【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514163953.html
努力が報われない人に足りないもの10選

努力が報われない人に足りないもの10選 | LADYCO

LADYCO
努力が報われない人に足りないもの10選

努力が報われない人は足りない部分があるのでしょうか?

10選から心当たりがあれば直していきましょうね。

  • 運がない
  • センスがない
  • 時代に合っていない
  • 時には直感でやってみようという度胸も大切
  • 人の手を借りた方がうまくいくことも
  • 肝心なポイントをわかっていない
  • からだを大切にしていない
  • 意地っぱりを捨てきれない
  • 客観的に見ることができていない
  • 努力しているつもりだなだけ

1. 運がない

運がない

運がない人はどんなに努力してもその力を発揮する機会を与えてもらえなかったり、いざその機会が来ても披露できない状況でそのまま終わってしまうということもあります。

逆に対して努力もせず運だけでなんとなく上手くいってしまう人もいて腹立たしく感じることでしょう。

しかしそんな人は何もしていないようでいて本当に何もしていないのでしょうか?

努力に運がプラスされていると考えれば最強な気がします。

運も実力のうち。

運が上がる努力はしましたか?

2. センスがない

センスがない

センスがない人は努力が空回りして同じことばかりやってしまったり、いつまでも頑張りすぎていよいよという時に疲れ切ってしまっていることもあります。

センスがない人はペース配分が下手なため、本番にパワーを取っておくことまで配慮できないところがあるので気をつけておくべきでしょう。

センスが良ければ無駄な労力をかけずに実力をつけていけます。

ただ漠然と努力せず要領よくやりましょうね。

3. 時代に合っていない

時代に合っていない

努力しても報われない時代という考え方もあります。

年配の方は頑張る若者を見ると熱くなって応援したくなりますが、同じ世代や年下からすると必死でダサいヤツにしか見えていない可能性も。

場の空気を読みながら努力の度合いをはかっていきましょう。

難しいと感じるなら人に見せずに影で努力するべきです。

そうすれば時代がどうだの思われる心配もないですね。

4. 時には直感でやってみようという度胸も大切

時には直感でやってみようという度胸も大切

努力でどうにかなることとそうでないことがあります。

時には直感に任せてノリで乗り切った方がスムーズにいくなんてことも。

報われるためには努力が一番、努力は裏切らない!と頭がかたくなっていませんか?

インスピレーションでいけそうな時はトライしてみましょう。

失敗が許されるような場面なら特に慎重になりすぎず挑戦する度胸を試すのも大切なことです。

5. 人の手を借りた方がうまくいくことも

人の手を借りた方がうまくいくことも

一人で努力してもただ疲れるだけだったり正しい努力の仕方がわかっていないなんていうこともあります。

時には経験者や年上の方にアドバイスをもらいつつ、人の手を借りながらやってみるのも悪いことではありません。

素直に助けを求めることで相手も助けてあげたいと感じますし、助けてもらうことで時間や労力を無駄に消費せずにすみ、後からうまくいったと思えることもありますよ。

6. 肝心なポイントをわかっていない

肝心なポイントをわかっていない

努力するにしてもコツがいります。

だから肝心なポイントをわかっていないでざっくり努力するのは禁物。

そんなやり方ではここぞというポイントで疲れてしまっていたり飽きてモチベーションが下がってしまっていることもあるでしょう。

努力を始める前にどこが最もがんばりどころか見極めておいてくださいね。

そのためにパワーを温存しておくというペース配分も重要なのです。

それがあってこそ肝心なところで全力を出せるのですよ。

7. からだを大切にしていない

からだを大切にしていない

睡眠時間を削って食事もろくに摂らずに何時間も何日間も頑張る努力家さん。

そのやり方で本当に身についていますか?

ボーっとしてしまって集中できていないなんてことはないですか?

からだを酷使しすぎると頭の回転も悪くなります。

眠気や食欲もない方が集中できるでしょう。

無理のしすぎは効率が悪くなるのでやめましょうね。

眠い時はちょっと寝てから、おなかがすいているならおなかを満たしてからやる方が気合が入ったりするものですよ。

8. 意地っぱりを捨てきれない

意地っぱりを捨てきれない

頑固な人は人に教わったり意見をもらうのが苦痛なので「自分でできます!」と好意を突っぱねてしまったりします。

そのせいで今さら人に聞けないという状況を作ってしまい、ドツボにはまって前に進まないなんていうことも。

意地っぱりはいいことなのでしょうか?

自分だけで頑張るというプライドはかっこいいですが、それも度が過ぎると見ていて痛々しいだけですよ。

9. 客観的に見ることができていない

客観的に見ることができていない

努力の最中にたまに客観的に見てみるということもとても大切です。

遠くから自分を見下ろすイメージで立ち返ってみましょう。

要領が悪いところやいつまでもこだわりすぎているところに気づきませんか?

プライドが高い人でも自分で気づいた部分なら素直に直せるはずですよ。

10. 努力しているつもりだなだけ

大して努力もしていないのにさも努力をしているかのように言う人もいますが…その状態になっていませんか?

周りと比べてみてください。

自分よりもっと努力をしている人間なんてたくさんいます。

また、努力しているなんて思うことなく当然のように頑張り続けているという人も「努力している」と意識している時点でまだまだ努力が日常化していない証拠なので意識せずに努力できるほど当たり前のことにしていきたいですね。

毎日努力を怠らない人こそ最強。

「凡事徹底」を貫ける人はここぞという時に秘めたパワーを発揮できるでしょう。

アリとキリギリスのアリを目指しましょうね。

努力が報われない人は足りない部分があるのでしょうか?

10選から心当たりがあれば直していきましょうね。


運がない

運がない人はどんなに努力してもその力を発揮する機会を与えてもらえなかったり、いざその機会が来ても披露できない状況でそのまま終わってしまうということもあります。

逆に対して努力もせず運だけでなんとなく上手くいってしまう人もいて腹立たしく感じることでしょう。

しかしそんな人は何もしていないようでいて本当に何もしていないのでしょうか?

努力に運がプラスされていると考えれば最強な気がします。

運も実力のうち。

運が上がる努力はしましたか?

センスがない

センスがない人は努力が空回りして同じことばかりやってしまったり、いつまでも頑張りすぎていよいよという時に疲れ切ってしまっていることもあります。

センスがない人はペース配分が下手なため、本番にパワーを取っておくことまで配慮できないところがあるので気をつけておくべきでしょう。

センスが良ければ無駄な労力をかけずに実力をつけていけます。

ただ漠然と努力せず要領よくやりましょうね。

時代に合っていない

努力しても報われない時代という考え方もあります。

年配の方は頑張る若者を見ると熱くなって応援したくなりますが、同じ世代や年下からすると必死でダサいヤツにしか見えていない可能性も。

場の空気を読みながら努力の度合いをはかっていきましょう。

難しいと感じるなら人に見せずに影で努力するべきです。

そうすれば時代がどうだの思われる心配もないですね。

時には直感でやってみようという度胸も大切

努力でどうにかなることとそうでないことがあります。

時には直感に任せてノリで乗り切った方がスムーズにいくなんてことも。

報われるためには努力が一番、努力は裏切らない!と頭がかたくなっていませんか?

インスピレーションでいけそうな時はトライしてみましょう。

失敗が許されるような場面なら特に慎重になりすぎず挑戦する度胸を試すのも大切なことです。

人の手を借りた方がうまくいくことも

一人で努力してもただ疲れるだけだったり正しい努力の仕方がわかっていないなんていうこともあります。

時には経験者や年上の方にアドバイスをもらいつつ、人の手を借りながらやってみるのも悪いことではありません。

素直に助けを求めることで相手も助けてあげたいと感じますし、助けてもらうことで時間や労力を無駄に消費せずにすみ、後からうまくいったと思えることもありますよ。

肝心なポイントをわかっていない

努力するにしてもコツがいります。

だから肝心なポイントをわかっていないでざっくり努力するのは禁物。

そんなやり方ではここぞというポイントで疲れてしまっていたり飽きてモチベーションが下がってしまっていることもあるでしょう。

努力を始める前にどこが最もがんばりどころか見極めておいてくださいね。

そのためにパワーを温存しておくというペース配分も重要なのです。

それがあってこそ肝心なところで全力を出せるのですよ。

からだを大切にしていない

睡眠時間を削って食事もろくに摂らずに何時間も何日間も頑張る努力家さん。

そのやり方で本当に身についていますか?

ボーっとしてしまって集中できていないなんてことはないですか?

からだを酷使しすぎると頭の回転も悪くなります。

眠気や食欲もない方が集中できるでしょう。

無理のしすぎは効率が悪くなるのでやめましょうね。

眠い時はちょっと寝てから、おなかがすいているならおなかを満たしてからやる方が気合が入ったりするものですよ。

意地っぱりを捨てきれない

頑固な人は人に教わったり意見をもらうのが苦痛なので「自分でできます!」と好意を突っぱねてしまったりします。

そのせいで今さら人に聞けないという状況を作ってしまい、ドツボにはまって前に進まないなんていうことも。

意地っぱりはいいことなのでしょうか?

自分だけで頑張るというプライドはかっこいいですが、それも度が過ぎると見ていて痛々しいだけですよ。

客観的に見ることができていない

努力の最中にたまに客観的に見てみるということもとても大切です。

遠くから自分を見下ろすイメージで立ち返ってみましょう。

要領が悪いところやいつまでもこだわりすぎているところに気づきませんか?

プライドが高い人でも自分で気づいた部分なら素直に直せるはずですよ。

大して努力もしていないのにさも努力をしているかのように言う人もいますが…その状態になっていませんか?

周りと比べてみてください。

自分よりもっと努力をしている人間なんてたくさんいます。

また、努力しているなんて思うことなく当然のように頑張り続けているという人も「努力している」と意識している時点でまだまだ努力が日常化していない証拠なので意識せずに努力できるほど当たり前のことにしていきたいですね。

毎日努力を怠らない人こそ最強。

「凡事徹底」を貫ける人はここぞという時に秘めたパワーを発揮できるでしょう。

アリとキリギリスのアリを目指しましょうね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-