【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144642.html
LINEをしない男性の心理

LINEをしない男性の心理 | LADYCO

LADYCO
LINEをしない男性の心理

こんなにLINEが流行っている今でも変わらずLINEをしない主義を貫いている男性がいるのはなぜなのでしょうか。

その理由や心理をまとめました。

  • プライベートの時間を仕事に取られたくない
  • LINEのマナーやルールがよくわからない
  • スマホ自体に興味がない
  • 流行にのっかりたくない
  • 以前LINEをしていて嫌な思いをしたのでもうやらない
  • そこまで頻繁に連絡を取りたい相手がいない
  • まとめ

1. プライベートの時間を仕事に取られたくない

プライベートの時間を仕事に取られたくない

プライベートと仕事をきっちり分けたい男性ならLINEをあえてしない場合があります。

それは、LINEという気軽に連絡を取れるツールを入れてしまうことでプライベートの時間に職場の人から連絡がきやすくなってしまうのが嫌だからです。

メールならいちいち送るのも面倒ですし、通話するほどでもないかなとためらうこともあります。

本当に連絡すべき緊急時ならそれらを使ってでも連絡してくるはずなので、緊急性を確認するためにもLINEができない方がわかりやすいと考えています。

2. LINEのマナーやルールがよくわからない

LINEのマナーやルールがよくわからない

LINE独自のマナーやルールがわからない男性はLINEに対して苦手意識を持っています。

それでも覚えようとする前向きな気持ちがあればLINEを活用する日も近いのですが、覚える気もなくトラブルを避けるために覚えない方が身の為などと考えます。

確かに既読がついてしまったり気軽に遅れる分だけ言葉遣いが雑になってしまうこともあり、LINEをやるからにはそれなりに覚悟が必要でしょう。

忙しい男性がそこまで今さらはりきって始める気になれないのもわかります。

3. スマホ自体に興味がない

スマホ自体に興味がない

スマホ自体にそれほど興味がなく、仕事の連絡用として持っているだけとかガラケーの2年縛りから乗り換えただけという男性もいます。

執着がないので気づけば充電が切れていたり、着信にもしばらく気づかないようなズボラな人でもあります。

このような男性は当然LINEにだって興味が湧きません。

そもそもスマホを活用する気がないので、LINEが便利だと言われても興味が持てないのです。

4. 流行にのっかりたくない

流行にのっかりたくない

男性の中には流行にのっかりたくないという偏屈者もいます。

みんなが当たり前のようにLINEをしている今だからこそ自分はやりたくないと思ってしまっているのです。

流行に流されないポリシーを貫く自分がかっこいいと思っているのでしょう。

そんな自分のイメージを守るために知人に不便な思いをさせたり自分も面倒だと感じつつもLINEを導入せずメールや通話でしのいでいます。

5. 以前LINEをしていて嫌な思いをしたのでもうやらない

以前LINEをしていて嫌な思いをしたのでもうやらない

今LINEをしていないからといっても以前はしていたという男性も多いのではないでしょうか。

なぜ今やらなくなってしまったのか、それは嫌な思いをした経験があるからです。

LINEのグループから外された、既読無視だと責められた、無駄な連絡が増えたなどLINEの便利な機能があだとなって苦労する人もいます。

それにうんざりして思い切ってLINEをやらなくなり、今は多少の不便は感じていても開放感でいっぱいなはずです。

6. そこまで頻繁に連絡を取りたい相手がいない

そこまで頻繁に連絡を取りたい相手がいない

そこまで頻繁に連絡を取りたい相手がいない男性ならLINEはそれほど必要だと思えません。

パソコンを使う男性ならPCのメールでも十分ですし、ガラケーのショートメールですら十分だと感じる人だっています。

また、そもそも友達も恋人もいないような男性にとっては入れていても虚しいだけのものであり、寂しさを感じずに済むようにLINEから逃げているという場合もあります。

まとめ

この時代にLINEをしない男性は自己主張の強いタイプなのかもしれません。

自分の時間を取られたくない、面倒なことは避けたい、みんなと同じと思われたくないなど理由はさまざまですが、周りからは「LINE入れてよ!」とねだられている姿も想像できます。

もし今さらLINEを入れるなんてかっこ悪いと思っているだけならちょっと可愛いとも感じますね。

こんなにLINEが流行っている今でも変わらずLINEをしない主義を貫いている男性がいるのはなぜなのでしょうか。

その理由や心理をまとめました。


プライベートの時間を仕事に取られたくない

プライベートと仕事をきっちり分けたい男性ならLINEをあえてしない場合があります。

それは、LINEという気軽に連絡を取れるツールを入れてしまうことでプライベートの時間に職場の人から連絡がきやすくなってしまうのが嫌だからです。

メールならいちいち送るのも面倒ですし、通話するほどでもないかなとためらうこともあります。

本当に連絡すべき緊急時ならそれらを使ってでも連絡してくるはずなので、緊急性を確認するためにもLINEができない方がわかりやすいと考えています。

LINEのマナーやルールがよくわからない

LINE独自のマナーやルールがわからない男性はLINEに対して苦手意識を持っています。

それでも覚えようとする前向きな気持ちがあればLINEを活用する日も近いのですが、覚える気もなくトラブルを避けるために覚えない方が身の為などと考えます。

確かに既読がついてしまったり気軽に遅れる分だけ言葉遣いが雑になってしまうこともあり、LINEをやるからにはそれなりに覚悟が必要でしょう。

忙しい男性がそこまで今さらはりきって始める気になれないのもわかります。

スマホ自体に興味がない

スマホ自体にそれほど興味がなく、仕事の連絡用として持っているだけとかガラケーの2年縛りから乗り換えただけという男性もいます。

執着がないので気づけば充電が切れていたり、着信にもしばらく気づかないようなズボラな人でもあります。

このような男性は当然LINEにだって興味が湧きません。

そもそもスマホを活用する気がないので、LINEが便利だと言われても興味が持てないのです。

流行にのっかりたくない

男性の中には流行にのっかりたくないという偏屈者もいます。

みんなが当たり前のようにLINEをしている今だからこそ自分はやりたくないと思ってしまっているのです。

流行に流されないポリシーを貫く自分がかっこいいと思っているのでしょう。

そんな自分のイメージを守るために知人に不便な思いをさせたり自分も面倒だと感じつつもLINEを導入せずメールや通話でしのいでいます。

以前LINEをしていて嫌な思いをしたのでもうやらない

今LINEをしていないからといっても以前はしていたという男性も多いのではないでしょうか。

なぜ今やらなくなってしまったのか、それは嫌な思いをした経験があるからです。

LINEのグループから外された、既読無視だと責められた、無駄な連絡が増えたなどLINEの便利な機能があだとなって苦労する人もいます。

それにうんざりして思い切ってLINEをやらなくなり、今は多少の不便は感じていても開放感でいっぱいなはずです。

そこまで頻繁に連絡を取りたい相手がいない

そこまで頻繁に連絡を取りたい相手がいない男性ならLINEはそれほど必要だと思えません。

パソコンを使う男性ならPCのメールでも十分ですし、ガラケーのショートメールですら十分だと感じる人だっています。

また、そもそも友達も恋人もいないような男性にとっては入れていても虚しいだけのものであり、寂しさを感じずに済むようにLINEから逃げているという場合もあります。

この時代にLINEをしない男性は自己主張の強いタイプなのかもしれません。

自分の時間を取られたくない、面倒なことは避けたい、みんなと同じと思われたくないなど理由はさまざまですが、周りからは「LINE入れてよ!」とねだられている姿も想像できます。

もし今さらLINEを入れるなんてかっこ悪いと思っているだけならちょっと可愛いとも感じますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-