【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153833.html
料理に文句ばかり言う旦那の心理

料理に文句ばかり言う旦那の心理 | LADYCO

LADYCO
料理に文句ばかり言う旦那の心理

時間がない中でせっかく料理を作っても文句を言われるという女性は理不尽ですが多いでしょう。

では料理に文句ばかり言う旦那の心理について探っていきます。

  • 自分の方が美味しく作れる自信がある
  • 妻の家庭の味が好みじゃない
  • ストレスの捌け口になっている
  • 料理より本当は妻に不満を抱いている
  • 家庭で居場所がなくなっている焦り
  • けなすことでプライドを取り戻そうとしている
  • まとめ

1. 自分の方が美味しく作れる自信がある

自分の方が美味しく作れる自信がある

料理に文句ばかり言う旦那の心理として、妻が作る手料理より自分の方が美味しく作れるという自負があります。

そういった男性はもともと1人暮らしをして自炊をしていたりなど、料理経験が豊富で腕に自信を妙に持っているのです。

そのためちょっとした時短レシピや食べられないほどではない失敗料理に対して嫌悪感を抱いているのです。

逆に言えば妻の料理の腕を認めていてもっと上手くできるだろうというサインでもありますが、ほぼ毎日料理を任される妻の大変さまでは理解していません。

料理が作れるだけに舌も肥えているのです。

2. 妻の家庭の味が好みじゃない

妻の家庭の味が好みじゃない

家庭の味はそれぞれだといいますが、料理に文句ばかり言う旦那の場合妻の家庭の味が好みじゃないというケースもあります。

まずくはないけれどふとした時に自分の家の家庭の味を思い出して、その違いを受けいれることができず慣れないでいるのです。

そのためどんな妻が時間をかけたり手間暇かけたとしても、文句を言うことには変わりはありません。

味の違い自体に違和感があるので、妻の努力をあっさりとは認められないのです。

3. ストレスの捌け口になっている

ストレスの捌け口になっている

会社でのストレスの捌け口が料理になっていることもあります。

日頃外面がいい旦那だというケースでは、家では暴言を吐いてしまったり態度が大きくなります。

弱者に対して強気に出ているので、料理を作る妻に対しての甘えが料理への文句にすり替わっているのです。

そのため料理を食べなかったり残したりと、行動がエスカレートすることもあり妻の精神的負担なっていることに気づいても止められないのです。

ストレスの発散が苦手なタイプに起こりがちです。

4. 料理より本当は妻に不満を抱いている

料理より本当は妻に不満を抱いている

また、実際に妻に不満があるけれど直接は言えないので、料理をけなしているケースもあります。

夫婦間ですれ違いがあったりで旦那側からすると妻に不満がある場合、妻と関連する物事へのバッシングが始まります。

コミュニケーションが取れていないなど妻自体の不満を直接口にできないのは、自分自身の立場が弱かったりそれが理不尽なことだと感じているからです。

小心者タイプはこういった方法で間接的に不満をアピールしようとするのです。

5. 家庭で居場所がなくなっている焦り

家庭で居場所がなくなっている焦り

最近では女性の立場が強くなったため家庭で居場所がない旦那も増えています。

そういった焦りが料理への文句につながっているのです。

料理に文句をいうことでお客様気分でわがままを通そうと焦っているのです。

つまり協力しようという意識はまったくないのです。

自分自身の威厳を見せつけたいがために困らせているだけなのです。

6. けなすことでプライドを取り戻そうとしている

けなすことでプライドを取り戻そうとしている

人間の習性として相手をけなすことでプライドを取り戻そうとするケースもあります。

会社や家庭でプライドがぼろぼろになってしまった場合、とにかく目に入ったものを文句でねじ伏せようとしているのです。

こういったやり方は不器用で何の効力もありませんが、不器用でアピールが苦手な旦那ですと文句をいえばいうほど偉くなったと錯覚します。

実際はそのことで評価を下げて妻や子供たちから白い目で見られてしまいます。

しかもそういった視線に気づいていながらも、さらなる料理への文句という形で繰り返してしまうのです。

まとめ

料理に文句ばかり言う旦那の心理はストレス社会の影響もありますが、やはり一番はストレス解消が苦手で妻に甘えている部分もあります。

ストレス解消できない状態が続いてしまうのが心理の根底にあるのです。

時間がない中でせっかく料理を作っても文句を言われるという女性は理不尽ですが多いでしょう。

では料理に文句ばかり言う旦那の心理について探っていきます。


自分の方が美味しく作れる自信がある

料理に文句ばかり言う旦那の心理として、妻が作る手料理より自分の方が美味しく作れるという自負があります。

そういった男性はもともと1人暮らしをして自炊をしていたりなど、料理経験が豊富で腕に自信を妙に持っているのです。

そのためちょっとした時短レシピや食べられないほどではない失敗料理に対して嫌悪感を抱いているのです。

逆に言えば妻の料理の腕を認めていてもっと上手くできるだろうというサインでもありますが、ほぼ毎日料理を任される妻の大変さまでは理解していません。

料理が作れるだけに舌も肥えているのです。

妻の家庭の味が好みじゃない

家庭の味はそれぞれだといいますが、料理に文句ばかり言う旦那の場合妻の家庭の味が好みじゃないというケースもあります。

まずくはないけれどふとした時に自分の家の家庭の味を思い出して、その違いを受けいれることができず慣れないでいるのです。

そのためどんな妻が時間をかけたり手間暇かけたとしても、文句を言うことには変わりはありません。

味の違い自体に違和感があるので、妻の努力をあっさりとは認められないのです。

ストレスの捌け口になっている

会社でのストレスの捌け口が料理になっていることもあります。

日頃外面がいい旦那だというケースでは、家では暴言を吐いてしまったり態度が大きくなります。

弱者に対して強気に出ているので、料理を作る妻に対しての甘えが料理への文句にすり替わっているのです。

そのため料理を食べなかったり残したりと、行動がエスカレートすることもあり妻の精神的負担なっていることに気づいても止められないのです。

ストレスの発散が苦手なタイプに起こりがちです。

料理より本当は妻に不満を抱いている

また、実際に妻に不満があるけれど直接は言えないので、料理をけなしているケースもあります。

夫婦間ですれ違いがあったりで旦那側からすると妻に不満がある場合、妻と関連する物事へのバッシングが始まります。

コミュニケーションが取れていないなど妻自体の不満を直接口にできないのは、自分自身の立場が弱かったりそれが理不尽なことだと感じているからです。

小心者タイプはこういった方法で間接的に不満をアピールしようとするのです。

家庭で居場所がなくなっている焦り

最近では女性の立場が強くなったため家庭で居場所がない旦那も増えています。

そういった焦りが料理への文句につながっているのです。

料理に文句をいうことでお客様気分でわがままを通そうと焦っているのです。

つまり協力しようという意識はまったくないのです。

自分自身の威厳を見せつけたいがために困らせているだけなのです。

けなすことでプライドを取り戻そうとしている

人間の習性として相手をけなすことでプライドを取り戻そうとするケースもあります。

会社や家庭でプライドがぼろぼろになってしまった場合、とにかく目に入ったものを文句でねじ伏せようとしているのです。

こういったやり方は不器用で何の効力もありませんが、不器用でアピールが苦手な旦那ですと文句をいえばいうほど偉くなったと錯覚します。

実際はそのことで評価を下げて妻や子供たちから白い目で見られてしまいます。

しかもそういった視線に気づいていながらも、さらなる料理への文句という形で繰り返してしまうのです。

料理に文句ばかり言う旦那の心理はストレス社会の影響もありますが、やはり一番はストレス解消が苦手で妻に甘えている部分もあります。

ストレス解消できない状態が続いてしまうのが心理の根底にあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-