【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134852.html
依存体質な人が依存しやすい依存症10選

依存体質な人が依存しやすい依存症10選 | LADYCO

LADYCO
依存体質な人が依存しやすい依存症10選

依存体質な人はどんな事に依存するのでしょうか?

またどんな特徴があるのでしょうか?

  • 実家依存・・特に既婚女性が多いのが特徴的です。
  • ネット依存・・これはスマートフォンの普及と同時に加速的に増えてきました。
  • ゲーム依存・・男性に多いのが特徴です。
  • 買い物依存・・これは女性に多いのが特徴です。
  • アルコール依存・・ちょっとお酒を飲んでいくというのはコミュニケーションにもなりえるし悪い事ではありませんが,依存症になると危険です。
  • 恋愛依存・・恋愛は素敵な事です。
  • チョコレート依存・・チョコレートを食べると、セロトニン(人間が幸せを感じている時に体内で分泌されるホルモン)が分泌され、一時的に大きな満足感を得ることができます。
  • たばこ依存・・タバコを吸うと、ニコチンは脳にあるニコチン受容体に結合します。
  • 薬物依存・・「薬物依存症」と診断されるほど薬物依存が進むと、原因薬物を前にした時に自分の意思で使用をコントロールすることができなくなります。
  • 子供依存・・実家依存と同じようなケースになってしまいますが,親が子供から離れないケースです。
  • まとめ

1. 実家依存・・特に既婚女性が多いのが特徴的です。

実家依存・・特に既婚女性が多いのが特徴的です。

結婚しても自分で決められないので親に色々と決めて貰ったり意見を求めたりします。

結婚しているのに夫に相談せずに親の意見の方を尊重したりします。

また子育てが始まればその依存は加速します。

色々トラブルが発生してもその都度親に頼ろうとしてしまいます。

下手をすると夫が会社に行ったら,すぐに実家に行ってそのまま実家で一日過ごすような人も少なくありません。

また夕食まで食べて帰るような人も多いようです。

実家依存が酷くて離婚に至るケースも珍しくありません。

普通は夫婦二人で解決したり,相談して決めていくべき事象に対しても親に意見を求めてしまいます。

そのような女性の特徴は小さい頃からの育てられ方も影響するようです。

自己肯定感が低くて,常に親の顔色を伺ってきた人が多いようです。

つまり親を喜ばせたり、期待に応えることが自分の存在価値の基準となってしまい、自分の言動が全て親を介したものになってしまっているのが特徴です。

自分で解決する・自分で考えるという能力が不足しているようです。

つまりは精神的な自立していないのが特徴です。

2. ネット依存・・これはスマートフォンの普及と同時に加速的に増えてきました。

ネット依存・・これはスマートフォンの普及と同時に加速的に増えてきました。

ネットを見るのをやめたいのにやめられないというケースが多いようです。

多いのがSNS中毒です。

何をしてもどこに行ってもSNSに写真やコメントをアップして,その反応を見るのが生きがいになっています。

目の前にいる友人はそっちのけで一緒に食べるものも静止させて写真を撮ってその場でSNSにアップしたりします。

SNSに投稿するとまた反応を見るのが楽しくて,コメントやイイネなどがついていないかどうか,一日に何度もチェックします。

またラインでもラインを送って既読になったのに返事がないとか,既読にならないと何度もチェックするのも特徴的です。

このネット依存にはまる原因として一人は寂しい・・誰かに自分を認めて貰いたいというものが根底にあるのが特徴です。

SNSでコメントを貰えると自分が認められたような気分になるのでしょう。

3. ゲーム依存・・男性に多いのが特徴です。

ゲーム依存・・男性に多いのが特徴です。

1998年、もっとも権威ある科学雑誌「ネイチャー」に掲載された論文では,人がゲーム依存症になる原因が、脳レベルで明らかにされています。

ゲームをプレイすると、脳内のドーパミンが著しく増加します。

ドーパミンの増加は快感を引き起こし、快感欲しさに、もっとゲームがしたいと思うようになります。

ゲーム依存をする人の特徴は現実逃避をしたいと思っている人が多いようです。

仕事が上手くいかないとか人間関係が上手くいっていないとか現実に向き合うのがつらくてゲームにのめり込んでしまう人が多いのが特徴です。

この手のタイプの人には「面倒くさい・だるい」と口癖の人が多いようです。

4. 買い物依存・・これは女性に多いのが特徴です。

買い物依存・・これは女性に多いのが特徴です。

これといって欲しいというわけではないのに,買う前は欲しくて欲しくてローンを組んでも買ってしまう,カード限度額まで買ってしまう女性も少なくありません。

そのような女性は買い物のもの自体よりも「買う」という行為に依存していると言えるでしょう。

実際に買ってしまったものを活用しているかというとそんなに活用していなくて,服だったらずっとタグがついたままクローゼットで眠っていることも少なくありません。

このような症状に陥る女性の多くはストレスを多くもっているというのが特徴的です。

経済的な計画性に欠けるのも特徴です。

5. アルコール依存・・ちょっとお酒を飲んでいくというのはコミュニケーションにもなりえるし悪い事ではありませんが,依存症になると危険です。

アルコール依存・・ちょっとお酒を飲んでいくというのはコミュニケーションにもなりえるし悪い事ではありませんが,依存症になると危険です。

こちらは遺伝的な要素もあるようです。

またコミュニケーションが苦手でアルコールが入らないと人と上手く会話出来ない人が多いのも特徴的です。

また飲酒年齢開始年齢にも大きく関係するようです。

人見知りが激しかったり,好みが厳しかったり,こだわりが強い人がなりやすいとも言えます。

6. 恋愛依存・・恋愛は素敵な事です。

恋愛依存・・恋愛は素敵な事です。

いつも恋愛していてずっと異性の相手が途切れないのは一見モテモテで素敵なことのようですが,依存症になるとその人の心理的なものが密接に関わってきます。

恋愛依存は誰かにいつもそばにいて欲しい,誰かに認められたいなどという要求が多いようです。

寂しがりで1人で行動出来ない,精神的に不安定な人も陥りやすいです。

自己肯定感が低くて言い寄られたらふらふらとしてしまいます。

常に異性と一緒にいないと不安になるのが特徴的です。

また執着力が強いのも恋愛依存の特徴とも言えます。

7. チョコレート依存・・チョコレートを食べると、セロトニン(人間が幸せを感じている時に体内で分泌されるホルモン)が分泌され、一時的に大きな満足感を得ることができます。

チョコレート依存・・チョコレートを食べると、セロトニン(人間が幸せを感じている時に体内で分泌されるホルモン)が分泌され、一時的に大きな満足感を得ることができます。

その為にその満足感や幸福感を求めて毎日チョコレートを食べてしまう人がいます。

一見問題がないようですが,依存になってしまうのはストレスが多いのが特徴です。

日常生活に満足していない人が多いとも言えます。

8. たばこ依存・・タバコを吸うと、ニコチンは脳にあるニコチン受容体に結合します。

たばこ依存・・タバコを吸うと、ニコチンは脳にあるニコチン受容体に結合します。

すると、快感を生じさせる物質(ドパミン)が大量に放出され、喫煙者は快感を味わうことができます。

この快感を多く求めすぎる人の多くはやはりストレスが多いのが特徴です。

一旦たばこを止めようと努力しても仕事が上手くいかない,家庭が上手くいかないなどの原因があり,またたばこを吸い始めてしまう人が多いようです。

9. 薬物依存・・「薬物依存症」と診断されるほど薬物依存が進むと、原因薬物を前にした時に自分の意思で使用をコントロールすることができなくなります。

薬物依存・・「薬物依存症」と診断されるほど薬物依存が進むと、原因薬物を前にした時に自分の意思で使用をコントロールすることができなくなります。

これは危険と思うかもしれませんが,誰にでもなる可能性はあります。

薬物依存は脳の病気とされています。

遺伝的な要素もありますが,生活や環境が不安定だったり,心理的に不安定な人がなりやすいのが特徴です。

10. 子供依存・・実家依存と同じようなケースになってしまいますが,親が子供から離れないケースです。

子供依存・・実家依存と同じようなケースになってしまいますが,親が子供から離れないケースです。

ある年齢を超えているのに,過度に干渉してしまう親が増えています。

少子化が原因とも言えますが,根底には自分が自立していないとも言えます。

自分の子供時代から遡って考えてみても親に愛されていない,根本的なところで認められていないという想いを抱えた人が少なくないのが特徴です。

まとめ

以上の依存体質な特徴を色々な依存から見ていきましたが,共通するのは

  • 1. ストレスが多い,または感じやすい
  • 2. 現実の生活に満足していない
  • 3. 自己肯定感が低い・誰かに認められたいという思いが強い
  • 4. めんどくさい・だるいというのが口癖
  • 5. 経済的な計画性がない
  • 6. 精神的に不安定
  • 7. 子供の頃に親に認められていない・愛されてない
  • 8. 一人で決められないなどの精神的な自立が出来ていない
  • 9. コミュニケーションが苦手
  • 10. こだわりが強い・執着力が強い

などが依存体質の人の特徴のようです。

依存体質な人はどんな事に依存するのでしょうか?

またどんな特徴があるのでしょうか?


実家依存・・特に既婚女性が多いのが特徴的です。

結婚しても自分で決められないので親に色々と決めて貰ったり意見を求めたりします。

結婚しているのに夫に相談せずに親の意見の方を尊重したりします。

また子育てが始まればその依存は加速します。

色々トラブルが発生してもその都度親に頼ろうとしてしまいます。

下手をすると夫が会社に行ったら,すぐに実家に行ってそのまま実家で一日過ごすような人も少なくありません。

また夕食まで食べて帰るような人も多いようです。

実家依存が酷くて離婚に至るケースも珍しくありません。

普通は夫婦二人で解決したり,相談して決めていくべき事象に対しても親に意見を求めてしまいます。

そのような女性の特徴は小さい頃からの育てられ方も影響するようです。

自己肯定感が低くて,常に親の顔色を伺ってきた人が多いようです。

つまり親を喜ばせたり、期待に応えることが自分の存在価値の基準となってしまい、自分の言動が全て親を介したものになってしまっているのが特徴です。

自分で解決する・自分で考えるという能力が不足しているようです。

つまりは精神的な自立していないのが特徴です。

ネット依存・・これはスマートフォンの普及と同時に加速的に増えてきました。

ネットを見るのをやめたいのにやめられないというケースが多いようです。

多いのがSNS中毒です。

何をしてもどこに行ってもSNSに写真やコメントをアップして,その反応を見るのが生きがいになっています。

目の前にいる友人はそっちのけで一緒に食べるものも静止させて写真を撮ってその場でSNSにアップしたりします。

SNSに投稿するとまた反応を見るのが楽しくて,コメントやイイネなどがついていないかどうか,一日に何度もチェックします。

またラインでもラインを送って既読になったのに返事がないとか,既読にならないと何度もチェックするのも特徴的です。

このネット依存にはまる原因として一人は寂しい・・誰かに自分を認めて貰いたいというものが根底にあるのが特徴です。

SNSでコメントを貰えると自分が認められたような気分になるのでしょう。

ゲーム依存・・男性に多いのが特徴です。

1998年、もっとも権威ある科学雑誌「ネイチャー」に掲載された論文では,人がゲーム依存症になる原因が、脳レベルで明らかにされています。

ゲームをプレイすると、脳内のドーパミンが著しく増加します。

ドーパミンの増加は快感を引き起こし、快感欲しさに、もっとゲームがしたいと思うようになります。

ゲーム依存をする人の特徴は現実逃避をしたいと思っている人が多いようです。

仕事が上手くいかないとか人間関係が上手くいっていないとか現実に向き合うのがつらくてゲームにのめり込んでしまう人が多いのが特徴です。

この手のタイプの人には「面倒くさい・だるい」と口癖の人が多いようです。

買い物依存・・これは女性に多いのが特徴です。

これといって欲しいというわけではないのに,買う前は欲しくて欲しくてローンを組んでも買ってしまう,カード限度額まで買ってしまう女性も少なくありません。

そのような女性は買い物のもの自体よりも「買う」という行為に依存していると言えるでしょう。

実際に買ってしまったものを活用しているかというとそんなに活用していなくて,服だったらずっとタグがついたままクローゼットで眠っていることも少なくありません。

このような症状に陥る女性の多くはストレスを多くもっているというのが特徴的です。

経済的な計画性に欠けるのも特徴です。

アルコール依存・・ちょっとお酒を飲んでいくというのはコミュニケーションにもなりえるし悪い事ではありませんが,依存症になると危険です。

こちらは遺伝的な要素もあるようです。

またコミュニケーションが苦手でアルコールが入らないと人と上手く会話出来ない人が多いのも特徴的です。

また飲酒年齢開始年齢にも大きく関係するようです。

人見知りが激しかったり,好みが厳しかったり,こだわりが強い人がなりやすいとも言えます。

恋愛依存・・恋愛は素敵な事です。

いつも恋愛していてずっと異性の相手が途切れないのは一見モテモテで素敵なことのようですが,依存症になるとその人の心理的なものが密接に関わってきます。

恋愛依存は誰かにいつもそばにいて欲しい,誰かに認められたいなどという要求が多いようです。

寂しがりで1人で行動出来ない,精神的に不安定な人も陥りやすいです。

自己肯定感が低くて言い寄られたらふらふらとしてしまいます。

常に異性と一緒にいないと不安になるのが特徴的です。

また執着力が強いのも恋愛依存の特徴とも言えます。

チョコレート依存・・チョコレートを食べると、セロトニン(人間が幸せを感じている時に体内で分泌されるホルモン)が分泌され、一時的に大きな満足感を得ることができます。

その為にその満足感や幸福感を求めて毎日チョコレートを食べてしまう人がいます。

一見問題がないようですが,依存になってしまうのはストレスが多いのが特徴です。

日常生活に満足していない人が多いとも言えます。

たばこ依存・・タバコを吸うと、ニコチンは脳にあるニコチン受容体に結合します。

すると、快感を生じさせる物質(ドパミン)が大量に放出され、喫煙者は快感を味わうことができます。

この快感を多く求めすぎる人の多くはやはりストレスが多いのが特徴です。

一旦たばこを止めようと努力しても仕事が上手くいかない,家庭が上手くいかないなどの原因があり,またたばこを吸い始めてしまう人が多いようです。

薬物依存・・「薬物依存症」と診断されるほど薬物依存が進むと、原因薬物を前にした時に自分の意思で使用をコントロールすることができなくなります。

これは危険と思うかもしれませんが,誰にでもなる可能性はあります。

薬物依存は脳の病気とされています。

遺伝的な要素もありますが,生活や環境が不安定だったり,心理的に不安定な人がなりやすいのが特徴です。

子供依存・・実家依存と同じようなケースになってしまいますが,親が子供から離れないケースです。

ある年齢を超えているのに,過度に干渉してしまう親が増えています。

少子化が原因とも言えますが,根底には自分が自立していないとも言えます。

自分の子供時代から遡って考えてみても親に愛されていない,根本的なところで認められていないという想いを抱えた人が少なくないのが特徴です。

以上の依存体質な特徴を色々な依存から見ていきましたが,共通するのは

  • 1. ストレスが多い,または感じやすい
  • 2. 現実の生活に満足していない
  • 3. 自己肯定感が低い・誰かに認められたいという思いが強い
  • 4. めんどくさい・だるいというのが口癖
  • 5. 経済的な計画性がない
  • 6. 精神的に不安定
  • 7. 子供の頃に親に認められていない・愛されてない
  • 8. 一人で決められないなどの精神的な自立が出来ていない
  • 9. コミュニケーションが苦手
  • 10. こだわりが強い・執着力が強い

などが依存体質の人の特徴のようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-