【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104658.html
頻繁に相談事をしてくる異性の心理

頻繁に相談事をしてくる異性の心理 | LADYCO

LADYCO
頻繁に相談事をしてくる異性の心理

相談事というのは内容によって心理が異なります。

頻繁に相談事をしてくる異性の心理をつかむことで、脈ありか脈なしか判断できるようになりましょう!

  • 単純に相手がその分野に長けているので相談する
  • 接点を作りたくて相談している
  • 異性の気持ちがわからないので相談しているだけ
  • 好きな異性とあなたが仲が良い場合
  • あなたのことが好きという直接的なアピール
  • あなたのことが気になっていて知りたい気持ち
  • あなたを愚痴のはけ口にしている
  • あなたを頼りにしていて助けてほしいと思っている
  • 話す内容が思いつかなくて咄嗟に出た
  • 何でも良いから接点が欲しい
  • まとめ

1. 単純に相手がその分野に長けているので相談する

単純に相手がその分野に長けているので相談する

これは脈ありとは言えないですよね。

仕事や勉強、趣味などで自分が得意としているのがわかっている場合、相談するのは当然の心理です。

これは恋愛感情というより単なる信頼の気持ちになります。

この人に聞けば大丈夫、という気持ちがあるので悪いことではないです。

2. 接点を作りたくて相談している

接点を作りたくて相談している

ノウハウを教えてもらう、という名目を使ってお互いの距離感を縮めようとしている場合です。

この場合は脈ありになります。

基本的には、女の子が使うことが多い方法になります。

相手の得意分野を話させることによって話題にも困りませんし、相手の気分も良くなるので非常に有効ですよね。

3. 異性の気持ちがわからないので相談しているだけ

異性の気持ちがわからないので相談しているだけ

男性は男性の、女性は女性の気持ちしかわかりません。

そのため、ただ単に疑問に思っていることを質問しているだけになります。

男性特有の価値観や心理、つまり彼氏の悩み相談なんかは本人にはできないので同じ性別の人に聞いているだけということです。

これは脈ありとは言えないです。

4. 好きな異性とあなたが仲が良い場合

好きな異性とあなたが仲が良い場合

恋愛関係の相談をする際に最も役にたつ意見というのは、その異性の友達の意見ですよね。

やっぱり仲の良い友達というのは、お互いの考えなどもなんとなく理解はしているので、相談する相手にはぴったりです。

例えば、プレゼントに何を選べばいいか相談すると、その異性が欲しがっていたものを教えてくれたりしますよね。

この場合も脈ありとは言い難いです。

5. あなたのことが好きという直接的なアピール

あなたのことが好きという直接的なアピール

小説や漫画なんかでよくある話ですが、実は相談相手が自分の好きな人、という展開です。

現実的にはあまりないことですが、あなたが鈍感な場合ならアピールとしてあり得るでしょう。

これは完全に脈ありです。

早く気づいて欲しいというアピールをしているわけです。

女性が遠回しに告白したい時などに使われる方法なので、これって自分のことじゃないか、と思う部分があったら相手をフォローすることで話をすんなり進めるようにしましょう。

6. あなたのことが気になっていて知りたい気持ち

あなたのことが気になっていて知りたい気持ち

あなたの魅力的な部分に惹かれて、もっと知りたい気持ちですね。

脈ありとまでは言いませんが、これから恋愛関係になっていく可能性は高いです。

参考にするからあなたの好みを教えて、というのは大事な部分はあなたの好みを知りたがっている、ということです。

恋愛はお互いに興味を持つことからスタートします。

出会って間も無い場合などのこのような相談はチャンスになります。

しっかりアプローチしましょう。

7. あなたを愚痴のはけ口にしている

あなたを愚痴のはけ口にしている

あまり内容のない愚痴の場合は最悪です。

中身のない内容で頻繁に愚痴を言ってくるのであれば、あなたを良いサンドバックだと思っています。

信頼しているから愚痴を言うのではなくて、信頼もあまりしていなくてどうでも良い存在だから愚痴を言える、というのが真実です。

どう思われても良い存在にストレスを発散しているだけなので、完全に脈なしです。

8. あなたを頼りにしていて助けてほしいと思っている

あなたを頼りにしていて助けてほしいと思っている

これが最も脈ありで恋愛に発展しやすい相談事になります。

相手にとって重大な悩みについて助けが欲しくて相談しています。

例えば、仲良くしていた友達と仲違いをしてしまった、という内容ならばかなり信頼されています。

精神的な悩みを打ち明けるには、その人のことを相当信頼していないとできません。

そして、信頼している相手というのは特別視をしている存在になるので、恋愛に発展するまであとひと押し、といった状態です。

家族関係のことなどシビアな内容になればなるほど良いです。

9. 話す内容が思いつかなくて咄嗟に出た

話す内容が思いつかなくて咄嗟に出た

出会って間も無い関係だと話す内容がなくて、相談事として会話を進める場合があります。

これは正直何も考えずに咄嗟に出てしまっただけです。

ここで変に重く受け止めたりされると、話の流れも悪くなるのでさらっと答えて流してしまいましょう。

10. 何でも良いから接点が欲しい

何でも良いから接点が欲しい

これも話す内容が思いつかないというものですが、内に秘めている心情は全然違います。

とにかく話がしたいから相談という形にして、距離感を近づけようとしています。

これは完全に脈ありでアプローチしている最中になります。

まとめ

相談にも様々な心理が隠されていますが、これを正しく読み取れるとお互いの距離感を一気に縮めることもできます。

チャンスを逃さないよう良い観察眼を身につけましょう。

相談事というのは内容によって心理が異なります。

頻繁に相談事をしてくる異性の心理をつかむことで、脈ありか脈なしか判断できるようになりましょう!


単純に相手がその分野に長けているので相談する

これは脈ありとは言えないですよね。

仕事や勉強、趣味などで自分が得意としているのがわかっている場合、相談するのは当然の心理です。

これは恋愛感情というより単なる信頼の気持ちになります。

この人に聞けば大丈夫、という気持ちがあるので悪いことではないです。

接点を作りたくて相談している

ノウハウを教えてもらう、という名目を使ってお互いの距離感を縮めようとしている場合です。

この場合は脈ありになります。

基本的には、女の子が使うことが多い方法になります。

相手の得意分野を話させることによって話題にも困りませんし、相手の気分も良くなるので非常に有効ですよね。

異性の気持ちがわからないので相談しているだけ

男性は男性の、女性は女性の気持ちしかわかりません。

そのため、ただ単に疑問に思っていることを質問しているだけになります。

男性特有の価値観や心理、つまり彼氏の悩み相談なんかは本人にはできないので同じ性別の人に聞いているだけということです。

これは脈ありとは言えないです。

好きな異性とあなたが仲が良い場合

恋愛関係の相談をする際に最も役にたつ意見というのは、その異性の友達の意見ですよね。

やっぱり仲の良い友達というのは、お互いの考えなどもなんとなく理解はしているので、相談する相手にはぴったりです。

例えば、プレゼントに何を選べばいいか相談すると、その異性が欲しがっていたものを教えてくれたりしますよね。

この場合も脈ありとは言い難いです。

あなたのことが好きという直接的なアピール

小説や漫画なんかでよくある話ですが、実は相談相手が自分の好きな人、という展開です。

現実的にはあまりないことですが、あなたが鈍感な場合ならアピールとしてあり得るでしょう。

これは完全に脈ありです。

早く気づいて欲しいというアピールをしているわけです。

女性が遠回しに告白したい時などに使われる方法なので、これって自分のことじゃないか、と思う部分があったら相手をフォローすることで話をすんなり進めるようにしましょう。

あなたのことが気になっていて知りたい気持ち

あなたの魅力的な部分に惹かれて、もっと知りたい気持ちですね。

脈ありとまでは言いませんが、これから恋愛関係になっていく可能性は高いです。

参考にするからあなたの好みを教えて、というのは大事な部分はあなたの好みを知りたがっている、ということです。

恋愛はお互いに興味を持つことからスタートします。

出会って間も無い場合などのこのような相談はチャンスになります。

しっかりアプローチしましょう。

あなたを愚痴のはけ口にしている

あまり内容のない愚痴の場合は最悪です。

中身のない内容で頻繁に愚痴を言ってくるのであれば、あなたを良いサンドバックだと思っています。

信頼しているから愚痴を言うのではなくて、信頼もあまりしていなくてどうでも良い存在だから愚痴を言える、というのが真実です。

どう思われても良い存在にストレスを発散しているだけなので、完全に脈なしです。

あなたを頼りにしていて助けてほしいと思っている

これが最も脈ありで恋愛に発展しやすい相談事になります。

相手にとって重大な悩みについて助けが欲しくて相談しています。

例えば、仲良くしていた友達と仲違いをしてしまった、という内容ならばかなり信頼されています。

精神的な悩みを打ち明けるには、その人のことを相当信頼していないとできません。

そして、信頼している相手というのは特別視をしている存在になるので、恋愛に発展するまであとひと押し、といった状態です。

家族関係のことなどシビアな内容になればなるほど良いです。

話す内容が思いつかなくて咄嗟に出た

出会って間も無い関係だと話す内容がなくて、相談事として会話を進める場合があります。

これは正直何も考えずに咄嗟に出てしまっただけです。

ここで変に重く受け止めたりされると、話の流れも悪くなるのでさらっと答えて流してしまいましょう。

何でも良いから接点が欲しい

これも話す内容が思いつかないというものですが、内に秘めている心情は全然違います。

とにかく話がしたいから相談という形にして、距離感を近づけようとしています。

これは完全に脈ありでアプローチしている最中になります。

相談にも様々な心理が隠されていますが、これを正しく読み取れるとお互いの距離感を一気に縮めることもできます。

チャンスを逃さないよう良い観察眼を身につけましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-