【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153813.html
暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理 | LADYCO

LADYCO
暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理

共働きなど働く女性が増えた現代、父親が母親のかわりに学校などの活動を引き受けることも珍しくありません。

しかしあくまでも日曜参観にも参加しない旦那というのも一定数存在します。

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理はどうなっているのでしょう。

  • 疲労困憊でどこにも出かけたくない
  • 大人だけど学校という場所に緊張している
  • 子供にとって自慢の父親じゃないと感じている
  • 知らない父兄と話をするのが苦手
  • 子供のことは妻に任せるアナログタイプ
  • まとめ

1. 疲労困憊でどこにも出かけたくない

疲労困憊でどこにも出かけたくない

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理としてまず挙げられるのは、疲労によってどこにも出かけたくないモードに突入しているからです。

リモコンや飲み物など家にあるものさえ妻に持ってこさせようとするぐーたらな旦那は多いでしょう。

特に共働きが当たり前となった時代でもまだまだ女性より男性の方が長時間労働なことも多いので、給料もより多く稼いでいれば日曜くらい休ませてほしいと感じているのです。

特に残業などが当たり前な会社で働いている旦那の場合、日曜は使い物にならなくなっている状態なのです。

2. 大人だけど学校という場所に緊張している

大人だけど学校という場所に緊張している

体力や気力的に日曜参観に参加できる力があっても行くことを拒んでいる場合、学校という場所に緊張しているからということもあります。

女性にとって子供が進学すれば学校は頻繁に訪れることもある場所ですが、これまで積極的に学校の保護者の活動に参加してこなかった男性は、学校というワードを聞いただけで抵抗感があるのです。

その原因として普段から公の場所に行くことに慣れていない、学校自体にいい思い出がないことが挙げられます。

おかしいくらいに暇なのに日曜参観に行かないのであれば、そういった抵抗感が大きいのでしょう。

3. 子供にとって自慢の父親じゃないと感じている

子供にとって自慢の父親じゃないと感じている

子供にとって自慢できないと感じていることも暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理でしょう。

例えば、容姿が優れていたり高学歴だったり有名な企業に勤めていれば自信が持てる場合もあります。

そういった自信は子供に伝わるもので、自慢の父親として見てもらえていることがわかれば学校行事に積極的になります。

しかし自信がない場合、子供も日曜参観に行くことで恥ずかしい思いをするかもしれないとネガティブになっているのです。

実際は子供にとってネガティブな父親像ではなかったとしても、体裁にこだわる男性は気にしてしまいます。

4. 知らない父兄と話をするのが苦手

知らない父兄と話をするのが苦手

学校や地域とコミュニケーションをとる機会が少ない旦那にとって、日曜参観で知らない父兄と話をしたり長時間同じところにいるのが苦手なのです。

特に引っ越してきた場合など、旦那にしてみれば馴染みのない人たちの集まりでは居場所がないのです。

コミュニケーションが苦痛というタイプはより腰が重たくなるのです。

また同じ父親だけでなく扱いが難しいと感じる母親、妻にとってのママ友と話をする機会も想定されるため、日曜参観に行ってほしいと話を振られただけで不機嫌になることもあるのです。

5. 子供のことは妻に任せるアナログタイプ

子供のことは妻に任せるアナログタイプ

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理に、子供のことは妻に任せるというアナログ思考があります。

世間一般の亭主関白イメージと、実際父親が日曜参観に来たことはないという旦那自身の経験も含まれています。

しかしちょうどその世代は女性の社会進出も増えて家庭の状況が変わってきているため、固定観念は本来なら役に立ちません。

妻に任せるという発想しかない旦那の場合、暇でも日曜参観に行くことはむしろ父親は無職だと思われかねない行動だと懸念しているのです。

まとめ

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理は、夫は仕事で妻は家庭のことという固定観念などもあり、最近の父親像と自身がイメージする父親像がかけ離れているのも一因です。

また、子供が母親に懐いているので行きたくないと拗ねているケースもあります。

共働きなど働く女性が増えた現代、父親が母親のかわりに学校などの活動を引き受けることも珍しくありません。

しかしあくまでも日曜参観にも参加しない旦那というのも一定数存在します。

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理はどうなっているのでしょう。


疲労困憊でどこにも出かけたくない

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理としてまず挙げられるのは、疲労によってどこにも出かけたくないモードに突入しているからです。

リモコンや飲み物など家にあるものさえ妻に持ってこさせようとするぐーたらな旦那は多いでしょう。

特に共働きが当たり前となった時代でもまだまだ女性より男性の方が長時間労働なことも多いので、給料もより多く稼いでいれば日曜くらい休ませてほしいと感じているのです。

特に残業などが当たり前な会社で働いている旦那の場合、日曜は使い物にならなくなっている状態なのです。

大人だけど学校という場所に緊張している

体力や気力的に日曜参観に参加できる力があっても行くことを拒んでいる場合、学校という場所に緊張しているからということもあります。

女性にとって子供が進学すれば学校は頻繁に訪れることもある場所ですが、これまで積極的に学校の保護者の活動に参加してこなかった男性は、学校というワードを聞いただけで抵抗感があるのです。

その原因として普段から公の場所に行くことに慣れていない、学校自体にいい思い出がないことが挙げられます。

おかしいくらいに暇なのに日曜参観に行かないのであれば、そういった抵抗感が大きいのでしょう。

子供にとって自慢の父親じゃないと感じている

子供にとって自慢できないと感じていることも暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理でしょう。

例えば、容姿が優れていたり高学歴だったり有名な企業に勤めていれば自信が持てる場合もあります。

そういった自信は子供に伝わるもので、自慢の父親として見てもらえていることがわかれば学校行事に積極的になります。

しかし自信がない場合、子供も日曜参観に行くことで恥ずかしい思いをするかもしれないとネガティブになっているのです。

実際は子供にとってネガティブな父親像ではなかったとしても、体裁にこだわる男性は気にしてしまいます。

知らない父兄と話をするのが苦手

学校や地域とコミュニケーションをとる機会が少ない旦那にとって、日曜参観で知らない父兄と話をしたり長時間同じところにいるのが苦手なのです。

特に引っ越してきた場合など、旦那にしてみれば馴染みのない人たちの集まりでは居場所がないのです。

コミュニケーションが苦痛というタイプはより腰が重たくなるのです。

また同じ父親だけでなく扱いが難しいと感じる母親、妻にとってのママ友と話をする機会も想定されるため、日曜参観に行ってほしいと話を振られただけで不機嫌になることもあるのです。

子供のことは妻に任せるアナログタイプ

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理に、子供のことは妻に任せるというアナログ思考があります。

世間一般の亭主関白イメージと、実際父親が日曜参観に来たことはないという旦那自身の経験も含まれています。

しかしちょうどその世代は女性の社会進出も増えて家庭の状況が変わってきているため、固定観念は本来なら役に立ちません。

妻に任せるという発想しかない旦那の場合、暇でも日曜参観に行くことはむしろ父親は無職だと思われかねない行動だと懸念しているのです。

暇なのに日曜参観に行かない旦那の心理は、夫は仕事で妻は家庭のことという固定観念などもあり、最近の父親像と自身がイメージする父親像がかけ離れているのも一因です。

また、子供が母親に懐いているので行きたくないと拗ねているケースもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-