【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132631.html
冷たいと思われがちな子供嫌いな男性の心理

冷たいと思われがちな子供嫌いな男性の心理 | LADYCO

LADYCO
冷たいと思われがちな子供嫌いな男性の心理

あなたの周りには「子供嫌いな男性」はいますか。

どうして子供が嫌いなのか。

もしかして冷たい人なんじゃないかと思ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、「子供が嫌いな男性の心理」について特徴をいくつかご紹介します。

  • そもそも騒がしいのが嫌い
  • 過去のトラウマから
  • ルールを守らないのが許せない
  • かわいいと思えない
  • 接し方がわからない
  • 汚いと感じてしまう
  • 親の態度が気に食わない
  • まとめ

1. そもそも騒がしいのが嫌い

そもそも騒がしいのが嫌い

子供嫌いな方の意見として一番多いのが、「騒ぐ子供が苦手」という意見です。

図書館や公共交通機関など、騒ぐことがマナー違反である場所であっても子供はそんなのおかまいなしです。

兄弟や友達同士で走り回って遊んだり、叫んで騒いで親に叱られている子供たちを、私たちは日常的に目にしています。

このような「騒ぐ子供」に嫌悪感を抱いてしまい、「子供が嫌い」となってしまう男性が多いのです。

2. 過去のトラウマから

過去のトラウマから

「子供が嫌い」と語っている男性の中には、過去に苦い経験をしている方もたくさんいます。

一生懸命あやそうと努力したのに泣かれてしまった。

顔を見ただけで逃げられた。

など、子供にまつわる過去の苦い経験から、子供が嫌いになってしまうパターンも少なくはありません。

3. ルールを守らないのが許せない

ルールを守らないのが許せない

子供は基本的に自分勝手です。

騒いではいけない場所で騒ぐし、自分の思い通りにならないと泣きわめきます。

特に仕事もしないで遊んでばかりいます。

そのように子供たちの自分勝手な振る舞いをみていて、許せないと思ってしまう男性がいるようです。

ルールを守らない自分勝手な人は大人であれ子供であれ嫌いだ、という方が子供嫌いの場合も多いようです。

4. かわいいと思えない

かわいいと思えない

子供たちは何もしていなくても「かわいいね」と大人たちにもてはやされています。

しかし、男性の中には、「子供のかわいさが全くわからない」と感じている人も少なくないようです。

「みんながかわいいと言っているのに、自分にはかわいさがわからない」というところから、「自分は子供が嫌いなんじゃないか」と思って子供嫌いになる男性がいます。

5. 接し方がわからない

接し方がわからない

過去に苦い経験をしていない方の中にも、「子供との接し方がわからない」と悩んでいる人はたくさんいます。

どのように接すればいいのか分からないことで苦手意識が生まれ、やがて「子供が嫌い」と思ってしまうようになります。

子供と触れ合う機会が少なかった男性には、子供に対して苦手意識を持ってしまう方も少なくないようです。

6. 汚いと感じてしまう

汚いと感じてしまう

子供たちは泥遊びや水遊びを行って、顔まで汚してしまっている場合も少なくありません。

また、手づかみで物を食べたり、よだれや鼻水が垂れ流しになっていたりと、不衛生な状態にある場合が多いため、潔癖症な男性には、「子供が嫌い」と思う方も多いようです。

7. 親の態度が気に食わない

親の態度が気に食わない

子供の事は直接的に嫌いでなくても、公共の場で騒ぐ子供を怒らない親や、「ベビーカーだから優先されて当たり前」と大きな顔をして歩いている親の態度が気に食わないことがきっかけとなり、転じて子供嫌いになってしまう男性もいます。

子供には直接的な罪はなくても、どうしても親の態度が気に食わないことで怒りの矛先が子供に向いてしまうこともあるようです。

幼い子供を育てている方は、公共の場所での態度に十分に気をつけましょう。

まとめ

子供嫌いの男性は少なくありません。

冷たいと思われがちですが、子供嫌いになった背景にはさまざまなものがあります。

また、子供嫌いの男性であっても、自分の子供はかわいく感じ、愛せるようになることがほとんどです。

お付き合いしている彼が子供嫌いだからといって、過度に心配し過ぎ無くてもよいでしょう。

また、子供嫌いの人をこれ以上増やさないためにも、子育て中の方は公共の場での態度に十分に気を配りましょう。

あなたの周りには「子供嫌いな男性」はいますか。

どうして子供が嫌いなのか。

もしかして冷たい人なんじゃないかと思ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、「子供が嫌いな男性の心理」について特徴をいくつかご紹介します。


そもそも騒がしいのが嫌い

子供嫌いな方の意見として一番多いのが、「騒ぐ子供が苦手」という意見です。

図書館や公共交通機関など、騒ぐことがマナー違反である場所であっても子供はそんなのおかまいなしです。

兄弟や友達同士で走り回って遊んだり、叫んで騒いで親に叱られている子供たちを、私たちは日常的に目にしています。

このような「騒ぐ子供」に嫌悪感を抱いてしまい、「子供が嫌い」となってしまう男性が多いのです。

過去のトラウマから

「子供が嫌い」と語っている男性の中には、過去に苦い経験をしている方もたくさんいます。

一生懸命あやそうと努力したのに泣かれてしまった。

顔を見ただけで逃げられた。

など、子供にまつわる過去の苦い経験から、子供が嫌いになってしまうパターンも少なくはありません。

ルールを守らないのが許せない

子供は基本的に自分勝手です。

騒いではいけない場所で騒ぐし、自分の思い通りにならないと泣きわめきます。

特に仕事もしないで遊んでばかりいます。

そのように子供たちの自分勝手な振る舞いをみていて、許せないと思ってしまう男性がいるようです。

ルールを守らない自分勝手な人は大人であれ子供であれ嫌いだ、という方が子供嫌いの場合も多いようです。

かわいいと思えない

子供たちは何もしていなくても「かわいいね」と大人たちにもてはやされています。

しかし、男性の中には、「子供のかわいさが全くわからない」と感じている人も少なくないようです。

「みんながかわいいと言っているのに、自分にはかわいさがわからない」というところから、「自分は子供が嫌いなんじゃないか」と思って子供嫌いになる男性がいます。

接し方がわからない

過去に苦い経験をしていない方の中にも、「子供との接し方がわからない」と悩んでいる人はたくさんいます。

どのように接すればいいのか分からないことで苦手意識が生まれ、やがて「子供が嫌い」と思ってしまうようになります。

子供と触れ合う機会が少なかった男性には、子供に対して苦手意識を持ってしまう方も少なくないようです。

汚いと感じてしまう

子供たちは泥遊びや水遊びを行って、顔まで汚してしまっている場合も少なくありません。

また、手づかみで物を食べたり、よだれや鼻水が垂れ流しになっていたりと、不衛生な状態にある場合が多いため、潔癖症な男性には、「子供が嫌い」と思う方も多いようです。

親の態度が気に食わない

子供の事は直接的に嫌いでなくても、公共の場で騒ぐ子供を怒らない親や、「ベビーカーだから優先されて当たり前」と大きな顔をして歩いている親の態度が気に食わないことがきっかけとなり、転じて子供嫌いになってしまう男性もいます。

子供には直接的な罪はなくても、どうしても親の態度が気に食わないことで怒りの矛先が子供に向いてしまうこともあるようです。

幼い子供を育てている方は、公共の場所での態度に十分に気をつけましょう。

子供嫌いの男性は少なくありません。

冷たいと思われがちですが、子供嫌いになった背景にはさまざまなものがあります。

また、子供嫌いの男性であっても、自分の子供はかわいく感じ、愛せるようになることがほとんどです。

お付き合いしている彼が子供嫌いだからといって、過度に心配し過ぎ無くてもよいでしょう。

また、子供嫌いの人をこれ以上増やさないためにも、子育て中の方は公共の場での態度に十分に気を配りましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-