【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104713.html
他人が不快な気持ちになる人の共通する口癖10選

他人が不快な気持ちになる人の共通する口癖10選 | LADYCO

LADYCO
他人が不快な気持ちになる人の共通する口癖10選

ちょっとした一言で周囲をイライラさせてしまったり、 もり下げてしまう人がいます。

他人を不快な気持にしてしまう人の代表的な口癖をまとめました。

  • 「でも」が口癖
  • 「下品な単語」が口癖
  • 「俺の○○は…」が口癖
  • 「幼稚な悪口」が口癖
  • 「舌打ち」
  • 「過去が良かった」が口癖
  • 「らしくない流行り言葉」が口癖
  • 「それいくら?」が口
  • 「あんた」が口癖
  • 「いそがしい」が口癖

1. 「でも」が口癖

「でも」が口癖

「でも」「しかし」は日常でよく使いますが、使い方によっては否定する言葉になります。

ポジティブなことを言っていても「でも」が突然入ってくるだけで、くるりとネガティブな話題に逆転します。

相手の意見を聞いた後に「でも」から入る人は、意見を全否定してしまうことがあるかもしれません。

2. 「下品な単語」が口癖

「下品な単語」が口癖

親しい友人同士のお酒が入った場など、限られた場面なら笑いに変えられる下ネタワードは誰しも持っていると思います。

しかし友人と話しているノリで使うと本人はあまり意識していないのに、周囲を不快にしているかもしれません。

何気なく職場で言おうものなら、たまたま耳に入ってしまった人は眉をひそめ、場の空気が凍りついてしまうこともあるかもしれません。

3. 「俺の○○は…」が口癖

「俺の○○は…」が口癖

家族や友人の自慢話が口癖になっている人は周囲から良い印象を持たれていないかもしれません。

話をしている人自身の自慢話を聞くと、素直に尊敬できるかもしれませんし、内容によっては嫉妬から聴き手はイライラしてしまうかもしれません。

全く知らない人がすごいという話を聞いても、知らない人に対して興味がわかないため「だから何?」となってしまうのです。

職場の上司や先輩が興味のない第三者の自慢話をしていても、「その話とあなたとどのような関係があるのですか?

とはとてもじゃないですが聞けませんし、だれも指摘してくれませんが歓迎されるものではないでしょう。

もしかすると「虎の威を借る狐」状態になっているかもしれません。

4. 「幼稚な悪口」が口癖

「幼稚な悪口」が口癖

小学生が誰かとけんか癖した時にとっさに出てくる定番の言葉は「ばか」とか「あほ」ですよね。

小学生が使いそうな、相手を罵るだけの言葉が口癖になっている人は、言われた人だけでなく、聞いている人も不愉快にさせています。

言った人の精神年齢の低さも垣間見ることができます。

5. 「舌打ち」

「舌打ち」

口癖ではありませんが、何かにつけて舌打ちするのが癖になっている人が周りにいませんか?

男性だけではありません、女性も時々見かけます。

これは無言の文句と捉える事が出来ます。

そういう人は敢えて、相手に聞こえるように舌打ちをし、相手に不満を伝えるのです。

大人ならある程度の我慢が必要ですが我慢の限界を超えた時だけ、言葉によって自分の不満を伝えることが大切です。

6. 「過去が良かった」が口癖

「過去が良かった」が口癖

「俺が若い時はな」「学生の時は」等、過去を盾に説教されてもあまりありがたみがありません。

なぜなら過去は取り戻せないからです。

むしろ、今をつくったのは昔のあなたでしょう?と言い返したくなることもあります。

例えば「これだからゆとり世代は…」なんて言われようものなら、「好きでゆとりになったわけではなし、あなたもゆとり教育をつくった一人ですから!」と最近の若者は思っているかもしれません。

取り返しがつかない過去を他人に押し付ける人は周囲を不愉快にします。

7. 「らしくない流行り言葉」が口癖

「らしくない流行り言葉」が口癖

若者しか使わないような流行り言葉は、よく考えて使わないと周囲に不快な思いをさせているかもしれません。

聞いている方は意味がわかりづらかったり、聞いている方が恥ずかしくなったりします。

TPOをわきまえていない大人だと思われてしまうこともあるでしょう。

自分が流行に乗っているアピールをしたいのかもしれませんが、使う時を選ばなければ周囲は良い印象を持ちません。

8. 「それいくら?」が口

「それいくら?」が口

自分が買った商品の値段を親しくもない人に伝えたい人はあまりいないはずです。

びっくりするくらい安く買えた嬉しさや、自分にとって値が張るものを努力して買った時の喜びを親しい人に伝えることはあるかもしれません。

しかしいずれにせよ他人から聞かれるものではないはずです。

値段をすぐ尋ねてくる人は、値段によって相手を馬鹿にしたり嫉妬したり、自分の中でランキングをつけたがる人です。

「それいくらだった?」が口癖になっている人は、言った後相手がどんな表情をしているかよく観察してみた方がよいでしょう。

9. 「あんた」が口癖

「あんた」が口癖

そろそろ名前を覚えてくれてもよいはずなのに「お前」とか「あんた」とか、名前で呼ばない人は、相手を個人として認めようとしていない人です。

その他大勢の一人としか見ていません。

それでもいい場面もありますが、長い事一緒に働いているのに名前を呼んでもらえないと腹が立ちますよね。

しかし例外もあります。

夫婦の間では名前で呼び合わないこともありますが、関係が冷めてそうなっているのか、むしろ特別な絆で結ばれているから呼ばなくてもわかりあえるのか、見極めが難しいです。

親しみをこめてよんでいるのかどうか、相手との関係性は良いか・悪いか、によって受け取る側の印象も変わってくるでしょう。

10. 「いそがしい」が口癖

「いそがしい」が口癖の人は周囲にアピールをすることで、仕事を頼みづらくしていたり、断ったりすることがあります。

また他人を急かすことで自分の思い通りに物事を進めたがっているのかもしれません。

自分以外の人も同じようにいそがしく急いでいることを考える、視野の広さがなくなってしまっているのかもしれません。

ちょっとした一言で周囲をイライラさせてしまったり、 もり下げてしまう人がいます。

他人を不快な気持にしてしまう人の代表的な口癖をまとめました。


「でも」が口癖

「でも」「しかし」は日常でよく使いますが、使い方によっては否定する言葉になります。

ポジティブなことを言っていても「でも」が突然入ってくるだけで、くるりとネガティブな話題に逆転します。

相手の意見を聞いた後に「でも」から入る人は、意見を全否定してしまうことがあるかもしれません。

「下品な単語」が口癖

親しい友人同士のお酒が入った場など、限られた場面なら笑いに変えられる下ネタワードは誰しも持っていると思います。

しかし友人と話しているノリで使うと本人はあまり意識していないのに、周囲を不快にしているかもしれません。

何気なく職場で言おうものなら、たまたま耳に入ってしまった人は眉をひそめ、場の空気が凍りついてしまうこともあるかもしれません。

「俺の○○は…」が口癖

家族や友人の自慢話が口癖になっている人は周囲から良い印象を持たれていないかもしれません。

話をしている人自身の自慢話を聞くと、素直に尊敬できるかもしれませんし、内容によっては嫉妬から聴き手はイライラしてしまうかもしれません。

全く知らない人がすごいという話を聞いても、知らない人に対して興味がわかないため「だから何?」となってしまうのです。

職場の上司や先輩が興味のない第三者の自慢話をしていても、「その話とあなたとどのような関係があるのですか?

とはとてもじゃないですが聞けませんし、だれも指摘してくれませんが歓迎されるものではないでしょう。

もしかすると「虎の威を借る狐」状態になっているかもしれません。

「幼稚な悪口」が口癖

小学生が誰かとけんか癖した時にとっさに出てくる定番の言葉は「ばか」とか「あほ」ですよね。

小学生が使いそうな、相手を罵るだけの言葉が口癖になっている人は、言われた人だけでなく、聞いている人も不愉快にさせています。

言った人の精神年齢の低さも垣間見ることができます。

「舌打ち」

口癖ではありませんが、何かにつけて舌打ちするのが癖になっている人が周りにいませんか?

男性だけではありません、女性も時々見かけます。

これは無言の文句と捉える事が出来ます。

そういう人は敢えて、相手に聞こえるように舌打ちをし、相手に不満を伝えるのです。

大人ならある程度の我慢が必要ですが我慢の限界を超えた時だけ、言葉によって自分の不満を伝えることが大切です。

「過去が良かった」が口癖

「俺が若い時はな」「学生の時は」等、過去を盾に説教されてもあまりありがたみがありません。

なぜなら過去は取り戻せないからです。

むしろ、今をつくったのは昔のあなたでしょう?と言い返したくなることもあります。

例えば「これだからゆとり世代は…」なんて言われようものなら、「好きでゆとりになったわけではなし、あなたもゆとり教育をつくった一人ですから!」と最近の若者は思っているかもしれません。

取り返しがつかない過去を他人に押し付ける人は周囲を不愉快にします。

「らしくない流行り言葉」が口癖

若者しか使わないような流行り言葉は、よく考えて使わないと周囲に不快な思いをさせているかもしれません。

聞いている方は意味がわかりづらかったり、聞いている方が恥ずかしくなったりします。

TPOをわきまえていない大人だと思われてしまうこともあるでしょう。

自分が流行に乗っているアピールをしたいのかもしれませんが、使う時を選ばなければ周囲は良い印象を持ちません。

「それいくら?」が口

自分が買った商品の値段を親しくもない人に伝えたい人はあまりいないはずです。

びっくりするくらい安く買えた嬉しさや、自分にとって値が張るものを努力して買った時の喜びを親しい人に伝えることはあるかもしれません。

しかしいずれにせよ他人から聞かれるものではないはずです。

値段をすぐ尋ねてくる人は、値段によって相手を馬鹿にしたり嫉妬したり、自分の中でランキングをつけたがる人です。

「それいくらだった?」が口癖になっている人は、言った後相手がどんな表情をしているかよく観察してみた方がよいでしょう。

「あんた」が口癖

そろそろ名前を覚えてくれてもよいはずなのに「お前」とか「あんた」とか、名前で呼ばない人は、相手を個人として認めようとしていない人です。

その他大勢の一人としか見ていません。

それでもいい場面もありますが、長い事一緒に働いているのに名前を呼んでもらえないと腹が立ちますよね。

しかし例外もあります。

夫婦の間では名前で呼び合わないこともありますが、関係が冷めてそうなっているのか、むしろ特別な絆で結ばれているから呼ばなくてもわかりあえるのか、見極めが難しいです。

親しみをこめてよんでいるのかどうか、相手との関係性は良いか・悪いか、によって受け取る側の印象も変わってくるでしょう。

「いそがしい」が口癖の人は周囲にアピールをすることで、仕事を頼みづらくしていたり、断ったりすることがあります。

また他人を急かすことで自分の思い通りに物事を進めたがっているのかもしれません。

自分以外の人も同じようにいそがしく急いでいることを考える、視野の広さがなくなってしまっているのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-