【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515114039.html
恋愛至上主義な人の心理

恋愛至上主義な人の心理 | LADYCO

LADYCO
恋愛至上主義な人の心理

恋愛ありきの人生とは?恋愛至上主義な人に共通する心理について考えてみましょう。

  • 恋愛している時の充足感がたまらない
  • キレイになったと言われて嬉しい
  • 相手に必要とされていることを実感していたい
  • パートナーがいないなんて人間として認められていない
  • 家族以外に自分を大切にしてくれる存在を必要としている
  • 永遠に「男」「女」でいたいと思っている
  • 恋愛している時の自分が一番好き
  • 愛されていると誰にでも優しくできる
  • 愛はお金よりも尊い
  • 不幸な人ほど恋愛を求めるべき

1. 恋愛している時の充足感がたまらない

恋愛している時の充足感がたまらない

誰かを好きでいることで、心がどんどんと元気になるタイプは「恋愛なしでは生きる張り合いがない」と感じています。

同じことをしていても、恋愛中は楽しくウキウキしているうちに終わります。

景色を見ても感動し、美味しいものを食べたらうっとり。

これぞ恋愛マジックです。

このことを知っているからこそ、恋愛至上主義な人が存在するのです。

2. キレイになったと言われて嬉しい

キレイになったと言われて嬉しい

恋をすると女性はキレイになります。

でも、これはなにも女性に限ったことではありません。

男性も男っぷりが上がるのです。

ホルモン分泌が活発になり、お肌もつるつる生き生き。

男女共に見た目が輝いてきます。

それは誰かの目に留まるほどの変化をもたらすことがあり、そんな時にかけられた言葉は嬉しくてくすぐったいもの。

でも、「これも恋しているおかげ」と思えるのです。

3. 相手に必要とされていることを実感していたい

相手に必要とされていることを実感していたい

恋愛している時には相手に求められ、心が強くなります。

「この人がいるから頑張れる」と思える人は、実力以上の力を発揮できるのです。

だから、パートナーを支え、そして支えられた経験のある人は一人でいると心細くて仕方ありません。

恋愛を通して必要とされていることを実感した人は、その感覚に依存しやすくなってしまいます。

結果、恋愛至上主義者誕生です。

4. パートナーがいないなんて人間として認められていない

パートナーがいないなんて人間として認められていない

「彼氏いるの?」と聞かれて「いません」と答える時の惨めさ。

「彼女は?」と聞かれて「そのうち」と答える不甲斐無さ。

こんな屈辱はないと感じてしまいます。

聞いた側は実際に彼氏・彼女がいるか否かなんて気にしていません。

単なる世間話程度に思っています。

それに過剰反応しているだけ。

実は、自分の価値観がパートナーのある・なしで決まることが理由です。

誰かがパートナーがいないと言えば、「寂しい人で誰からも好かれない人」「誰かに大切にされる価値のない人」「見た目に問題あり」と勝手にジャッジを進めます。

彼氏・彼女がいなくても立派な人はたくさんいます。

たまたまパートナーがいないタイミングであることも考えられます。

そんなふうには捉えられず、一方的に可哀想な人と決めつけてしまいます。

5. 家族以外に自分を大切にしてくれる存在を必要としている

家族以外に自分を大切にしてくれる存在を必要としている

家族との縁が薄い人は必然的に外へ縁を求めてしまいます。

そうでない人でも愛されて満たされると人は求めるようになります。

自分を大切にしてくれる人。

自分を一番愛おしく感じてくれる人。

そんな時に出会ったパートナーは世界一愛しい存在になります。

そして、その後も家族以上に絆を深めていくようになり、いつかはその人と家族になりたいと望むようになるのが自然の流れです。

6. 永遠に「男」「女」でいたいと思っている

永遠に「男」「女」でいたいと思っている

自分の女の顔を大事にしたい人は、恋愛なしでは自分の価値を見出せません。

自分の男の顔を大事にしたい人は、いつでもドキドキとときめいていないと生きているという実感が得られません。

これはモラルなどは一切関係なく、本能レベルで求めてしまうもの。

それ故に不倫などの社会問題が生じてしまうこともしばしば。

当人は問題意識を持ってはいるものの、自分の中の恋愛至上主義的な思考が邪魔になって正気を取り戻せなくなってしまうのです。

それでも自己を取り戻せないのが恋愛至上主義者たる所以です。

7. 恋愛している時の自分が一番好き

恋愛している時の自分が一番好き

恋愛している時にはおしゃれも楽しく、会話も華やいできます。

そんな自分を承知していると、恋愛している時こそがこの世の春。

それを満喫している時の自分が一番素敵だと考えます。

8. 愛されていると誰にでも優しくできる

愛されていると誰にでも優しくできる

愛し愛されている時には気持ちに余裕が生まれるので、誰と接する時にも穏やかで優しく接することができるようになります。

それは友人でも家族でも、通りすがりの人でも同じこと。

この人は困っているのかな。

何か手伝えることがあるかもしれない。

そんなことに気付けるのは自分自身が幸せだからこそです。

これぞ愛の力。

「愛こそが全て」と言いますが、そういった広い意味で愛を持つことが称賛されています。

9. 愛はお金よりも尊い

愛はお金よりも尊い

生きていく上でお金は大事。

でも、愛は生きる為に必須。

恋愛至上主義な人は、お金の価値を認めながらも愛はそれ以上に尊いものだと信じています。

愛があるからこそ生きていける。

生きているからこそお金も稼げるし、頑張れる。

なるほど納得の生き方で、これを真面目に遂行しています。

10. 不幸な人ほど恋愛を求めるべき

不幸ならば誰かを好きになればいい。

求められればこそ、求められる。

恋愛至上主義な人が独り身を嘆く人にそっと送りたいと常々考えているメッセージです。

恋愛をしていれば、大抵のことはバラ色に変わる。

恋愛しているからこそ、人生も開ける。

かなり偏った主張ではありますが、どれも一理あります。

不幸と感じているならば、盲目的に一度は信じてもいいのかもしれません。

恋愛ありきの人生とは?恋愛至上主義な人に共通する心理について考えてみましょう。


恋愛している時の充足感がたまらない

誰かを好きでいることで、心がどんどんと元気になるタイプは「恋愛なしでは生きる張り合いがない」と感じています。

同じことをしていても、恋愛中は楽しくウキウキしているうちに終わります。

景色を見ても感動し、美味しいものを食べたらうっとり。

これぞ恋愛マジックです。

このことを知っているからこそ、恋愛至上主義な人が存在するのです。

キレイになったと言われて嬉しい

恋をすると女性はキレイになります。

でも、これはなにも女性に限ったことではありません。

男性も男っぷりが上がるのです。

ホルモン分泌が活発になり、お肌もつるつる生き生き。

男女共に見た目が輝いてきます。

それは誰かの目に留まるほどの変化をもたらすことがあり、そんな時にかけられた言葉は嬉しくてくすぐったいもの。

でも、「これも恋しているおかげ」と思えるのです。

相手に必要とされていることを実感していたい

恋愛している時には相手に求められ、心が強くなります。

「この人がいるから頑張れる」と思える人は、実力以上の力を発揮できるのです。

だから、パートナーを支え、そして支えられた経験のある人は一人でいると心細くて仕方ありません。

恋愛を通して必要とされていることを実感した人は、その感覚に依存しやすくなってしまいます。

結果、恋愛至上主義者誕生です。

パートナーがいないなんて人間として認められていない

「彼氏いるの?」と聞かれて「いません」と答える時の惨めさ。

「彼女は?」と聞かれて「そのうち」と答える不甲斐無さ。

こんな屈辱はないと感じてしまいます。

聞いた側は実際に彼氏・彼女がいるか否かなんて気にしていません。

単なる世間話程度に思っています。

それに過剰反応しているだけ。

実は、自分の価値観がパートナーのある・なしで決まることが理由です。

誰かがパートナーがいないと言えば、「寂しい人で誰からも好かれない人」「誰かに大切にされる価値のない人」「見た目に問題あり」と勝手にジャッジを進めます。

彼氏・彼女がいなくても立派な人はたくさんいます。

たまたまパートナーがいないタイミングであることも考えられます。

そんなふうには捉えられず、一方的に可哀想な人と決めつけてしまいます。

家族以外に自分を大切にしてくれる存在を必要としている

家族との縁が薄い人は必然的に外へ縁を求めてしまいます。

そうでない人でも愛されて満たされると人は求めるようになります。

自分を大切にしてくれる人。

自分を一番愛おしく感じてくれる人。

そんな時に出会ったパートナーは世界一愛しい存在になります。

そして、その後も家族以上に絆を深めていくようになり、いつかはその人と家族になりたいと望むようになるのが自然の流れです。

永遠に「男」「女」でいたいと思っている

自分の女の顔を大事にしたい人は、恋愛なしでは自分の価値を見出せません。

自分の男の顔を大事にしたい人は、いつでもドキドキとときめいていないと生きているという実感が得られません。

これはモラルなどは一切関係なく、本能レベルで求めてしまうもの。

それ故に不倫などの社会問題が生じてしまうこともしばしば。

当人は問題意識を持ってはいるものの、自分の中の恋愛至上主義的な思考が邪魔になって正気を取り戻せなくなってしまうのです。

それでも自己を取り戻せないのが恋愛至上主義者たる所以です。

恋愛している時の自分が一番好き

恋愛している時にはおしゃれも楽しく、会話も華やいできます。

そんな自分を承知していると、恋愛している時こそがこの世の春。

それを満喫している時の自分が一番素敵だと考えます。

愛されていると誰にでも優しくできる

愛し愛されている時には気持ちに余裕が生まれるので、誰と接する時にも穏やかで優しく接することができるようになります。

それは友人でも家族でも、通りすがりの人でも同じこと。

この人は困っているのかな。

何か手伝えることがあるかもしれない。

そんなことに気付けるのは自分自身が幸せだからこそです。

これぞ愛の力。

「愛こそが全て」と言いますが、そういった広い意味で愛を持つことが称賛されています。

愛はお金よりも尊い

生きていく上でお金は大事。

でも、愛は生きる為に必須。

恋愛至上主義な人は、お金の価値を認めながらも愛はそれ以上に尊いものだと信じています。

愛があるからこそ生きていける。

生きているからこそお金も稼げるし、頑張れる。

なるほど納得の生き方で、これを真面目に遂行しています。

不幸ならば誰かを好きになればいい。

求められればこそ、求められる。

恋愛至上主義な人が独り身を嘆く人にそっと送りたいと常々考えているメッセージです。

恋愛をしていれば、大抵のことはバラ色に変わる。

恋愛しているからこそ、人生も開ける。

かなり偏った主張ではありますが、どれも一理あります。

不幸と感じているならば、盲目的に一度は信じてもいいのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-