【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151833.html
好きなのに冷たくする男性の心理

好きなのに冷たくする男性の心理 | LADYCO

LADYCO
好きなのに冷たくする男性の心理

好きなのにもかかわらず、冷たくしてしまう男性がいますが、これはなぜなのでしょうか。

そんな男性の心理の5つの特徴をみてみましょう。

  • 恥ずかしい
  • 好きなことを周囲に悟られたくない
  • 嫌われたくない
  • 気を引きたい
  • 脈がないと思っている
  • まとめ

1. 恥ずかしい

恥ずかしい

好きなのに冷たくしてしまう男性は、好き過ぎるあまり、その女性と話をしたり遊んだりしてコミュニケーションをとるのが恥ずかしいのです。

大好きな女性を目の前にすると平常心でいられなくなり、どう接していいのか分からなくなってしまう男性もいるでしょう。

その為、好きでも何でもない女性には気軽に話しかけられても、好きな女性となると態度が逆に冷たくなってしまうのです。

照れてしまっている自分のことを、カッコ悪いと思ってしまうこともあるでしょう。

本気で好きな女性であればある程、冷たい態度をとってしまうかもしれません。

2. 好きなことを周囲に悟られたくない

好きなことを周囲に悟られたくない

好きなのに冷たい態度をとってしまう男性は、自分の好きだという気持ちを、相手の女性にも周囲にも悟られたくないと思っているのです。

本当なら、好きな女性に対して優しく接したり話しかけたりしたいのですが、そうすることで、自分の気持ちがバレてしまうことを恐れているのです。

その為、できるだけ自分の気持ちをひた隠しにしようと意識するあまり、反対に冷たくなってしまうのでしょう。

好きな女性への気持ちが大きければ大きいほど、本気であればあるほど、誰にも知られることなく、その気持ちを大事にしたいということなのかもしれません。

3. 嫌われたくない

嫌われたくない

好きなのに冷たくする男性は、相手の女性に嫌われたくないという思いが強いのです。

好きという気持ちが女性に伝われば、相手がその気持ちに対してどう感じているのか、相手の反応を知ることになります。

女性も同じように思ってくれていればいいのですが、迷惑に思っていた場合のことを考えると耐えられないのです。

必要以上に、嫌われることを避けたいのでしょう。

その為、あえて好きという気持ちが伝わらないように冷たくしているのです。

自分が傷付かないようにする為の予防線のようなものでしょう。

好きという気持ちが伝わらなければ、振られるリスクもないということです。

自分に自信を持っていない男性が多いのかもしれません。

4. 気を引きたい

気を引きたい

好きなのに冷たくしてしまう男性は、好きな女性の気を引きたいと思っているのです。

好きなのにもかかわらず、あえて冷たく接することで、その女性にとって気になる存在になりたいのです。

好きという気持ちをそのままストレートに表すよりも、全く逆の態度をとることによって、相手の印象に残りやすいと考えているのでしょう。

そういった態度で気を引くことで、彼女にとって特別な存在になりたいと思うのです。

恋愛の駆け引きをしているつもりなのでしょう。

女性は冷たい態度をとられ困惑してしまいますが、実は男性にはそういった思惑があるのです。

5. 脈がないと思っている

脈がないと思っている

好きなのに冷たくしてしまう男性は、自分は全く脈がないと思っている可能性もあります。

その女性を高嶺の花だと感じていることも考えられます。

自分には不釣合いで、到底手の届かない相手だと感じているのでしょう。

いくら自分が好きだとアプローチしても、どうせ相手にされないだろうという気持ちがあるのかもしれません。

その為、好きな女性をこれ以上好きになってしまわない為にも諦める為にも、あえて冷たい態度になっているのかもしれません。

デートに誘ったり告白したりするまでもなく、その手前の段階で、一人完結しようとしているのです。

まとめ

このように、好きなにの冷たくしてしまう男性の心理はとても複雑なのです。

冷たい態度だからといって、嫌われているということには直結しないので見極めることが大事です。

好きなのにもかかわらず、冷たくしてしまう男性がいますが、これはなぜなのでしょうか。

そんな男性の心理の5つの特徴をみてみましょう。


恥ずかしい

好きなのに冷たくしてしまう男性は、好き過ぎるあまり、その女性と話をしたり遊んだりしてコミュニケーションをとるのが恥ずかしいのです。

大好きな女性を目の前にすると平常心でいられなくなり、どう接していいのか分からなくなってしまう男性もいるでしょう。

その為、好きでも何でもない女性には気軽に話しかけられても、好きな女性となると態度が逆に冷たくなってしまうのです。

照れてしまっている自分のことを、カッコ悪いと思ってしまうこともあるでしょう。

本気で好きな女性であればある程、冷たい態度をとってしまうかもしれません。

好きなことを周囲に悟られたくない

好きなのに冷たい態度をとってしまう男性は、自分の好きだという気持ちを、相手の女性にも周囲にも悟られたくないと思っているのです。

本当なら、好きな女性に対して優しく接したり話しかけたりしたいのですが、そうすることで、自分の気持ちがバレてしまうことを恐れているのです。

その為、できるだけ自分の気持ちをひた隠しにしようと意識するあまり、反対に冷たくなってしまうのでしょう。

好きな女性への気持ちが大きければ大きいほど、本気であればあるほど、誰にも知られることなく、その気持ちを大事にしたいということなのかもしれません。

嫌われたくない

好きなのに冷たくする男性は、相手の女性に嫌われたくないという思いが強いのです。

好きという気持ちが女性に伝われば、相手がその気持ちに対してどう感じているのか、相手の反応を知ることになります。

女性も同じように思ってくれていればいいのですが、迷惑に思っていた場合のことを考えると耐えられないのです。

必要以上に、嫌われることを避けたいのでしょう。

その為、あえて好きという気持ちが伝わらないように冷たくしているのです。

自分が傷付かないようにする為の予防線のようなものでしょう。

好きという気持ちが伝わらなければ、振られるリスクもないということです。

自分に自信を持っていない男性が多いのかもしれません。

気を引きたい

好きなのに冷たくしてしまう男性は、好きな女性の気を引きたいと思っているのです。

好きなのにもかかわらず、あえて冷たく接することで、その女性にとって気になる存在になりたいのです。

好きという気持ちをそのままストレートに表すよりも、全く逆の態度をとることによって、相手の印象に残りやすいと考えているのでしょう。

そういった態度で気を引くことで、彼女にとって特別な存在になりたいと思うのです。

恋愛の駆け引きをしているつもりなのでしょう。

女性は冷たい態度をとられ困惑してしまいますが、実は男性にはそういった思惑があるのです。

脈がないと思っている

好きなのに冷たくしてしまう男性は、自分は全く脈がないと思っている可能性もあります。

その女性を高嶺の花だと感じていることも考えられます。

自分には不釣合いで、到底手の届かない相手だと感じているのでしょう。

いくら自分が好きだとアプローチしても、どうせ相手にされないだろうという気持ちがあるのかもしれません。

その為、好きな女性をこれ以上好きになってしまわない為にも諦める為にも、あえて冷たい態度になっているのかもしれません。

デートに誘ったり告白したりするまでもなく、その手前の段階で、一人完結しようとしているのです。

このように、好きなにの冷たくしてしまう男性の心理はとても複雑なのです。

冷たい態度だからといって、嫌われているということには直結しないので見極めることが大事です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-