【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164227.html
影で悪口を言っているのに仲良くする男性の心理

影で悪口を言っているのに仲良くする男性の心理 | LADYCO

LADYCO
影で悪口を言っているのに仲良くする男性の心理

女同士では陰で悪口を言っているのに、当人の前では仲良さそうに振舞うということはよくありますが、実は男性でも、陰で悪口を言っている人と仲良くする場合があります。

そんな時の男性の心理がどうなっているのかご紹介いたします。

  • 優越感に浸りたい
  • 仲良くしないと自分の立場が困る
  • 利用したいと思っている
  • 悪口をいっている相手が実は大好き
  • 一人でいるよりはマシ
  • まとめ

1. 優越感に浸りたい

優越感に浸りたい

男性が誰かの悪口を言う時には、自分と相手を比べながら話すときがあります。

そういうタイプの男性は誰かの悪口を言うと自分はそうじゃないからものすごく素晴らしいという誇らしい気分になります。

誰かの悪口を言うたびに、自分はなんてすばらしいんだろうと自画自賛できて気分がいいのです。

悪口を聞いてもらっている人にも「そいつにに比べると俺って、素晴らしいだろう」という自己アピールをしている場合もあります。

悪口を言っている相手と表面上仲良くするのは、自分がいつも優越感に浸れるネタが欲しいからです。

悪口を言っている相手に逃げられてしまっては上から目線で優越感に浸りながら話すことができなくなってしまいますからね。

2. 仲良くしないと自分の立場が困る

仲良くしないと自分の立場が困る

男性も本当は嫌いな人と仲良くするなんてことはしたくないものです。

しかし、その嫌いな相手が会社の上司だったり、取引先の会社の人だったら、仲良くせざるを得ないですよね。

影で悪口を言っている人とはできれば縁を切りたいと思っていても実際にそうすると自分が職を失ったりという不都合が起きてしまうと表面上仲良くしなければいけない場合があります。

それから、友人同士でも、嫌いな相手と共通の友人がいて、そちらと縁を切りたくない場合に、嫌いな相手ともなんとかうまくやって本当に仲良くしたい人との関係を繋ぎとめている場合もあります。

子供ならば、嫌な人ととは「絶交」すればいいことでも大人はそうはいきませんよね。

悪口を言いたくなるような人でも自分の立場が悪くならないようにうまくやっていかねばなりません。

3. 利用したいと思っている

利用したいと思っている

これは要注意人物の行動なのですが、悪口を言っている相手を利用してやろうと悪だくみを持っている男性もいます。

例えば、悪口を言っている人がお金持ちであれば、その人からうまくお金を引き出してやろうと考えて陰で悪口を言っているのに上辺では仲良くするのです。

学生であれば、頭のいい人が嫌いであってもその人のノートをテスト前に借りたいからとりあえず仲良さそうにしているなどもそうです。

相手のことを利用価値があると思えば嫌いな相手でも表面上仲良くすることができる男性もいるんですね。

このようなタイプの男性は心がすさんでいるので、友人にするのも彼氏にするのもやめておいた方がよいでしょう。

4. 悪口をいっている相手が実は大好き

悪口をいっている相手が実は大好き

心が幼い男性も陰で悪口を言っている相手と仲良くする場合があります。

というのも、幼い男の子は、心と裏腹のことをついついやってしまうものなのです。

好きな女の子にわざと意地悪する男子を誰もが見た事ありますよね。

このあまのじゃくのような行動は実は幼い男の子だけに見られるものではありません。

大人の男性でも相手のことが好きで気になってしまうばかりについつい悪口を言ってしまうことがあります。

でも実際は相手のことを嫌いで悪口を言うのではないので、悪口を言っている相手と仲良くしているのです。

この場合、悪口を言っている相手が女性だった場合、彼女は信用しないように気をつけないとダメです。

自分の恋心を隠すために、わざと気になる女性の悪口を言っている場合があるからです。

5. 一人でいるよりはマシ

一人でいるよりはマシ

女性でも本当は好きではないけれど、彼氏がいないよりはいたほうがいいと思って、たいして好きじゃない相手と付き合ってしまうという人がいますよね。

その時の女性の心理は寂しいからというのは誰にでもわかりますよね。

男性であってもこの寂しい女性と同じ心理になってしまう人がいます。

誰かの悪口を言っていたとしても、その人を失うと自分が独りぼっちになってしまうと思っている男性は悪口を言っている相手と仲良くします。

本当はあまり気に入っていない相手であっても自分が独りぼっちになるよりは誰かとつるんでいたいという心理になると男性は陰で悪口を言っている相手と仲良くします。

まとめ

女性でも男性でも陰で悪口を言っている人と仲良くする人というのは心の寂しい自己中心的な人だったんですね。

友人や恋人にする男性は人の悪口を言わない人にしたほうが、嫌な思いをしなくて済むと思います。

人の悪口は言ってもいい事は何一つありませんし、自分の価値を下げてしまうことになるので、男性も女性も気をつけたいものですね。

女同士では陰で悪口を言っているのに、当人の前では仲良さそうに振舞うということはよくありますが、実は男性でも、陰で悪口を言っている人と仲良くする場合があります。

そんな時の男性の心理がどうなっているのかご紹介いたします。


優越感に浸りたい

男性が誰かの悪口を言う時には、自分と相手を比べながら話すときがあります。

そういうタイプの男性は誰かの悪口を言うと自分はそうじゃないからものすごく素晴らしいという誇らしい気分になります。

誰かの悪口を言うたびに、自分はなんてすばらしいんだろうと自画自賛できて気分がいいのです。

悪口を聞いてもらっている人にも「そいつにに比べると俺って、素晴らしいだろう」という自己アピールをしている場合もあります。

悪口を言っている相手と表面上仲良くするのは、自分がいつも優越感に浸れるネタが欲しいからです。

悪口を言っている相手に逃げられてしまっては上から目線で優越感に浸りながら話すことができなくなってしまいますからね。

仲良くしないと自分の立場が困る

男性も本当は嫌いな人と仲良くするなんてことはしたくないものです。

しかし、その嫌いな相手が会社の上司だったり、取引先の会社の人だったら、仲良くせざるを得ないですよね。

影で悪口を言っている人とはできれば縁を切りたいと思っていても実際にそうすると自分が職を失ったりという不都合が起きてしまうと表面上仲良くしなければいけない場合があります。

それから、友人同士でも、嫌いな相手と共通の友人がいて、そちらと縁を切りたくない場合に、嫌いな相手ともなんとかうまくやって本当に仲良くしたい人との関係を繋ぎとめている場合もあります。

子供ならば、嫌な人ととは「絶交」すればいいことでも大人はそうはいきませんよね。

悪口を言いたくなるような人でも自分の立場が悪くならないようにうまくやっていかねばなりません。

利用したいと思っている

これは要注意人物の行動なのですが、悪口を言っている相手を利用してやろうと悪だくみを持っている男性もいます。

例えば、悪口を言っている人がお金持ちであれば、その人からうまくお金を引き出してやろうと考えて陰で悪口を言っているのに上辺では仲良くするのです。

学生であれば、頭のいい人が嫌いであってもその人のノートをテスト前に借りたいからとりあえず仲良さそうにしているなどもそうです。

相手のことを利用価値があると思えば嫌いな相手でも表面上仲良くすることができる男性もいるんですね。

このようなタイプの男性は心がすさんでいるので、友人にするのも彼氏にするのもやめておいた方がよいでしょう。

悪口をいっている相手が実は大好き

心が幼い男性も陰で悪口を言っている相手と仲良くする場合があります。

というのも、幼い男の子は、心と裏腹のことをついついやってしまうものなのです。

好きな女の子にわざと意地悪する男子を誰もが見た事ありますよね。

このあまのじゃくのような行動は実は幼い男の子だけに見られるものではありません。

大人の男性でも相手のことが好きで気になってしまうばかりについつい悪口を言ってしまうことがあります。

でも実際は相手のことを嫌いで悪口を言うのではないので、悪口を言っている相手と仲良くしているのです。

この場合、悪口を言っている相手が女性だった場合、彼女は信用しないように気をつけないとダメです。

自分の恋心を隠すために、わざと気になる女性の悪口を言っている場合があるからです。

一人でいるよりはマシ

女性でも本当は好きではないけれど、彼氏がいないよりはいたほうがいいと思って、たいして好きじゃない相手と付き合ってしまうという人がいますよね。

その時の女性の心理は寂しいからというのは誰にでもわかりますよね。

男性であってもこの寂しい女性と同じ心理になってしまう人がいます。

誰かの悪口を言っていたとしても、その人を失うと自分が独りぼっちになってしまうと思っている男性は悪口を言っている相手と仲良くします。

本当はあまり気に入っていない相手であっても自分が独りぼっちになるよりは誰かとつるんでいたいという心理になると男性は陰で悪口を言っている相手と仲良くします。

女性でも男性でも陰で悪口を言っている人と仲良くする人というのは心の寂しい自己中心的な人だったんですね。

友人や恋人にする男性は人の悪口を言わない人にしたほうが、嫌な思いをしなくて済むと思います。

人の悪口は言ってもいい事は何一つありませんし、自分の価値を下げてしまうことになるので、男性も女性も気をつけたいものですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-