【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164112.html
お前のためという男性の心理

お前のためという男性の心理 | LADYCO

LADYCO
お前のためという男性の心理

人を叱ったりアドバイスする時に、「お前のため」という言葉を使う男性が少なくありません。

「お前のためを思って、厳しいことを言っている」という文脈で使われるわけです。

ここでは、そういう男性にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。

  • 自分の思うとおりにさせたい
  • 相手を見下している
  • 相手のことをほんとうに心配している
  • やさしい自分が好き
  • 相手に対して愛情があることをアピールしたい
  • まとめ

1. 自分の思うとおりにさせたい

自分の思うとおりにさせたい

「こうしたほうがいい」とか、「そんなことをしてはいけない」という場合、いかにも相手のことを思って言っているように聞こえますが、実は自分本位であることが少なくありません。

たとえば、恋人に対して「こうしろ」という命令をした場合、「恋人に自分の思う通りの行動をさせたい。

自分の望むとおりの人間にしたい」
と考えているわけです。

その際、「実は自分のためにそう言っている」ということを相手に悟られないために、あえて「お前のため」という言葉を使っていると考えていいでしょう。

自分本位で、相手を自分の思い通りにさせたいというのが、恋人などに「お前のため」という言葉を使う男性の心理ということになるでしょう。

2. 相手を見下している

相手を見下している

「お前のため」というのは、明らかに上から目線の言葉と言っていいでしょう。

「お前」という呼び方をすることもそうですが、そもそも「○○のため」というのは、上位の人が下の人に対して使う言葉です。

たとえば、会社の上司は部下に向かって、「こんなふうにきびしく叱っているのは、お前のためだ」ということがよくあります。

しかし、反対に、部下が上司に「あなたのために忠告します」という言い方をすることはほとんどありません。

あるとすれば、上司に意図的にケンカを売っている場合か、退職を覚悟しているケースだけでしょう。

つまり、「お前のため」という男性には、彼女など、相手に対して優越意識をもっているのです。

「自分のほうが上」という意識を持ち、相手を見下しているというのが、「お前のため」という男性の心理なのです。

3. 相手のことをほんとうに心配している

相手のことをほんとうに心配している

親が子どもをしつけたり教育したりする際に、「お前のため」という言葉を使うことがよくあります。

先ほど紹介したように「自分の思い通りにさせたい」という心理からこの言葉を使うこともありますが、そうでないケースも少なくありません。

それは、ほんとうに子どものことを思って、子どものためになると考えて、この言葉を使うケースです。

彼女などに対して「お前のため」という男性にも、子を思う親と同じ心理をもっていることがあるのです。

つまり、彼女などに対して、ほんとうにその相手のことを心配して、アドバイスしているわけです。

このケースでは、その言葉のとおり、彼女などのことを思いやっていると考えていいでしょう。

4. やさしい自分が好き

やさしい自分が好き

強い自己愛から「お前のため」という言葉を使う男性もいます。

そこにあるのは、「人のことを思いやって、人のためになることをアドバイスする自分が好き」という心理と考えていいでしょう。

この場合、実際にはそうではないにもかかわらず、あくまで相手本位でアドバイスしているという思い込みが、男性にはあります。

人間的なやさしさから、その人のことを思って、アドバイスしたり指示したりしているという認識があり、「そんな自分が好き」という意識を持つようになるわけです。

5. 相手に対して愛情があることをアピールしたい

相手に対して愛情があることをアピールしたい

交際中の彼女に対して「お前のため」という場合、「自分の愛情を伝えたい」という心理があることも少なくありません。

「愛するお前のためにこういうことを言っている」というアピールをしたいわけです。

「愛情があるからこそ、時には厳しいことも言うのだ」という意識が、そこにはあると考えていいでしょう。

これは男性から女性への、一種の愛情表現なわけです。

まとめ

彼女などに対して「お前のため」という言葉を使う男性の心理を5種類紹介しました。

交際中の彼氏などがそういう男性だという方は、その心理を知るための参考になさってください。

人を叱ったりアドバイスする時に、「お前のため」という言葉を使う男性が少なくありません。

「お前のためを思って、厳しいことを言っている」という文脈で使われるわけです。

ここでは、そういう男性にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。


自分の思うとおりにさせたい

「こうしたほうがいい」とか、「そんなことをしてはいけない」という場合、いかにも相手のことを思って言っているように聞こえますが、実は自分本位であることが少なくありません。

たとえば、恋人に対して「こうしろ」という命令をした場合、「恋人に自分の思う通りの行動をさせたい。

自分の望むとおりの人間にしたい」
と考えているわけです。

その際、「実は自分のためにそう言っている」ということを相手に悟られないために、あえて「お前のため」という言葉を使っていると考えていいでしょう。

自分本位で、相手を自分の思い通りにさせたいというのが、恋人などに「お前のため」という言葉を使う男性の心理ということになるでしょう。

相手を見下している

「お前のため」というのは、明らかに上から目線の言葉と言っていいでしょう。

「お前」という呼び方をすることもそうですが、そもそも「○○のため」というのは、上位の人が下の人に対して使う言葉です。

たとえば、会社の上司は部下に向かって、「こんなふうにきびしく叱っているのは、お前のためだ」ということがよくあります。

しかし、反対に、部下が上司に「あなたのために忠告します」という言い方をすることはほとんどありません。

あるとすれば、上司に意図的にケンカを売っている場合か、退職を覚悟しているケースだけでしょう。

つまり、「お前のため」という男性には、彼女など、相手に対して優越意識をもっているのです。

「自分のほうが上」という意識を持ち、相手を見下しているというのが、「お前のため」という男性の心理なのです。

相手のことをほんとうに心配している

親が子どもをしつけたり教育したりする際に、「お前のため」という言葉を使うことがよくあります。

先ほど紹介したように「自分の思い通りにさせたい」という心理からこの言葉を使うこともありますが、そうでないケースも少なくありません。

それは、ほんとうに子どものことを思って、子どものためになると考えて、この言葉を使うケースです。

彼女などに対して「お前のため」という男性にも、子を思う親と同じ心理をもっていることがあるのです。

つまり、彼女などに対して、ほんとうにその相手のことを心配して、アドバイスしているわけです。

このケースでは、その言葉のとおり、彼女などのことを思いやっていると考えていいでしょう。

やさしい自分が好き

強い自己愛から「お前のため」という言葉を使う男性もいます。

そこにあるのは、「人のことを思いやって、人のためになることをアドバイスする自分が好き」という心理と考えていいでしょう。

この場合、実際にはそうではないにもかかわらず、あくまで相手本位でアドバイスしているという思い込みが、男性にはあります。

人間的なやさしさから、その人のことを思って、アドバイスしたり指示したりしているという認識があり、「そんな自分が好き」という意識を持つようになるわけです。

相手に対して愛情があることをアピールしたい

交際中の彼女に対して「お前のため」という場合、「自分の愛情を伝えたい」という心理があることも少なくありません。

「愛するお前のためにこういうことを言っている」というアピールをしたいわけです。

「愛情があるからこそ、時には厳しいことも言うのだ」という意識が、そこにはあると考えていいでしょう。

これは男性から女性への、一種の愛情表現なわけです。

彼女などに対して「お前のため」という言葉を使う男性の心理を5種類紹介しました。

交際中の彼氏などがそういう男性だという方は、その心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-