【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132537.html
謎の効果音を使う小学生男子の心理

謎の効果音を使う小学生男子の心理 | LADYCO

LADYCO
謎の効果音を使う小学生男子の心理

よく街や学校などで見かける謎の効果音を使う小学生男子の心理とは一体どんなものなのかをご紹介致します。

  • 戦隊モノへの憧れ
  • 大人の笑顔が見たい
  • 女の子にモテたい
  • 両親の口癖を真似している
  • コミュニケーションをとっている
  • まとめ

1. 戦隊モノへの憧れ

戦隊モノへの憧れ

幼稚園から小学校の男の子が好きなテレビ番組といえば『戦隊モノ』です。

力強くカッコよく戦っている姿を表現する時に、効果音を使っている場合があります。

戦隊モノに憧れている男子は、テレビをただ見ているだけでなくそんな効果音にまで気づいて真似をしてしまうのです。

効果音を出しながら戦えば、自分のパンチやキックにも戦隊モノのヒーローみたいな力が宿ると考えているのです。

謎の効果音でパワーが倍増するかどうかはわかりませんが、無音で起こす行動よりも、効果音が付いている方が迫力が増すことは確かでしょう。

2. 大人の笑顔が見たい

大人の笑顔が見たい

子どもが効果音を出しながら遊んだり生活している姿は、とても微笑ましいものです。

そんな姿を見て、笑顔をこぼしてしまう大人も多いでしょう。

その結果、小学生男子は「面白い効果音を発することで、自分の両親や周りの大人が喜んでくれるのだ」と確信するのです。

また、親は自分の謎の効果音を待っていると思い込み、親の期待に応えようと謎の効果音を全力で頑張るという小学生男子もいるでしょう。

「両親や身近な大人にとにかく笑っていてほしい」という子どもの純粋な気持ちが効果音へと繋がっているのです。

3. 女の子にモテたい

女の子にモテたい

小学生であれど、立派な男の子です。

女の子にモテたいという気持ちは既に持ち始めているのです。

しかしモテるためにはどうしたらいいのかということに関しては無知に等しいため、小学生のうちは子どもなりに様々なモテテクニックの試行錯誤を繰り返すのです。

そして女の子達の反応を見て、モテるテクニックとなるかどうかを判断しながら大人へと成長していくのです。

そんなモテるための方法の一つとして、効果音を発することを選択する場合もあるのです。

効果音をカッコよく言えるかどうかが、小学生男子の腕のみせどころなのです。

4. 両親の口癖を真似している

両親の口癖を真似している

謎の効果音を使うのは、小学生男子だけではありません。

大人も時には謎の効果音を発してしまう場面も多々あります。

大人からすれば子どもの使う効果音は謎ですが、子供からすると大人が使う効果音にも謎なものは多いはずです。

そして特に両親が無意識に発する謎の効果音は、お腹の中にいるときから聞き続けるため無意識に子どもも効果音に親しみを覚えていきます。

そして親が使う効果音を子どもは見逃さずに次第に真似するようになっていくのです。

そもそも大人も効果音を全く使わないような世界であれば、子どもが使うこともないのです。

子どもがすることというのは、全て大人たちも無意識のうちにしている行動や言動なのです。

5. コミュニケーションをとっている

コミュニケーションをとっている

謎の効果音を使う小学生男子というのは、ごくわずかな限られた人数ではありません。

恐らくクラスの大半の男子達が使っている言葉でもあるのです。

そんな謎の効果音を使わないということは、いわば協調性がないということにもなりかねません。

子どもながらに、周りと同じことをすることで協調性が生まれるということを知っているのです。

なので、訳もわからず対して面白くもないのに、謎の効果音を使い続ける小学生男子も中にはいることは確かでしょう。

まとめ

小学生男子が発する謎の効果音には、大人からは想像もできないような夢や憧れ、心理的理由が隠されています。

子どもの謎な行動に隠された心理状況をひとつひとつ考えていくことで、子どもが本当に望んでいることや好きなこと、または悩んでいることに親が気づけることもあるのです。

子どもがしていることだからと軽く見ていると、子どもの重要な訴えに気づかないこともあるのです。

よく街や学校などで見かける謎の効果音を使う小学生男子の心理とは一体どんなものなのかをご紹介致します。


戦隊モノへの憧れ

幼稚園から小学校の男の子が好きなテレビ番組といえば『戦隊モノ』です。

力強くカッコよく戦っている姿を表現する時に、効果音を使っている場合があります。

戦隊モノに憧れている男子は、テレビをただ見ているだけでなくそんな効果音にまで気づいて真似をしてしまうのです。

効果音を出しながら戦えば、自分のパンチやキックにも戦隊モノのヒーローみたいな力が宿ると考えているのです。

謎の効果音でパワーが倍増するかどうかはわかりませんが、無音で起こす行動よりも、効果音が付いている方が迫力が増すことは確かでしょう。

大人の笑顔が見たい

子どもが効果音を出しながら遊んだり生活している姿は、とても微笑ましいものです。

そんな姿を見て、笑顔をこぼしてしまう大人も多いでしょう。

その結果、小学生男子は「面白い効果音を発することで、自分の両親や周りの大人が喜んでくれるのだ」と確信するのです。

また、親は自分の謎の効果音を待っていると思い込み、親の期待に応えようと謎の効果音を全力で頑張るという小学生男子もいるでしょう。

「両親や身近な大人にとにかく笑っていてほしい」という子どもの純粋な気持ちが効果音へと繋がっているのです。

女の子にモテたい

小学生であれど、立派な男の子です。

女の子にモテたいという気持ちは既に持ち始めているのです。

しかしモテるためにはどうしたらいいのかということに関しては無知に等しいため、小学生のうちは子どもなりに様々なモテテクニックの試行錯誤を繰り返すのです。

そして女の子達の反応を見て、モテるテクニックとなるかどうかを判断しながら大人へと成長していくのです。

そんなモテるための方法の一つとして、効果音を発することを選択する場合もあるのです。

効果音をカッコよく言えるかどうかが、小学生男子の腕のみせどころなのです。

両親の口癖を真似している

謎の効果音を使うのは、小学生男子だけではありません。

大人も時には謎の効果音を発してしまう場面も多々あります。

大人からすれば子どもの使う効果音は謎ですが、子供からすると大人が使う効果音にも謎なものは多いはずです。

そして特に両親が無意識に発する謎の効果音は、お腹の中にいるときから聞き続けるため無意識に子どもも効果音に親しみを覚えていきます。

そして親が使う効果音を子どもは見逃さずに次第に真似するようになっていくのです。

そもそも大人も効果音を全く使わないような世界であれば、子どもが使うこともないのです。

子どもがすることというのは、全て大人たちも無意識のうちにしている行動や言動なのです。

コミュニケーションをとっている

謎の効果音を使う小学生男子というのは、ごくわずかな限られた人数ではありません。

恐らくクラスの大半の男子達が使っている言葉でもあるのです。

そんな謎の効果音を使わないということは、いわば協調性がないということにもなりかねません。

子どもながらに、周りと同じことをすることで協調性が生まれるということを知っているのです。

なので、訳もわからず対して面白くもないのに、謎の効果音を使い続ける小学生男子も中にはいることは確かでしょう。

小学生男子が発する謎の効果音には、大人からは想像もできないような夢や憧れ、心理的理由が隠されています。

子どもの謎な行動に隠された心理状況をひとつひとつ考えていくことで、子どもが本当に望んでいることや好きなこと、または悩んでいることに親が気づけることもあるのです。

子どもがしていることだからと軽く見ていると、子どもの重要な訴えに気づかないこともあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-