【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134841.html
剛毛女子の悩み10選

剛毛女子の悩み10選 | LADYCO

LADYCO
剛毛女子の悩み10選

女性でも意外と多いのが剛毛女子。

上手くごまかしているだけで実はけっこう悩んでいるんです。

その苦労を10選でご覧ください。

  • 口の周りのひげを剃ると青々する
  • 眉毛を細くすると周りが青くなる
  • かみそりで処理しても毛穴が目立つ
  • 背中やおなかの毛も目立つ
  • 自己処理すると皮膚に毛が埋まる
  • 指の毛もあるから手元が気になる
  • もみあげのせいでアップの横顔がいまいち
  • 自己処理の頻度が多くて肌が荒れる
  • デリケートゾーンの毛が下着から飛び出る
  • デリケートゾーンの毛が多いので処理が大変
  • 胸周りの毛が忘れた頃にまた生えている
  • 毛が目立たないために日焼けをしている

1. 口の周りのひげを剃ると青々する

口の周りのひげを剃ると青々する

女性でも剛毛だと口周りのひげの処理が必要になります。

でもかみそりなどで剃ると青々してしまい、化粧でカバーしようとどんどん厚化粧に。

しかしひげの青さは化粧でカバーするのもひと苦労ですし、毛を処理したところで青さが残ると剛毛なのがばれてしまいます。

2. 眉毛を細くすると周りが青くなる

眉毛を細くすると周りが青くなる

剛毛女子は眉毛も立派なので細くする必要がありますが、細くするために剃ったり抜いたりしていると周りが青くなってしまいます。

また、抜いているとポツポツと毛根が残ることも。

それらを化粧でカバーするので化粧の時間がかかり、ナチュラルメイクとは言えない仕上がりとなってしまうでしょう。

3. かみそりで処理しても毛穴が目立つ

かみそりで処理しても毛穴が目立つ

腕や足の毛をかみそりで処理しても剃った後の毛穴が黒くポツポツと目立ち、どこから毛が生えていたか見ればわかってしまうような状態になります。

その仕上がりに納得できない剛毛女子は多いのではないでしょうか。

でも剛毛だと脱毛サロンに行っても回数がかかってお金もかかりそうなので気が向きません。

それに、腕を剃っていたら肩や鎖骨の方まで、足を剃っていたらおなかの方まで気になるのでむだ毛処理も大変です。

4. 背中やおなかの毛も目立つ

背中やおなかの毛も目立つ

剛毛女子は背中やおなかの毛も目立ち、毛の流れがわかるほど黒い女性もいます。

だから彼氏がいる時はとっさの露出に常に怯えていますし、海やプールに行く時は全身くまなくしょりしなければいけません。

とても大変な作業です。

また、一度ツルツルの状態を彼氏や友達に見せてしまうとそれを維持し続けないといけないので自分のイメージを保つためにもむだ毛の処理がますます手間のかかるものになってしまいます。

5. 自己処理すると皮膚に毛が埋まる

自己処理すると皮膚に毛が埋まる

毛抜きで抜く方が黒いポツポツが残らずに綺麗な仕上がりになる気もしますが、皮膚の下に毛が埋まって生えてそのまま伸びて膨らんでしまうというトラブルが起こることもあります。

それを無理に抜こうとすると皮膚を破ることになるので肌にはよくありません。

むだ毛だけではなく肌の状態も良くしておきたい女性には難しい問題と言えます。

6. 指の毛もあるから手元が気になる

指の毛もあるから手元が気になる

目が行きがちな顔、腕、足のむだ毛処理にばかり気をとられていると指のむだ毛処理を忘れてでかけてしまうことも。

そして出先で飲み物を飲んだりスマホをいじったりする時に指の毛の処理をしていなかったことに気づいて恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

いくら綺麗な指でも毛が生えていると女性らしい素敵な指とは言えません。

彼氏もそれを見るとげんなりしてしまうことでしょう。

7. もみあげのせいでアップの横顔がいまいち

もみあげのせいでアップの横顔がいまいち

剛毛女子はもみあげが濃くて長い場合も多いですが、もみ上げが目立つとアップスタイルが上手く作れませんし、横顔美人とは言えなくなってしまいます。

だから暑い日にも髪をおろしたり耳に髪をかけられずに悩む女性もいます。

もみあげの処理は難しいですからね。

剃ってもすぐ伸びますし、抜くとけっこう痛みもあります。

かと言って強引に持ち上げてアップにしても落ちてきやすいので髪を固めるのも大変。

ヘアセットに時間がかかります。

8. 自己処理の頻度が多くて肌が荒れる

自己処理の頻度が多くて肌が荒れる

腕や足の自己処理の頻度が多いことで肌荒れを起こしやすくなるのも大きな悩みです。

荒れた肌でも毛が気になって繰り返し処理していると肌がいつまでも再生せず、新たな悩みが生まれます。

9. デリケートゾーンの毛が下着から飛び出る

デリケートゾーンの毛が下着から飛び出る

デリケートゾーンの毛も剛毛だと生地の薄い下着からちくちくと毛先が飛び出るということもあります。

これは自分でも深いですし、セクシーな下着姿を彼氏に見せたい女性にとっては大きな悩みだと言えます。

10. デリケートゾーンの毛が多いので処理が大変

デリケートゾーンの毛が多いので処理が大変

剛毛女子はデリケートゾーンの毛も多いので見えにくいおしりの方まで処理するのが大変。

鏡を駆使してなんとか処理をしても剃り残しが発生しやすくなってしまいます。

また、定期的に処理しないとちくちくして清潔感がなくなるので、見えるところ以外の処理にも手間をとられて忙しいでしょう。

11. 胸周りの毛が忘れた頃にまた生えている

胸周りの毛が忘れた頃にまた生えている

剛毛女子は乳首周りにも毛が生えることも。

それがたくさんではなくても何本か長く延びるようなこともあり、抜いたりチェックしたりするのがストレスになったりします。

また、胸の間に胸毛のような毛も生えるので女性として悲しい気持ちになってしまいます。

12. 毛が目立たないために日焼けをしている

色白に憧れていてもむだ毛が目立つからと言ってちょっと日焼けをしている女性もいるでしょう。

その方がちょっと毛の黒さをごまかせます。

でも色白女性を見かけるとうらやましくてコンプレックスが消えません。

剛毛女子は常に女性の腕や口周りの毛をチェックし、自分の剛毛を悲しんでいるのです。

化粧や日焼けでごまかせない時はどんどん自分に自信がなくなってしまいます。

女性でも意外と多いのが剛毛女子。

上手くごまかしているだけで実はけっこう悩んでいるんです。

その苦労を10選でご覧ください。


口の周りのひげを剃ると青々する

女性でも剛毛だと口周りのひげの処理が必要になります。

でもかみそりなどで剃ると青々してしまい、化粧でカバーしようとどんどん厚化粧に。

しかしひげの青さは化粧でカバーするのもひと苦労ですし、毛を処理したところで青さが残ると剛毛なのがばれてしまいます。

眉毛を細くすると周りが青くなる

剛毛女子は眉毛も立派なので細くする必要がありますが、細くするために剃ったり抜いたりしていると周りが青くなってしまいます。

また、抜いているとポツポツと毛根が残ることも。

それらを化粧でカバーするので化粧の時間がかかり、ナチュラルメイクとは言えない仕上がりとなってしまうでしょう。

かみそりで処理しても毛穴が目立つ

腕や足の毛をかみそりで処理しても剃った後の毛穴が黒くポツポツと目立ち、どこから毛が生えていたか見ればわかってしまうような状態になります。

その仕上がりに納得できない剛毛女子は多いのではないでしょうか。

でも剛毛だと脱毛サロンに行っても回数がかかってお金もかかりそうなので気が向きません。

それに、腕を剃っていたら肩や鎖骨の方まで、足を剃っていたらおなかの方まで気になるのでむだ毛処理も大変です。

背中やおなかの毛も目立つ

剛毛女子は背中やおなかの毛も目立ち、毛の流れがわかるほど黒い女性もいます。

だから彼氏がいる時はとっさの露出に常に怯えていますし、海やプールに行く時は全身くまなくしょりしなければいけません。

とても大変な作業です。

また、一度ツルツルの状態を彼氏や友達に見せてしまうとそれを維持し続けないといけないので自分のイメージを保つためにもむだ毛の処理がますます手間のかかるものになってしまいます。

自己処理すると皮膚に毛が埋まる

毛抜きで抜く方が黒いポツポツが残らずに綺麗な仕上がりになる気もしますが、皮膚の下に毛が埋まって生えてそのまま伸びて膨らんでしまうというトラブルが起こることもあります。

それを無理に抜こうとすると皮膚を破ることになるので肌にはよくありません。

むだ毛だけではなく肌の状態も良くしておきたい女性には難しい問題と言えます。

指の毛もあるから手元が気になる

目が行きがちな顔、腕、足のむだ毛処理にばかり気をとられていると指のむだ毛処理を忘れてでかけてしまうことも。

そして出先で飲み物を飲んだりスマホをいじったりする時に指の毛の処理をしていなかったことに気づいて恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

いくら綺麗な指でも毛が生えていると女性らしい素敵な指とは言えません。

彼氏もそれを見るとげんなりしてしまうことでしょう。

もみあげのせいでアップの横顔がいまいち

剛毛女子はもみあげが濃くて長い場合も多いですが、もみ上げが目立つとアップスタイルが上手く作れませんし、横顔美人とは言えなくなってしまいます。

だから暑い日にも髪をおろしたり耳に髪をかけられずに悩む女性もいます。

もみあげの処理は難しいですからね。

剃ってもすぐ伸びますし、抜くとけっこう痛みもあります。

かと言って強引に持ち上げてアップにしても落ちてきやすいので髪を固めるのも大変。

ヘアセットに時間がかかります。

自己処理の頻度が多くて肌が荒れる

腕や足の自己処理の頻度が多いことで肌荒れを起こしやすくなるのも大きな悩みです。

荒れた肌でも毛が気になって繰り返し処理していると肌がいつまでも再生せず、新たな悩みが生まれます。

デリケートゾーンの毛が下着から飛び出る

デリケートゾーンの毛も剛毛だと生地の薄い下着からちくちくと毛先が飛び出るということもあります。

これは自分でも深いですし、セクシーな下着姿を彼氏に見せたい女性にとっては大きな悩みだと言えます。

デリケートゾーンの毛が多いので処理が大変

剛毛女子はデリケートゾーンの毛も多いので見えにくいおしりの方まで処理するのが大変。

鏡を駆使してなんとか処理をしても剃り残しが発生しやすくなってしまいます。

また、定期的に処理しないとちくちくして清潔感がなくなるので、見えるところ以外の処理にも手間をとられて忙しいでしょう。

胸周りの毛が忘れた頃にまた生えている

剛毛女子は乳首周りにも毛が生えることも。

それがたくさんではなくても何本か長く延びるようなこともあり、抜いたりチェックしたりするのがストレスになったりします。

また、胸の間に胸毛のような毛も生えるので女性として悲しい気持ちになってしまいます。

色白に憧れていてもむだ毛が目立つからと言ってちょっと日焼けをしている女性もいるでしょう。

その方がちょっと毛の黒さをごまかせます。

でも色白女性を見かけるとうらやましくてコンプレックスが消えません。

剛毛女子は常に女性の腕や口周りの毛をチェックし、自分の剛毛を悲しんでいるのです。

化粧や日焼けでごまかせない時はどんどん自分に自信がなくなってしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-