【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514164008.html
歯医者が怖い、苦手な人の心理

歯医者が怖い、苦手な人の心理 | LADYCO

LADYCO
歯医者が怖い、苦手な人の心理

虫歯があって痛かったり歯茎に異常があるなど分っているのに、歯医者が怖い、苦手だとう心理が立ちはだかってなかなか歯医者へ行けないという方は少なくありません。

歯医者嫌いになった原因は何なのか?

再び歯医者へ行けるようになる為の対処方法や歯医者選びのコツなどを紹介していきたいと思います。

歯医者さんが嫌いになってしまった原因は何でしょう?

  • 歯医者が怖い・苦手な原因あれこれ
  • 歯医者さん嫌いを克服する+アルファな対処法
  • 最先端の治療法での対処方法
  • 最後にまとめ

1. 歯医者が怖い・苦手な原因あれこれ

歯医者が怖い・苦手な原因あれこれ
  • 怒られそうで怖い
  • 口臭がありそうで恥ずかしいと思う
  • 幼かった頃の怖い思い出
  • 歯医者さんお臭いや音が嫌い
  • 治療が痛いのが怖い
  • 歯医者嫌いにしないために

1-1. 怒られそうで怖い

虫歯があったり歯茎に異常があっても、歯医者さん診てもらうことで「なんで放っておいたの?」と言われたり、「日頃の歯磨きなどのケアが出来ていない!」などと怒られたりするのではないか?

と思うと嫌になるという方が少なくありません。

しかしここでは、歯医者さんはプロとしての意見を言っているだけです。

素直に聞き入れて今後の改善に繋げていければと、受け流すことが肝要です。

「歯医者さんが苦手で足が遠のいてしまっていました」と正直に伝えれば、特段呆れられることもなくシッカリ治療してもらえます。

1-2. 口臭がありそうで恥ずかしいと思う

自分の口臭が気になって、口を開けての治療が恥ずかしいからと歯医者に行くことを躊躇ってしまっている方もいるようです。

口臭は自分自身ではなかなか分りにくいものだからこそ、その思いは不思議ではありません。

そんな時には、診察台に座った際に「口臭も気になって…」と正直な気持ちを伝えてみましょう。

口臭の原因となる虫歯や歯槽膿漏などの歯周病の治療が進めば、自ずと口臭の悩みも解決していく可能性が高くなります。

そもそも口臭も、歯医者さんにとっては治療の対象としているものです。

口臭を恥ずかしいと思わず、悩んでいることも含めて正直に伝えましょう。

1-3. 幼かった頃の怖い思い出

子供の頃に受けた歯医者の治療が、とても痛いものだったり、先生が怖く感じた思い出がトラウマになって歯医者嫌いになってしまったという方が実は一番多いのではないでしょうか?

待合室で待っている時に聞こえる「治療を痛がっている子供の声」に、自分も同じ目に合うのだろうか…という逃げ出したくなる気持ちも抱いたことでしょう。

確かに虫歯を削ることや抜歯することに、痛みを伴うものです。

しかし、現在は手を挙げて痛みをアピールすれば治療を一旦ストップしてその後の治療に麻酔などを使うことを相談することが出来ます。

嫌な思い出は、もう味わなくても大丈夫です。

1-4. 歯医者さんお臭いや音が嫌い

歯医者さん特有とも言えるツンッとした消毒液の臭いが嫌いと言う方や、歯を削る時の音が嫌だという方は多いです。

幼かった頃の思い出も湧いてきて、緊張に拍車を掛けます。

しかし最近歯医者さんに行かれた方は気づかれているかもしれませんが、以前ほど消毒液の臭いがしない歯医者が多くなりました。

消毒液の臭い自体が柔らかいものに改良されていたり、全体をアロマの香りでリラックスさせてくれている歯医者さんもあるほどです。

また音に関しても、治療設備も年々進化していて音の少ないモーターを使われている歯医者さんも多くなりました。

1-5. 治療が痛いのが怖い

虫歯の治療で歯を削る時の痛みが怖いので、「もう2度行きたくない!」と思い歯医者嫌いになる原因の代表でしょう。

エナメル質の下の象牙質には痛みを伝える神経が無数にあるので、歯を削る刃が当たれば当然鋭い痛みを覚えます。

あの痛みが原因で、歯医者嫌いになっても仕方ありません。

しかし、最近は僅かに削る前にも麻酔をしてくれることが多くなりました。

「麻酔の注射が痛いじゃないか」と思われる方もいると思いますが、最近は麻酔の針が痛くないように事前に表面麻酔をしてから注射するので、過去に受けた注射の痛みを感じることはないので安心して下さい。

1-6. 歯医者嫌いにしないために

ご自身の場合を当て嵌めれば、幼い頃に治療を受けた歯医者さんのイメージがそのごの歯医者嫌いに繋がっているといって思います。

お子さんにはいつも健康な歯でいて欲しいと思うのが親心。

虫歯を予防することや歯医者嫌いにならないことを合わせて、お子さんの歯が生え始めたら定期的に歯医者さんで歯科検診を受けてみましょう。

お口の中を見てもらって、簡単なものが多いためで痛みなどは一切ありません。

「虫歯ないね〜!」と先生にも褒められるので歯医者さんに行くことへの抵抗感を与えません。

定期的に健診してもらうことで、虫歯を未然に防げますし、歯磨きレッスンなども受けられるので一石二鳥です。

2. 歯医者さん嫌いを克服する+アルファな対処法

歯医者さん嫌いを克服する+アルファな対処法
  • 予約受付の電話で「歯医者さん嫌い」を伝えてみる
  • なるべく痛くない治療がある歯医者に行く

2-1. 予約受付の電話で「歯医者さん嫌い」を伝えてみる

嫌な思いをして歯医者さんで治療を受けると、更に歯医者嫌いになってしまいかねません。

ご自分の大切な歯や歯茎のためですから、「もう2度と行かない!」とならないように、予約受付の電話で歯医者さんの怖いと思う部分や苦手な部分を伝えてみましょう。

その歯医者さんが自分以外にもその相談に対してどのように対応しているかを知ることが出来ます。

例えば、臭いの部分や削る際の音に対して事前に対応している部分があったりすれば教えてもらえることに繋がります。

2-2. なるべく痛くない治療がある歯医者に行く

大人であっても歯を削る時の痛みは、「嫌なものは嫌」なのです。

我慢して言われれば「もう2度と行きたくない」となるでしょう。

現在は、痛みについては以前とは比べ物にならないほどに様々な選択肢が広がっています。

歯医者さんも「痛くないと思いますが麻酔しておきますか?」と尋ねてくれることが多く、いつ痛みが襲ってくるか不安であれば「麻酔して下さい」と伝えるだけでしてもらえます。

痛い思いをしてから手を挙げて麻酔してもらうのではなく、予め麻酔しておくという選択肢があるのも安心です。

3. 最先端の治療法での対処方法

最先端の治療法での対処方法
  • 虫歯を殆ど削らない治療がある
  • 笑気麻酔

3-1. 虫歯を殆ど削らない治療がある

虫歯を削ることなくミネラル成分による殺菌作用を利用して虫歯を治療する、「ドッグベストセメント」という治療法があります。

神経を取る必要も少なく削るといった治療は殆どないので、歯や精神的なダメージも最小限に抑えることが出来る治療法があります。

3-2. 笑気麻酔

名称に「麻酔」とありますが、痛みを抑えるというよりも治療に対する恐怖心を和らげてくれるものといった方が正しいでしょう。

基本的に意識そのものはありますが、ぼんやりとリラックスした状態にしてくれて治療を受入れ際の緊張を解いてくれます。

最後にまとめ

歯医者さんには、怖い、苦手といったイメージを抱きなかなか治療を受けられることが出来ない方が多くいらっしゃいますが、怖い、苦手とする原因が何であるのかを知ることで、それぞれにあった対処をすれば克服出来るものだと思います。

現在の歯医者さんは患者さんに対して、優しく迎え入れられる環境つくりを心掛けているところが多く、以前の嫌な思い出のイメージの歯医者さんはなくなっているといって過言ではありません。

痛いのが嫌いや音が嫌いなど、治療を受ける前の段階で正直な気持ちを伝えることで、自分も先生も気持ちよく治療することが出来るのではないでしょうか?

虫歯があって痛かったり歯茎に異常があるなど分っているのに、歯医者が怖い、苦手だとう心理が立ちはだかってなかなか歯医者へ行けないという方は少なくありません。

歯医者嫌いになった原因は何なのか?

再び歯医者へ行けるようになる為の対処方法や歯医者選びのコツなどを紹介していきたいと思います。

歯医者さんが嫌いになってしまった原因は何でしょう?


歯医者が怖い・苦手な原因あれこれ
  • 怒られそうで怖い
  • 口臭がありそうで恥ずかしいと思う
  • 幼かった頃の怖い思い出
  • 歯医者さんお臭いや音が嫌い
  • 治療が痛いのが怖い
  • 歯医者嫌いにしないために

1-1. 怒られそうで怖い

虫歯があったり歯茎に異常があっても、歯医者さん診てもらうことで「なんで放っておいたの?」と言われたり、「日頃の歯磨きなどのケアが出来ていない!」などと怒られたりするのではないか?

と思うと嫌になるという方が少なくありません。

しかしここでは、歯医者さんはプロとしての意見を言っているだけです。

素直に聞き入れて今後の改善に繋げていければと、受け流すことが肝要です。

「歯医者さんが苦手で足が遠のいてしまっていました」と正直に伝えれば、特段呆れられることもなくシッカリ治療してもらえます。

1-2. 口臭がありそうで恥ずかしいと思う

自分の口臭が気になって、口を開けての治療が恥ずかしいからと歯医者に行くことを躊躇ってしまっている方もいるようです。

口臭は自分自身ではなかなか分りにくいものだからこそ、その思いは不思議ではありません。

そんな時には、診察台に座った際に「口臭も気になって…」と正直な気持ちを伝えてみましょう。

口臭の原因となる虫歯や歯槽膿漏などの歯周病の治療が進めば、自ずと口臭の悩みも解決していく可能性が高くなります。

そもそも口臭も、歯医者さんにとっては治療の対象としているものです。

口臭を恥ずかしいと思わず、悩んでいることも含めて正直に伝えましょう。

1-3. 幼かった頃の怖い思い出

子供の頃に受けた歯医者の治療が、とても痛いものだったり、先生が怖く感じた思い出がトラウマになって歯医者嫌いになってしまったという方が実は一番多いのではないでしょうか?

待合室で待っている時に聞こえる「治療を痛がっている子供の声」に、自分も同じ目に合うのだろうか…という逃げ出したくなる気持ちも抱いたことでしょう。

確かに虫歯を削ることや抜歯することに、痛みを伴うものです。

しかし、現在は手を挙げて痛みをアピールすれば治療を一旦ストップしてその後の治療に麻酔などを使うことを相談することが出来ます。

嫌な思い出は、もう味わなくても大丈夫です。

1-4. 歯医者さんお臭いや音が嫌い

歯医者さん特有とも言えるツンッとした消毒液の臭いが嫌いと言う方や、歯を削る時の音が嫌だという方は多いです。

幼かった頃の思い出も湧いてきて、緊張に拍車を掛けます。

しかし最近歯医者さんに行かれた方は気づかれているかもしれませんが、以前ほど消毒液の臭いがしない歯医者が多くなりました。

消毒液の臭い自体が柔らかいものに改良されていたり、全体をアロマの香りでリラックスさせてくれている歯医者さんもあるほどです。

また音に関しても、治療設備も年々進化していて音の少ないモーターを使われている歯医者さんも多くなりました。

1-5. 治療が痛いのが怖い

虫歯の治療で歯を削る時の痛みが怖いので、「もう2度行きたくない!」と思い歯医者嫌いになる原因の代表でしょう。

エナメル質の下の象牙質には痛みを伝える神経が無数にあるので、歯を削る刃が当たれば当然鋭い痛みを覚えます。

あの痛みが原因で、歯医者嫌いになっても仕方ありません。

しかし、最近は僅かに削る前にも麻酔をしてくれることが多くなりました。

「麻酔の注射が痛いじゃないか」と思われる方もいると思いますが、最近は麻酔の針が痛くないように事前に表面麻酔をしてから注射するので、過去に受けた注射の痛みを感じることはないので安心して下さい。

1-6. 歯医者嫌いにしないために

ご自身の場合を当て嵌めれば、幼い頃に治療を受けた歯医者さんのイメージがそのごの歯医者嫌いに繋がっているといって思います。

お子さんにはいつも健康な歯でいて欲しいと思うのが親心。

虫歯を予防することや歯医者嫌いにならないことを合わせて、お子さんの歯が生え始めたら定期的に歯医者さんで歯科検診を受けてみましょう。

お口の中を見てもらって、簡単なものが多いためで痛みなどは一切ありません。

「虫歯ないね〜!」と先生にも褒められるので歯医者さんに行くことへの抵抗感を与えません。

定期的に健診してもらうことで、虫歯を未然に防げますし、歯磨きレッスンなども受けられるので一石二鳥です。

歯医者さん嫌いを克服する+アルファな対処法
  • 予約受付の電話で「歯医者さん嫌い」を伝えてみる
  • なるべく痛くない治療がある歯医者に行く

2-1. 予約受付の電話で「歯医者さん嫌い」を伝えてみる

嫌な思いをして歯医者さんで治療を受けると、更に歯医者嫌いになってしまいかねません。

ご自分の大切な歯や歯茎のためですから、「もう2度と行かない!」とならないように、予約受付の電話で歯医者さんの怖いと思う部分や苦手な部分を伝えてみましょう。

その歯医者さんが自分以外にもその相談に対してどのように対応しているかを知ることが出来ます。

例えば、臭いの部分や削る際の音に対して事前に対応している部分があったりすれば教えてもらえることに繋がります。

2-2. なるべく痛くない治療がある歯医者に行く

大人であっても歯を削る時の痛みは、「嫌なものは嫌」なのです。

我慢して言われれば「もう2度と行きたくない」となるでしょう。

現在は、痛みについては以前とは比べ物にならないほどに様々な選択肢が広がっています。

歯医者さんも「痛くないと思いますが麻酔しておきますか?」と尋ねてくれることが多く、いつ痛みが襲ってくるか不安であれば「麻酔して下さい」と伝えるだけでしてもらえます。

痛い思いをしてから手を挙げて麻酔してもらうのではなく、予め麻酔しておくという選択肢があるのも安心です。

最先端の治療法での対処方法
  • 虫歯を殆ど削らない治療がある
  • 笑気麻酔

3-1. 虫歯を殆ど削らない治療がある

虫歯を削ることなくミネラル成分による殺菌作用を利用して虫歯を治療する、「ドッグベストセメント」という治療法があります。

神経を取る必要も少なく削るといった治療は殆どないので、歯や精神的なダメージも最小限に抑えることが出来る治療法があります。

3-2. 笑気麻酔

名称に「麻酔」とありますが、痛みを抑えるというよりも治療に対する恐怖心を和らげてくれるものといった方が正しいでしょう。

基本的に意識そのものはありますが、ぼんやりとリラックスした状態にしてくれて治療を受入れ際の緊張を解いてくれます。

歯医者さんには、怖い、苦手といったイメージを抱きなかなか治療を受けられることが出来ない方が多くいらっしゃいますが、怖い、苦手とする原因が何であるのかを知ることで、それぞれにあった対処をすれば克服出来るものだと思います。

現在の歯医者さんは患者さんに対して、優しく迎え入れられる環境つくりを心掛けているところが多く、以前の嫌な思い出のイメージの歯医者さんはなくなっているといって過言ではありません。

痛いのが嫌いや音が嫌いなど、治療を受ける前の段階で正直な気持ちを伝えることで、自分も先生も気持ちよく治療することが出来るのではないでしょうか?

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-