【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104640.html
バレンタインが嫌いな女子にありがちな心理

バレンタインが嫌いな女子にありがちな心理 | LADYCO

LADYCO
バレンタインが嫌いな女子にありがちな心理

バレンタインが嫌いな女性はどんな悩み、ストレスを抱えているのでしょうか?

10選紹介します。

  • 街が華やかになるのがイラつく
  • 店頭でチョコを選んでいる女性が充実して見える
  • お金がかかる
  • 告白する勇気が出なくて悩む
  • 義理チョコの予定しかないから無意味だ
  • 仕事が忙しくなる
  • 友チョコとかくだらないしノれない
  • 夜の予定どうしよう…
  • チョコを食べ過ぎて太りそう
  • それまでになんとか彼氏をつくらないと

1. 街が華やかになるのがイラつく

街が華やかになるのがイラつく

バレンタインが近づくと街がバレンタインの飾りやポスターで華やぎます。

何となくみな浮き足立って入るように見え、恋人がいない人にとってはイライラすることもあるでしょうね。

赤い色、ハート、リボンなどのバレンタインらしい飾りを見るだけで抵抗を感じるというネガティブな人も多いと思います。

2. 店頭でチョコを選んでいる女性が充実して見える

店頭でチョコを選んでいる女性が充実して見える

女性にとっては店頭でチョコを選んでいる人が彼氏持ちだということを周りに見せ付けているかのように思える時があり、卑屈になることもあります。

ただ選んでいるだけでも選ぶという行為自体、必要のない人からすると羨ましいという思いもありそう。

また、自分には関係ないイベントなのに乗り遅れないようにとなんとなくチョコを眺めている女性も多いもので、それを実際にやってしまっている自分に嫌気がさすこともあります。

3. お金がかかる

お金がかかる

バレンタインは義理チョコ、友チョコ、もちろん本命には高価なものを…とお金がかかります。

行事を大切にする人や人に贈り物をするのが好きな人は鵜呑みに出来ませんし、仕方なく毎年大金を使ってしまっているということもあるでしょうね。

でも何人分にも買うとけっこうな金額になります。

恋人にはチョコのほかにもプレゼントを買わないといけませんし、恋人がいる女性にとってはなかなか出費のかさむ行事で頭が痛いものです。

4. 告白する勇気が出なくて悩む

告白する勇気が出なくて悩む

バレンタインはチョコを渡して告白するのにもってこいのイベントですが、なかなか勇気が出なくていつまでも悩んでいる女性も多くて苦しい時期でもあります。

相手との距離が近づいていてうまくいきそうな時ならなおさら、勇気を出して告白をせずに終わってしまうと相手が自分に気がなかったのだとあきらめてしまうこともあります。

だからこそバレンタインを逃さないうちに心を決めなければいけないのです。

大変なことではありますがバレンタインをしっかり楽しんでいるとも言えますね。

5. 義理チョコの予定しかないから無意味だ

義理チョコの予定しかないから無意味だ

バレンタインは会社でお世話になっている人にしか渡さないという女性もけっこう多いと思います。

そんな義理チョコの予定しかない女性にとっては何の意味もないイベントではないでしょうか。

お世話になっている感謝の気持ちなら別にバレンタインを利用しなくても伝えることができますからね。

会社の人にはどこまで渡すものか悩みますし、好きな人がいない女性からするとありがた迷惑とも言える時期ではないでしょうか。

6. 仕事が忙しくなる

仕事が忙しくなる

バレンタインの時期に忙しくなるチョコレートやさんやケーキ屋さんで働く人達にとっては稼ぎ時ではありますが体力的にきつい時期です。

だから嫌だなぁとうんざりしている人も多いでしょうね。

本当にその時期の洋菓子店は混みます。

残業や連勤が増え、忙しいのでミスも増えて怒られることも増えるのでストレスがかかります。

7. 友チョコとかくだらないしノれない

友チョコとかくだらないしノれない

最近は義理チョコすら配らないという人も多く、友チョコだけという女性も多く耳にします。

なんかくだらないなと感じる女性も多いのでは?バレンタインのドキドキとはかけ離れてしまっていますからね。

でもお菓子づくりが趣味の女性からすると腕を見せ付ける絶好のタイミングなのかも。

逆にそんな友達がいるとその腕を自慢されそうでうんざり、というパターンもあります。

友チョコはノリが良くないと楽しめるものではないので、意味あるの?と感じてしまう女性にとっては苦痛な時期かもしれないと思います。

8. 夜の予定どうしよう…

夜の予定どうしよう…

バレンタインの夜は恋人と過ごしたいものですね。

外食先でカップルを見かけてもバレンタインだからこそ幸せそうに見えてしまいますし、暇だからって友達を誘うのも露骨に相手がいないのをばらしてしまうことになるのでプライドが傷つきます。

だから家でこっそり一人で過ごすという女性も多いのではないでしょうか?

こそこそ過ごすバレンタインなんて悲しくていやになりますね。

9. チョコを食べ過ぎて太りそう

チョコを食べ過ぎて太りそう

バレンタインにしか食べられない限定商品も販売されるため、チョコレート好きの女性はつい自分用に買ってしまい、太りそうでいやだなと心配になったりもします。

せっかくダイエットをがんばっているという時なら意志がぶれそうで怖くもなりますよね。

チョコの誘惑が迫ってくるような気持ちになる時期です。

10. それまでになんとか彼氏をつくらないと

バレンタインを意識すると「それまでになんとか彼氏つくらないと!」と焦る気持ちになる女性も多くいます。

やはり本命チョコを渡してデートも楽しみたいものです。

街中ではカップル用のイベントやレストランでの期間限定メニューも出るので恋人と過ごすことに憧れるのも無理はありません。

それに、友達みな彼氏持ちの時は一人になる恐怖心も頭から離れなくなる女性もいます。

恋愛に疎い人でもちょっと意識してしまう時期ですね。

バレンタインが嫌いな女性はどんな悩み、ストレスを抱えているのでしょうか?

10選紹介します。


街が華やかになるのがイラつく

バレンタインが近づくと街がバレンタインの飾りやポスターで華やぎます。

何となくみな浮き足立って入るように見え、恋人がいない人にとってはイライラすることもあるでしょうね。

赤い色、ハート、リボンなどのバレンタインらしい飾りを見るだけで抵抗を感じるというネガティブな人も多いと思います。

店頭でチョコを選んでいる女性が充実して見える

女性にとっては店頭でチョコを選んでいる人が彼氏持ちだということを周りに見せ付けているかのように思える時があり、卑屈になることもあります。

ただ選んでいるだけでも選ぶという行為自体、必要のない人からすると羨ましいという思いもありそう。

また、自分には関係ないイベントなのに乗り遅れないようにとなんとなくチョコを眺めている女性も多いもので、それを実際にやってしまっている自分に嫌気がさすこともあります。

お金がかかる

バレンタインは義理チョコ、友チョコ、もちろん本命には高価なものを…とお金がかかります。

行事を大切にする人や人に贈り物をするのが好きな人は鵜呑みに出来ませんし、仕方なく毎年大金を使ってしまっているということもあるでしょうね。

でも何人分にも買うとけっこうな金額になります。

恋人にはチョコのほかにもプレゼントを買わないといけませんし、恋人がいる女性にとってはなかなか出費のかさむ行事で頭が痛いものです。

告白する勇気が出なくて悩む

バレンタインはチョコを渡して告白するのにもってこいのイベントですが、なかなか勇気が出なくていつまでも悩んでいる女性も多くて苦しい時期でもあります。

相手との距離が近づいていてうまくいきそうな時ならなおさら、勇気を出して告白をせずに終わってしまうと相手が自分に気がなかったのだとあきらめてしまうこともあります。

だからこそバレンタインを逃さないうちに心を決めなければいけないのです。

大変なことではありますがバレンタインをしっかり楽しんでいるとも言えますね。

義理チョコの予定しかないから無意味だ

バレンタインは会社でお世話になっている人にしか渡さないという女性もけっこう多いと思います。

そんな義理チョコの予定しかない女性にとっては何の意味もないイベントではないでしょうか。

お世話になっている感謝の気持ちなら別にバレンタインを利用しなくても伝えることができますからね。

会社の人にはどこまで渡すものか悩みますし、好きな人がいない女性からするとありがた迷惑とも言える時期ではないでしょうか。

仕事が忙しくなる

バレンタインの時期に忙しくなるチョコレートやさんやケーキ屋さんで働く人達にとっては稼ぎ時ではありますが体力的にきつい時期です。

だから嫌だなぁとうんざりしている人も多いでしょうね。

本当にその時期の洋菓子店は混みます。

残業や連勤が増え、忙しいのでミスも増えて怒られることも増えるのでストレスがかかります。

友チョコとかくだらないしノれない

最近は義理チョコすら配らないという人も多く、友チョコだけという女性も多く耳にします。

なんかくだらないなと感じる女性も多いのでは?バレンタインのドキドキとはかけ離れてしまっていますからね。

でもお菓子づくりが趣味の女性からすると腕を見せ付ける絶好のタイミングなのかも。

逆にそんな友達がいるとその腕を自慢されそうでうんざり、というパターンもあります。

友チョコはノリが良くないと楽しめるものではないので、意味あるの?と感じてしまう女性にとっては苦痛な時期かもしれないと思います。

夜の予定どうしよう…

バレンタインの夜は恋人と過ごしたいものですね。

外食先でカップルを見かけてもバレンタインだからこそ幸せそうに見えてしまいますし、暇だからって友達を誘うのも露骨に相手がいないのをばらしてしまうことになるのでプライドが傷つきます。

だから家でこっそり一人で過ごすという女性も多いのではないでしょうか?

こそこそ過ごすバレンタインなんて悲しくていやになりますね。

チョコを食べ過ぎて太りそう

バレンタインにしか食べられない限定商品も販売されるため、チョコレート好きの女性はつい自分用に買ってしまい、太りそうでいやだなと心配になったりもします。

せっかくダイエットをがんばっているという時なら意志がぶれそうで怖くもなりますよね。

チョコの誘惑が迫ってくるような気持ちになる時期です。

バレンタインを意識すると「それまでになんとか彼氏つくらないと!」と焦る気持ちになる女性も多くいます。

やはり本命チョコを渡してデートも楽しみたいものです。

街中ではカップル用のイベントやレストランでの期間限定メニューも出るので恋人と過ごすことに憧れるのも無理はありません。

それに、友達みな彼氏持ちの時は一人になる恐怖心も頭から離れなくなる女性もいます。

恋愛に疎い人でもちょっと意識してしまう時期ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-