【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104421.html
うまく会話を繋げるのに必要なバランス

うまく会話を繋げるのに必要なバランス | LADYCO

LADYCO
うまく会話を繋げるのに必要なバランス

会話が途切れるのは気まずく、なんとしても阻止したいですよね。

実は上手く会話を繋げるためにはバランスが大事なのです。

それはいったいどういうことなのかまとめてみました。

  • 「聞く」と「話す」のバランス
  • テンションのバランス
  • 「誘う」と「誘われる」のバランス
  • お互いの生活レベルのバランス
  • お互いを敬うバランス
  • 「相談する」と「相談される」のバランス
  • 話をする環境バランス
  • 心身コンディションのバランス
  • パワーバランス
  • 相手を楽しませたいと考える相互バランス

1. 「聞く」と「話す」のバランス

「聞く」と「話す」のバランス

聞き上手はモテるといいますが、もちろん人の話を聞くのは大切です。

また、聞いてもらえるという安心感が「この人とお付き合いしたい」という感情を生むきっかけにもなるでしょう。

ただし、聞くだけではダメなのです。

聞いたら、話すことも同じだけするバランスが大事。

いくらおしゃべり好きな人でも、いつも話題に富んでいるとは限りません。

相手が話すことを終えたら、今度は自分が話題を提供したり、話したりすると会話が繋がります。

2. テンションのバランス

テンションのバランス

例えば、アルコールが入ると誰でもテンションが高くなりがちです。

それはそれで大いに盛り上がるのですが、会話的には支離滅裂になっているのではないでしょうか。

会話を繋ぐためには、話すテンションのバランスが一定であることも重要です。

聞く姿勢を保ち、返しの会話の為に頭を適宜働かせるためでもあります。

3. 「誘う」と「誘われる」のバランス

「誘う」と「誘われる」のバランス

いつも一方的に誘われるばかりでは、例え対等な関係であるとしても目に見えないモヤモヤが発生します。

そのモヤモヤは会話の妨げになりかねません。

前回誘われた側だとしたら、今回は誘う側に意識してなりましょう。

こういったバランスが本当の意味での対等を作りだし、フェアな会話となるのです。

4. お互いの生活レベルのバランス

お互いの生活レベルのバランス

解りやすく言うと、勝ち組と負け組の会話は途切れがち。

どんなに相手のことを認めていても、会話の裏にある嫉妬心や蔑む心が会話の邪魔になります。

会話を楽しむためには、ある程度生活レベルの似た者同志であるというバランスが必要です。

この関係で生まれた溝は、どんなに会話を重ねたとしても埋まりません。

5. お互いを敬うバランス

お互いを敬うバランス

もしかすると友人であるにも係わらず、「こいつは頭が良くない」「私の意見を黙って聞いてればいいのよ」といったような、思い上がった感情で接してくる人はいませんか?

そういった上から目線の人との会話が心地よく続くわけがありません。

会話を繋げるためには、お互いを敬う気持ちをそれぞれが持っていないとダメなのです。

このバランスが少しでも悪い関係であるならば、近い将来、話をすることもなくなることでしょう。

6. 「相談する」と「相談される」のバランス

「相談する」と「相談される」のバランス

いつもどちらかが一方的に相談する立場だとすると、もう一方の相談される立場の人は少なからずウンザリしているはず。

どんなに仲が良くても、いつも一方的にアドバイスを求められたり愚痴られたりしているとしんどいものなのです。

これがお互い様の場合は、親身になって話を聞き、本気でアドバイスをしようと考えるので二人が全力で会話をすることになります。

相談事はネタが尽きずに会話が途切れないと勘違いしていませんか?

中には「聞いちゃいられない」「聞くだけ時間の無駄」と考えていて、会話がおざなりになってしまう人もいます。

ただし、それも致し方のないことなのでしょう。

相談事だけを一方的にされる人は負の感情ばかりをぶつけられるので、嫌になってしまうのです。

7. 話をする環境バランス

話をする環境バランス

会話が盛り上がるための環境は大事です。

やかまし過ぎず、適度に明るく、静か過ぎない環境。

そして、二人共に心地よさを感じていることが肝心です。

反対にカラオケバーのようにいつでも騒がしく、人の声が会話の邪魔になる場所などでは、話したいことがたくさんあったとしても途切れてしまいます。

また、静か過ぎるのもまた難。

自分達の会話が周囲に漏れてしまうと都合が悪いですよね。

つまり、程よい環境であれば会話は繋がりやすくなるということなのです。

8. 心身コンディションのバランス

心身コンディションのバランス

もしも疲れ過ぎていたり、風邪を引いていたりすると会話はなかなか繋がりません。

どんなに気の置けない相手だとしても「早く帰りたい」と思ってしまいます。

また、心が病んでいる状態でも同じこと。

話しを聞いているはずなのに上の空になってしまうかもしれません。

会話を繋げられるという状態は、心も身体も健全な状態でなければダメなのです。

大人のお付き合いも大切ですが、会話もままならない状態であれば、先々のことを考えて会うことをキャンセルしたほうがいいのかもしれませんね。

9. パワーバランス

パワーバランス

同じ会社の上司と部下。

同じ大学の先輩と後輩。

恩師と教え子。

このように一生頭の上がらない関係の場合、会話には限界が生じてしまいます。

上の立場の人は大抵の場合に説教くさい話に走り、下の立場の人は「そうですね」「そうなんですよ」とひたすら相槌を打たなくてはなりません。

これはもはや会話ではなくなっています。

街頭演説の類と然程変わりないレベルです。

10. 相手を楽しませたいと考える相互バランス

この人はこんな話題が好きなはず。

趣味は○○だから、このネタは喜んでくれるかも。

そういった相手を思いやり、楽しませたい気持ちがお互いにあるならば、本当に楽しい時間が過ごせるでしょう。

つまり会話が途切れません。

思いやりの心があれば、会話は繋がるものなのです。

会話が途切れるのは気まずく、なんとしても阻止したいですよね。

実は上手く会話を繋げるためにはバランスが大事なのです。

それはいったいどういうことなのかまとめてみました。


「聞く」と「話す」のバランス

聞き上手はモテるといいますが、もちろん人の話を聞くのは大切です。

また、聞いてもらえるという安心感が「この人とお付き合いしたい」という感情を生むきっかけにもなるでしょう。

ただし、聞くだけではダメなのです。

聞いたら、話すことも同じだけするバランスが大事。

いくらおしゃべり好きな人でも、いつも話題に富んでいるとは限りません。

相手が話すことを終えたら、今度は自分が話題を提供したり、話したりすると会話が繋がります。

テンションのバランス

例えば、アルコールが入ると誰でもテンションが高くなりがちです。

それはそれで大いに盛り上がるのですが、会話的には支離滅裂になっているのではないでしょうか。

会話を繋ぐためには、話すテンションのバランスが一定であることも重要です。

聞く姿勢を保ち、返しの会話の為に頭を適宜働かせるためでもあります。

「誘う」と「誘われる」のバランス

いつも一方的に誘われるばかりでは、例え対等な関係であるとしても目に見えないモヤモヤが発生します。

そのモヤモヤは会話の妨げになりかねません。

前回誘われた側だとしたら、今回は誘う側に意識してなりましょう。

こういったバランスが本当の意味での対等を作りだし、フェアな会話となるのです。

お互いの生活レベルのバランス

解りやすく言うと、勝ち組と負け組の会話は途切れがち。

どんなに相手のことを認めていても、会話の裏にある嫉妬心や蔑む心が会話の邪魔になります。

会話を楽しむためには、ある程度生活レベルの似た者同志であるというバランスが必要です。

この関係で生まれた溝は、どんなに会話を重ねたとしても埋まりません。

お互いを敬うバランス

もしかすると友人であるにも係わらず、「こいつは頭が良くない」「私の意見を黙って聞いてればいいのよ」といったような、思い上がった感情で接してくる人はいませんか?

そういった上から目線の人との会話が心地よく続くわけがありません。

会話を繋げるためには、お互いを敬う気持ちをそれぞれが持っていないとダメなのです。

このバランスが少しでも悪い関係であるならば、近い将来、話をすることもなくなることでしょう。

「相談する」と「相談される」のバランス

いつもどちらかが一方的に相談する立場だとすると、もう一方の相談される立場の人は少なからずウンザリしているはず。

どんなに仲が良くても、いつも一方的にアドバイスを求められたり愚痴られたりしているとしんどいものなのです。

これがお互い様の場合は、親身になって話を聞き、本気でアドバイスをしようと考えるので二人が全力で会話をすることになります。

相談事はネタが尽きずに会話が途切れないと勘違いしていませんか?

中には「聞いちゃいられない」「聞くだけ時間の無駄」と考えていて、会話がおざなりになってしまう人もいます。

ただし、それも致し方のないことなのでしょう。

相談事だけを一方的にされる人は負の感情ばかりをぶつけられるので、嫌になってしまうのです。

話をする環境バランス

会話が盛り上がるための環境は大事です。

やかまし過ぎず、適度に明るく、静か過ぎない環境。

そして、二人共に心地よさを感じていることが肝心です。

反対にカラオケバーのようにいつでも騒がしく、人の声が会話の邪魔になる場所などでは、話したいことがたくさんあったとしても途切れてしまいます。

また、静か過ぎるのもまた難。

自分達の会話が周囲に漏れてしまうと都合が悪いですよね。

つまり、程よい環境であれば会話は繋がりやすくなるということなのです。

心身コンディションのバランス

もしも疲れ過ぎていたり、風邪を引いていたりすると会話はなかなか繋がりません。

どんなに気の置けない相手だとしても「早く帰りたい」と思ってしまいます。

また、心が病んでいる状態でも同じこと。

話しを聞いているはずなのに上の空になってしまうかもしれません。

会話を繋げられるという状態は、心も身体も健全な状態でなければダメなのです。

大人のお付き合いも大切ですが、会話もままならない状態であれば、先々のことを考えて会うことをキャンセルしたほうがいいのかもしれませんね。

パワーバランス

同じ会社の上司と部下。

同じ大学の先輩と後輩。

恩師と教え子。

このように一生頭の上がらない関係の場合、会話には限界が生じてしまいます。

上の立場の人は大抵の場合に説教くさい話に走り、下の立場の人は「そうですね」「そうなんですよ」とひたすら相槌を打たなくてはなりません。

これはもはや会話ではなくなっています。

街頭演説の類と然程変わりないレベルです。

この人はこんな話題が好きなはず。

趣味は○○だから、このネタは喜んでくれるかも。

そういった相手を思いやり、楽しませたい気持ちがお互いにあるならば、本当に楽しい時間が過ごせるでしょう。

つまり会話が途切れません。

思いやりの心があれば、会話は繋がるものなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-