【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515113930.html
「胸が大きい女子」の悩み10選

「胸が大きい女子」の悩み10選 | LADYCO

LADYCO
「胸が大きい女子」の悩み10選

胸が大きくて悩むなんてあり得る!?胸が大きい女子にしか理解できない悩みがあるのです。

  • 肩が凝る
  • 視線が集まって恥ずかしい
  • 動きづらい
  • タイトな洋服が似合わない
  • 着物を着ると着くずれしてしまう
  • 下着の購入にお金が掛かる
  • 太って見られる
  • お色気で迫ってくると勘違いされる
  • 胸の小さい女子に逆恨みされる
  • 満員電車で胸があたる

1. 肩が凝る

肩が凝る

胸は脂肪からなるのですが、そこそこの重さがあります。

そして、その重さが姿勢の悪さを助長してしまうのです。

すると肩に負担がかかって肩凝りが酷くなります。

首が凝ってしまうという人もいるでしょう。

とにかく胸が原因で凝りが酷く、頭痛や眼精疲労の引き金になってしまうのです。

かといって胸を小さくするなんて直ぐにはできません。

でも、「胸が大きくて肩が凝る」なんて恥ずかしくて言えないことも悩みのひとつ。

なかなか共感してくれる人がいないので、発散もできません。

2. 視線が集まって恥ずかしい

視線が集まって恥ずかしい

初対面の人のどこを見ますか?

顔という場合が一番多いのではないでしょうか。

身長が高ければ、それが第一印象となるでしょう。

髪が薄い人はそこに注目されてしまうかもしれません。

そして胸の大きい人と初めて接した人は、男女を問わず視線が胸に釘づけになります。

もちろん裸ではないのですが、胸は物言わずして性的なアピールをしてしまう部位。

そこに着目されたら恥ずかしいことこの上なし。

初めての人との挨拶には思わずため息が出てしまいます。

3. 動きづらい

動きづらい

胸が大きいと本当に邪魔だと思う時があります。

例えば、スポーツクラブに行ったら、胸を抑えるサポーターをしないと動きづらくて仕方ありません。

走る、踊る、鍛える。

全てのシーンで邪魔な存在です。

4. タイトな洋服が似合わない

タイトな洋服が似合わない

胸が大きいと様になる洋服もあります。

例えばハリウッド女優がレッドカーペットで身に付けているゴージャスなドレスであれば、貧乳ではダメ。

やっぱり大きな胸があってこその着こなしです。

でも、日本のスリム女性が着こなすタイトなラインは、胸の大きさが邪魔をして着こなしが難しくなります。

特に伸縮性に乏しいシャツなどはお手上げ状態。

こういう服を制服に採用している企業に勤めていたら、本当に辛い思いをするに違いありません。

5. 着物を着ると着くずれしてしまう

着物を着ると着くずれしてしまう

着物は身体の薄い日本女性にマッチした古来のものです。

だから、現代風の体格をした女性が着るには無理が生じてしまうのです。

特に胸のあたりにボリュームがあるとあっという間に合わせが緩み、帯もだらしなくなってしまいます。

どんなに上手な着付けをしても、長時間の場合には限界あり。

場合によっては着物という選択肢を排除しなければなりません。

6. 下着の購入にお金が掛かる

下着の購入にお金が掛かる

ある程度の大きさの胸になれば、相応のしっかりとした作りのブラジャーが必要になります。

そして、そのブラジャーはサイズがアップするごとに価格が上がるのです。

それは生地を多く使うということなのか、それとも作り自体が変わるからなのかは不明。

最近はやりのブラトップなんて不安定過ぎて着ていると不安に思うほどです。

ただし、相応のものを買えば身体のラインも綺麗になり、着こなしもスマートになるので必需品。

買わないという選択肢はありえないのです。

7. 太って見られる

太って見られる

胸が大きいと何故だかぽっちゃり見られがち。

女性はスリムに見られたい願望の塊。

それなのに胸が大きいというだけでぽっちゃりに見られてしまうなんて悲劇です。

もちろん、胸フェチの人には歓迎されるのでしょうが、ポチャリは不利と根付いている思考には太刀打ちできません。

鏡で自分の胸の大きさを認識するたびに「小さくなりたい」とため息が出てしまいます。

8. お色気で迫ってくると勘違いされる

お色気で迫ってくると勘違いされる

胸が大きいと、隣との距離感が近く感じられます。

その為、その気はゼロでも「俺ってこの子に迫られてる!?」とまるで口説かれているかのような誤解を抱かれてしまうリスクがあるのです。

「自分の顔を見てから考えろ!」と言い返したくなりますが、そんなことは言えません。

最悪の場合、「あの子って誰でもいいから口説いてない?」という噂が独り歩きしてしまうことも。

まったくの濡れ衣ですが、正面切って言われるわけではないので訂正する機会にさえ恵まれません。

胸が大きいことが生んだ悲劇です。

9. 胸の小さい女子に逆恨みされる

胸の小さい女子に逆恨みされる

「ちょっとばかり胸が大きいからっていい気になってる」 そんなことはこれっぽっちもないのに、言いがかりをつけられてしまう損な役回りです。

実際は、自分よりも可愛いとか足がキレイとか。

太刀打ちできないことがあるからという単なる僻みでしかないのです。

胸が小さいことを簡単に対処できないことと同じで、胸が大きいことをどうにもできないのですが、同じレベルの悩みとしては共感できないようです。

これはもう逆恨みというしかありません。

10. 満員電車で胸があたる

満員電車で押しつぶされた時に気になる胸。

自分の胸が大きめだという意識はあるので、「狭いのに大きくてすみません」「邪魔ですよね、すみません」「無理に押し付けている痴女ではありません」と様々な思いでいつも恐縮しています。

下車する人の妨げになったり、身長の低い子供の顔にぶつかってしまって窮屈で可哀想な思いをさせたり。

申し訳なく思っているのに、どうしようもない自分。

「なんで余分に大きいのかしら」と涙が出そうになる瞬間です。

胸が大きくて悩むなんてあり得る!?胸が大きい女子にしか理解できない悩みがあるのです。


肩が凝る

胸は脂肪からなるのですが、そこそこの重さがあります。

そして、その重さが姿勢の悪さを助長してしまうのです。

すると肩に負担がかかって肩凝りが酷くなります。

首が凝ってしまうという人もいるでしょう。

とにかく胸が原因で凝りが酷く、頭痛や眼精疲労の引き金になってしまうのです。

かといって胸を小さくするなんて直ぐにはできません。

でも、「胸が大きくて肩が凝る」なんて恥ずかしくて言えないことも悩みのひとつ。

なかなか共感してくれる人がいないので、発散もできません。

視線が集まって恥ずかしい

初対面の人のどこを見ますか?

顔という場合が一番多いのではないでしょうか。

身長が高ければ、それが第一印象となるでしょう。

髪が薄い人はそこに注目されてしまうかもしれません。

そして胸の大きい人と初めて接した人は、男女を問わず視線が胸に釘づけになります。

もちろん裸ではないのですが、胸は物言わずして性的なアピールをしてしまう部位。

そこに着目されたら恥ずかしいことこの上なし。

初めての人との挨拶には思わずため息が出てしまいます。

動きづらい

胸が大きいと本当に邪魔だと思う時があります。

例えば、スポーツクラブに行ったら、胸を抑えるサポーターをしないと動きづらくて仕方ありません。

走る、踊る、鍛える。

全てのシーンで邪魔な存在です。

タイトな洋服が似合わない

胸が大きいと様になる洋服もあります。

例えばハリウッド女優がレッドカーペットで身に付けているゴージャスなドレスであれば、貧乳ではダメ。

やっぱり大きな胸があってこその着こなしです。

でも、日本のスリム女性が着こなすタイトなラインは、胸の大きさが邪魔をして着こなしが難しくなります。

特に伸縮性に乏しいシャツなどはお手上げ状態。

こういう服を制服に採用している企業に勤めていたら、本当に辛い思いをするに違いありません。

着物を着ると着くずれしてしまう

着物は身体の薄い日本女性にマッチした古来のものです。

だから、現代風の体格をした女性が着るには無理が生じてしまうのです。

特に胸のあたりにボリュームがあるとあっという間に合わせが緩み、帯もだらしなくなってしまいます。

どんなに上手な着付けをしても、長時間の場合には限界あり。

場合によっては着物という選択肢を排除しなければなりません。

下着の購入にお金が掛かる

ある程度の大きさの胸になれば、相応のしっかりとした作りのブラジャーが必要になります。

そして、そのブラジャーはサイズがアップするごとに価格が上がるのです。

それは生地を多く使うということなのか、それとも作り自体が変わるからなのかは不明。

最近はやりのブラトップなんて不安定過ぎて着ていると不安に思うほどです。

ただし、相応のものを買えば身体のラインも綺麗になり、着こなしもスマートになるので必需品。

買わないという選択肢はありえないのです。

太って見られる

胸が大きいと何故だかぽっちゃり見られがち。

女性はスリムに見られたい願望の塊。

それなのに胸が大きいというだけでぽっちゃりに見られてしまうなんて悲劇です。

もちろん、胸フェチの人には歓迎されるのでしょうが、ポチャリは不利と根付いている思考には太刀打ちできません。

鏡で自分の胸の大きさを認識するたびに「小さくなりたい」とため息が出てしまいます。

お色気で迫ってくると勘違いされる

胸が大きいと、隣との距離感が近く感じられます。

その為、その気はゼロでも「俺ってこの子に迫られてる!?」とまるで口説かれているかのような誤解を抱かれてしまうリスクがあるのです。

「自分の顔を見てから考えろ!」と言い返したくなりますが、そんなことは言えません。

最悪の場合、「あの子って誰でもいいから口説いてない?」という噂が独り歩きしてしまうことも。

まったくの濡れ衣ですが、正面切って言われるわけではないので訂正する機会にさえ恵まれません。

胸が大きいことが生んだ悲劇です。

胸の小さい女子に逆恨みされる

「ちょっとばかり胸が大きいからっていい気になってる」 そんなことはこれっぽっちもないのに、言いがかりをつけられてしまう損な役回りです。

実際は、自分よりも可愛いとか足がキレイとか。

太刀打ちできないことがあるからという単なる僻みでしかないのです。

胸が小さいことを簡単に対処できないことと同じで、胸が大きいことをどうにもできないのですが、同じレベルの悩みとしては共感できないようです。

これはもう逆恨みというしかありません。

満員電車で押しつぶされた時に気になる胸。

自分の胸が大きめだという意識はあるので、「狭いのに大きくてすみません」「邪魔ですよね、すみません」「無理に押し付けている痴女ではありません」と様々な思いでいつも恐縮しています。

下車する人の妨げになったり、身長の低い子供の顔にぶつかってしまって窮屈で可哀想な思いをさせたり。

申し訳なく思っているのに、どうしようもない自分。

「なんで余分に大きいのかしら」と涙が出そうになる瞬間です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-