【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401141737.html
八方美人の男の心理

八方美人の男の心理 | LADYCO

LADYCO
八方美人の男の心理

誰にでもいい顔をする男性が少なくありません。

そういう人のことを「八方美人」と言いますが、ここでは、八方美人の男性はどんな心理を持っているのか、見ていくことにしましょう。

  • 自己愛が強い
  • 小心で「NO」と言えない
  • 人と争いたくない
  • 孤立することを恐れる
  • まとめ
1. 自信がなく、人の評価が気になる 自分に自信があれば、人からどう思われようとも、我が道を行くことができるでしょう。

八方美人の男性にはそれができないのですが、それは自分に自信がないためにほかなりません。

自信がないため、常に、人からどう思われているかを大変に気にします。

そして、人からの評価を気にして、「人から少しでも良く思われたい」と考え、相手に合わせて良い顔をしてしまうのです。

人に良く思われることで、安心感を得たいと考えているということもできるでしょう。

自分に自信がなく、常に人の評価を気にしてしまうというのが、八方美人の男性の心理なのです。

2. 自己愛が強い

自己愛が強い

自分のことが大好きというのも、八方美人の男性の心理と言っていいでしょう。

自信はないものの、自己愛は人一倍強いのです。

自分大好きなため、自分が人に悪く思われたり、嫌われたりすることが許せません。

たとえば、親は愛する我が子に、だれからも好かれる人間になってほしいと願うものでしょう。

人間は愛する人に対しては、そういう心理を持つものなのです。

それと同じように、自己愛の強い人は、愛する自分が誰からも好かれるようになってほしいと強く願っています。

そのため、だれにでも良い顔をして、愛嬌を振りまくようになるのです。

愛する自分が人から好かれることによって、自己愛を満足させているというのが、八方美人の男性の心理ということになるでしょう。

3. 小心で「NO」と言えない

小心で「NO」と言えない

八方美人の男性は小心で臆病な性格の持ち主です。

そのため、自分が傷つくことを大変に恐れます。

たとえば、職場の同僚から、仕事を手伝ってほしいと頼まれたとしましょう。

自分の仕事が忙しくて、手が離せないような状況にあっても、八方美人の男性は「NO」と言えません。

それは、嫌いを断ると、同僚から悪く思われ、結果として自分の評価に傷がつくと考えるからです。

そのため、無理をしてでも同僚の依頼にこたえるわけです。

はっきり自己主張して、依頼をことわることができないのは、自分が傷つきたくないためと考えていいでしょう。

小心者で、人から何か頼まれたり、指示されたときに、それを断ることができない臆病な心理をもっているのが、八方美人の男性と言うことになるでしょう。

4. 人と争いたくない

人と争いたくない

八方美人の男性は、相手とは違う意見をもっていたり、相手に良くない感情をもっている時でも、それを表に出すことはありません。

そうした意見や感情を表に出すと、相手と争うことになってしまうかもしれないでしょう。

時には、ケンカになってしまうこともあるかもしれません。

八方美人の男性は、それをひどく嫌います。

人と争ったり、衝突したりすることを避けるために、相手に良い顔をし、相手に合わせると考えていいでしょう。

平和主義者なために、人と争うことをひどく嫌うというのも、八方美人の男性の心理ということになります。

5. 孤立することを恐れる

孤立することを恐れる

だれとでも仲良くし、だれとでも良い関係を持つことによって安心感を得ているのが、八方美人の男性と考えていいでしょう。

そこには、「ひとりになるのが怖い」という心理が隠されています。

集団の中に身を置くことによって安心する男性は、孤立してしまうことをなによりも恐れるのです。

だれにでも良い顔をしていると、集団の中で浮いた存在になってしまうことも少なくありません。

結果として孤立してしまうリスクは小さくないわけですが、それは考えず、「ひとりぼっちになりたくない」という心理から、だれにでも良い顔をするのが、八方美人の男性と言うことになるでしょう。

まとめ

八方美人の男性の心理を、5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいる方は、その男性の心理を知るための参考になさってください。

「自分には八方美人なところがある」という自覚のある男性は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

誰にでもいい顔をする男性が少なくありません。

そういう人のことを「八方美人」と言いますが、ここでは、八方美人の男性はどんな心理を持っているのか、見ていくことにしましょう。


1. 自信がなく、人の評価が気になる 自分に自信があれば、人からどう思われようとも、我が道を行くことができるでしょう。

八方美人の男性にはそれができないのですが、それは自分に自信がないためにほかなりません。

自信がないため、常に、人からどう思われているかを大変に気にします。

そして、人からの評価を気にして、「人から少しでも良く思われたい」と考え、相手に合わせて良い顔をしてしまうのです。

人に良く思われることで、安心感を得たいと考えているということもできるでしょう。

自分に自信がなく、常に人の評価を気にしてしまうというのが、八方美人の男性の心理なのです。

自己愛が強い

自分のことが大好きというのも、八方美人の男性の心理と言っていいでしょう。

自信はないものの、自己愛は人一倍強いのです。

自分大好きなため、自分が人に悪く思われたり、嫌われたりすることが許せません。

たとえば、親は愛する我が子に、だれからも好かれる人間になってほしいと願うものでしょう。

人間は愛する人に対しては、そういう心理を持つものなのです。

それと同じように、自己愛の強い人は、愛する自分が誰からも好かれるようになってほしいと強く願っています。

そのため、だれにでも良い顔をして、愛嬌を振りまくようになるのです。

愛する自分が人から好かれることによって、自己愛を満足させているというのが、八方美人の男性の心理ということになるでしょう。

小心で「NO」と言えない

八方美人の男性は小心で臆病な性格の持ち主です。

そのため、自分が傷つくことを大変に恐れます。

たとえば、職場の同僚から、仕事を手伝ってほしいと頼まれたとしましょう。

自分の仕事が忙しくて、手が離せないような状況にあっても、八方美人の男性は「NO」と言えません。

それは、嫌いを断ると、同僚から悪く思われ、結果として自分の評価に傷がつくと考えるからです。

そのため、無理をしてでも同僚の依頼にこたえるわけです。

はっきり自己主張して、依頼をことわることができないのは、自分が傷つきたくないためと考えていいでしょう。

小心者で、人から何か頼まれたり、指示されたときに、それを断ることができない臆病な心理をもっているのが、八方美人の男性と言うことになるでしょう。

人と争いたくない

八方美人の男性は、相手とは違う意見をもっていたり、相手に良くない感情をもっている時でも、それを表に出すことはありません。

そうした意見や感情を表に出すと、相手と争うことになってしまうかもしれないでしょう。

時には、ケンカになってしまうこともあるかもしれません。

八方美人の男性は、それをひどく嫌います。

人と争ったり、衝突したりすることを避けるために、相手に良い顔をし、相手に合わせると考えていいでしょう。

平和主義者なために、人と争うことをひどく嫌うというのも、八方美人の男性の心理ということになります。

孤立することを恐れる

だれとでも仲良くし、だれとでも良い関係を持つことによって安心感を得ているのが、八方美人の男性と考えていいでしょう。

そこには、「ひとりになるのが怖い」という心理が隠されています。

集団の中に身を置くことによって安心する男性は、孤立してしまうことをなによりも恐れるのです。

だれにでも良い顔をしていると、集団の中で浮いた存在になってしまうことも少なくありません。

結果として孤立してしまうリスクは小さくないわけですが、それは考えず、「ひとりぼっちになりたくない」という心理から、だれにでも良い顔をするのが、八方美人の男性と言うことになるでしょう。

八方美人の男性の心理を、5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいる方は、その男性の心理を知るための参考になさってください。

「自分には八方美人なところがある」という自覚のある男性は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-