【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401143314.html
好きなのに告白できない男子の心理

好きなのに告白できない男子の心理 | LADYCO

LADYCO
好きなのに告白できない男子の心理

愛の告白をするのは勇気が必要ですが、好きなのに告白できない男子の心理とはどういったものなのでしょうか。

心理を探っていきます。

  • 振られる可能性が高いと判断している
  • 無駄に傷つきたくない
  • 職場や学校で顔を合わせづらいのが嫌
  • まだ機が熟していないと考えている
  • 告白するのではなくされるのを期待している
  • 男友達からひやかされるのが苦手
  • まとめ

1. 振られる可能性が高いと判断している

振られる可能性が高いと判断している

告白しても相手に受けて入れもらえないとネガティブになってしまうのが、好きなのに告白できない男子の心理の一つです。

ほとんどのケースでは相手の気持ちを知らないで告白することが多く、OKかNGかはまさに出たとこ勝負です。

しかし好きなのに告白できない男子の心理としては振られる可能性が高いのなら、告白すること自体キャンセルしてしまおうと考えているのです。

負け戦はしない主義なのです。

例え告白してOKしてもらえる可能性があったとしても、確実にOKでないかぎりは重い腰をあげません。

2. 無駄に傷つきたくない

無駄に傷つきたくない

好きなのに告白できない男子はとてもナイーブです。

そのため振られたことによる心のダメージで、再起不能とまではいかなくても食事がのどを通らなくなったり気分が落ち込んだりとマイナス思考に陥りやすいのです。

それがひどいと自分の生きている価値さえ見失ってしまうなんてこともあるでしょう。

そのためそういったガラスのハートの自分自身をよく理解しているので、告白をして駄目だった時を想像しては告白になかなか踏み切れないのです。

無駄に傷つきたくない防衛本能が働いているのです。

3. 職場や学校で顔を合わせづらいのが嫌

職場や学校で顔を合わせづらいのが嫌

告白をするだけでなく、した後のことを考えて告白をしないことにしている男子もいます。

駅やカフェなどですれ違ったり見かけたりするような相手ではなく、職場や学校で毎日顔を合わさなければいけない場合、告白する前より告白した後のことをどうしても想像してしまうのです。

相手は気にしなくていいといってくれても、振られた側にしてみれば顔を合わせるのは辛いですし、また相手も気にしなくていいといっていても本音ではわかりません。

好きなのに告白できない男子はそういったことを危惧しているのです。

なんとなく嫌な関係、顔を合わせづらくなってしまうのは職場や学校にいる以上避けたいことなのです。

4. まだ機が熟していないと考えている

まだ機が熟していないと考えている

機が熟していないと判断していることで、告白できない男子もいます。

というのもまだ押しが足りない、もう少ししたら自分のよさがわかってくるなど高をくくって、あるいは自然と逃避してしまい、そのような選択をしているのです。

卒業式で告白しようと考えていたり、大きなプロジェクトで成功した暁に告白しようと計画している場合もありますが、実際にはそれらの期間が過ぎても告白しないことは珍しくありません。

先延ばし戦法で告白しないのを認めたくないタイプです。

5. 告白するのではなくされるのを期待している

告白するのではなくされるのを期待している

男性の中には女性から告白されることに優越感を抱くタイプもいます。

そのため好きなのに告白できない男子の心理には、そういったプライドの高さや告白して相手に主導権を握られたくないと警戒している場合もあるのです。

しかしそういった男性にとって女性から告白されることを期待しているので、どうしても恋愛経験は乏しく、また女性が告白したくなるような魅力が足りないというケースもあります。

つまりプライドだけが高く、告白する勇気が持てないのです。

6. 男友達からひやかされるのが苦手

男友達からひやかされるのが苦手

男性は男同士の集まりや仲間からの印象を気にして、告白できないケースもあるのです。

告白してうまくいったとしても彼女とのことを冷やかされたりも、また告白が失敗したも慰められたり妙に同情されたり、仲間内での評価を気にしているのです。

告白して相手とどうなりたいかではなく、告白して友人や仲間にどう思われてしまうかを気にしすぎているのです。

そういった原因で好きなのに告白できない男子の場合、どうしても幸せを逃しがちです。

まとめ

相手に主導権を握られたくない、外聞を気にしすぎなど、男性は自分自身とそれ以外の理由にこだわってしまうことも好きなのに告白できない心理につながっているのです。

また負け戦をしたくないプライドの高さもあります。

愛の告白をするのは勇気が必要ですが、好きなのに告白できない男子の心理とはどういったものなのでしょうか。

心理を探っていきます。


振られる可能性が高いと判断している

告白しても相手に受けて入れもらえないとネガティブになってしまうのが、好きなのに告白できない男子の心理の一つです。

ほとんどのケースでは相手の気持ちを知らないで告白することが多く、OKかNGかはまさに出たとこ勝負です。

しかし好きなのに告白できない男子の心理としては振られる可能性が高いのなら、告白すること自体キャンセルしてしまおうと考えているのです。

負け戦はしない主義なのです。

例え告白してOKしてもらえる可能性があったとしても、確実にOKでないかぎりは重い腰をあげません。

無駄に傷つきたくない

好きなのに告白できない男子はとてもナイーブです。

そのため振られたことによる心のダメージで、再起不能とまではいかなくても食事がのどを通らなくなったり気分が落ち込んだりとマイナス思考に陥りやすいのです。

それがひどいと自分の生きている価値さえ見失ってしまうなんてこともあるでしょう。

そのためそういったガラスのハートの自分自身をよく理解しているので、告白をして駄目だった時を想像しては告白になかなか踏み切れないのです。

無駄に傷つきたくない防衛本能が働いているのです。

職場や学校で顔を合わせづらいのが嫌

告白をするだけでなく、した後のことを考えて告白をしないことにしている男子もいます。

駅やカフェなどですれ違ったり見かけたりするような相手ではなく、職場や学校で毎日顔を合わさなければいけない場合、告白する前より告白した後のことをどうしても想像してしまうのです。

相手は気にしなくていいといってくれても、振られた側にしてみれば顔を合わせるのは辛いですし、また相手も気にしなくていいといっていても本音ではわかりません。

好きなのに告白できない男子はそういったことを危惧しているのです。

なんとなく嫌な関係、顔を合わせづらくなってしまうのは職場や学校にいる以上避けたいことなのです。

まだ機が熟していないと考えている

機が熟していないと判断していることで、告白できない男子もいます。

というのもまだ押しが足りない、もう少ししたら自分のよさがわかってくるなど高をくくって、あるいは自然と逃避してしまい、そのような選択をしているのです。

卒業式で告白しようと考えていたり、大きなプロジェクトで成功した暁に告白しようと計画している場合もありますが、実際にはそれらの期間が過ぎても告白しないことは珍しくありません。

先延ばし戦法で告白しないのを認めたくないタイプです。

告白するのではなくされるのを期待している

男性の中には女性から告白されることに優越感を抱くタイプもいます。

そのため好きなのに告白できない男子の心理には、そういったプライドの高さや告白して相手に主導権を握られたくないと警戒している場合もあるのです。

しかしそういった男性にとって女性から告白されることを期待しているので、どうしても恋愛経験は乏しく、また女性が告白したくなるような魅力が足りないというケースもあります。

つまりプライドだけが高く、告白する勇気が持てないのです。

男友達からひやかされるのが苦手

男性は男同士の集まりや仲間からの印象を気にして、告白できないケースもあるのです。

告白してうまくいったとしても彼女とのことを冷やかされたりも、また告白が失敗したも慰められたり妙に同情されたり、仲間内での評価を気にしているのです。

告白して相手とどうなりたいかではなく、告白して友人や仲間にどう思われてしまうかを気にしすぎているのです。

そういった原因で好きなのに告白できない男子の場合、どうしても幸せを逃しがちです。

相手に主導権を握られたくない、外聞を気にしすぎなど、男性は自分自身とそれ以外の理由にこだわってしまうことも好きなのに告白できない心理につながっているのです。

また負け戦をしたくないプライドの高さもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-