【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144703.html
束縛する彼女と別れたいと思う男性の心理

束縛する彼女と別れたいと思う男性の心理 | LADYCO

LADYCO
束縛する彼女と別れたいと思う男性の心理

束縛する彼女と別れたいと思う男性はいたって普通なのでしょうか。

束縛を愛されている実感として捉える男性との違いを考えてみましょう。

  • 愛されているのではなく依存されていると思い始めた
  • 愛情が深いのは嬉しいがプライベートの時間も楽しみたい
  • 束縛してこない彼女と楽しそうにしている友人が羨ましい
  • 自分は信用されていないのだと落ち込んでしまう
  • 男として情けなくなってくる
  • まとめ

1. これ以上エスカレートしたらと思うと怖い ちょっとくらいの束縛なら愛されていると実感できる男性でも、あまりにもそれがエスカレートしてくると彼女の支配欲に怯えだしてしまうということもあります。

特に付き合いたての頃ののんびりした印象からすっかり変わって指示や命令がはっきりしてきた女性の姿を見て、「これが本性だったのか!」と愕然としてしまい、彼女への好きな気持ちもわからなくなってしまったりします。

ですから、少しでも早めに別れてエスカレートする彼女の姿を見ないまま終わらせようと考え出します。

  • 愛されているのではなく依存されていると思い始めた
  • 愛情が深いのは嬉しいがプライベートの時間も楽しみたい
  • 束縛してこない彼女と楽しそうにしている友人が羨ましい
  • 自分は信用されていないのだと落ち込んでしまう
  • 男として情けなくなってくる
  • まとめ

2. 愛されているのではなく依存されていると思い始めた

愛されているのではなく依存されていると思い始めた

深く愛することと相手に依存することはとても似ており、本人達にもどちらなのかわからないこともよくありますが、彼女の束縛する姿を見ていると「これはもはや依存されているだけでは?」と確信を持つようになる男性もいることでしょう。

愛されているならまだしも、ただ自分のためだけに依存してきているのだとしたらもはや恋愛とは言えずただの便利な相手に成り下がってしまっています。

別れを考えるのも当然のことではないでしょうか。

3. 愛情が深いのは嬉しいがプライベートの時間も楽しみたい

愛情が深いのは嬉しいがプライベートの時間も楽しみたい

彼女からの愛情が深いのは嬉しいと感じていますが、プライベートの時間も彼女との時間と同じくらい楽しみたいと考える男性にとって、そこに踏み込まれるのは苦痛で仕方がありません。

束縛によって自分の趣味や友達関係などまでコントロールされるのは恋人であっても間違っていると認識しています。

ですから、束縛する彼女とは別れて同じ価値観の女性を求めたくなります。

4. 束縛してこない彼女と楽しそうにしている友人が羨ましい

束縛してこない彼女と楽しそうにしている友人が羨ましい

束縛する彼女に対しついこの間までは「愛されているなぁ」とご満悦だった彼氏も、束縛してこない彼女を持つ友人を見て初めて自分が哀れに思えてくる場合があります。

束縛されなくても仲良しでいる二人を見ると束縛なんて必要のないことだと知りますし、いかに自分が今まで不自由な思いをさせられてきたか考え出してしまうのです。

そして、束縛してくる彼女がだんだん嫌になり、別れることも考え始めます。

5. 自分は信用されていないのだと落ち込んでしまう

自分は信用されていないのだと落ち込んでしまう

束縛する彼女と別れたいと思うのは、「自分はそれほど信用させていないのだな」と気にして落ち込んでしまうからというケースもあります。

ネガティブ志向の男性は彼女からの束縛を愛情表現とは理解できず、信頼関係が築けていない証拠だと決めつけてしまいます。

そうしているうちにぴったり合った関係ではないと判断してしまい、束縛したり束縛させてしまう必要のない女性はいないのだろうかと思うようになります。

6. 男として情けなくなってくる

男として情けなくなってくる

彼女に束縛されるという行為は男としては情けなくなってくることがあります。

いちいちどこにいるかを報告させられることは浮気を疑われているようであり、帰ってくる時間を指定されたり行っていいか判断される時は子ども扱いされているようで惨めな思いをします。

そして、「大丈夫」とか「信用してよ」と言ってみますが、彼女が束縛をやめてくれないとさらに自分に自信が持てなくなってしまいます。

まとめ

束縛する彼女と別れたいと思う男性はもう彼女への気持ちが冷めてきている証拠なのかもしれません。

大好きな相手なら別れる前に彼女に束縛をやめてもらうようにお願いしたり、信用される男になろうと努力できるはずです。

束縛する彼女の存在が辛くなってきた時はお互いの愛情の熱が変化してしまっていないか確認するべきタイミングなのではないでしょうか。

束縛する彼女と別れたいと思う男性はいたって普通なのでしょうか。

束縛を愛されている実感として捉える男性との違いを考えてみましょう。


1. これ以上エスカレートしたらと思うと怖い ちょっとくらいの束縛なら愛されていると実感できる男性でも、あまりにもそれがエスカレートしてくると彼女の支配欲に怯えだしてしまうということもあります。

特に付き合いたての頃ののんびりした印象からすっかり変わって指示や命令がはっきりしてきた女性の姿を見て、「これが本性だったのか!」と愕然としてしまい、彼女への好きな気持ちもわからなくなってしまったりします。

ですから、少しでも早めに別れてエスカレートする彼女の姿を見ないまま終わらせようと考え出します。


愛されているのではなく依存されていると思い始めた

深く愛することと相手に依存することはとても似ており、本人達にもどちらなのかわからないこともよくありますが、彼女の束縛する姿を見ていると「これはもはや依存されているだけでは?」と確信を持つようになる男性もいることでしょう。

愛されているならまだしも、ただ自分のためだけに依存してきているのだとしたらもはや恋愛とは言えずただの便利な相手に成り下がってしまっています。

別れを考えるのも当然のことではないでしょうか。

愛情が深いのは嬉しいがプライベートの時間も楽しみたい

彼女からの愛情が深いのは嬉しいと感じていますが、プライベートの時間も彼女との時間と同じくらい楽しみたいと考える男性にとって、そこに踏み込まれるのは苦痛で仕方がありません。

束縛によって自分の趣味や友達関係などまでコントロールされるのは恋人であっても間違っていると認識しています。

ですから、束縛する彼女とは別れて同じ価値観の女性を求めたくなります。

束縛してこない彼女と楽しそうにしている友人が羨ましい

束縛する彼女に対しついこの間までは「愛されているなぁ」とご満悦だった彼氏も、束縛してこない彼女を持つ友人を見て初めて自分が哀れに思えてくる場合があります。

束縛されなくても仲良しでいる二人を見ると束縛なんて必要のないことだと知りますし、いかに自分が今まで不自由な思いをさせられてきたか考え出してしまうのです。

そして、束縛してくる彼女がだんだん嫌になり、別れることも考え始めます。

自分は信用されていないのだと落ち込んでしまう

束縛する彼女と別れたいと思うのは、「自分はそれほど信用させていないのだな」と気にして落ち込んでしまうからというケースもあります。

ネガティブ志向の男性は彼女からの束縛を愛情表現とは理解できず、信頼関係が築けていない証拠だと決めつけてしまいます。

そうしているうちにぴったり合った関係ではないと判断してしまい、束縛したり束縛させてしまう必要のない女性はいないのだろうかと思うようになります。

男として情けなくなってくる

彼女に束縛されるという行為は男としては情けなくなってくることがあります。

いちいちどこにいるかを報告させられることは浮気を疑われているようであり、帰ってくる時間を指定されたり行っていいか判断される時は子ども扱いされているようで惨めな思いをします。

そして、「大丈夫」とか「信用してよ」と言ってみますが、彼女が束縛をやめてくれないとさらに自分に自信が持てなくなってしまいます。

束縛する彼女と別れたいと思う男性はもう彼女への気持ちが冷めてきている証拠なのかもしれません。

大好きな相手なら別れる前に彼女に束縛をやめてもらうようにお願いしたり、信用される男になろうと努力できるはずです。

束縛する彼女の存在が辛くなってきた時はお互いの愛情の熱が変化してしまっていないか確認するべきタイミングなのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-