、理由を明確に伝えることができることが違いとして挙げられます。

ノーと言えない人は断る理由を明確に伝えることができず、ずるずるとやるはめになってしまうのです。

しかし、ちゃんと断る意思が強い場合は断る理由もはっきりしているので、迷いなく相手に対して断ることができます。

4. ノーと言える人は、嫌なことは絶対にしたくない

ノーと言える人は、嫌なことは絶対にしたくない

ノーと言える人は、頼まれたことで嫌な事は絶対にしたくないという気持ちが強いことが違いとして挙げられます。

嫌な事だけどちょっと位してあげても良いかなといった事は一切ありません。

そのため頼まれたこと嫌なことがあったら絶対にノーと断り何もしません。

5. ノーと言える人は、周りと同調しない

ノーと言える人は、周りと同調しない

ノーと言える人は、周りの人と同調しないことが大きな違いとして挙げられる点です。

やりたくないことにもかかわらず、1人がやるなら私もやらなくてはいけないと、たとえ周りが同調したとしても、嫌な事だったらやってあげる気持ちは一切ありません。

やりたくないことに対してノーを出すことが、なぜ駄目なのかと反論したくなってしまいます。

6. ノーと言えない人は、その場の雰囲気に流されてしまう

ノーと言えない人は、その場の雰囲気に流されてしまう

ノーと言えない人は、その場の雰囲気に流されてしまうことが違いとして挙げられます。

みんながやるんだったら私もやろう、皆頑張っているんだから私もやらなくてはと、自分の意思とは関係なくその場の雰囲気を大切にするため、みんなと同じ行動を取ったり、自分の意見に逆らってまで行動を起こそうとします。

その場の雰囲気を私の意見で壊してしまったらどうしようと思っていることから、自分の意思で断ることができなくなるのです。

7. ノーと言えない人は、嫌われることが怖い

ノーと言えない人は、嫌われることが怖い

ノーと言えない人は、周りの人から嫌われることが怖いために、ノーと言えなくなってしまうことが特徴として挙げられます。

断ったら嫌われてしまうといった恐怖心が抜けず、嫌なことであっても絶対に断ることができません。

その人から嫌われないためだったら何でもしてあげようと言った気持ちになるため、なかなか直すことができないタイプです。

嫌われても仕方がないとは思えないタイプであり、仲間を大切にする人に多く見られます。

無理をしてでも頑張るタイプですが、無理をお願いする側からしてみれば、その頑張りが届く事はありません。

8. ノーと言えない人は、人からの評価を気にしがち

ノーと言えない人は、人からの評価を気にしがち

ノーと言えない人は、人からの評価を気にしがちな傾向があります。

もし私がここで断ってしまったら、周りからどんな風に思われてしまうだろう?私は一体どうすれば良いだろう?などと不安に思うことがあります。

人からどう思われたって、私がやりたくない事はやらないといった強い意志がありません。

人からよく思われるためだったら、何でもやってみようと思うので、他の人から見れば都合の良い存在に見えてしまう可能性があります。

9. ノーと言えない人は、自分の意思を持っていない

ノーと言えない人は、自分の意思を持っていない

ノーと言えない人は、自分の意思を持っていないことが違いとして挙げられます。

自分の意思を持っていればはっきりと断ることができるのですが、自分の意思を持っていない人は、はっきりと断ることができず、どんなことであっても引き受けてしまいます。

周りの人の口車にのせられたり、どんな大変なことであってもあなたなら絶対にできると言われてしまったら、絶対に断ることができなくなってしまうタイプです。

引き受けた後に後悔したとしても、最後までやり切るタイプである意味あきらめないタイプ、努力家タイプと言えるでしょう。

10. ノーと言えない人は、周りと同調することで安心感を得る

ノーと言えない人は、周りと同調することで安心感を得ていることが、ノーとはっきり言える人との違いです。

はっきりと断ることができる人は、周りの気持ちは関係ありません。

自分の気持ちを優先するために、自分のやりたいことをやって安心するのですが、断れない人からすれば、みんなと同じことをすることで安心感を得ることができるのです。

そのためみんながやるのであれば絶対にノーと言わずにやろうとするのです。

ノーと言える人、言えない人の10の違いをまとめてみました。


ノーと言える人は、自分の意思を大切にしている

ノーと言える人は、自分の意見を大切にしていることがはっきりとした違いです。

人の意見に流されることなく、自分の意見を絶対に貫き通す意志が強く、他人から言われたことでしたくないことや、良いと思わないことに関しては絶対に首を縦に振りません。

ノーと言える人は、人の意見に左右されない

ノーと言える人は、人の意見に左右されない事が違いとして挙げられます。

いろんな意見が飛び交う中で、より良い意見を求めようとするのではなく、自分が決めた意見を絶対に曲げることなく、貫き通します。

人の意見に左右されないので、自分の意見とは違った場合、たとえ他人の意見があろうとも絶対にノーと言い通します。

ノーと言える人は、理由を明確に伝えられる

ノーと言える人は、理由を明確に伝えることができることが違いとして挙げられます。

ノーと言えない人は断る理由を明確に伝えることができず、ずるずるとやるはめになってしまうのです。

しかし、ちゃんと断る意思が強い場合は断る理由もはっきりしているので、迷いなく相手に対して断ることができます。

ノーと言える人は、嫌なことは絶対にしたくない

ノーと言える人は、頼まれたことで嫌な事は絶対にしたくないという気持ちが強いことが違いとして挙げられます。

嫌な事だけどちょっと位してあげても良いかなといった事は一切ありません。

そのため頼まれたこと嫌なことがあったら絶対にノーと断り何もしません。

ノーと言える人は、周りと同調しない

ノーと言える人は、周りの人と同調しないことが大きな違いとして挙げられる点です。

やりたくないことにもかかわらず、1人がやるなら私もやらなくてはいけないと、たとえ周りが同調したとしても、嫌な事だったらやってあげる気持ちは一切ありません。

やりたくないことに対してノーを出すことが、なぜ駄目なのかと反論したくなってしまいます。

ノーと言えない人は、その場の雰囲気に流されてしまう

ノーと言えない人は、その場の雰囲気に流されてしまうことが違いとして挙げられます。

みんながやるんだったら私もやろう、皆頑張っているんだから私もやらなくてはと、自分の意思とは関係なくその場の雰囲気を大切にするため、みんなと同じ行動を取ったり、自分の意見に逆らってまで行動を起こそうとします。

その場の雰囲気を私の意見で壊してしまったらどうしようと思っていることから、自分の意思で断ることができなくなるのです。

ノーと言えない人は、嫌われることが怖い

ノーと言えない人は、周りの人から嫌われることが怖いために、ノーと言えなくなってしまうことが特徴として挙げられます。

断ったら嫌われてしまうといった恐怖心が抜けず、嫌なことであっても絶対に断ることができません。

その人から嫌われないためだったら何でもしてあげようと言った気持ちになるため、なかなか直すことができないタイプです。

嫌われても仕方がないとは思えないタイプであり、仲間を大切にする人に多く見られます。

無理をしてでも頑張るタイプですが、無理をお願いする側からしてみれば、その頑張りが届く事はありません。

ノーと言えない人は、人からの評価を気にしがち

ノーと言えない人は、人からの評価を気にしがちな傾向があります。

もし私がここで断ってしまったら、周りからどんな風に思われてしまうだろう?私は一体どうすれば良いだろう?などと不安に思うことがあります。

人からどう思われたって、私がやりたくない事はやらないといった強い意志がありません。

人からよく思われるためだったら、何でもやってみようと思うので、他の人から見れば都合の良い存在に見えてしまう可能性があります。

ノーと言えない人は、自分の意思を持っていない

ノーと言えない人は、自分の意思を持っていないことが違いとして挙げられます。

自分の意思を持っていればはっきりと断ることができるのですが、自分の意思を持っていない人は、はっきりと断ることができず、どんなことであっても引き受けてしまいます。

周りの人の口車にのせられたり、どんな大変なことであってもあなたなら絶対にできると言われてしまったら、絶対に断ることができなくなってしまうタイプです。

引き受けた後に後悔したとしても、最後までやり切るタイプである意味あきらめないタイプ、努力家タイプと言えるでしょう。

ノーと言えない人は、周りと同調することで安心感を得ていることが、ノーとはっきり言える人との違いです。

はっきりと断ることができる人は、周りの気持ちは関係ありません。

自分の気持ちを優先するために、自分のやりたいことをやって安心するのですが、断れない人からすれば、みんなと同じことをすることで安心感を得ることができるのです。

そのためみんながやるのであれば絶対にノーと言わずにやろうとするのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-