【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144715.html
付き合う前のデートで手をつないでくる男性の心理

付き合う前のデートで手をつないでくる男性の心理 | LADYCO

LADYCO
付き合う前のデートで手をつないでくる男性の心理

男性によって分かれやすいのが、正式に付き合っていない段階で、相手女性と手をつなごうとするかどうかです。

積極的な男性では何の気なしにつないでくることもありますし、もうほとんど付き合っている状態となっても、なかなかつないでこない男性もいますね。

今回は、付き合う前のデートで手をつないでくる男性の心理についてです。

  • 少なくとも「完全に脈なし」ではないことを確認している
  • 付き合うかとは別に、スキンシップを図りたい
  • 言葉ではなく、行動から入るのを好むタイプである
  • 体調や気分が良くなるという効果を狙っている
  • 「キープ女性」を作ろうとしている
  • なんとなく握ってしまう
  • まとめ

1. 少なくとも「完全に脈なし」ではないことを確認している

少なくとも「完全に脈なし」ではないことを確認している

本当にいやな男性に対してであれば、手をつながれても拒否反応が出るのが女性ですね。

手を握り返してくれるか、いやそうな素振りが見えないかを確認するため、早い段階で手をつなごうとする男性がいます。

手をつなぐことを心地よさそうに感じてくれるのであれば、デートを重ねて告白しても失敗の可能性は低いですね。

もっとも、上司と部下など、容易に手を振りほどいたりしにくい関係で一方的に手を握ってくるとするなら、ハラスメント行為となります。

2. 付き合うかとは別に、スキンシップを図りたい

付き合うかとは別に、スキンシップを図りたい

人間には、好ましく思う他者とスキンシップを図ろうとする本能があります。

子どもが親と手をつなぐ、男性同士が肩を叩きあうなども、そういった本能と関連しています。

日本では、成人の場合配偶者や恋人以外とは身体的接触を図らない傾向があり、無意識的に不安感や疎外感を感じている人もいるのです。

「特に恋人というわけでもないが、親しい異性」は手を握りやすい間柄といえて、特にその人だからということではなく、またセクシュアルな意味でもなく手をつなぎたがる男性がいます。

3. 言葉ではなく、行動から入るのを好むタイプである

言葉ではなく、行動から入るのを好むタイプである

異性が二人で手をつないでいれば、それを見た人は「カップル?」とも思うものですね。

告白するしないなどにとらわれず、「行動」から入るタイプの男性でも、ひとまず手をつなごうとすることがあります。

付き合っているのかいないのか、といった白黒をつけず、「それっぽい感じ」「ある種の既成事実」をまず作り出そうという心理なのです。

4. 体調や気分が良くなるという効果を狙っている

体調や気分が良くなるという効果を狙っている

手をつなぐと、オキシトシンなどのホルモンが分泌され、ストレスに強くなり、情緒も安定するとされます。

「せっかくならば手をつなぐことで、お互いの体調や気分が良くなるのではないか?

といったことから積極的に手をつなぐ男性もいます。

2010年代なかばでは、このホルモンの話は多くの人が知っていて、「(異性としてはお互い意識していないだろうけど)体調などが良くなるから、もしよかったら」などと説明してから手をつなぐ男性すら、見かけられるほどです。

5. 「キープ女性」を作ろうとしている

「キープ女性」を作ろうとしている

手をつなぐことを特にいやだと思わなそうな女性、手を握り返してくる女性の場合では、「恋人候補」としてキープできる、ともとらえられます。

そのような女性を複数作っておけば、誰と相性がいいかじっくり見定めたり、誰かに振られてもまた誰かにアプローチしたりとできるのです。

また、今は忙しくて誰かと付き合うことができないものの、将来のために「ある程度の関係」にしておきたい男性でも、見られる行動です。

少々狡猾な手法でもありますが、彼女や配偶者がいないのであれば、それほど大きな害でもない、といえるでしょう。

6. なんとなく握ってしまう

なんとなく握ってしまう

一部の男性では、少々親しくなった女性の手であれば、特に何という理由もなく握ってしまう場合があります。

海外では、同様な女性について、腰に手を回すなどの行為も平気でする男性がいますが、そこまではいかない、日本で許容されるギリギリのラインと考えられます。

まとめ

男性が、交際に至っていない女性の手を握るにも、かなりいろいろな心理があります。

とても微妙な行為であり、恋人なのかそうでないかの判定基準ともなりませんね。

しかしそういったデリケートな行為だけに、積極的につなぐことを重視する男性もいるのです。

男性によって分かれやすいのが、正式に付き合っていない段階で、相手女性と手をつなごうとするかどうかです。

積極的な男性では何の気なしにつないでくることもありますし、もうほとんど付き合っている状態となっても、なかなかつないでこない男性もいますね。

今回は、付き合う前のデートで手をつないでくる男性の心理についてです。


少なくとも「完全に脈なし」ではないことを確認している

本当にいやな男性に対してであれば、手をつながれても拒否反応が出るのが女性ですね。

手を握り返してくれるか、いやそうな素振りが見えないかを確認するため、早い段階で手をつなごうとする男性がいます。

手をつなぐことを心地よさそうに感じてくれるのであれば、デートを重ねて告白しても失敗の可能性は低いですね。

もっとも、上司と部下など、容易に手を振りほどいたりしにくい関係で一方的に手を握ってくるとするなら、ハラスメント行為となります。

付き合うかとは別に、スキンシップを図りたい

人間には、好ましく思う他者とスキンシップを図ろうとする本能があります。

子どもが親と手をつなぐ、男性同士が肩を叩きあうなども、そういった本能と関連しています。

日本では、成人の場合配偶者や恋人以外とは身体的接触を図らない傾向があり、無意識的に不安感や疎外感を感じている人もいるのです。

「特に恋人というわけでもないが、親しい異性」は手を握りやすい間柄といえて、特にその人だからということではなく、またセクシュアルな意味でもなく手をつなぎたがる男性がいます。

言葉ではなく、行動から入るのを好むタイプである

異性が二人で手をつないでいれば、それを見た人は「カップル?」とも思うものですね。

告白するしないなどにとらわれず、「行動」から入るタイプの男性でも、ひとまず手をつなごうとすることがあります。

付き合っているのかいないのか、といった白黒をつけず、「それっぽい感じ」「ある種の既成事実」をまず作り出そうという心理なのです。

体調や気分が良くなるという効果を狙っている

手をつなぐと、オキシトシンなどのホルモンが分泌され、ストレスに強くなり、情緒も安定するとされます。

「せっかくならば手をつなぐことで、お互いの体調や気分が良くなるのではないか?

といったことから積極的に手をつなぐ男性もいます。

2010年代なかばでは、このホルモンの話は多くの人が知っていて、「(異性としてはお互い意識していないだろうけど)体調などが良くなるから、もしよかったら」などと説明してから手をつなぐ男性すら、見かけられるほどです。

「キープ女性」を作ろうとしている

手をつなぐことを特にいやだと思わなそうな女性、手を握り返してくる女性の場合では、「恋人候補」としてキープできる、ともとらえられます。

そのような女性を複数作っておけば、誰と相性がいいかじっくり見定めたり、誰かに振られてもまた誰かにアプローチしたりとできるのです。

また、今は忙しくて誰かと付き合うことができないものの、将来のために「ある程度の関係」にしておきたい男性でも、見られる行動です。

少々狡猾な手法でもありますが、彼女や配偶者がいないのであれば、それほど大きな害でもない、といえるでしょう。

なんとなく握ってしまう

一部の男性では、少々親しくなった女性の手であれば、特に何という理由もなく握ってしまう場合があります。

海外では、同様な女性について、腰に手を回すなどの行為も平気でする男性がいますが、そこまではいかない、日本で許容されるギリギリのラインと考えられます。

男性が、交際に至っていない女性の手を握るにも、かなりいろいろな心理があります。

とても微妙な行為であり、恋人なのかそうでないかの判定基準ともなりませんね。

しかしそういったデリケートな行為だけに、積極的につなぐことを重視する男性もいるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-