【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104637.html
自分が怖いと感じる瞬間10選

自分が怖いと感じる瞬間10選 | LADYCO

LADYCO
自分が怖いと感じる瞬間10選

誰しも自分が怖いと感じた瞬間があるのではないでしょうか。

そんな自分が怖いと感じる瞬間10選をご紹介します。

  • 子どもにイライラしてしまった時
  • 恋人に愛が感じられなくなった時
  • 思ってもいないことを口走ってしまった時
  • 何をやっても成功する時
  • 嫉妬のあまり人を憎んでしまった時
  • 周りが泣いている時に自分だけ泣けない時
  • 酔っ払って記憶を無くした時
  • 人の幸せを喜べない時
  • 思わず物に当たってしまった時
  • ぼんやり運転をして事故を起こしかけた時
  • まとめ

1. 子どもにイライラしてしまった時

子どもにイライラしてしまった時

愛する子どもにどうしようもなくイライラしてしまった時は、自分は親としての資質に欠けているのではないかと恐ろしくなってしまうのではないでしょうか。

子どもに暴力的な感情を抱いてしまった自分が怖くなる瞬間です。

2. 恋人に愛が感じられなくなった時

恋人に愛が感じられなくなった時

とても愛していたはずの恋人に突然愛が感じられなくなった時は、自分が怖くなるのではないでしょうか。

恋愛の終わりは唐突なもので、愛していた時の思いが強ければ強いほど、その冷め具合に自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

この人を一生愛し続けるだろうと思っていた頃の自分が懐かしいとすら感じられる瞬間です。

3. 思ってもいないことを口走ってしまった時

思ってもいないことを口走ってしまった時

その場のノリに流されて、思ってもいないことを口走ってしまった時は自分が怖くなるのではないでしょうか。

逆らいにくい上司などに「君もそう思うだろう?」などと話を振られた時に、思ってもいないのに口が勝手に「そう思います!」とペラペラ動いてしまった瞬間は自分が怖くなりますよね。

これほど自分は空気に流されがちな人間だったのか…と落ち込んでしまう瞬間でもありますね。

きっと多くの人が経験したことのある瞬間でしょう。

4. 何をやっても成功する時

何をやっても成功する時

人生、上手くいったりいかなかったりの繰り返し。

のはずが、何をやっても上手くいってしまう時は、逆に自分が怖くなってしまう瞬間だといえるでしょう。

ギャンブルなどでも、勝ちがすぎると逆に怖くなってくるものです。

それは、いつこの上手くいきすぎた分のしっぺ返しがくるのだろう、と反動を恐れる気持ちもあるのでしょう。

やはり、人生は山あり谷あり、楽あれば苦あり、というバランスが一番安心できますね。

5. 嫉妬のあまり人を憎んでしまった時

嫉妬のあまり人を憎んでしまった時

嫉妬心というものは、恋愛のことだけに留まらず、自分にないものを持っている人に向けてしまうものですが、それがいきすぎて、人を憎いとまで感じてしまった時は自分が怖くなってしまう瞬間といえるでしょう。

この人が羨ましいなぁ、と思っていただけのはずが、いつの間にか、この人さえいなければ、この人なんて消えてしまえばいいのに、というところまで嫉妬心が膨らんでしまうと、そんな負の感情を抱いてしまった自分が怖くなってしまうでしょう。

6. 周りが泣いている時に自分だけ泣けない時

周りが泣いている時に自分だけ泣けない時

ふと見渡すと、周りが全員泣いている場面で自分だけ全く泣けない時は、自分が怖いと感じるのではないでしょうか。

感動的な映画にみんなが感動しているのに自分だけ白けていたり、部活動で試合に負けて、他の部員が全員泣いているのに、自分だけ冷静だったりすると、自分には何か大切な感情が欠けているのでは?と不安になり、自分が怖くなってしまいます。

しかし、周りの全員に泣かれてしまうと、逆に客観的な目線になってしまい、泣けない、ということはよくあることなので、ご安心ください。

7. 酔っ払って記憶を無くした時

酔っ払って記憶を無くした時

酔っ払って帰宅した次の日、目が覚めると昨日の記憶がまるでない、という時は自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

記憶が全くないのにちゃんと着替えていたり、物が動いていたりすると、本当に自分がやったのだろうか、と疑わしくなり、色々な意味で恐ろしくなりますよね。

一緒に飲んでいた人に何を言ったか全く思い出せない時は、次にその人に会うことも怖いと感じてしまいます。

8. 人の幸せを喜べない時

人の幸せを喜べない時

人の結婚報告などを受けた時に、素直に喜ぶことができずに複雑な思いになってしまった時は、自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

口では「おめでとう?!」などと喜んでいる振りをしていても、本当は悔しさや憎らしさを感じてしまう、という時は、自分の心が恐ろしくなってしまいます。

しかし、誰しもが少なからずそのような経験は持っているものですし、負の感情を表立ってにあらわにするよりも、ずっと社会的な行動だといえるでしょう。

9. 思わず物に当たってしまった時

思わず物に当たってしまった時

事情が重なりイライラが募って、思わず物に当たってしまった時は、自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

そんな暴力的な一面が自分にあったと知って、ショックを受けるでしょうし、制御できないような感情があることに怖くなってしまいます。

そんな時は一度深呼吸をして、イライラの原因から離れてみた方がよいかもしれませんね。

10. ぼんやり運転をして事故を起こしかけた時

ぼんやり運転をして事故を起こしかけた時

運転をし始めた時は慎重に周囲をしっかり確認しながら運転していたのに、運転に慣れてしまうと、慎重さが弱くなってしまうことがあるかもしれません。

そんな時に、ブレーキをかけるのが遅れたり、突然歩行者が飛び出してきたり、ヒヤリとすることが起きた時に、初めてぼんやりと運転をしていた自分に気がついて、自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

いつも丁寧な運転を心掛けたいものですね。

まとめ

以上のように、自分が怖いと感じるのは、これまで知らなかった未知の自分に出会った時といえるのではないでしょうか。

思いもしない自分に出会うことは怖くもありますが、一方で自分のことを更に理解するための貴重な経験といえるかもしれませんね。

誰しも自分が怖いと感じた瞬間があるのではないでしょうか。

そんな自分が怖いと感じる瞬間10選をご紹介します。


子どもにイライラしてしまった時

愛する子どもにどうしようもなくイライラしてしまった時は、自分は親としての資質に欠けているのではないかと恐ろしくなってしまうのではないでしょうか。

子どもに暴力的な感情を抱いてしまった自分が怖くなる瞬間です。

恋人に愛が感じられなくなった時

とても愛していたはずの恋人に突然愛が感じられなくなった時は、自分が怖くなるのではないでしょうか。

恋愛の終わりは唐突なもので、愛していた時の思いが強ければ強いほど、その冷め具合に自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

この人を一生愛し続けるだろうと思っていた頃の自分が懐かしいとすら感じられる瞬間です。

思ってもいないことを口走ってしまった時

その場のノリに流されて、思ってもいないことを口走ってしまった時は自分が怖くなるのではないでしょうか。

逆らいにくい上司などに「君もそう思うだろう?」などと話を振られた時に、思ってもいないのに口が勝手に「そう思います!」とペラペラ動いてしまった瞬間は自分が怖くなりますよね。

これほど自分は空気に流されがちな人間だったのか…と落ち込んでしまう瞬間でもありますね。

きっと多くの人が経験したことのある瞬間でしょう。

何をやっても成功する時

人生、上手くいったりいかなかったりの繰り返し。

のはずが、何をやっても上手くいってしまう時は、逆に自分が怖くなってしまう瞬間だといえるでしょう。

ギャンブルなどでも、勝ちがすぎると逆に怖くなってくるものです。

それは、いつこの上手くいきすぎた分のしっぺ返しがくるのだろう、と反動を恐れる気持ちもあるのでしょう。

やはり、人生は山あり谷あり、楽あれば苦あり、というバランスが一番安心できますね。

嫉妬のあまり人を憎んでしまった時

嫉妬心というものは、恋愛のことだけに留まらず、自分にないものを持っている人に向けてしまうものですが、それがいきすぎて、人を憎いとまで感じてしまった時は自分が怖くなってしまう瞬間といえるでしょう。

この人が羨ましいなぁ、と思っていただけのはずが、いつの間にか、この人さえいなければ、この人なんて消えてしまえばいいのに、というところまで嫉妬心が膨らんでしまうと、そんな負の感情を抱いてしまった自分が怖くなってしまうでしょう。

周りが泣いている時に自分だけ泣けない時

ふと見渡すと、周りが全員泣いている場面で自分だけ全く泣けない時は、自分が怖いと感じるのではないでしょうか。

感動的な映画にみんなが感動しているのに自分だけ白けていたり、部活動で試合に負けて、他の部員が全員泣いているのに、自分だけ冷静だったりすると、自分には何か大切な感情が欠けているのでは?と不安になり、自分が怖くなってしまいます。

しかし、周りの全員に泣かれてしまうと、逆に客観的な目線になってしまい、泣けない、ということはよくあることなので、ご安心ください。

酔っ払って記憶を無くした時

酔っ払って帰宅した次の日、目が覚めると昨日の記憶がまるでない、という時は自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

記憶が全くないのにちゃんと着替えていたり、物が動いていたりすると、本当に自分がやったのだろうか、と疑わしくなり、色々な意味で恐ろしくなりますよね。

一緒に飲んでいた人に何を言ったか全く思い出せない時は、次にその人に会うことも怖いと感じてしまいます。

人の幸せを喜べない時

人の結婚報告などを受けた時に、素直に喜ぶことができずに複雑な思いになってしまった時は、自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

口では「おめでとう?!」などと喜んでいる振りをしていても、本当は悔しさや憎らしさを感じてしまう、という時は、自分の心が恐ろしくなってしまいます。

しかし、誰しもが少なからずそのような経験は持っているものですし、負の感情を表立ってにあらわにするよりも、ずっと社会的な行動だといえるでしょう。

思わず物に当たってしまった時

事情が重なりイライラが募って、思わず物に当たってしまった時は、自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

そんな暴力的な一面が自分にあったと知って、ショックを受けるでしょうし、制御できないような感情があることに怖くなってしまいます。

そんな時は一度深呼吸をして、イライラの原因から離れてみた方がよいかもしれませんね。

ぼんやり運転をして事故を起こしかけた時

運転をし始めた時は慎重に周囲をしっかり確認しながら運転していたのに、運転に慣れてしまうと、慎重さが弱くなってしまうことがあるかもしれません。

そんな時に、ブレーキをかけるのが遅れたり、突然歩行者が飛び出してきたり、ヒヤリとすることが起きた時に、初めてぼんやりと運転をしていた自分に気がついて、自分が怖くなってしまうのではないでしょうか。

いつも丁寧な運転を心掛けたいものですね。

以上のように、自分が怖いと感じるのは、これまで知らなかった未知の自分に出会った時といえるのではないでしょうか。

思いもしない自分に出会うことは怖くもありますが、一方で自分のことを更に理解するための貴重な経験といえるかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-