【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144709.html
彼女が欲しいと思う男性の心理

彼女が欲しいと思う男性の心理 | LADYCO

LADYCO
彼女が欲しいと思う男性の心理

「彼女が欲しい」とか「なんで自分には彼女ができないんだろう」とか口にする男性は多いものです。

普通一般には「ああそうなんだ」程度に受け流されることも多い話ですね。

しかし、どうして彼女が欲しいのか、よく考えると本人もわかっていないことがあるのです。

また、他人が想像しにくい理由もあります。

  • 一人でいる寂しさから解放されたい
  • プライドが満たされない感じがある
  • 親・保護者を安心させたい
  • 彼女とでないと、しにくい行動がしたい
  • 「彼女がいる」状況を知りたい
  • 彼女とでないと、しにくい行動がしたい
  • まとめ

1. 一人でいる寂しさから解放されたい

一人でいる寂しさから解放されたい

一人暮らしをしている男性では、どうしても「寂しさ」がつきまとうものです。

また、きょうだいや親と住んでいるにしても、一定の年齢となるとお互いどこか構える部分も出てきて、会話が少なくなったりもしがちです。

「同性の友人でも良いのではないか?

とも考えられますが、男性同士は理屈っぽい会話になりやすい面があり、かなり気が合っているのでなければ「何気ない話」がしにくい部分もあります。

また異性の友人と良い距離感を保つのは、男性によっては苦手とすることです。

そんなときもし彼女がいれば…? 何気ないメールをしたり、ちょっとした悩み相談の電話をしたり、どうでも良いような話で盛り上がったり。

仮に同棲をしなかったとしても寂しさから解放されるのです。

2. プライドが満たされない感じがある

プライドが満たされない感じがある

もし仕事や学校で賞賛されたり、男性の友人が多かったりしても、「彼女がいない」とどこか男性としてプライドが満たされない感じもするものです。

この理由のみから彼女を欲しがる男性は少ないものの、他の心理と組み合わせて持っているケースは多いのです。

女性からすると、この理由はあまり好ましくないかもしれません。

しかし、女性の存在で男性の自尊心が高まり、女性も快適なら、それ自体はよいことと言えるでしょう。

3. 親・保護者を安心させたい

親・保護者を安心させたい

一定の年齢になっても彼女がいない様子だと、親・保護者は息子を心配するものです。

率直にいって冴えない感じであれば、それはそれで心配しますし、ルックスや喋り方などに魅力があれば、それはそれで「何か変わった考えや、親の知らない欠点があるのか」などと思うものです。

こういった親の気持ちは子に伝わるものであり、「親を安心させたい」という気持ちもあって「彼女が欲しい」とする男性もいます。

「主にこの理由のみ」はどちらかと言えば婚活で多く、これのみで彼女を欲しがることは、珍しいでしょう。

4. 彼女とでないと、しにくい行動がしたい

彼女とでないと、しにくい行動がしたい

映画を見に行く、有実を見に行く、夜景を楽しむ、それに、ちょっといいレストランで食事をする。

こういった行為は、男性一人・男性同士ではちょっと敷居が高いものです。

「遊園地に行く」などもハードルが高いですね。

こういった行動を楽しみたいという理由から、彼女を欲しがる男性もいます。

5. 「彼女がいる」状況を知りたい

「彼女がいる」状況を知りたい

彼女がいたことのない男性では、それがどういうことか想像がつきません。

「彼女がいるとは、どういう感じなんだろう」と、いわば好奇心に近い理由もあって彼女を欲しいとする男性もいます。

4. 彼女とでないと、しにくい行動がしたい

彼女とでないと、しにくい行動がしたい

映画を見に行く、有実を見に行く、夜景を楽しむ、それに、ちょっといいレストランで食事をする。

こういった行為は、男性一人・男性同士ではちょっと敷居が高いものです。

「遊園地に行く」などもハードルが6. 文化に影響されている 世界各国を見ると、しっかりと結婚していないと男女交際は一切しないとか、全くの友人女性と同棲する場合もあるとか、日本の「カップル文化」とは違う文化もあります。

日本で育ってきているため、「何となくだけど彼女がいたほうがいい」と、漠然と考える男性もいます。

異性と付き合いたいとするのは本能の一種ともいえますが、日本のようなカップル文化が必ず正しい唯一の道である、ということでもないのです。

高いですね。

こういった行動を楽しみたいという理由から、彼女を欲しがる男性もいます。

まとめ

「彼女が欲しい」ということは、特に分析の必要もない単純な心理、とも捉えられるものの、考えてみると案外多くの要素から成っているのです。

いくつかの心理を知っておくことで、恋愛がうまく進むこともあるでしょうし、友人への助言なども行えますね。

「彼女が欲しい」とか「なんで自分には彼女ができないんだろう」とか口にする男性は多いものです。

普通一般には「ああそうなんだ」程度に受け流されることも多い話ですね。

しかし、どうして彼女が欲しいのか、よく考えると本人もわかっていないことがあるのです。

また、他人が想像しにくい理由もあります。


一人でいる寂しさから解放されたい

一人暮らしをしている男性では、どうしても「寂しさ」がつきまとうものです。

また、きょうだいや親と住んでいるにしても、一定の年齢となるとお互いどこか構える部分も出てきて、会話が少なくなったりもしがちです。

「同性の友人でも良いのではないか?

とも考えられますが、男性同士は理屈っぽい会話になりやすい面があり、かなり気が合っているのでなければ「何気ない話」がしにくい部分もあります。

また異性の友人と良い距離感を保つのは、男性によっては苦手とすることです。

そんなときもし彼女がいれば…? 何気ないメールをしたり、ちょっとした悩み相談の電話をしたり、どうでも良いような話で盛り上がったり。

仮に同棲をしなかったとしても寂しさから解放されるのです。

プライドが満たされない感じがある

もし仕事や学校で賞賛されたり、男性の友人が多かったりしても、「彼女がいない」とどこか男性としてプライドが満たされない感じもするものです。

この理由のみから彼女を欲しがる男性は少ないものの、他の心理と組み合わせて持っているケースは多いのです。

女性からすると、この理由はあまり好ましくないかもしれません。

しかし、女性の存在で男性の自尊心が高まり、女性も快適なら、それ自体はよいことと言えるでしょう。

親・保護者を安心させたい

一定の年齢になっても彼女がいない様子だと、親・保護者は息子を心配するものです。

率直にいって冴えない感じであれば、それはそれで心配しますし、ルックスや喋り方などに魅力があれば、それはそれで「何か変わった考えや、親の知らない欠点があるのか」などと思うものです。

こういった親の気持ちは子に伝わるものであり、「親を安心させたい」という気持ちもあって「彼女が欲しい」とする男性もいます。

「主にこの理由のみ」はどちらかと言えば婚活で多く、これのみで彼女を欲しがることは、珍しいでしょう。

彼女とでないと、しにくい行動がしたい

映画を見に行く、有実を見に行く、夜景を楽しむ、それに、ちょっといいレストランで食事をする。

こういった行為は、男性一人・男性同士ではちょっと敷居が高いものです。

「遊園地に行く」などもハードルが高いですね。

こういった行動を楽しみたいという理由から、彼女を欲しがる男性もいます。

「彼女がいる」状況を知りたい

彼女がいたことのない男性では、それがどういうことか想像がつきません。

「彼女がいるとは、どういう感じなんだろう」と、いわば好奇心に近い理由もあって彼女を欲しいとする男性もいます。

彼女とでないと、しにくい行動がしたい

映画を見に行く、有実を見に行く、夜景を楽しむ、それに、ちょっといいレストランで食事をする。

こういった行為は、男性一人・男性同士ではちょっと敷居が高いものです。

「遊園地に行く」などもハードルが6. 文化に影響されている 世界各国を見ると、しっかりと結婚していないと男女交際は一切しないとか、全くの友人女性と同棲する場合もあるとか、日本の「カップル文化」とは違う文化もあります。

日本で育ってきているため、「何となくだけど彼女がいたほうがいい」と、漠然と考える男性もいます。

異性と付き合いたいとするのは本能の一種ともいえますが、日本のようなカップル文化が必ず正しい唯一の道である、ということでもないのです。

高いですね。

こういった行動を楽しみたいという理由から、彼女を欲しがる男性もいます。

「彼女が欲しい」ということは、特に分析の必要もない単純な心理、とも捉えられるものの、考えてみると案外多くの要素から成っているのです。

いくつかの心理を知っておくことで、恋愛がうまく進むこともあるでしょうし、友人への助言なども行えますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-