【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114142.html
飲み会が嫌いな人が実は思っている心理

飲み会が嫌いな人が実は思っている心理 | LADYCO

LADYCO
飲み会が嫌いな人が実は思っている心理

飲み会が嫌な人も世の中にはたくさんいます。

それをわかって欲しい。

飲み会が嫌いな人が実は思っている心理をまとめて見ました。

  • 歌が下手だからカラオケは勘弁!
  • 人が自分に酔いながら歌うのを見るとイラつく!
  • おっさんと飲んでいても楽しくない…
  • しまった!この席じゃ楽しめないじゃん!
  • お金を使いたくないな…
  • 二次会だけは勘弁してほしい
  • あんた達、飲み会ばっかりでヒマすぎない?
  • 上司に媚を売るのが疲れます…
  • タバコや酔っ払いが苦手なのに…
  • これも仕事のうちだから仕方ない
  • タクシー代くらい出してもらえるんですよね?
  • とりあえず出ておかないと取り残されちゃうし
  • 飲み会で隙を見せてあの人をゲットしちゃおう!

1. 歌が下手だからカラオケは勘弁!

歌が下手だからカラオケは勘弁!

飲み会といえばカラオケ屋で行われることも多いですが、歌が下手な人にとっては地獄の空間です。

せめてカラオケ店はやめてくれとか、カラオケを歌わなくて済むように酔いつぶれる演技をする人もいます。

かわいそうですが幹事に従わなければいけないところもあるのでやる過ごすしかありません。

2. 人が自分に酔いながら歌うのを見るとイラつく!

人が自分に酔いながら歌うのを見るとイラつく!

テレビ番組を観ていても感じることがありますが、自分の歌声に自信がある人は酔いしれた歌い方をして周りの気持ちよりも自己満足で終わるケースもありますね。

それを冷めた目で見ている人ってけっこういます。

でも上司や気になっていた異性なら指摘もできませんし、自分の中で気持ちを整理するほかありません。

また、せっかく盛り上がっているのにバラードを歌ってしんみりさせる人もいます。

雰囲気を気にしながら歌って欲しいものです。

3. おっさんと飲んでいても楽しくない…

おっさんと飲んでいても楽しくない…

会社の飲み会では若い人にとってストレスになっている場合が多いものです。

同世代の仲間内と飲むのとおっさんと飲むのとではなんだかノリも違いますし、加齢臭とか、水虫とか、おっさんに対するいやなイメージが強ければ強いほど苦痛なはず。

せめて年上でも女性がいてくれる方が華やかになりますが、全員が男性だとちょっと寂しい気分になります。

4. しまった!この席じゃ楽しめないじゃん!

しまった!この席じゃ楽しめないじゃん!

飲み会が苦手な理由として楽しそうな席をさっと取れないという鈍臭いパターンもあります。

壁側に座ってしまって唯一隣になった人が苦手な人だったとか、物静かな人だったとかいう時は楽しい気分になれないまま過ぎるだけ。

飲み会を楽しむには席は重要ですね。

5. お金を使いたくないな…

お金を使いたくないな…

給料日前などのお金が厳しい時に飲みに誘われると正直迷惑です。

それに、お金に余裕があることを自慢されているような気にもなりますね。

おごってくれるなら行くけどなんてばれるのもいやだし、できることならこちらの財布事情も考えて声をかけてほしいところです。

6. 二次会だけは勘弁してほしい

二次会だけは勘弁してほしい

とりあえず付き合いとして飲み会に参加しても二次会だけは勘弁して欲しいと思っている人は意外と多いのではないでしょうか?

一次会と雰囲気の違う二次会ではぶっちゃけトークなどが繰り広げられ、自分をさらすことを求められたりもします。

それが苦手なクールな人にとって二次会を連想する飲み会はストレスでしょうね。

7. あんた達、飲み会ばっかりでヒマすぎない?

あんた達、飲み会ばっかりでヒマすぎない?

そういえばついこの前も飲み会をしたばかり…あんた達、ほんっとにヒマねと呆れる人は飲み会があまり好きではなさそうです。

だって、飲み会好きな人なら何度誘われたって嬉しいはずですからね。

8. 上司に媚を売るのが疲れます…

上司に媚を売るのが疲れます…

会社の飲み会では上司にお酒をついだりおもしろくなくてもにこにこしていなければならず、人に媚を売るのが苦手な人からするとそれを強要されているかのように感じて疲れてしまいます。

いくら気にするなと言われても本当に何もしなければ印象を悪くしてしまいますし、どこまでが上司の本音なのかを考えているだけでもストレスでしょう。

9. タバコや酔っ払いが苦手なのに…

タバコや酔っ払いが苦手なのに…

タバコや酔っ払いが苦手な人は飲み会も苦手なはず。

飲み屋さんにはタバコを吸う人も酔っ払いもたくさんいますが、それが当たり前の雰囲気もあるのでいちいち指摘したりお店を移るなんてしていられませんから…。

飲めない人は特にそういう人に理解が薄い気がします。

10. これも仕事のうちだから仕方ない

これも仕事のうちだから仕方ない

飲み会も仕事のうちだと割り切って飲み会に参加できる社会人は立派ですね。

もちろんそれは正解。

残業が出なくたって飲みの席で深まる関係も多いですし、仕事の話が進むこともあります。

仕事が大切な人はきっと飲み会も大切にすることでしょう。

しかし本音はどうでしょうか?

11. タクシー代くらい出してもらえるんですよね?

タクシー代くらい出してもらえるんですよね?

飲み会が嫌いな人は終電に間に合うのか気になって仕方がないということもあり、タクシー代を出してもらえるかどうかがポイントな場合もありますね。

タクシー代も出してくれない上司との飲み会はさっさと切り上げたくなるはず。

でも、そんな相手に限って付き合せたがる図々しいケースもあって困ります。

12. とりあえず出ておかないと取り残されちゃうし

とりあえず出ておかないと取り残されちゃうし

飲み会に誘われたらとりあえず参加しておかないと仲間や職場で取り残されちゃう!という危機感を持って飲み会に臨む人もいます。

飲み会での話題が後日繰り広げられたりすると参加しなかったことを後悔してしまいそう。

ひとりが苦手な八方美人タイプに多い心理ですね。

13. 飲み会で隙を見せてあの人をゲットしちゃおう!

好きな人も参加する飲み会なら参加しない手はありません。

わざと酔ったフリをして隙を見せて相手からのアプローチを待ったりもできます。

飲み会は嫌いだけれど好きな人との関係を進展させるために利用する人もいるでしょうね。

飲み会が嫌な人も世の中にはたくさんいます。

それをわかって欲しい。

飲み会が嫌いな人が実は思っている心理をまとめて見ました。


歌が下手だからカラオケは勘弁!

飲み会といえばカラオケ屋で行われることも多いですが、歌が下手な人にとっては地獄の空間です。

せめてカラオケ店はやめてくれとか、カラオケを歌わなくて済むように酔いつぶれる演技をする人もいます。

かわいそうですが幹事に従わなければいけないところもあるのでやる過ごすしかありません。

人が自分に酔いながら歌うのを見るとイラつく!

テレビ番組を観ていても感じることがありますが、自分の歌声に自信がある人は酔いしれた歌い方をして周りの気持ちよりも自己満足で終わるケースもありますね。

それを冷めた目で見ている人ってけっこういます。

でも上司や気になっていた異性なら指摘もできませんし、自分の中で気持ちを整理するほかありません。

また、せっかく盛り上がっているのにバラードを歌ってしんみりさせる人もいます。

雰囲気を気にしながら歌って欲しいものです。

おっさんと飲んでいても楽しくない…

会社の飲み会では若い人にとってストレスになっている場合が多いものです。

同世代の仲間内と飲むのとおっさんと飲むのとではなんだかノリも違いますし、加齢臭とか、水虫とか、おっさんに対するいやなイメージが強ければ強いほど苦痛なはず。

せめて年上でも女性がいてくれる方が華やかになりますが、全員が男性だとちょっと寂しい気分になります。

しまった!この席じゃ楽しめないじゃん!

飲み会が苦手な理由として楽しそうな席をさっと取れないという鈍臭いパターンもあります。

壁側に座ってしまって唯一隣になった人が苦手な人だったとか、物静かな人だったとかいう時は楽しい気分になれないまま過ぎるだけ。

飲み会を楽しむには席は重要ですね。

お金を使いたくないな…

給料日前などのお金が厳しい時に飲みに誘われると正直迷惑です。

それに、お金に余裕があることを自慢されているような気にもなりますね。

おごってくれるなら行くけどなんてばれるのもいやだし、できることならこちらの財布事情も考えて声をかけてほしいところです。

二次会だけは勘弁してほしい

とりあえず付き合いとして飲み会に参加しても二次会だけは勘弁して欲しいと思っている人は意外と多いのではないでしょうか?

一次会と雰囲気の違う二次会ではぶっちゃけトークなどが繰り広げられ、自分をさらすことを求められたりもします。

それが苦手なクールな人にとって二次会を連想する飲み会はストレスでしょうね。

あんた達、飲み会ばっかりでヒマすぎない?

そういえばついこの前も飲み会をしたばかり…あんた達、ほんっとにヒマねと呆れる人は飲み会があまり好きではなさそうです。

だって、飲み会好きな人なら何度誘われたって嬉しいはずですからね。

上司に媚を売るのが疲れます…

会社の飲み会では上司にお酒をついだりおもしろくなくてもにこにこしていなければならず、人に媚を売るのが苦手な人からするとそれを強要されているかのように感じて疲れてしまいます。

いくら気にするなと言われても本当に何もしなければ印象を悪くしてしまいますし、どこまでが上司の本音なのかを考えているだけでもストレスでしょう。

タバコや酔っ払いが苦手なのに…

タバコや酔っ払いが苦手な人は飲み会も苦手なはず。

飲み屋さんにはタバコを吸う人も酔っ払いもたくさんいますが、それが当たり前の雰囲気もあるのでいちいち指摘したりお店を移るなんてしていられませんから…。

飲めない人は特にそういう人に理解が薄い気がします。

これも仕事のうちだから仕方ない

飲み会も仕事のうちだと割り切って飲み会に参加できる社会人は立派ですね。

もちろんそれは正解。

残業が出なくたって飲みの席で深まる関係も多いですし、仕事の話が進むこともあります。

仕事が大切な人はきっと飲み会も大切にすることでしょう。

しかし本音はどうでしょうか?

タクシー代くらい出してもらえるんですよね?

飲み会が嫌いな人は終電に間に合うのか気になって仕方がないということもあり、タクシー代を出してもらえるかどうかがポイントな場合もありますね。

タクシー代も出してくれない上司との飲み会はさっさと切り上げたくなるはず。

でも、そんな相手に限って付き合せたがる図々しいケースもあって困ります。

とりあえず出ておかないと取り残されちゃうし

飲み会に誘われたらとりあえず参加しておかないと仲間や職場で取り残されちゃう!という危機感を持って飲み会に臨む人もいます。

飲み会での話題が後日繰り広げられたりすると参加しなかったことを後悔してしまいそう。

ひとりが苦手な八方美人タイプに多い心理ですね。

好きな人も参加する飲み会なら参加しない手はありません。

わざと酔ったフリをして隙を見せて相手からのアプローチを待ったりもできます。

飲み会は嫌いだけれど好きな人との関係を進展させるために利用する人もいるでしょうね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-