【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164312.html
口うるさい男性の心理

口うるさい男性の心理 | LADYCO

LADYCO
口うるさい男性の心理

世の中には口うるさい男性と言うのが少なからずおりますが、ここではそう言った口うるさい男性はどう言った心理でそういう言動になるのかをご紹介致します。

  • 自分の考え以外は認めない
  • 何事に対しても細かすぎる
  • 大雑把な人を受け入れられない
  • 言葉がきつくなりがちである
  • 相手に応じて態度を変える
  • 自分の事は棚に置きやすい
  • まとめ

1. 自分の考え以外は認めない

自分の考え以外は認めない

口うるさい男性は自分の考えに大きな自信を持っており、その考えにそぐわない他者の考えや言動を認めようとしません。

ですので、自分が少しでも違和感を感じた場合、指導をしてあげると言う善意で口うるさく、細々とした事を話してくるのです。

ですので、こちらの状況や実態を把握しないまま、自分の中だけでの考えを一方的に押し付けられる場合も多く、反論をしたとしてもこちら側が折れるまで説教が続く事が多くなります。

その際は、この人はこういう考えだけで動いていて、融通が利かない人なのだと自身の中で整理してなるべく短時間でその場をやり過ごしましょう。

2. 何事に対しても細かすぎる

何事に対しても細かすぎる

こちらは仕事に関して言えば、非常に良い事です。

しっかりと帳尻が合うまで見直しをする、誤字・脱字が無いようにする、資料を順番にきれいに並べると言ったように、完璧に仕事をこなそうとします。

一方で、本来あるべき姿や正解が決まっていない事に対しても、非常に細かく口うるさく指摘をしてきます。

例えば、資料の見直し作業においては、最初に体裁をざっと見た後、誤字・脱字の確認をすると言うように人によって仕事のやり方はそれぞれなのですが、そう言った事に対しても、自分の行っている方法こそが一番効率が良いのだと言う観点で指摘される事もあります。

こちらもとりあえず、聞き流すように心掛けましょう。

3. 大雑把な人を受け入れられない

大雑把な人を受け入れられない

私たちが仕事で業務を遂行すると言った中で、口うるさい男性は最後まできちんとできていない状態を良しとしません。

勿論、仕事では成果物に対する細かい指摘がすべてダメなのかと言えばそうでは無く、非常に細かいところまで確認をしていると言う事ですので、そう言った指摘は受け入れるべきなのですが、そうではなく、資料が机上に出しっぱなしだから駄目なのだ、資料の角は常日頃きちんと整えて整理しておくべきなのだ、と言ったように、神経質なまでに不揃いであったり大雑把な状態を見過ごさず指摘をします。

4. 言葉がきつくなりがちである

言葉がきつくなりがちである

上記でも触れましたが、口うるさい男性は自分の考えを一番に行動しております、ですので、こちらがその指摘された事に対して反論をした場合、自身の正当性を強く主張するあまり、怒鳴ったり一方的に話をし続け、なんとかこちらを納得させようと必死になってきます。

こうなってしまいますと、こちらの状況がどうであれ相手側は聞く耳を持ちませんので、どちらが正しいかと言った議論そのものができなってしまいますので、非常に面倒ではありますが納得する素振りだけをしてすぐに収拾がつくようにするしかありません。

5. 相手に応じて態度を変える

相手に応じて態度を変える

こちらが厄介で、万人に対して口うるさいのであれば仕方が無い、と言ったように諦め半分で対応もできるのですが、中には特定の相手にだけ口うるさく説教をする男性もおります。

そこには、その口うるさい男性特有の切り分けが既にされている場合が多いのです。

まず、自分に常に反論をしてくるような者、自分が指摘したにも事にも拘らずその通りにしない者と言った人達に対しては、揚げ足を取る勢いで、非常に細々とした事まで口うるさく指摘を繰り返します。

ただし、そう言った男性でも自分が嫌われたくない相手に対しては口うるさくしません。

例えば上司やお気に入りの女性職員と言った方々には口うるさくせず、相手を見て対応しているのです。

6. 自分の事は棚に置きやすい

自分の事は棚に置きやすい

勿論、口うるさい男性も人間ですので何が何でも完璧と言うわけには行きません。

ですので、失敗やミス、物事のやり忘れがあっても不思議では無いのですが、こちらがその事を指摘すると、過剰なまでに反応する男性が多く、自分のその時の状況を必死に説明したり、周囲の環境のせいにすると言うように、自分以外にその要因があるように話をすり替えます。

その姿から見えてきますように、こちらが同じ反論をすると一切許容をしないにも拘らず、自身のやっている事は許されると言ったように矛盾が生じている事にも気づかず、必死になって自分の自尊心を守ろうとします。

まとめ

このように、口うるさい男性は自分がどう思っているかはさて置き、自分の考えが一番でそれ以外には価値は無く、その考えを多くの人に分かって貰おう、そしてそれを否定する事は許さない。

と言ったような心理からそう言った言動に出ているのです。

仕事などの業務面で言えば、些細な事も見逃さないすごい人なのですが、そこから一歩踏み出たところでも細かい指摘をして来るようであれば、こちらが折れてそのとおりですと言うのが一番手っ取り早い方法ですが、あまりにもしつこく、更に理不尽な個人攻撃になっているのであればしかるべき相手に相談をしてしっかりと対応してもらうのが大事だと言えるでしょう。

以上、口うるさい男性に見られる心理と対応をご紹介させて頂きました。

世の中には口うるさい男性と言うのが少なからずおりますが、ここではそう言った口うるさい男性はどう言った心理でそういう言動になるのかをご紹介致します。


自分の考え以外は認めない

口うるさい男性は自分の考えに大きな自信を持っており、その考えにそぐわない他者の考えや言動を認めようとしません。

ですので、自分が少しでも違和感を感じた場合、指導をしてあげると言う善意で口うるさく、細々とした事を話してくるのです。

ですので、こちらの状況や実態を把握しないまま、自分の中だけでの考えを一方的に押し付けられる場合も多く、反論をしたとしてもこちら側が折れるまで説教が続く事が多くなります。

その際は、この人はこういう考えだけで動いていて、融通が利かない人なのだと自身の中で整理してなるべく短時間でその場をやり過ごしましょう。

何事に対しても細かすぎる

こちらは仕事に関して言えば、非常に良い事です。

しっかりと帳尻が合うまで見直しをする、誤字・脱字が無いようにする、資料を順番にきれいに並べると言ったように、完璧に仕事をこなそうとします。

一方で、本来あるべき姿や正解が決まっていない事に対しても、非常に細かく口うるさく指摘をしてきます。

例えば、資料の見直し作業においては、最初に体裁をざっと見た後、誤字・脱字の確認をすると言うように人によって仕事のやり方はそれぞれなのですが、そう言った事に対しても、自分の行っている方法こそが一番効率が良いのだと言う観点で指摘される事もあります。

こちらもとりあえず、聞き流すように心掛けましょう。

大雑把な人を受け入れられない

私たちが仕事で業務を遂行すると言った中で、口うるさい男性は最後まできちんとできていない状態を良しとしません。

勿論、仕事では成果物に対する細かい指摘がすべてダメなのかと言えばそうでは無く、非常に細かいところまで確認をしていると言う事ですので、そう言った指摘は受け入れるべきなのですが、そうではなく、資料が机上に出しっぱなしだから駄目なのだ、資料の角は常日頃きちんと整えて整理しておくべきなのだ、と言ったように、神経質なまでに不揃いであったり大雑把な状態を見過ごさず指摘をします。

言葉がきつくなりがちである

上記でも触れましたが、口うるさい男性は自分の考えを一番に行動しております、ですので、こちらがその指摘された事に対して反論をした場合、自身の正当性を強く主張するあまり、怒鳴ったり一方的に話をし続け、なんとかこちらを納得させようと必死になってきます。

こうなってしまいますと、こちらの状況がどうであれ相手側は聞く耳を持ちませんので、どちらが正しいかと言った議論そのものができなってしまいますので、非常に面倒ではありますが納得する素振りだけをしてすぐに収拾がつくようにするしかありません。

相手に応じて態度を変える

こちらが厄介で、万人に対して口うるさいのであれば仕方が無い、と言ったように諦め半分で対応もできるのですが、中には特定の相手にだけ口うるさく説教をする男性もおります。

そこには、その口うるさい男性特有の切り分けが既にされている場合が多いのです。

まず、自分に常に反論をしてくるような者、自分が指摘したにも事にも拘らずその通りにしない者と言った人達に対しては、揚げ足を取る勢いで、非常に細々とした事まで口うるさく指摘を繰り返します。

ただし、そう言った男性でも自分が嫌われたくない相手に対しては口うるさくしません。

例えば上司やお気に入りの女性職員と言った方々には口うるさくせず、相手を見て対応しているのです。

自分の事は棚に置きやすい

勿論、口うるさい男性も人間ですので何が何でも完璧と言うわけには行きません。

ですので、失敗やミス、物事のやり忘れがあっても不思議では無いのですが、こちらがその事を指摘すると、過剰なまでに反応する男性が多く、自分のその時の状況を必死に説明したり、周囲の環境のせいにすると言うように、自分以外にその要因があるように話をすり替えます。

その姿から見えてきますように、こちらが同じ反論をすると一切許容をしないにも拘らず、自身のやっている事は許されると言ったように矛盾が生じている事にも気づかず、必死になって自分の自尊心を守ろうとします。

このように、口うるさい男性は自分がどう思っているかはさて置き、自分の考えが一番でそれ以外には価値は無く、その考えを多くの人に分かって貰おう、そしてそれを否定する事は許さない。

と言ったような心理からそう言った言動に出ているのです。

仕事などの業務面で言えば、些細な事も見逃さないすごい人なのですが、そこから一歩踏み出たところでも細かい指摘をして来るようであれば、こちらが折れてそのとおりですと言うのが一番手っ取り早い方法ですが、あまりにもしつこく、更に理不尽な個人攻撃になっているのであればしかるべき相手に相談をしてしっかりと対応してもらうのが大事だと言えるでしょう。

以上、口うるさい男性に見られる心理と対応をご紹介させて頂きました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-