【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515104616.html
この人とは波長あってるなと感じる瞬間10選

この人とは波長あってるなと感じる瞬間10選 | LADYCO

LADYCO
この人とは波長あってるなと感じる瞬間10選

友達ではないけれど、なんだか一緒にいると居心地の良さを感じる人。

そんな人と波長あってるなと感じる瞬間とは?

  • 笑いのツボがいつも同じ
  • 行動パターンが同じ
  • 何気ない四方山話をしている時
  • 話し合う議論の場で建設的な時間を過ごせた時
  • 的確なアドバイスができる
  • タイミングや呼吸が合っている
  • 力加減が最高く
  • 食べることの波長があう
  • ストレスなくLINEのやりとりができた時
  • 初対面でも楽しく過ごせるとき

1. 笑いのツボがいつも同じ

笑いのツボがいつも同じ

人によって思わず笑ってしまうツボはまちまちです。

でも、いつも同じタイミングで笑う人がいれば、笑いのツボが同じなんだと親しみを覚えてしまいます。

こういった人とは、テレビなどでお笑い観賞をすると本当にリラックスして楽しめるはず。

波長があうということは、気兼ねなく過ごせるということでもあるので、遠慮せずに笑いに身を委ねることができます。

2. 行動パターンが同じ

行動パターンが同じ

一緒に出掛けた先で、「ちょっとお茶しない?」「なんとなくお腹が減ったんだけど」という場面が間々あります。

特に家族などの近しい人であれば、「自分は欲しくないけど付き合うよ」ということもあるでしょう。

でも、そういった関係でなければ気遣いが先立って疲れてしまいます。

こういう時に「私も!」とまったく同じペースで言える人と一緒にいるのはストレスフリーです。

「じゃあ、あそこのコーヒーショップにしよう」とさくさく予定を決められるという点も波長があう人ならでは。

噛み合わない人とは全てにおいて大変な思いをしてしまいます。

3. 何気ない四方山話をしている時

何気ない四方山話をしている時

波長があう人とは往々にして、育ってきた環境が同じということが言えます。

父親が転勤族だった。

兄妹が多い。

住んでいる土地柄が似ている。

こういった条件が同じ環境で育つと、似たような人間性を構築しやすくなります。

だから、両親のタイプは違うけれど自分たちはとてもよく似ている。

考え出すことに大きな相違がない。

波長のあう人とあれこれと四方山話をしていると、こんなことに気が付きます。

4. 話し合う議論の場で建設的な時間を過ごせた時

話し合う議論の場で建設的な時間を過ごせた時

波長のあわない人と一生懸命に取り組んでも、どうしても達成感が感じられないということがあります。

これは思うような話し合いができずに、協議の結果で決めたことに違和感を感じてしまうから。

大人になれば妥協することを覚えますから、大きな問題になることなく過ぎてしまえばどうってことありません。

でも、波長のあう人と一緒に取り組むと大きな達成感が得られます。

これは本当に納得のいく成果に心から満足しているという証拠。

こういった感覚は波長のあう人と取り組んだからこそなのです。

5. 的確なアドバイスができる

的確なアドバイスができる

まったく波長のあわない人に相談事をしても、大抵の場合において解決には至りません。

これはアドバイスに対して、まったく共感できないことが要因です。

とりあえずその場は「うん、うん」と聞いて納得したふりをしたとしても、実際に実践することはないでしょう。

でも、波長のあう人にアドバイスをされたとしたら、心の底から「なるほどね」と納得できます。

これが波長のあうあわないの違いなのです。

また、アドバイスを送る側に立ったとしても同じこと。

相談をされても「なんでそんな事態になってしまったのか」と理解不能に陥り、的確なアドバイスができません。

6. タイミングや呼吸が合っている

タイミングや呼吸が合っている

例えば、ダイビングをする時の相棒に波長のあう人を選んだとします。

ダイビングはスポーツとはいえ、命の危険と隣り合わせ。

だからこそ、阿吽の呼吸で過ごせる相手を選びたくなります。

その点、波長のあう人であれば安心です。

お互いに心ゆくまでダイビングを楽しむことができるでしょう。

また、野球のバッテリーも同じこと。

登山なども命の危険と隣り合わせですから、本当に信頼できる人でなければ人命に係わります。

こういう時にこそ、波長のあう人と組めると精神的にも楽になります。

それぞれのクライマックスシーンを存分に堪能できるのは波長があっている人と一緒にいるからこそなのです。

7. 力加減が最高く

力加減が最高く

キャンプでバーベキューやカレーライスを作って楽しむとします。

キャンプはそれぞれの性格がよく見渡せる絶好のチャンス。

これはこのくらいの加減でいいよね。

これはもう少しかな。

些細なことですが、「そうだね」と本心で言えるとキャンプというイベント全体が心から楽しめます。

これが噛み合わないとなると辛抱を強いられたり、我慢が山積み。

波長のあう人とは何でも心置きなく楽しめます。

8. 食べることの波長があう

食べることの波長があう

「食べる」という行為には様々な要素が含まれます。

食べたいものを選ぶ。

じゃあ、ファストフードでささっと食べるのか。

それともファミレスでドリンクバーを利用してゆっくり過ごすのか。

バイキングスタイルでたっぷりしっかり食べるのか。

食事後はゆっくりと休むのか、それとも次の行動へ即座に移るのか。

食は人間の欲を満たすと共に楽しみでもあります。

これを何の気遣いもなく楽しむのが理想のひとつ。

波長があう人であれば何ら問題はありません。

9. ストレスなくLINEのやりとりができた時

ストレスなくLINEのやりとりができた時

波長のあわない人とはLINEのやりとりひとつをとっても大変です。

タイミングが合わなくて既読無視になってしまったり、それを異常に気に病んでしまったり。

小さなことだけに、深刻ではありませんがストレスが溜まります。

そして、そういったストレスが一切生じない時には「波長があってるな」と感じます。

10. 初対面でも楽しく過ごせるとき

お互いに遠慮がちになってしまう初対面。

でも、そんなふうには思えないほどに気が合う人もいます。

きっと波長があってるのですね。

友達ではないけれど、なんだか一緒にいると居心地の良さを感じる人。

そんな人と波長あってるなと感じる瞬間とは?


笑いのツボがいつも同じ

人によって思わず笑ってしまうツボはまちまちです。

でも、いつも同じタイミングで笑う人がいれば、笑いのツボが同じなんだと親しみを覚えてしまいます。

こういった人とは、テレビなどでお笑い観賞をすると本当にリラックスして楽しめるはず。

波長があうということは、気兼ねなく過ごせるということでもあるので、遠慮せずに笑いに身を委ねることができます。

行動パターンが同じ

一緒に出掛けた先で、「ちょっとお茶しない?」「なんとなくお腹が減ったんだけど」という場面が間々あります。

特に家族などの近しい人であれば、「自分は欲しくないけど付き合うよ」ということもあるでしょう。

でも、そういった関係でなければ気遣いが先立って疲れてしまいます。

こういう時に「私も!」とまったく同じペースで言える人と一緒にいるのはストレスフリーです。

「じゃあ、あそこのコーヒーショップにしよう」とさくさく予定を決められるという点も波長があう人ならでは。

噛み合わない人とは全てにおいて大変な思いをしてしまいます。

何気ない四方山話をしている時

波長があう人とは往々にして、育ってきた環境が同じということが言えます。

父親が転勤族だった。

兄妹が多い。

住んでいる土地柄が似ている。

こういった条件が同じ環境で育つと、似たような人間性を構築しやすくなります。

だから、両親のタイプは違うけれど自分たちはとてもよく似ている。

考え出すことに大きな相違がない。

波長のあう人とあれこれと四方山話をしていると、こんなことに気が付きます。

話し合う議論の場で建設的な時間を過ごせた時

波長のあわない人と一生懸命に取り組んでも、どうしても達成感が感じられないということがあります。

これは思うような話し合いができずに、協議の結果で決めたことに違和感を感じてしまうから。

大人になれば妥協することを覚えますから、大きな問題になることなく過ぎてしまえばどうってことありません。

でも、波長のあう人と一緒に取り組むと大きな達成感が得られます。

これは本当に納得のいく成果に心から満足しているという証拠。

こういった感覚は波長のあう人と取り組んだからこそなのです。

的確なアドバイスができる

まったく波長のあわない人に相談事をしても、大抵の場合において解決には至りません。

これはアドバイスに対して、まったく共感できないことが要因です。

とりあえずその場は「うん、うん」と聞いて納得したふりをしたとしても、実際に実践することはないでしょう。

でも、波長のあう人にアドバイスをされたとしたら、心の底から「なるほどね」と納得できます。

これが波長のあうあわないの違いなのです。

また、アドバイスを送る側に立ったとしても同じこと。

相談をされても「なんでそんな事態になってしまったのか」と理解不能に陥り、的確なアドバイスができません。

タイミングや呼吸が合っている

例えば、ダイビングをする時の相棒に波長のあう人を選んだとします。

ダイビングはスポーツとはいえ、命の危険と隣り合わせ。

だからこそ、阿吽の呼吸で過ごせる相手を選びたくなります。

その点、波長のあう人であれば安心です。

お互いに心ゆくまでダイビングを楽しむことができるでしょう。

また、野球のバッテリーも同じこと。

登山なども命の危険と隣り合わせですから、本当に信頼できる人でなければ人命に係わります。

こういう時にこそ、波長のあう人と組めると精神的にも楽になります。

それぞれのクライマックスシーンを存分に堪能できるのは波長があっている人と一緒にいるからこそなのです。

力加減が最高く

キャンプでバーベキューやカレーライスを作って楽しむとします。

キャンプはそれぞれの性格がよく見渡せる絶好のチャンス。

これはこのくらいの加減でいいよね。

これはもう少しかな。

些細なことですが、「そうだね」と本心で言えるとキャンプというイベント全体が心から楽しめます。

これが噛み合わないとなると辛抱を強いられたり、我慢が山積み。

波長のあう人とは何でも心置きなく楽しめます。

食べることの波長があう

「食べる」という行為には様々な要素が含まれます。

食べたいものを選ぶ。

じゃあ、ファストフードでささっと食べるのか。

それともファミレスでドリンクバーを利用してゆっくり過ごすのか。

バイキングスタイルでたっぷりしっかり食べるのか。

食事後はゆっくりと休むのか、それとも次の行動へ即座に移るのか。

食は人間の欲を満たすと共に楽しみでもあります。

これを何の気遣いもなく楽しむのが理想のひとつ。

波長があう人であれば何ら問題はありません。

ストレスなくLINEのやりとりができた時

波長のあわない人とはLINEのやりとりひとつをとっても大変です。

タイミングが合わなくて既読無視になってしまったり、それを異常に気に病んでしまったり。

小さなことだけに、深刻ではありませんがストレスが溜まります。

そして、そういったストレスが一切生じない時には「波長があってるな」と感じます。

お互いに遠慮がちになってしまう初対面。

でも、そんなふうには思えないほどに気が合う人もいます。

きっと波長があってるのですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-