【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132601.html
別れの時に泣いてしまう男性の心理

別れの時に泣いてしまう男性の心理 | LADYCO

LADYCO
別れの時に泣いてしまう男性の心理

大人が人の前で泣いてしまうのは、格好が悪いなと見られがちです。

我慢をして涙を出すのを堪えてしまいますが、場面によっては別の心理も潜んでいるのです。

  • 他人との別れで寂しいと思ってしまう
  • 二度と会えないと感情を抑えることができない
  • その人との思い出が多すぎて手放すことができない
  • 二股されて自分が振られてしまった
  • その場の雰囲気で涙腺が弱くなってしまった
  • 仕事で自分の負担が増えてしまうというプレッシャー
  • もう少しで付き合うことができるという下心があった
  • まとめ

1. 他人との別れで寂しいと思ってしまう

他人との別れで寂しいと思ってしまう

他人との距離が近いほど、別れるのが寂しくなってしまいます。

その感情を抑えることができなくなってしまい、つい涙が出てしまうこともあります。

しかし知らない人から見られることも分かっていますので我慢することもありますが、涙腺が弱いと感情を抑えることができなく、人目も気にしないで泣いてしまいます。

現在は通信手段も多く話す機会があっても、頻繁に会うこともできないことから、つい寂しくなって泣いてしまうのです。

2. 二度と会えないと感情を抑えることができない

二度と会えないと感情を抑えることができない

人との別れには色々なパターンがありますが、もう二度と連絡が取れなかったり会うこともできないとなりますと、感情を抑えることができず涙が出てしまうことがあります。

別れてしまう相手は親や兄弟、彼女など関係性が深いほど、二度と会えない状態となってしまいますと、寂しさや空しさなどの負の感情が一気に溢れてしまいます。

その感情を自分で抑えることができればよいですが、難しいことからどうしても泣いてしまうのです。

3. その人との思い出が多すぎて手放すことができない

その人との思い出が多すぎて手放すことができない

彼女と付き合ってそのままゴールインできれば嬉しいですが、異性経験が豊富なほど女性と別れる回数も増えてきます。

付き合った期間が短かったり、そこまで深い関係ではなかったら、別れていても泣くまでには至らないです。

しかし付き合った年数が多いとその分だけ思い出も増えて、別れる時には思い出が溢れることから感情的になります。

また別れるタイミングや自分が振られてしまいますと、彼女への愛情があることから、別れたくないという思いが募ったり、思い出の整理をしたくないという感情で涙が出てしまうこともあります。

4. 二股されて自分が振られてしまった

二股されて自分が振られてしまった

彼女と付き合った時に自分が本命だと思っていますが、中には二股など複数の男性と付き合っているパターンもあります。

何人と付き合っていても自分が本命であって、最後に選ばれる側だったら懐の深い男性だったら許してしまいます。

しかし自分が本命でないだけではなく、金品貢いだ上に振られてしまいますと、騙されたと思い涙が出てしまうのです。

それで次の人を探すことができれば良いですが、愛情があるほど悲しい気持ちへとなってしまいます。

結果の悪い別れ方でもありますので、つい涙が出てしまうのです。

5. その場の雰囲気で涙腺が弱くなってしまった

その場の雰囲気で涙腺が弱くなってしまった

元々涙腺が弱い人は感情的になって涙が出てしまうことがありますが、その他には場の雰囲気によって泣いてしまうこともあります。

他人と別れる際に周りにいた数人の人が同時に泣いてしまうと、そこまで親しい間柄でなくてもつい涙もろくなってしまいます。

女性の方がよくありがちなことですが、男性でも涙腺が弱い人でもすぐに涙が出ますので、場の雰囲気によっては簡単に泣いてしまうのです。

6. 仕事で自分の負担が増えてしまうというプレッシャー

仕事で自分の負担が増えてしまうというプレッシャー

同じ職場の人が辞めたり、転勤で別の地域に移動となってしまいますと、仕事に関して影響が出てくることもあります。

とくに仕事上で同じ仕事を担当していたり、引き継ぐことになりますと、プレッシャーや負担も増えてしまいます。

涙脆い人の中には、仕事に対する重圧に弱い人もいますので、別れる本人は前向きな感情をしても、自分はどんどんマイナスなことを考えてしまうことから泣いてしまうのです。

7. もう少しで付き合うことができるという下心があった

もう少しで付き合うことができるという下心があった

別れのパターンの中には親しくなってきて彼女になれそうな人が、すぐに会えない距離へと引っ越してしまいますと、勿体ないという下心も含めた感情と共に涙が出てきます。

他の別れとは違い、男性ならではの感情が含まれていますので、女性には少々理解ができないこともあります。

ただ他とは違い、その場では泣いてしまいますが、数分後に好みの女性が目の前に素通りされていれば、コロッと忘れてしますので別れのパターンの中では一番感情的に引きずらないです。

まとめ

女性でも、人と別れるシーンでは泣いてしまうこともあります。

その為、ちょっとメンタルが弱いなと思いつつも同情する点はあります。

ただ男性の涙でも女性と同様に色々な理由が含まれていて、それを瞬時に感じ取らないと騙されてしまうことから、見る目を養うためには涙の理由を知ることも必要です。

大人が人の前で泣いてしまうのは、格好が悪いなと見られがちです。

我慢をして涙を出すのを堪えてしまいますが、場面によっては別の心理も潜んでいるのです。


他人との別れで寂しいと思ってしまう

他人との距離が近いほど、別れるのが寂しくなってしまいます。

その感情を抑えることができなくなってしまい、つい涙が出てしまうこともあります。

しかし知らない人から見られることも分かっていますので我慢することもありますが、涙腺が弱いと感情を抑えることができなく、人目も気にしないで泣いてしまいます。

現在は通信手段も多く話す機会があっても、頻繁に会うこともできないことから、つい寂しくなって泣いてしまうのです。

二度と会えないと感情を抑えることができない

人との別れには色々なパターンがありますが、もう二度と連絡が取れなかったり会うこともできないとなりますと、感情を抑えることができず涙が出てしまうことがあります。

別れてしまう相手は親や兄弟、彼女など関係性が深いほど、二度と会えない状態となってしまいますと、寂しさや空しさなどの負の感情が一気に溢れてしまいます。

その感情を自分で抑えることができればよいですが、難しいことからどうしても泣いてしまうのです。

その人との思い出が多すぎて手放すことができない

彼女と付き合ってそのままゴールインできれば嬉しいですが、異性経験が豊富なほど女性と別れる回数も増えてきます。

付き合った期間が短かったり、そこまで深い関係ではなかったら、別れていても泣くまでには至らないです。

しかし付き合った年数が多いとその分だけ思い出も増えて、別れる時には思い出が溢れることから感情的になります。

また別れるタイミングや自分が振られてしまいますと、彼女への愛情があることから、別れたくないという思いが募ったり、思い出の整理をしたくないという感情で涙が出てしまうこともあります。

二股されて自分が振られてしまった

彼女と付き合った時に自分が本命だと思っていますが、中には二股など複数の男性と付き合っているパターンもあります。

何人と付き合っていても自分が本命であって、最後に選ばれる側だったら懐の深い男性だったら許してしまいます。

しかし自分が本命でないだけではなく、金品貢いだ上に振られてしまいますと、騙されたと思い涙が出てしまうのです。

それで次の人を探すことができれば良いですが、愛情があるほど悲しい気持ちへとなってしまいます。

結果の悪い別れ方でもありますので、つい涙が出てしまうのです。

その場の雰囲気で涙腺が弱くなってしまった

元々涙腺が弱い人は感情的になって涙が出てしまうことがありますが、その他には場の雰囲気によって泣いてしまうこともあります。

他人と別れる際に周りにいた数人の人が同時に泣いてしまうと、そこまで親しい間柄でなくてもつい涙もろくなってしまいます。

女性の方がよくありがちなことですが、男性でも涙腺が弱い人でもすぐに涙が出ますので、場の雰囲気によっては簡単に泣いてしまうのです。

仕事で自分の負担が増えてしまうというプレッシャー

同じ職場の人が辞めたり、転勤で別の地域に移動となってしまいますと、仕事に関して影響が出てくることもあります。

とくに仕事上で同じ仕事を担当していたり、引き継ぐことになりますと、プレッシャーや負担も増えてしまいます。

涙脆い人の中には、仕事に対する重圧に弱い人もいますので、別れる本人は前向きな感情をしても、自分はどんどんマイナスなことを考えてしまうことから泣いてしまうのです。

もう少しで付き合うことができるという下心があった

別れのパターンの中には親しくなってきて彼女になれそうな人が、すぐに会えない距離へと引っ越してしまいますと、勿体ないという下心も含めた感情と共に涙が出てきます。

他の別れとは違い、男性ならではの感情が含まれていますので、女性には少々理解ができないこともあります。

ただ他とは違い、その場では泣いてしまいますが、数分後に好みの女性が目の前に素通りされていれば、コロッと忘れてしますので別れのパターンの中では一番感情的に引きずらないです。

女性でも、人と別れるシーンでは泣いてしまうこともあります。

その為、ちょっとメンタルが弱いなと思いつつも同情する点はあります。

ただ男性の涙でも女性と同様に色々な理由が含まれていて、それを瞬時に感じ取らないと騙されてしまうことから、見る目を養うためには涙の理由を知ることも必要です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-