【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155236.html
待ち合わせに絶対遅れる女性の心理

待ち合わせに絶対遅れる女性の心理 | LADYCO

LADYCO
待ち合わせに絶対遅れる女性の心理

あなたの周囲に遅刻の常習犯いませんか?

待ち合わせに遅れる人の心理や特徴を挙げてみました。

  • メイクや服装はきちんとしてくる
  • 謝り慣れている
  • おおらかで細かい事を気にしなさすぎる
  • 目立ちたがり屋
  • 自分は遅れるキャラクターだと開き直る
  • 相手に甘えている
  • 気分が憂鬱になりがち
  • いざ自分が待たされる側になると時間のつぶし方がわからない
  • 普段からぼんやりしがち
  • 集中力散漫

1. メイクや服装はきちんとしてくる

メイクや服装はきちんとしてくる

時間に遅れてきた割に身支度に余念がない人いますよね。

そんなに凝ったスタイリングをする時間があるなら、もっと早く待ち合わせに来てほしかった!と思った事がある人もいると思います。

身支度が理由で遅刻する人は、優先順位を考えて欲しいものです。

2. 謝り慣れている

謝り慣れている

常習犯ですから、いい訳も謝り方も慣れています。

相手が怒っていないか顔色をうかがい、ご機嫌取りをする人もいます。

3. おおらかで細かい事を気にしなさすぎる

おおらかで細かい事を気にしなさすぎる

5分や10分なら「おおらか」で片づけられますが、1時間や2時間待ち合わせに遅れてくることが続くとざっくりしすぎですね。

「少しならいいや」が積み重なって「○時までに着替えようと思っていたけど5分くらいいいや」「家を出るのが予定より10分遅くなったけどいいや」と待ち合わせの時間に遅れていく人もいます。

4. 目立ちたがり屋

目立ちたがり屋

合コンや飲み会等で遅れてくる人がいたら目立ちますよね。

それを利用してわざと時間に遅れる人もいるかもしれません。

しかし、同じメンバーで集まる時毎回遅れているとただの「マナーが悪い奴」と思われます。

また、悪びれもなく登場すると悪目立ちして逆に印象が悪くなることがあります。

5. 自分は遅れるキャラクターだと開き直る

自分は遅れるキャラクターだと開き直る

最初は「遅れてごめん!」と本気で申し訳なさそうに謝っていても、毎回遅刻することで「遅刻キャラ」が定着すると謝罪の言葉がでてこなくなったり、全然反省した様子がなくなったりすることがあります。

開き直って大切な場面でいつものキャラを通すと、周囲に迷惑をかけるかもしれません。

例えば仲良しグループで旅行することになり、1人の遅刻で予約していた飛行機に乗れなかった. となると楽しいはずの旅行が台無しになります。

早めに集合時間を設定してもらう、早起きできないならモーニングコールをしてもらう、家を出るところまで電話やメールで報告しあうなど、遅刻しない工夫をし、努力する姿勢をみせることが大切でしょう。

遅刻キャラで周囲に受け入れてもらえることもありますが、大切な場面で遅刻しない努力をする姿勢を見せないと、誰も相手にしてくれなくなります。

6. 相手に甘えている

相手に甘えている

「この人なら遅刻しても怒らないからいいや」と相手に甘えた結果、遅刻の常習犯になることがあります。

特に幼馴染や腐れ縁など、簡単に関係が切れないだろう、と思っている相手は要注意です。

怒らせたとしても関係が続くと確信があるからこそとる行動です。

いつも待たされる側の人が「信頼されているから」とプラス捉えるならそれでよいでしょう。

しかし、相手が時間に遅れてくることに不満を抱いている人は、一度はっきり言った方がいいかもしれません。

自分のためにも相手のためにもなりません。

7. 気分が憂鬱になりがち

気分が憂鬱になりがち

何日も前から楽しみにしているイベントでも、前日や当日朝になると憂鬱になる人は意外と多いです。

誰にも会いたくない、家で寝ていたほうが楽なのに. など、前日まで全く気にならなかったポイントが出かけるのを憂鬱にさせます。

憂鬱な気分は準備の手を鈍らせたり、ぼんやりする原因になります。

普段まじめできっちりしている性格なのに、待ち合わせの時間にだけルーズな人は、気分が沈んでいるのが原因かもしれません。

遅刻すること自体は問題ですが、実際出かけてしまうと普通に楽しいこの憂鬱の不思議です。

8. いざ自分が待たされる側になると時間のつぶし方がわからない

いざ自分が待たされる側になると時間のつぶし方がわからない

普段待たせる側なのに、いざ待たされると時間のつぶし方が分からなくなります。

なれない困惑から怒って機嫌が悪くなる人もいます(普段待たせるのは自分なのに)。

何かを待つ時って時間の流れが遅く感じられますよね。

「待つ」ことへの時間の感覚がないために「あと10分で着くから」と連絡しているのに、待ち合わせ場所に戻るのに20分かかる場所へふらりと行ってしまったり、ぶらぶらして時間をつぶしていて迷子になったり、結果的に待たせるパターンもあり得ます。

いつも遅刻する人を待たせる時は、「あと○分で到着する」だけではなく、「動かずにその場で待ってて」「近くの本屋で立ち読みしていて」と具体的な指示を出すと逆に待たされることが減ります。

9. 普段からぼんやりしがち

普段からぼんやりしがち

遅刻に理由がない人、いますよね。

毎回遅刻してきて理由を尋ると「ぼんやりしていた」と言われたら、思わず怒りたくなります。

性格的にぼんやりする人もいれば、疲れや睡眠不足で無意識にボーっとするひともいます。

ぼんやりしている時は意識がどこかに飛んで行っているみたいに時間の感覚がなくなります。

ついついボーっとしすぎて、いつも待ち合わせの時間に遅れてしまう人もいます。

10. 集中力散漫

出かけるための洋服を探していたはずなのに、きれいに畳まれていない洋服の整理整頓をはじめていたり、メイクをしている途中にテレビに見入ってしまったりする人は集中力が散漫です。

ひとつの事に集中して取り組めないために遅刻してしまう人は、2つ以上のことを同時にしない方がいいでしょう。

また時間の間隔をつかむため分刻みでタイマーをセットすることをお勧めします。

15分でメイクをしよう、とか5分で出来る掃除だけしてから家をでよう、という感じで目標時間をセットします。

目標時間内で作業を終わらせることができれば予定通り待ち合わせ場所に出発できるよう逆算しておきます。

あなたの周囲に遅刻の常習犯いませんか?

待ち合わせに遅れる人の心理や特徴を挙げてみました。


メイクや服装はきちんとしてくる

時間に遅れてきた割に身支度に余念がない人いますよね。

そんなに凝ったスタイリングをする時間があるなら、もっと早く待ち合わせに来てほしかった!と思った事がある人もいると思います。

身支度が理由で遅刻する人は、優先順位を考えて欲しいものです。

謝り慣れている

常習犯ですから、いい訳も謝り方も慣れています。

相手が怒っていないか顔色をうかがい、ご機嫌取りをする人もいます。

おおらかで細かい事を気にしなさすぎる

5分や10分なら「おおらか」で片づけられますが、1時間や2時間待ち合わせに遅れてくることが続くとざっくりしすぎですね。

「少しならいいや」が積み重なって「○時までに着替えようと思っていたけど5分くらいいいや」「家を出るのが予定より10分遅くなったけどいいや」と待ち合わせの時間に遅れていく人もいます。

目立ちたがり屋

合コンや飲み会等で遅れてくる人がいたら目立ちますよね。

それを利用してわざと時間に遅れる人もいるかもしれません。

しかし、同じメンバーで集まる時毎回遅れているとただの「マナーが悪い奴」と思われます。

また、悪びれもなく登場すると悪目立ちして逆に印象が悪くなることがあります。

自分は遅れるキャラクターだと開き直る

最初は「遅れてごめん!」と本気で申し訳なさそうに謝っていても、毎回遅刻することで「遅刻キャラ」が定着すると謝罪の言葉がでてこなくなったり、全然反省した様子がなくなったりすることがあります。

開き直って大切な場面でいつものキャラを通すと、周囲に迷惑をかけるかもしれません。

例えば仲良しグループで旅行することになり、1人の遅刻で予約していた飛行機に乗れなかった. となると楽しいはずの旅行が台無しになります。

早めに集合時間を設定してもらう、早起きできないならモーニングコールをしてもらう、家を出るところまで電話やメールで報告しあうなど、遅刻しない工夫をし、努力する姿勢をみせることが大切でしょう。

遅刻キャラで周囲に受け入れてもらえることもありますが、大切な場面で遅刻しない努力をする姿勢を見せないと、誰も相手にしてくれなくなります。

相手に甘えている

「この人なら遅刻しても怒らないからいいや」と相手に甘えた結果、遅刻の常習犯になることがあります。

特に幼馴染や腐れ縁など、簡単に関係が切れないだろう、と思っている相手は要注意です。

怒らせたとしても関係が続くと確信があるからこそとる行動です。

いつも待たされる側の人が「信頼されているから」とプラス捉えるならそれでよいでしょう。

しかし、相手が時間に遅れてくることに不満を抱いている人は、一度はっきり言った方がいいかもしれません。

自分のためにも相手のためにもなりません。

気分が憂鬱になりがち

何日も前から楽しみにしているイベントでも、前日や当日朝になると憂鬱になる人は意外と多いです。

誰にも会いたくない、家で寝ていたほうが楽なのに. など、前日まで全く気にならなかったポイントが出かけるのを憂鬱にさせます。

憂鬱な気分は準備の手を鈍らせたり、ぼんやりする原因になります。

普段まじめできっちりしている性格なのに、待ち合わせの時間にだけルーズな人は、気分が沈んでいるのが原因かもしれません。

遅刻すること自体は問題ですが、実際出かけてしまうと普通に楽しいこの憂鬱の不思議です。

いざ自分が待たされる側になると時間のつぶし方がわからない

普段待たせる側なのに、いざ待たされると時間のつぶし方が分からなくなります。

なれない困惑から怒って機嫌が悪くなる人もいます(普段待たせるのは自分なのに)。

何かを待つ時って時間の流れが遅く感じられますよね。

「待つ」ことへの時間の感覚がないために「あと10分で着くから」と連絡しているのに、待ち合わせ場所に戻るのに20分かかる場所へふらりと行ってしまったり、ぶらぶらして時間をつぶしていて迷子になったり、結果的に待たせるパターンもあり得ます。

いつも遅刻する人を待たせる時は、「あと○分で到着する」だけではなく、「動かずにその場で待ってて」「近くの本屋で立ち読みしていて」と具体的な指示を出すと逆に待たされることが減ります。

普段からぼんやりしがち

遅刻に理由がない人、いますよね。

毎回遅刻してきて理由を尋ると「ぼんやりしていた」と言われたら、思わず怒りたくなります。

性格的にぼんやりする人もいれば、疲れや睡眠不足で無意識にボーっとするひともいます。

ぼんやりしている時は意識がどこかに飛んで行っているみたいに時間の感覚がなくなります。

ついついボーっとしすぎて、いつも待ち合わせの時間に遅れてしまう人もいます。

出かけるための洋服を探していたはずなのに、きれいに畳まれていない洋服の整理整頓をはじめていたり、メイクをしている途中にテレビに見入ってしまったりする人は集中力が散漫です。

ひとつの事に集中して取り組めないために遅刻してしまう人は、2つ以上のことを同時にしない方がいいでしょう。

また時間の間隔をつかむため分刻みでタイマーをセットすることをお勧めします。

15分でメイクをしよう、とか5分で出来る掃除だけしてから家をでよう、という感じで目標時間をセットします。

目標時間内で作業を終わらせることができれば予定通り待ち合わせ場所に出発できるよう逆算しておきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-