【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144430.html
彼氏が合いカギを渡すのを嫌がる心理

彼氏が合いカギを渡すのを嫌がる心理 | LADYCO

LADYCO
彼氏が合いカギを渡すのを嫌がる心理

何故、合いカギを渡してくれない男性がいるのでしょうか?

その心理を10選まとめました。

  • 基本的にひとりの時間が好き
  • そこまで信頼をしていない
  • 見られたらやましいものがある
  • 深い関係になることを恐れている
  • 女性より家事が万能
  • 部屋のものを触られたくない
  • 仕事などで疲れている
  • 彼女が図々しくなりそうで怖い
  • 友達との時間も大切にしたい
  • そもそも合い鍵を渡す概念がない

彼氏から合いカギを渡されたいと思っている女性は少なくありません。

女性は合いカギを渡される事で、自信を持てるようになる事があるからです。

でも、逆に中々彼氏が合いカギを渡してくれないと悩む女性も少なくありません。

何故、合いカギを渡してくれない男性がいるのでしょうか?

その隠された心理とは?

1. 基本的にひとりの時間が好き

基本的にひとりの時間が好き

人によっては、彼女がいても一人の時間が一番好きという男性も少なくありません。

自分の部屋は誰にも邪魔されないプライベートな空間。

そんな空間の中で、一人で自由に好きな事が出来る時間が大好きという彼氏は、彼女に合い鍵を渡したくありません。

例え彼女であっても一人の時間を邪魔して欲しくないのです。

こうした傾向にある彼は、人一倍気遣い屋だったり、もしくは一人っ子などで集団生活に馴染めない男性が多いものです。

人に気を遣ってしまう男性にとって、自分の部屋は唯一心を安らげる場所と言っても良いでしょう。

そんな心のオアシスには、彼女でもズケズケと入ってきて欲しくないんですね。

また、一人っ子の場合、子供の頃からプライベートな時間を確保して生活してきました。

そのため基本的に一人が好きなケースが多いため、簡単に彼女にも合いカギは渡しません。

プライベートはプライベートでしっかりと一人の時間を確保したいと思っているんですね。

2. そこまで信頼をしていない

そこまで信頼をしていない

人間のタイプには、直ぐに他人を信用する人と逆に他人を中々信用出来ないタイプの人間がいます。

彼氏が後者の他人を信用出来ないタイプの場合、当然合いカギを渡す事に抵抗感を感じてしまうのです。

徐々に彼氏から信頼を得る事によって、合いカギを渡して貰える可能性もありますが、中々重症な場合には渡してくれる事はないかもしれません。

ただこれは、彼氏の本質的な部分でもあるので、合いカギを渡して欲しいからと無理強いをするのは止めましょう。

逆に、ますます彼から信用をして貰えなくなってしまいますよ。

3. 見られたらやましいものがある

見られたらやましいものがある

男性なら部屋に彼女に見られたらやましいものの一つや二つあっても当然です。

男友達などには見られても平気だけれど、彼女だけには知られたくないという事だってあるでしょう。

合いカギを渡してしまうと、もしかしたらそのやましいものを見られてしまうかもしれない!そんな恐怖感が合いカギを渡さない心理に繋がっていくんですね。

これは、ある意味彼氏が彼女へ恋をしている証拠でもあります。

彼女には格好悪いところは見せられない、そういった心理も働いているのでしょう。

4. 深い関係になることを恐れている

深い関係になることを恐れている

まだ付き合いはじめだったり、交際はしているけれど結婚は考えられない様な状態だと、合いカギを渡すことを拒んでしまうものです。

これ以上、深い関係になる気はないという彼氏の心理が働いている可能性もありますね。

もしくは、過去に何らかのトラウマがあって、無意識に他人と深く関わる事を避けている男性も、合い鍵を渡さない事が多いでしょう。

深い関係ではなく、もっとライトに男女交際を楽しみたいと彼氏は思っているのかもしれませんね。

5. 女性より家事が万能

女性より家事が万能

合い鍵を貰ったら、料理や炊事洗濯をしてあげたい!という女性は多いですよね。

でも、女性以上に料理が上手であったり、掃除好きな家事が万能な彼氏は、こういった事を嫌がります。

自分の城であるキッチンに勝手に来て欲しくないと思っていたり、掃除や洗濯にもきちんとした、マイルールが存在するのです。

合いカギを渡してうっかりマイルールを破られてしまうのは絶対に避けたいと考えているはずです。

6. 部屋のものを触られたくない

部屋のものを触られたくない

男性と女性はそもそも感性が違うものですよね。

女性にとってガラクタに見えているものが、男性にとっては宝物だったりします。

そんな男性は、彼女でも自分の部屋にあるものを勝手に触って欲しくないと感じています。

何かコレクションをしていたり、こだわりの強い男性は自分の部屋のものに勝手に触られる事を酷く嫌がるものなのです。

合いカギを渡す事で、部屋の中のものを勝手にいじられるのではないか?

など心配になってしまうんですね。

だからこうした彼氏は、彼女に合い鍵を渡さないのです。

7. 仕事などで疲れている

仕事などで疲れている

不規則な仕事をしていたり、毎回残業が多いなど忙しい彼氏は、合い鍵を彼女に渡さない事が少なくありません。

彼女といえども仕事で疲れている時に、他人が家にいるとゆっくり休む事が出来ませんよね。

また、仕事が忙しいからこそ、自分のペースで生活をしたいと感じている彼も多いでしょう。

ゆっくり休みたい、自分のペースを崩したくない、そんな男性心理が働いているのでしょう。

8. 彼女が図々しくなりそうで怖い

彼女が図々しくなりそうで怖い

合い鍵を渡すことで、自分は愛されているんだと感じる事によって、彼氏に対する態度が図々しくなる彼女もいます。

愛されているから何をしても許させる、そんな彼女の慢心が彼氏は怖いのです。

彼氏にとって、彼女にはいつまでも可愛らしさと恥じらいを忘れずにいて欲しいもの。

そんな彼女が合い鍵を渡すことで図々しくなっていく姿を彼氏は、恐れているんですね。

そういった心理が彼女へ合い鍵を渡すのを拒んでしまっているのです。

9. 友達との時間も大切にしたい

友達との時間も大切にしたい

女性は彼氏との時間を最優先させる事が多いのですが、男性はそうではありません。

中には彼女との時間よりも友達との時間を大切にしたい男性もいます。

そんな彼氏にとって、彼女に合い鍵を渡すとそんな友達との時間を邪魔されるのではないか?

という疑念があるのでしょう。

そうした疑念がある彼氏は、彼女に合い鍵を渡す事はありません。

10. そもそも合い鍵を渡す概念がない

そもそも交際をしているからといって、何故合い鍵を渡す必要があるのか分からない、という男性もいます。

家族でもない他人である彼女に、何故部屋の鍵を預けるのか?

その必要はないという男性は、もちろん合い鍵を渡したりなんかしませんよね。

この様に、もともと合いカギを彼女に渡すという概念や発想がないタイプもたまにいらっしゃいます。

何故、合いカギを渡してくれない男性がいるのでしょうか?

その心理を10選まとめました。


彼氏から合いカギを渡されたいと思っている女性は少なくありません。

女性は合いカギを渡される事で、自信を持てるようになる事があるからです。

でも、逆に中々彼氏が合いカギを渡してくれないと悩む女性も少なくありません。

何故、合いカギを渡してくれない男性がいるのでしょうか?

その隠された心理とは?

基本的にひとりの時間が好き

人によっては、彼女がいても一人の時間が一番好きという男性も少なくありません。

自分の部屋は誰にも邪魔されないプライベートな空間。

そんな空間の中で、一人で自由に好きな事が出来る時間が大好きという彼氏は、彼女に合い鍵を渡したくありません。

例え彼女であっても一人の時間を邪魔して欲しくないのです。

こうした傾向にある彼は、人一倍気遣い屋だったり、もしくは一人っ子などで集団生活に馴染めない男性が多いものです。

人に気を遣ってしまう男性にとって、自分の部屋は唯一心を安らげる場所と言っても良いでしょう。

そんな心のオアシスには、彼女でもズケズケと入ってきて欲しくないんですね。

また、一人っ子の場合、子供の頃からプライベートな時間を確保して生活してきました。

そのため基本的に一人が好きなケースが多いため、簡単に彼女にも合いカギは渡しません。

プライベートはプライベートでしっかりと一人の時間を確保したいと思っているんですね。

そこまで信頼をしていない

人間のタイプには、直ぐに他人を信用する人と逆に他人を中々信用出来ないタイプの人間がいます。

彼氏が後者の他人を信用出来ないタイプの場合、当然合いカギを渡す事に抵抗感を感じてしまうのです。

徐々に彼氏から信頼を得る事によって、合いカギを渡して貰える可能性もありますが、中々重症な場合には渡してくれる事はないかもしれません。

ただこれは、彼氏の本質的な部分でもあるので、合いカギを渡して欲しいからと無理強いをするのは止めましょう。

逆に、ますます彼から信用をして貰えなくなってしまいますよ。

見られたらやましいものがある

男性なら部屋に彼女に見られたらやましいものの一つや二つあっても当然です。

男友達などには見られても平気だけれど、彼女だけには知られたくないという事だってあるでしょう。

合いカギを渡してしまうと、もしかしたらそのやましいものを見られてしまうかもしれない!そんな恐怖感が合いカギを渡さない心理に繋がっていくんですね。

これは、ある意味彼氏が彼女へ恋をしている証拠でもあります。

彼女には格好悪いところは見せられない、そういった心理も働いているのでしょう。

深い関係になることを恐れている

まだ付き合いはじめだったり、交際はしているけれど結婚は考えられない様な状態だと、合いカギを渡すことを拒んでしまうものです。

これ以上、深い関係になる気はないという彼氏の心理が働いている可能性もありますね。

もしくは、過去に何らかのトラウマがあって、無意識に他人と深く関わる事を避けている男性も、合い鍵を渡さない事が多いでしょう。

深い関係ではなく、もっとライトに男女交際を楽しみたいと彼氏は思っているのかもしれませんね。

女性より家事が万能

合い鍵を貰ったら、料理や炊事洗濯をしてあげたい!という女性は多いですよね。

でも、女性以上に料理が上手であったり、掃除好きな家事が万能な彼氏は、こういった事を嫌がります。

自分の城であるキッチンに勝手に来て欲しくないと思っていたり、掃除や洗濯にもきちんとした、マイルールが存在するのです。

合いカギを渡してうっかりマイルールを破られてしまうのは絶対に避けたいと考えているはずです。

部屋のものを触られたくない

男性と女性はそもそも感性が違うものですよね。

女性にとってガラクタに見えているものが、男性にとっては宝物だったりします。

そんな男性は、彼女でも自分の部屋にあるものを勝手に触って欲しくないと感じています。

何かコレクションをしていたり、こだわりの強い男性は自分の部屋のものに勝手に触られる事を酷く嫌がるものなのです。

合いカギを渡す事で、部屋の中のものを勝手にいじられるのではないか?

など心配になってしまうんですね。

だからこうした彼氏は、彼女に合い鍵を渡さないのです。

仕事などで疲れている

不規則な仕事をしていたり、毎回残業が多いなど忙しい彼氏は、合い鍵を彼女に渡さない事が少なくありません。

彼女といえども仕事で疲れている時に、他人が家にいるとゆっくり休む事が出来ませんよね。

また、仕事が忙しいからこそ、自分のペースで生活をしたいと感じている彼も多いでしょう。

ゆっくり休みたい、自分のペースを崩したくない、そんな男性心理が働いているのでしょう。

彼女が図々しくなりそうで怖い

合い鍵を渡すことで、自分は愛されているんだと感じる事によって、彼氏に対する態度が図々しくなる彼女もいます。

愛されているから何をしても許させる、そんな彼女の慢心が彼氏は怖いのです。

彼氏にとって、彼女にはいつまでも可愛らしさと恥じらいを忘れずにいて欲しいもの。

そんな彼女が合い鍵を渡すことで図々しくなっていく姿を彼氏は、恐れているんですね。

そういった心理が彼女へ合い鍵を渡すのを拒んでしまっているのです。

友達との時間も大切にしたい

女性は彼氏との時間を最優先させる事が多いのですが、男性はそうではありません。

中には彼女との時間よりも友達との時間を大切にしたい男性もいます。

そんな彼氏にとって、彼女に合い鍵を渡すとそんな友達との時間を邪魔されるのではないか?

という疑念があるのでしょう。

そうした疑念がある彼氏は、彼女に合い鍵を渡す事はありません。

そもそも交際をしているからといって、何故合い鍵を渡す必要があるのか分からない、という男性もいます。

家族でもない他人である彼女に、何故部屋の鍵を預けるのか?

その必要はないという男性は、もちろん合い鍵を渡したりなんかしませんよね。

この様に、もともと合いカギを彼女に渡すという概念や発想がないタイプもたまにいらっしゃいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-