【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134837.html
父親が嫌いな子供の心理

父親が嫌いな子供の心理 | LADYCO

LADYCO
父親が嫌いな子供の心理

父親が嫌いな子供が抱えている心理で見えてくる原因をまとめてみました。

  • 父親を尊敬することができない
  • だらしがない父親である
  • 父親の存在が恥ずかしいと思っている
  • 叱り方に疑問を抱いている
  • 父親に対して諦めている
  • 忙しくて話を聞いてもらえないと思っている
  • 父親の役目をしていないと感じている
  • 寂しさが裏目に現れている
  • 話を覚えてくれない
  • お母さんをとられたような気持ちになる

1. 父親を尊敬することができない

父親を尊敬することができない

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、父親を尊敬することができないといった心理状況が考えられます。

服装もだらしなくて、何か質問しても答えることができない父親を見ていると、父親を尊敬することができなくなってしまい、敬うことや好きという感情までも失ってしまうのです。

2. だらしがない父親である

だらしがない父親である

父親が嫌いな子供にありがちの心理で、だらしない父親であるために、子供が嫌ってしまうことが考えられます。

清潔感のある母親と違って、休日はダラダラしていたり、いつも同じ服装を着ていたりすると、父親に対してだらしなさを感じて、一緒にいることも嫌になってしまうのではないでしょうか。

3. 父親の存在が恥ずかしいと思っている

父親の存在が恥ずかしいと思っている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、父親の存在を恥ずかしいと思っていることも挙げられます。

父親と一緒にいるだけで自分が変な風に思われているのではないかと感じてしまうことがあります。

特に女の子に多く、お父さんと一緒にいるだけで、せっかく可愛く準備してきても、全てが台無しになってしまうと思っている子供は意外にも多いです。

4. 叱り方に疑問を抱いている

叱り方に疑問を抱いている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、そもそも何でこんなに怒られるのかがわからないと、叱り方に疑問を抱いているがために、お父さんに怒られるのが嫌で、父親を嫌いになっていくこともあります。

理屈の通った叱り方をするのであれば良いのですが、感情に任せた叱り方をしてしまう事は、子供を見ていてすぐにわかってしまうものです。

しかし子供はどんなに大人が間違っていると思っていても、言い返すことができないものです。

そのためどんどん嫌いといった感情が子供の中で募っていってしまいます。

5. 父親に対して諦めている

父親に対して諦めている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、父親に対しては諦めてしまっていることも考えられます。

しっかりしていない父親を見ているだけで、この人は自分の父親失格だと判断してしまうのです。

もう何してくれても構わないと父親の行動をスルーするようになり、諦めてしまっているので何を言われても動じなくなるのです。

6. 忙しくて話を聞いてもらえないと思っている

忙しくて話を聞いてもらえないと思っている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、一生懸命父親に対して話をしても、忙しくて話を聞いてもらえないことから、父親を嫌いになっていくことが考えられます。

本当はもっといろんな話をしたいのに、子供や家庭の事だけではなく、仕事中心に生活をしている父親がいる場合は、子供はどうせ自分の話を聞いてもらえないんだと諦めてしまうのです。

そんな毎日が積み重なることによって、父親と口をきくのも嫌になってしまいます。

どうせ聞いてもらえないと子供に思われてしまう前に、積極的に耳を傾けることが大切です。

7. 父親の役目をしていないと感じている

父親の役目をしていないと感じている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、子供ながらに父親の役目を果たしていないと感じている可能性があります。

例えば毎日朝早くから夜遅くまで仕事をしている父親は、家ではゆっくり休みたくなるものです。

せめて休日くらいはゆっくりしたいと思うのが本音です。

ですが子供はせっかくのやすみだからこそどこかに連れて行ってほしいと思うのです。

それすらもしてくれない父親は、ちゃんと父親の役目を果たしていないと子供の目線では感じてしまうのです。

8. 寂しさが裏目に現れている

寂しさが裏目に現れている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、寂しさが裏目に現れてしまっていることが考えられます。

本当は寂しくて一緒にいたいのだけれど、疲れていたり、他のことをやっていてかまってもらえない場合、もう自分とは遊んでくれないんだと悲しい気持ちになり、寂しさから父親を嫌いになってしまいます。

本当は一緒にいたい気持ちが強いにもかかわらず、我慢をしてしまい素直に話すことができないのです。

9. 話を覚えてくれない

話を覚えてくれない

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、一生懸命話したことを全く覚えていないことが、父親嫌いにつながっている可能性があります。

大切な話だからこそ父親にしたにもかかわらず、次の日聞いてみると全く覚えていないなんてことがあると、子供はショックを受けてしまいます。

子供が話したことが全てメモに取っておくなり、しっかりと聞いてあげていることを理解してもらうことで、父親嫌いを回避できるのです。

話をしっかりと聞いていて覚えてくれる父親は、子供にとっては頼りがいのある存在だと思うのです。

10. お母さんをとられたような気持ちになる

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、お母さんをとられたかのような気持ちになってしまうため、父親嫌いになってしまう子供も多いです。

ご飯を作ってくれたり一生懸命面倒を見てくれるお母さんも大好きな子供は多いです。

しかし子供である自分と同じように、お母さんに対していろいろやってもらっている姿を見ると、自分だけのお母さんなのに、いい大人が何してるんだという気持ちになってしまうのです。

父親が嫌いな子供が抱えている心理で見えてくる原因をまとめてみました。


父親を尊敬することができない

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、父親を尊敬することができないといった心理状況が考えられます。

服装もだらしなくて、何か質問しても答えることができない父親を見ていると、父親を尊敬することができなくなってしまい、敬うことや好きという感情までも失ってしまうのです。

だらしがない父親である

父親が嫌いな子供にありがちの心理で、だらしない父親であるために、子供が嫌ってしまうことが考えられます。

清潔感のある母親と違って、休日はダラダラしていたり、いつも同じ服装を着ていたりすると、父親に対してだらしなさを感じて、一緒にいることも嫌になってしまうのではないでしょうか。

父親の存在が恥ずかしいと思っている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、父親の存在を恥ずかしいと思っていることも挙げられます。

父親と一緒にいるだけで自分が変な風に思われているのではないかと感じてしまうことがあります。

特に女の子に多く、お父さんと一緒にいるだけで、せっかく可愛く準備してきても、全てが台無しになってしまうと思っている子供は意外にも多いです。

叱り方に疑問を抱いている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、そもそも何でこんなに怒られるのかがわからないと、叱り方に疑問を抱いているがために、お父さんに怒られるのが嫌で、父親を嫌いになっていくこともあります。

理屈の通った叱り方をするのであれば良いのですが、感情に任せた叱り方をしてしまう事は、子供を見ていてすぐにわかってしまうものです。

しかし子供はどんなに大人が間違っていると思っていても、言い返すことができないものです。

そのためどんどん嫌いといった感情が子供の中で募っていってしまいます。

父親に対して諦めている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、父親に対しては諦めてしまっていることも考えられます。

しっかりしていない父親を見ているだけで、この人は自分の父親失格だと判断してしまうのです。

もう何してくれても構わないと父親の行動をスルーするようになり、諦めてしまっているので何を言われても動じなくなるのです。

忙しくて話を聞いてもらえないと思っている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、一生懸命父親に対して話をしても、忙しくて話を聞いてもらえないことから、父親を嫌いになっていくことが考えられます。

本当はもっといろんな話をしたいのに、子供や家庭の事だけではなく、仕事中心に生活をしている父親がいる場合は、子供はどうせ自分の話を聞いてもらえないんだと諦めてしまうのです。

そんな毎日が積み重なることによって、父親と口をきくのも嫌になってしまいます。

どうせ聞いてもらえないと子供に思われてしまう前に、積極的に耳を傾けることが大切です。

父親の役目をしていないと感じている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、子供ながらに父親の役目を果たしていないと感じている可能性があります。

例えば毎日朝早くから夜遅くまで仕事をしている父親は、家ではゆっくり休みたくなるものです。

せめて休日くらいはゆっくりしたいと思うのが本音です。

ですが子供はせっかくのやすみだからこそどこかに連れて行ってほしいと思うのです。

それすらもしてくれない父親は、ちゃんと父親の役目を果たしていないと子供の目線では感じてしまうのです。

寂しさが裏目に現れている

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、寂しさが裏目に現れてしまっていることが考えられます。

本当は寂しくて一緒にいたいのだけれど、疲れていたり、他のことをやっていてかまってもらえない場合、もう自分とは遊んでくれないんだと悲しい気持ちになり、寂しさから父親を嫌いになってしまいます。

本当は一緒にいたい気持ちが強いにもかかわらず、我慢をしてしまい素直に話すことができないのです。

話を覚えてくれない

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、一生懸命話したことを全く覚えていないことが、父親嫌いにつながっている可能性があります。

大切な話だからこそ父親にしたにもかかわらず、次の日聞いてみると全く覚えていないなんてことがあると、子供はショックを受けてしまいます。

子供が話したことが全てメモに取っておくなり、しっかりと聞いてあげていることを理解してもらうことで、父親嫌いを回避できるのです。

話をしっかりと聞いていて覚えてくれる父親は、子供にとっては頼りがいのある存在だと思うのです。

父親が嫌いな子供にありがちな心理で、お母さんをとられたかのような気持ちになってしまうため、父親嫌いになってしまう子供も多いです。

ご飯を作ってくれたり一生懸命面倒を見てくれるお母さんも大好きな子供は多いです。

しかし子供である自分と同じように、お母さんに対していろいろやってもらっている姿を見ると、自分だけのお母さんなのに、いい大人が何してるんだという気持ちになってしまうのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-