【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132543.html
彼女に全く嫉妬しない男性の心理

彼女に全く嫉妬しない男性の心理 | LADYCO

LADYCO
彼女に全く嫉妬しない男性の心理

お付き合いしている恋人同士。

彼女と他の男性が仲良くしていても見向きもしない男性とは、一体どのような思考が働いているのでしょうか。

嫉妬や不安の要素は全くないのでしょうか?

そのような男性の特徴や心理について詳しく見ていくことにしましょう。

  • 彼女は浮気しないと安心しきっている
  • 自分に自信がある
  • 彼女を心底愛していない
  • 嫉妬することの意義が無いと考えている
  • 嫉妬しないように心がけている
  • 嫉妬してしまうとカッコ悪くみられそう
  • 付き合いの関係がそれなりに落ち着いている
  • まとめ

1. 彼女は浮気しないと安心しきっている

彼女は浮気しないと安心しきっている

恋愛している時に一途な女性など、女性側の性格を理解していて安心しきっている場合は嫉妬はしないでしょう。

もともと女性は不特定多数の男性と関係を持ってしまうと、身体的にデメリットが多いもの。

それに加えて真面目な女性は浮気などは、ふしだらなものと考える傾向があるので、その心理を理解している場合も。

いずれにしても浮気はいけませんが、全く嫉妬してくれないのも女性としては寂しいかもしれません。

2. 自分に自信がある

自分に自信がある

自分に惚れていると自負していて、安心しきっている場合は全くといって良いほど嫉妬とは無縁です。

他の男性には目もくれないだろうと、たかをくくっていますから優越感に浸っている場合もあります。

こういったタイプはそれなりに他の女性からのアプローチがある男性が多いのも特徴です。

モテる訳ですね。

自分に自信があるのは良いことですが、自信過剰になってしまって本来の愛の意味を失ってしまわないように気を付けて欲しいものですね。

3. 彼女を心底愛していない

彼女を心底愛していない

彼女という存在は常に切らせないけれど、その女性自身を本当に愛していない場合も嫉妬などしないでしょう。

形だけの存在ですから、感情にはおかまいなしです。

こういった男性はファッションの一部として女性を選ぶ傾向が強く、見た目重視です。

美女を頻繁に取り替えて連れて歩いている事でしょう。

ですから、何かの拍子でふっと冷たい印象を受けるのも特徴です。

嫉妬は愛の深さをはかる一つのバロメーターとも言えそうですね。

4. 嫉妬することの意義が無いと考えている

嫉妬することの意義が無いと考えている

嫉妬などをしても無駄とか余計な感情だと割りきっている場合なども嫉妬しない可能性があります。

不要な感情を抱いて喧嘩の原因になっては面倒だからです。

ある意味合理主義、現実主義などと言えますね。

クールなものの考え方をしているのでこの場合は愛がきちんと存在しています。

愛の表現の一つな訳ですね。

5. 嫉妬しないように心がけている

嫉妬しないように心がけている

そもそも、嫉妬をする感情自体がいけないことや悪いことだと考えている場合もあります。

こういった人は「妬む心は良くない」などと生真面目な人に多いのが特徴です。

嫉妬自体は確かにネガティブなイメージがありますが、決して悪いことではありません。

問題は嫉妬してしまう心をどのように女性に対して表現するかが重要な訳ですから、女性の負担にならないように伝えられたら良いですね。

6. 嫉妬してしまうとカッコ悪くみられそう

嫉妬してしまうとカッコ悪くみられそう

ダサい。

嫉妬してしまった自分はダサい。

カッコ悪くて彼女に嫌われる。

などと考えていることもあります。

嫉妬をしてもらって愛を確かめたい女性と、嫉妬する事によって嫌われるんじゃないかと考える男性の気持ちのすれ違いが生じます。

男女の思考回路はずいぶん違いますね。

日頃からのコミュニケーションが関係を保つ秘訣となりそうです。

7. 付き合いの関係がそれなりに落ち着いている

付き合いの関係がそれなりに落ち着いている

お付き合いが長いと感情の起伏がさほどありません。

燃え上がるといったイメージではないので穏やかに過ごしています。

そのような中で気持ちが大きく揺れ動く事も少なく、長年連れ添った夫婦のようです。

幼馴染みや学生時代からのお付き合いの傾向に強くでます。

家族同士で仲の良い場合などもそうです。

安らげる関係と言えそうですね。

まとめ

彼女に全く嫉妬しない男性の心理は様々な要因があるのですね。

いきすぎた嫉妬は確かに恥ずかしいものですが適度に自分の気持ちを表すのは悪い事ではなさそうです。

お付き合いしている女性側も、それなりに意思表示してくれた方が理解しやすく、関係も保ちやすくなりますね。

お付き合いしている恋人同士。

彼女と他の男性が仲良くしていても見向きもしない男性とは、一体どのような思考が働いているのでしょうか。

嫉妬や不安の要素は全くないのでしょうか?

そのような男性の特徴や心理について詳しく見ていくことにしましょう。


彼女は浮気しないと安心しきっている

恋愛している時に一途な女性など、女性側の性格を理解していて安心しきっている場合は嫉妬はしないでしょう。

もともと女性は不特定多数の男性と関係を持ってしまうと、身体的にデメリットが多いもの。

それに加えて真面目な女性は浮気などは、ふしだらなものと考える傾向があるので、その心理を理解している場合も。

いずれにしても浮気はいけませんが、全く嫉妬してくれないのも女性としては寂しいかもしれません。

自分に自信がある

自分に惚れていると自負していて、安心しきっている場合は全くといって良いほど嫉妬とは無縁です。

他の男性には目もくれないだろうと、たかをくくっていますから優越感に浸っている場合もあります。

こういったタイプはそれなりに他の女性からのアプローチがある男性が多いのも特徴です。

モテる訳ですね。

自分に自信があるのは良いことですが、自信過剰になってしまって本来の愛の意味を失ってしまわないように気を付けて欲しいものですね。

彼女を心底愛していない

彼女という存在は常に切らせないけれど、その女性自身を本当に愛していない場合も嫉妬などしないでしょう。

形だけの存在ですから、感情にはおかまいなしです。

こういった男性はファッションの一部として女性を選ぶ傾向が強く、見た目重視です。

美女を頻繁に取り替えて連れて歩いている事でしょう。

ですから、何かの拍子でふっと冷たい印象を受けるのも特徴です。

嫉妬は愛の深さをはかる一つのバロメーターとも言えそうですね。

嫉妬することの意義が無いと考えている

嫉妬などをしても無駄とか余計な感情だと割りきっている場合なども嫉妬しない可能性があります。

不要な感情を抱いて喧嘩の原因になっては面倒だからです。

ある意味合理主義、現実主義などと言えますね。

クールなものの考え方をしているのでこの場合は愛がきちんと存在しています。

愛の表現の一つな訳ですね。

嫉妬しないように心がけている

そもそも、嫉妬をする感情自体がいけないことや悪いことだと考えている場合もあります。

こういった人は「妬む心は良くない」などと生真面目な人に多いのが特徴です。

嫉妬自体は確かにネガティブなイメージがありますが、決して悪いことではありません。

問題は嫉妬してしまう心をどのように女性に対して表現するかが重要な訳ですから、女性の負担にならないように伝えられたら良いですね。

嫉妬してしまうとカッコ悪くみられそう

ダサい。

嫉妬してしまった自分はダサい。

カッコ悪くて彼女に嫌われる。

などと考えていることもあります。

嫉妬をしてもらって愛を確かめたい女性と、嫉妬する事によって嫌われるんじゃないかと考える男性の気持ちのすれ違いが生じます。

男女の思考回路はずいぶん違いますね。

日頃からのコミュニケーションが関係を保つ秘訣となりそうです。

付き合いの関係がそれなりに落ち着いている

お付き合いが長いと感情の起伏がさほどありません。

燃え上がるといったイメージではないので穏やかに過ごしています。

そのような中で気持ちが大きく揺れ動く事も少なく、長年連れ添った夫婦のようです。

幼馴染みや学生時代からのお付き合いの傾向に強くでます。

家族同士で仲の良い場合などもそうです。

安らげる関係と言えそうですね。

彼女に全く嫉妬しない男性の心理は様々な要因があるのですね。

いきすぎた嫉妬は確かに恥ずかしいものですが適度に自分の気持ちを表すのは悪い事ではなさそうです。

お付き合いしている女性側も、それなりに意思表示してくれた方が理解しやすく、関係も保ちやすくなりますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-