【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164345.html
不平不満をいつも口にする男性の心理

不平不満をいつも口にする男性の心理 | LADYCO

LADYCO
不平不満をいつも口にする男性の心理

あなたの周りにいつも不平不満を言っている男性はいませんか?

こんな男性の特徴をご紹介したいと思います。

  • 姿勢が悪い人
  • 人の話をきちんと聞かない人
  • 第一声が「でも...」と否定的な言葉から始まる人
  • 石橋を叩いて渡っているという人
  • 自分は頑張ったんだとよく言う人
  • 人を認めない人
  • 頭でっかちな人
  • コンプレックスに囚われている人
  • 何かと嫌う人
  • まとめ

1. 姿勢が悪い人

姿勢が悪い人

姿勢が良い人は、前を向いています。

姿勢が悪い人は、いつも猫背で自信がなさそうに見えてしまいます。

さらに下を向いてしまう傾向があります。

下を向いていると、気持ちも暗くなってしまい、不満がこぼれてしまうものです。

2. 人の話をきちんと聞かない人

人の話をきちんと聞かない人

前向きな人は、周囲の話もよく聞いています。

そして意見として話してディスカッションしていきます。

しかしながら、人の話をまともに聞けない人は、自分の事を知ってほしいと強くアピールしているため、周りの人は、どんどん離れていきがちになります。

すると本人は、皆が自分から離れていっているだけで、自分は何も悪い事していないのに...と愚痴を言います。

3. 第一声が「でも...」と否定的な言葉から始まる人

第一声が「でも...」と否定的な言葉から始まる人

誰かが、何か良い事が起こって話していると、「でもさ~」とマイナスに持っていってしまう人がいます。

時には、話の腰をおってしまうほど、話す人もいます。

なんでもかんでも「でも...」と言ってしまう否定的な人は、不満がたくさんある証拠です。

4. 石橋を叩いて渡っているという人

石橋を叩いて渡っているという人

何か行動を起こすまでに時間がかかる人がいます。

その時に「石橋を叩いて渡るタイプなんだ!」と言う人はいませんか?

不平不満をあまり言う事がない人は、石橋を叩いて渡っていないのか?

というとそうではありません。

考えて行動をしているだけなのです。

行動を起こせない人は、何か理由をつけたくて「石橋を叩いてるだ!」と言いますが、傍から見ると、叩いてさえもいないように見受けられてしまいます。

5. 自分は頑張ったんだとよく言う人

自分は頑張ったんだとよく言う人

誰にも認められていないと感じるからこそ、自分で褒めてあげたくなります。

ある程度は、自分で褒める事も大切です。

しかしながら、これが行き過ぎてしまうと痛いように思えます。

本当に頑張っているなら、周囲はきっと分かっています。

頑張った事を前に出しすぎる人は、被害妄想も激しくなる為、不満がでてしまうものです。

6. 人を認めない人

人を認めない人

自分が中心でいたいため、人を認めたり褒めたりはしません。

周囲が称賛している横で、「あんなのでも褒められるんだね」と陰口を言っているでしょう。

7. 頭でっかちな人

頭でっかちな人

知識だけとてもあり、実践が無いという人はいませんか?

そういう人は、誰かが実践して上手くいったとしても、知識ばかり話して、成功した人に対して不満を言うでしょう。

頭でっかちな人は、どうしても知識で話してしまうので、ついつい不平不満がでてしまうものです。

8. コンプレックスに囚われている人

コンプレックスに囚われている人

誰もが自分に劣等感があるものですが、この劣等感に引っ張られている人は多いです。

コンプレックスという殻を破れず、ずっとコンプレックスについて話すものですから、そのことについて不満を言って毒を抜こうとするのです。

自分だけじゃないんだと思えば、気が楽になるはずなのに、なかなかそういう風にシフトできないので、不満ばかり言ってしまうのでしょう。

9. 何かと嫌う人

何かと嫌う人

嫌いなものが多い人は、当たり前ではありますが、文句が多くなります。

それが食べ物だけでなく、身近な「人」になってしまうと、いつも不平不満を吐いてしまいます。

嫌いなものが少しでも減っていくと、きっと前を向けるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたの周りには、上記のようなタイプはいますか?

もしいたら、ゴルゴ松本さんの名言をいってあげましょう。

「吐く」と言う字は口にプラスマイナスが付いています。

良い事も悪い事も最初は好きなだけ口に出せばいい。

それを少しずつマイナスの事を減らしていけば、あなたの夢はきっと叶う。

なぜなら「叶う」という字は、「吐く」という字はマイナスをとったものだからと。

あなたの周りにいつも不平不満を言っている男性はいませんか?

こんな男性の特徴をご紹介したいと思います。


姿勢が悪い人

姿勢が良い人は、前を向いています。

姿勢が悪い人は、いつも猫背で自信がなさそうに見えてしまいます。

さらに下を向いてしまう傾向があります。

下を向いていると、気持ちも暗くなってしまい、不満がこぼれてしまうものです。

人の話をきちんと聞かない人

前向きな人は、周囲の話もよく聞いています。

そして意見として話してディスカッションしていきます。

しかしながら、人の話をまともに聞けない人は、自分の事を知ってほしいと強くアピールしているため、周りの人は、どんどん離れていきがちになります。

すると本人は、皆が自分から離れていっているだけで、自分は何も悪い事していないのに...と愚痴を言います。

第一声が「でも...」と否定的な言葉から始まる人

誰かが、何か良い事が起こって話していると、「でもさ~」とマイナスに持っていってしまう人がいます。

時には、話の腰をおってしまうほど、話す人もいます。

なんでもかんでも「でも...」と言ってしまう否定的な人は、不満がたくさんある証拠です。

石橋を叩いて渡っているという人

何か行動を起こすまでに時間がかかる人がいます。

その時に「石橋を叩いて渡るタイプなんだ!」と言う人はいませんか?

不平不満をあまり言う事がない人は、石橋を叩いて渡っていないのか?

というとそうではありません。

考えて行動をしているだけなのです。

行動を起こせない人は、何か理由をつけたくて「石橋を叩いてるだ!」と言いますが、傍から見ると、叩いてさえもいないように見受けられてしまいます。

自分は頑張ったんだとよく言う人

誰にも認められていないと感じるからこそ、自分で褒めてあげたくなります。

ある程度は、自分で褒める事も大切です。

しかしながら、これが行き過ぎてしまうと痛いように思えます。

本当に頑張っているなら、周囲はきっと分かっています。

頑張った事を前に出しすぎる人は、被害妄想も激しくなる為、不満がでてしまうものです。

人を認めない人

自分が中心でいたいため、人を認めたり褒めたりはしません。

周囲が称賛している横で、「あんなのでも褒められるんだね」と陰口を言っているでしょう。

頭でっかちな人

知識だけとてもあり、実践が無いという人はいませんか?

そういう人は、誰かが実践して上手くいったとしても、知識ばかり話して、成功した人に対して不満を言うでしょう。

頭でっかちな人は、どうしても知識で話してしまうので、ついつい不平不満がでてしまうものです。

コンプレックスに囚われている人

誰もが自分に劣等感があるものですが、この劣等感に引っ張られている人は多いです。

コンプレックスという殻を破れず、ずっとコンプレックスについて話すものですから、そのことについて不満を言って毒を抜こうとするのです。

自分だけじゃないんだと思えば、気が楽になるはずなのに、なかなかそういう風にシフトできないので、不満ばかり言ってしまうのでしょう。

何かと嫌う人

嫌いなものが多い人は、当たり前ではありますが、文句が多くなります。

それが食べ物だけでなく、身近な「人」になってしまうと、いつも不平不満を吐いてしまいます。

嫌いなものが少しでも減っていくと、きっと前を向けるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

あなたの周りには、上記のようなタイプはいますか?

もしいたら、ゴルゴ松本さんの名言をいってあげましょう。

「吐く」と言う字は口にプラスマイナスが付いています。

良い事も悪い事も最初は好きなだけ口に出せばいい。

それを少しずつマイナスの事を減らしていけば、あなたの夢はきっと叶う。

なぜなら「叶う」という字は、「吐く」という字はマイナスをとったものだからと。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-