【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515144336.html
前向きになる考え方11選

前向きになる考え方11選 | LADYCO

LADYCO
前向きになる考え方11選

悩んだ時、挫けそうになった時、どんな風に考えれば前向きになれるのでしょうか?

11選の考え方をみてみましょう。

  • 迷うくらいならやった方が早い
  • 誰もが悩んでいる
  • 緊張していると実力が出せない
  • コンプレックスも魅力のひとつ
  • やらないで後悔するくらいなら…
  • あの時あんなに悩んでいたこと、今はどう?
  • 悪い方を全て見なければ別に大したことじゃない
  • ポジティブが運を呼ぶと思い込む
  • どうせなら明るく生きよう
  • 起きた時に考えればいい
  • 最低限のことができている今は幸せ

1. 迷うくらいならやった方が早い

迷うくらいならやった方が早い

やるかやらないかとウジウジ悩むうちにもっと迷いが出て逃げ道を探してしまうこともあります。

前向きな人間になりたいなら、まずは迷い始めの対処が大切ではないでしょうか。

本格的に悩み始める前に「やってしまえ!」という勇気を持つことです。

それは自分で背中を押すしかありません。

「いいや!やっちゃえ!」と自分の心の中でもう一人の自分が励ますのです。

2. 誰もが悩んでいる

誰もが悩んでいる

自分だけが後ろ向きな人間のように感じてしまうこともありますが、誰だって悩み事はあるのです。

それを表に出していないか悩まないように工夫しているだけ。

だから自分だけ特別暗いなどと思わないようにしましょう。

自分はグズだとかダメな人間だと思いこむとますます前向きにはなれません。

あたりまえのように悩み、人間らしく生きていると思えばいいんです。

3. 緊張していると実力が出せない

緊張していると実力が出せない

余計なことを考えすぎて緊張してしまうと練習の成果が出せず、実力を存分に発揮できずに悪い結果が生まれてしまいます。

それがますます自分をネガティブにさせるきっかけになるので緊張しないようにすることも大切。

そのためには普段から小さい緊張をたくさん経験して緊張に慣れる練習をしましょう。

そしてたまには大きな舞台にも挑戦するようにします。

何度も経験すればするほど強くなれますよ。

4. コンプレックスも魅力のひとつ

コンプレックスも魅力のひとつ

コンプレックスは誰しも一つくらいありますし、それがまた影のある魅力に移ることもあります。

「そのことは言いたくない…」とか、ちょっと伏し目がちな表情をされるとその人のことが何だか気になってしまいますよね。

だから小さいコンプレックスは気にしないようにすること。

大きいコンプレックスはそれが一生苦しみの原因になってしまうかもしれないので少しでも小さくしていく工夫が必要です。

5. やらないで後悔するくらいなら…

やらないで後悔するくらいなら…

やらないで後悔するくらいならやって後悔した方がマシという考え方もあります。

「やって後悔するなんていやだ」と思うかもしれませんが、やらなければやればよかったとずっと思い続けるでしょう。

その思いプラスできなかった自分の情けなさが頭から離れなくなります。

それならやって失敗した方が「挑戦した」という勇気が残るだけまだマシ。

そう思ってやってみるという意識を持つと前向きに考えられるようになるのではないでしょうか。

6. あの時あんなに悩んでいたこと、今はどう?

あの時あんなに悩んでいたこと、今はどう?

今悩んでいることが解決できそうにないなら前に悩んでいたことを思い返してみてください。

あの時あんなに悩んでいたことは今となってみてどう変化していますか?

後から考えると何てことないようなことに変わっていることも多いと思います。

その瞬間は大きなことのように感じてしまっているだけで、第三者から見たり後から思い出すとささいな悩みということもあります。

そんな風に見る角度を変えてポジティブに捉えるようにしてみてください。

7. 悪い方を全て見なければ別に大したことじゃない

悪い方を全て見なければ別に大したことじゃない

不安症な人は何でも悪い方ばかり見て悪い結末ばかりイメージしてしまいます。

しかしそれらに一旦目をつぶっていい方だけを思ってみるとどうでしょうか?

自分が思っているような最悪な結末は意外と起きずに終わることがほとんどです。

大抵の心配事は取り越し苦労で終わる…そう思えばいい方の結末に目が向けられるはずですよ。

8. ポジティブが運を呼ぶと思い込む

ポジティブが運を呼ぶと思い込む

周りにいるラッキーな人を想像してみてください。

明るい人やポジティブな人が多いと感じませんか?

ポジティブは運を呼ぶと思ってみましょう。

ポジティブな人は挑戦する度胸があり、助けてくれる人に恵まれ、ピンチもピンチと気づかずに切り抜けられる図太さも持っています。

そんな人を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

実際にポジティブなら運が向くのかどうかよりもそう思い込むことで運を呼べると考えましょう。

9. どうせなら明るく生きよう

どうせなら明るく生きよう

誰しも何十年しか生きられません。

悩んでいる時間なんてもったいないと思いませんか?

失敗も勉強だと思い、やってみるのです。

そうやって自分を大きくして人生を無駄なく生きましょう。

そして明るく考えられるように変わっていきましょう。

10. 起きた時に考えればいい

起きた時に考えればいい

起きる前から悩んでも何も起きずに終わることもあるなら起きてから考えればいい、というのも悪くはありません。

今いくら悩んでも実際に悪い展開になるとまた悩むのです。

だったら今くらい何も考えず楽しんでおいた方が得なのでは?起きてから考えた方が状況がはっきりしている分解決への糸口がつかみやすいということもありますからね。

11. 最低限のことができている今は幸せ

多くのことを望むから悩むということもありますから、欲張らずに最低限のことができている今がどれほど幸せか噛み締めてみてください。

眠れる家があること、毎日食べられること。

当たり前のことが幸せなんです。

悩んだ時、挫けそうになった時、どんな風に考えれば前向きになれるのでしょうか?

11選の考え方をみてみましょう。


迷うくらいならやった方が早い

やるかやらないかとウジウジ悩むうちにもっと迷いが出て逃げ道を探してしまうこともあります。

前向きな人間になりたいなら、まずは迷い始めの対処が大切ではないでしょうか。

本格的に悩み始める前に「やってしまえ!」という勇気を持つことです。

それは自分で背中を押すしかありません。

「いいや!やっちゃえ!」と自分の心の中でもう一人の自分が励ますのです。

誰もが悩んでいる

自分だけが後ろ向きな人間のように感じてしまうこともありますが、誰だって悩み事はあるのです。

それを表に出していないか悩まないように工夫しているだけ。

だから自分だけ特別暗いなどと思わないようにしましょう。

自分はグズだとかダメな人間だと思いこむとますます前向きにはなれません。

あたりまえのように悩み、人間らしく生きていると思えばいいんです。

緊張していると実力が出せない

余計なことを考えすぎて緊張してしまうと練習の成果が出せず、実力を存分に発揮できずに悪い結果が生まれてしまいます。

それがますます自分をネガティブにさせるきっかけになるので緊張しないようにすることも大切。

そのためには普段から小さい緊張をたくさん経験して緊張に慣れる練習をしましょう。

そしてたまには大きな舞台にも挑戦するようにします。

何度も経験すればするほど強くなれますよ。

コンプレックスも魅力のひとつ

コンプレックスは誰しも一つくらいありますし、それがまた影のある魅力に移ることもあります。

「そのことは言いたくない…」とか、ちょっと伏し目がちな表情をされるとその人のことが何だか気になってしまいますよね。

だから小さいコンプレックスは気にしないようにすること。

大きいコンプレックスはそれが一生苦しみの原因になってしまうかもしれないので少しでも小さくしていく工夫が必要です。

やらないで後悔するくらいなら…

やらないで後悔するくらいならやって後悔した方がマシという考え方もあります。

「やって後悔するなんていやだ」と思うかもしれませんが、やらなければやればよかったとずっと思い続けるでしょう。

その思いプラスできなかった自分の情けなさが頭から離れなくなります。

それならやって失敗した方が「挑戦した」という勇気が残るだけまだマシ。

そう思ってやってみるという意識を持つと前向きに考えられるようになるのではないでしょうか。

あの時あんなに悩んでいたこと、今はどう?

今悩んでいることが解決できそうにないなら前に悩んでいたことを思い返してみてください。

あの時あんなに悩んでいたことは今となってみてどう変化していますか?

後から考えると何てことないようなことに変わっていることも多いと思います。

その瞬間は大きなことのように感じてしまっているだけで、第三者から見たり後から思い出すとささいな悩みということもあります。

そんな風に見る角度を変えてポジティブに捉えるようにしてみてください。

悪い方を全て見なければ別に大したことじゃない

不安症な人は何でも悪い方ばかり見て悪い結末ばかりイメージしてしまいます。

しかしそれらに一旦目をつぶっていい方だけを思ってみるとどうでしょうか?

自分が思っているような最悪な結末は意外と起きずに終わることがほとんどです。

大抵の心配事は取り越し苦労で終わる…そう思えばいい方の結末に目が向けられるはずですよ。

ポジティブが運を呼ぶと思い込む

周りにいるラッキーな人を想像してみてください。

明るい人やポジティブな人が多いと感じませんか?

ポジティブは運を呼ぶと思ってみましょう。

ポジティブな人は挑戦する度胸があり、助けてくれる人に恵まれ、ピンチもピンチと気づかずに切り抜けられる図太さも持っています。

そんな人を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

実際にポジティブなら運が向くのかどうかよりもそう思い込むことで運を呼べると考えましょう。

どうせなら明るく生きよう

誰しも何十年しか生きられません。

悩んでいる時間なんてもったいないと思いませんか?

失敗も勉強だと思い、やってみるのです。

そうやって自分を大きくして人生を無駄なく生きましょう。

そして明るく考えられるように変わっていきましょう。

起きた時に考えればいい

起きる前から悩んでも何も起きずに終わることもあるなら起きてから考えればいい、というのも悪くはありません。

今いくら悩んでも実際に悪い展開になるとまた悩むのです。

だったら今くらい何も考えず楽しんでおいた方が得なのでは?起きてから考えた方が状況がはっきりしている分解決への糸口がつかみやすいということもありますからね。

多くのことを望むから悩むということもありますから、欲張らずに最低限のことができている今がどれほど幸せか噛み締めてみてください。

眠れる家があること、毎日食べられること。

当たり前のことが幸せなんです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-