【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132534.html
同棲しているのに結婚に踏み出せない男性の心理

同棲しているのに結婚に踏み出せない男性の心理 | LADYCO

LADYCO
同棲しているのに結婚に踏み出せない男性の心理

交際中の彼女がいて、同棲までしているにもかかわらず、なかなか結婚しない男性が少なくありません。

ここでは、同棲しているのに結婚に踏み出せない男性の心理にはどういうものがあるのか見ていくことにしましょう。

  • 彼女になんらかの不満を感じている
  • 子供嫌いで子供が欲しくない
  • 「もっといい女性と出会えるかも」と思っている
  • 家族を養っていく自信がない
  • 結婚のメリットがわからない
  • まとめ

1. 彼女になんらかの不満を感じている

彼女になんらかの不満を感じている

「恋人としてはアリだけど、人生のパートナーとしてはちょっと・・・」という心理を持っていて、結婚に踏み出せないケースがよくあります。

ひとことでいうと、彼女になんらかの不満を感じているのです。

たとえば、同棲中の彼女が料理下手だったとしましょう。

同棲状態であれば、主に外食にするとか、店で買ってきた弁当を食べるとか、デリバリーを多くするなどの方法で、彼女の料理下手を補うこともできるでしょう。

しかし、結婚して一生いっしょに暮らすことになれば、それをずっと続けていくわけにもいきません。

男性のほうが料理男子ならともかく、そうでなければ、「料理下手の彼女を嫁さんにするのはムリ」と考えてしまうわけです。

家事スキルなど、彼女になんらかの不満を持っているというのが、このケースでの、結婚に踏み出せない男性の心理と考えていいでしょう。

2. 子供嫌いで子供が欲しくない

子供嫌いで子供が欲しくない

男性の中には「子供が嫌い」とか「子供が苦手」という人が少なくありません。

同棲している現在は、二人だけの生活ですが、結婚して子供ができれば、子供も含めた生活が始まります。

子供嫌いな男性は、子供といっしょに暮らす生活を避けたいと思うものなのです。

彼女も子供を欲しいと思わないで、一生二人だけで生活していくなら、結婚しても問題はないでしょう。

しかし、女性の多くは子どもを欲しがるものですし、実際に彼女が「結婚したら子供は2人欲しいな」というようなことを口にしている場合、「同棲はアリだけど、結婚はナシ」と、男性は判断するのです。

子供が嫌いで子供が欲しいとは思わないこと、これも、同棲しているのに結婚しない男性の心理です。

3. 「もっといい女性と出会えるかも」と思っている

「もっといい女性と出会えるかも」と思っている

同棲をしているくらいなのですから、当然、現在つきあっている彼女に恋愛感情を持っています。

けれど、多くの男性は浮気願望をもっているものですから、彼女のことを愛しながらも、「もっといい女性と出会えて、関係を持てるかも」と考えてしまうことが少なくありません。

実際に浮気しているかどうかは別にして、ほかの女性と出会う可能性を想像するのが、男性の心理と考えていいでしょう。

そういうことが頭にあるため、結婚というゴールを先伸ばしにしているわけです。

この心理の場合は、あるタイミングで、ゴールインを決意するということもじゅうぶんに考えられます。

4. 家族を養っていく自信がない

家族を養っていく自信がない

「結婚すれば、子供を作るのが当然」と考えている男性も少なくありません。

子供が好きとか嫌いということとは関係なく、それが当たり前の人生だと考えているのです。

その場合、「今は彼女も働いていて、二人の稼ぎで生活しているけれど、結婚して子供ができればそうはいかなくなる。

自分の稼ぎで家族を養っていかなければならない」
と男性は考えます。

まだ若く、じゅうぶんな収入がない場合、現在の稼ぎではとても家族を養っていく自信がないため、結婚に踏み切れないということがよくあります。

経済的に自信がないというのが、このケースでの男性の心理ということになるでしょう。

5. 結婚のメリットがわからない

結婚のメリットがわからない

男性が現状に満足していて、このままの状態でいいと思っているというケースもあります。

彼女との関係も良好だし、彼女との生活にこれといった不満を感じていないケースです。

このケースで、男性が「結婚するメリットがわからない」という理由から、結婚に踏み切らないことが少なくありません。

「結婚すれば社会的に縛られるだけで、何のメリットもない」と、男性は思っているわけです。

現状に満足していて、結婚にメリットを感じることができないというのが、このケースでの、結婚に踏み切れない男性の心理なのです。

まとめ

同棲しているのに結婚に踏み切れない男性の心理を、6種類紹介しました。

「同棲している彼氏がなかなか結婚を決意してくれない」という女性は、彼氏の心理を知るための参考になさってください。

交際中の彼女がいて、同棲までしているにもかかわらず、なかなか結婚しない男性が少なくありません。

ここでは、同棲しているのに結婚に踏み出せない男性の心理にはどういうものがあるのか見ていくことにしましょう。


彼女になんらかの不満を感じている

「恋人としてはアリだけど、人生のパートナーとしてはちょっと・・・」という心理を持っていて、結婚に踏み出せないケースがよくあります。

ひとことでいうと、彼女になんらかの不満を感じているのです。

たとえば、同棲中の彼女が料理下手だったとしましょう。

同棲状態であれば、主に外食にするとか、店で買ってきた弁当を食べるとか、デリバリーを多くするなどの方法で、彼女の料理下手を補うこともできるでしょう。

しかし、結婚して一生いっしょに暮らすことになれば、それをずっと続けていくわけにもいきません。

男性のほうが料理男子ならともかく、そうでなければ、「料理下手の彼女を嫁さんにするのはムリ」と考えてしまうわけです。

家事スキルなど、彼女になんらかの不満を持っているというのが、このケースでの、結婚に踏み出せない男性の心理と考えていいでしょう。

子供嫌いで子供が欲しくない

男性の中には「子供が嫌い」とか「子供が苦手」という人が少なくありません。

同棲している現在は、二人だけの生活ですが、結婚して子供ができれば、子供も含めた生活が始まります。

子供嫌いな男性は、子供といっしょに暮らす生活を避けたいと思うものなのです。

彼女も子供を欲しいと思わないで、一生二人だけで生活していくなら、結婚しても問題はないでしょう。

しかし、女性の多くは子どもを欲しがるものですし、実際に彼女が「結婚したら子供は2人欲しいな」というようなことを口にしている場合、「同棲はアリだけど、結婚はナシ」と、男性は判断するのです。

子供が嫌いで子供が欲しいとは思わないこと、これも、同棲しているのに結婚しない男性の心理です。

「もっといい女性と出会えるかも」と思っている

同棲をしているくらいなのですから、当然、現在つきあっている彼女に恋愛感情を持っています。

けれど、多くの男性は浮気願望をもっているものですから、彼女のことを愛しながらも、「もっといい女性と出会えて、関係を持てるかも」と考えてしまうことが少なくありません。

実際に浮気しているかどうかは別にして、ほかの女性と出会う可能性を想像するのが、男性の心理と考えていいでしょう。

そういうことが頭にあるため、結婚というゴールを先伸ばしにしているわけです。

この心理の場合は、あるタイミングで、ゴールインを決意するということもじゅうぶんに考えられます。

家族を養っていく自信がない

「結婚すれば、子供を作るのが当然」と考えている男性も少なくありません。

子供が好きとか嫌いということとは関係なく、それが当たり前の人生だと考えているのです。

その場合、「今は彼女も働いていて、二人の稼ぎで生活しているけれど、結婚して子供ができればそうはいかなくなる。

自分の稼ぎで家族を養っていかなければならない」
と男性は考えます。

まだ若く、じゅうぶんな収入がない場合、現在の稼ぎではとても家族を養っていく自信がないため、結婚に踏み切れないということがよくあります。

経済的に自信がないというのが、このケースでの男性の心理ということになるでしょう。

結婚のメリットがわからない

男性が現状に満足していて、このままの状態でいいと思っているというケースもあります。

彼女との関係も良好だし、彼女との生活にこれといった不満を感じていないケースです。

このケースで、男性が「結婚するメリットがわからない」という理由から、結婚に踏み切らないことが少なくありません。

「結婚すれば社会的に縛られるだけで、何のメリットもない」と、男性は思っているわけです。

現状に満足していて、結婚にメリットを感じることができないというのが、このケースでの、結婚に踏み切れない男性の心理なのです。

同棲しているのに結婚に踏み切れない男性の心理を、6種類紹介しました。

「同棲している彼氏がなかなか結婚を決意してくれない」という女性は、彼氏の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-