【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165226.html
彼氏にお金貸すときに心掛けること10選

彼氏にお金貸すときに心掛けること10選 | LADYCO

LADYCO
彼氏にお金貸すときに心掛けること10選

彼氏にお金を貸すときはいくつかの点を心掛けるべきです。

ここではそのうちの10個を取り上げます。

  • 意志を固める
  • 借用書を作る
  • 大金は貸さない
  • すぐに貸さない
  • 彼氏は働いている?
  • 何に使うのか?
  • ギャンブル
  • あてにならない投資
  • 自分に余力はあるのか
  • 性格を考慮

1. 意志を固める

意志を固める

彼氏は親しい存在です。

だからといってお金に関していい加減な態度を取るべきではありません。

貸したお金は必ず返してもらうという強い意志を持っておくべきです。

お金にルーズになると将来大きな問題に直面することがあります。

彼女だけではなく、他の人から借りたお金に対しても返さなくていいという気持ちになってしまうことがあるのです。

そのため彼氏の将来について考えるなら、貸したお金は必ず返してもらうべきです。

2. 借用書を作る

借用書を作る

彼女は彼氏に貸したお金を返して欲しいと思っているものの、彼氏には返す意思がないこともあります。

一般的には男性のほうが女性よりも力が強いため、彼女のほうは彼氏に押し切られてしまうこともあります。

このような状況を事前に考慮し、彼女は借用書を作成することができます。

このようなものがあればいざというときに法的処置を取ることもできます。

このように問題が大きくなることは滅多にありませんが、借用者を作成することで彼氏の気持ちは引き締まるはずです。

3. 大金は貸さない

大金は貸さない

彼氏から大金を貸してほしいと頼まれることがあるかもしれません。

このような場合、状況をじっくりと考慮する必要があります。

彼氏には本当に返済できる能力があるのか、それとも単なる甘えで彼女にお金を貸してほしいと言っているだけなのかをしっかりと見極めるべきです。

大金を貸してほしいとい彼氏にお願いされた場合、彼女はすぐに返事をするのではなく「少し時間をください」と言って考えることができます。

4. すぐに貸さない

すぐに貸さない

彼氏がお金を貸してほしいと言ってきたとき、すぐに貸してしまうのはよくありません。

なぜならこのような状況が続くと、彼氏はお金に困ったときは彼女に頼めばどうにかなると思い込んでしまうからです。

このような状況は彼氏を甘えさせることになるために、彼氏のためにはなりません。

またこれまで借りたお金をきちんと返してもらっていないのであれば、彼氏は彼女からお金を借りれば返さなくても済むと思っているのかもしれません。

5. 彼氏は働いている?

彼氏は働いている?

お金を貸してほしいと頼まれた女性は、彼氏がきちんと働いて収入を得ているのかを確認する必要があります。

当然のことですが、働いて収入を得ていなければ借りたお金を返すことはできません。

また以前は働いていたものの、現在は無職であるという人もいます。

そのため以前の仕事状況ではなく、現在仕事を行っているかどうかをチェックするようにするべきです。

6. 何に使うのか?

何に使うのか?

彼氏にお金を貸してほしいと頼まれた場合、そのお金を用いて何を行うのかをはっきりと知るようにします。

なぜなら道楽や趣味のためのお金が足りなくなり、それを借金によって補おうというのはあまりお勧めできないことだからです。

彼女といえどもこのような仕方で借金をするのであれば、それは自分勝手な行動ということができます。

ときには我慢すべきこともあることを教えるためにも、趣味のためのお金を課すべきかどうかを彼女は考えるべきです。

7. ギャンブル

ギャンブル

ギャンブル好きの彼氏がおり、ギャンブルのためのお金を貸してほしいと頼まれることがあるかもしれません。

このような場合は要注意です。

借金をしてまでもギャンブルを行いたいと思う人は、ギャンブル中毒になっている可能性があります。

このような人は負けてしまうとお金を借りてでもギャンブルを続けようとします。

そのためこのような彼氏を持っている人は、どこかでギャンブルを止めるように彼氏に言うべきです。

8. あてにならない投資

あてにならない投資

あてにならない投資のために、大金が必要であるという彼氏がいる場合も要注意です。

このような投資はリスクが大きく、貸したお金が返ってこないことも多々あります。

そのため投資に必要なお金を彼氏が貸してほしいと言ってきた場合、それがどのようなものなのかを調べるべきです。

何かおかしいと感じた場合は彼氏にはっきりとそのような投資は止めるべきだと告げたり、自分にはお金を貸す意思はないと告げるべきです。

9. 自分に余力はあるのか

自分に余力はあるのか

彼氏が大好きであるという女性がいます。

このような女性は彼氏に何かをお願いされるとすぐに「はい」と返事をしてしまうかもしれません。

そして彼氏がお金を貸してほしいと言ってきた場合、自分もお金に余裕がないのに貸してしまうことがあります。

このような状況はじぶんを苦しめることになるために、彼氏が好きだからといって自分が苦しむような状況を作ることがないようにするべきです。

10. 性格を考慮

彼氏から始めてお金を貸してほしいと言われ、どうしてよいがわからないと感じる女性がいます。

彼氏とはいえ貸したお金をきちんと返してもらいたいと思うのは当然のことでしょう。

このような場合、彼氏の性格をよく考えることができます。

彼氏が真面目であったり、時間や予定にきちんとしている人である場合は問題なかもしれません。

しかし性格がいい加減であったり、時間や約束にルーズである場合は貸したお金を返してくれない可能性もあります。

彼氏にお金を貸すときはいくつかの点を心掛けるべきです。

ここではそのうちの10個を取り上げます。


意志を固める

彼氏は親しい存在です。

だからといってお金に関していい加減な態度を取るべきではありません。

貸したお金は必ず返してもらうという強い意志を持っておくべきです。

お金にルーズになると将来大きな問題に直面することがあります。

彼女だけではなく、他の人から借りたお金に対しても返さなくていいという気持ちになってしまうことがあるのです。

そのため彼氏の将来について考えるなら、貸したお金は必ず返してもらうべきです。

借用書を作る

彼女は彼氏に貸したお金を返して欲しいと思っているものの、彼氏には返す意思がないこともあります。

一般的には男性のほうが女性よりも力が強いため、彼女のほうは彼氏に押し切られてしまうこともあります。

このような状況を事前に考慮し、彼女は借用書を作成することができます。

このようなものがあればいざというときに法的処置を取ることもできます。

このように問題が大きくなることは滅多にありませんが、借用者を作成することで彼氏の気持ちは引き締まるはずです。

大金は貸さない

彼氏から大金を貸してほしいと頼まれることがあるかもしれません。

このような場合、状況をじっくりと考慮する必要があります。

彼氏には本当に返済できる能力があるのか、それとも単なる甘えで彼女にお金を貸してほしいと言っているだけなのかをしっかりと見極めるべきです。

大金を貸してほしいとい彼氏にお願いされた場合、彼女はすぐに返事をするのではなく「少し時間をください」と言って考えることができます。

すぐに貸さない

彼氏がお金を貸してほしいと言ってきたとき、すぐに貸してしまうのはよくありません。

なぜならこのような状況が続くと、彼氏はお金に困ったときは彼女に頼めばどうにかなると思い込んでしまうからです。

このような状況は彼氏を甘えさせることになるために、彼氏のためにはなりません。

またこれまで借りたお金をきちんと返してもらっていないのであれば、彼氏は彼女からお金を借りれば返さなくても済むと思っているのかもしれません。

彼氏は働いている?

お金を貸してほしいと頼まれた女性は、彼氏がきちんと働いて収入を得ているのかを確認する必要があります。

当然のことですが、働いて収入を得ていなければ借りたお金を返すことはできません。

また以前は働いていたものの、現在は無職であるという人もいます。

そのため以前の仕事状況ではなく、現在仕事を行っているかどうかをチェックするようにするべきです。

何に使うのか?

彼氏にお金を貸してほしいと頼まれた場合、そのお金を用いて何を行うのかをはっきりと知るようにします。

なぜなら道楽や趣味のためのお金が足りなくなり、それを借金によって補おうというのはあまりお勧めできないことだからです。

彼女といえどもこのような仕方で借金をするのであれば、それは自分勝手な行動ということができます。

ときには我慢すべきこともあることを教えるためにも、趣味のためのお金を課すべきかどうかを彼女は考えるべきです。

ギャンブル

ギャンブル好きの彼氏がおり、ギャンブルのためのお金を貸してほしいと頼まれることがあるかもしれません。

このような場合は要注意です。

借金をしてまでもギャンブルを行いたいと思う人は、ギャンブル中毒になっている可能性があります。

このような人は負けてしまうとお金を借りてでもギャンブルを続けようとします。

そのためこのような彼氏を持っている人は、どこかでギャンブルを止めるように彼氏に言うべきです。

あてにならない投資

あてにならない投資のために、大金が必要であるという彼氏がいる場合も要注意です。

このような投資はリスクが大きく、貸したお金が返ってこないことも多々あります。

そのため投資に必要なお金を彼氏が貸してほしいと言ってきた場合、それがどのようなものなのかを調べるべきです。

何かおかしいと感じた場合は彼氏にはっきりとそのような投資は止めるべきだと告げたり、自分にはお金を貸す意思はないと告げるべきです。

自分に余力はあるのか

彼氏が大好きであるという女性がいます。

このような女性は彼氏に何かをお願いされるとすぐに「はい」と返事をしてしまうかもしれません。

そして彼氏がお金を貸してほしいと言ってきた場合、自分もお金に余裕がないのに貸してしまうことがあります。

このような状況はじぶんを苦しめることになるために、彼氏が好きだからといって自分が苦しむような状況を作ることがないようにするべきです。

彼氏から始めてお金を貸してほしいと言われ、どうしてよいがわからないと感じる女性がいます。

彼氏とはいえ貸したお金をきちんと返してもらいたいと思うのは当然のことでしょう。

このような場合、彼氏の性格をよく考えることができます。

彼氏が真面目であったり、時間や予定にきちんとしている人である場合は問題なかもしれません。

しかし性格がいい加減であったり、時間や約束にルーズである場合は貸したお金を返してくれない可能性もあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-