【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115202.html
雨でも傘をささない男子の心理

雨でも傘をささない男子の心理 | LADYCO

LADYCO
雨でも傘をささない男子の心理

最近ではテレビをつけなくても「天気予報」を見ることができます。

しかも、次の日の天候だけでなく1週間の予報が分かりますし、天気が崩れてくるという場合の具体的な時間帯までもが常に配信されています。

ですので、雨に備えるということが昔に比べるとカンタンになっていると言えます。

それなのに、絶対に雨具を準備しない人がいます。

または、傘を持っているのにもかかわらず“ささない"という人もいます。

天気予報がはずれて、急な雨に遭遇したときならまだしも確実に雨だと分かっていても、傘をささないというある意味では“ツワモノ"とも呼べるような者も中には存在するのです。

今回はそのような「雨でも傘をささない男子の心理や性格」について書いていきます。

  • 歩かない男子
  • ファッションに興味関心がない男子
  • 制服のない仕事をしている男子
  • カバンを持たない男子
  • 自然の中で育った男子
  • 日ごろから「男らしさ」を気にしている男子

1. 歩かない男子

歩かない男子

歩かないというのは、どこに行くにも“乗り物"に乗って行くことが多いということです。

歩くといっても、駅の中だけであったり目的の建物にすぐに入ってしまうという男子には「傘」が必要ないのです。

というよりも、雨に降られるスキがないのです。

こういったことから、普段マイカーで移動をしているような男性は傘を持ち歩いていないことが多いです。

2. ファッションに興味関心がない男子

ファッションに興味関心がない男子

雨でも傘をささないということは、ある程度雨に濡れる覚悟があるからです。

もしもファッションにこだわりがあったりして、常に自分のこだわりのアイテムを身に付けるような男性であれば、雨に濡れることは避けたいはずです。

また、ファッションに関心があるということは毎日ヘアスタイルを整えているということが考えられます。

それが崩れることは避けたいのです。

この逆説を考えれば、傘をささない理由の1つがわかります。

3. 制服のない仕事をしている男子

制服のない仕事をしている男子

仕事柄、常に制服を着用している男子は雨に濡れることを嫌います。

それは「制服」が自分の所属している“会社"のしるしだからです。

この場合、制服もスーツも同じことです。

濡れた制服でいることは、会社の評判を下げてしまうことにつながりかねないのです。

その点、制服が決まっていない男性ですとそういった心配はありません。

服装に縛りがないので、濡れてしまったら着替えればいいや。

くらいにしか思っていません。

ちなみに、制服を着用しているからといっても「学生」は該当しません。

それは制服によって「学校」を背負うことと、「会社」を背負うことの責任の重さが違うからです。

4. カバンを持たない男子

カバンを持たない男子

女性ではなかなかいませんが、カバンを持たない男性はかなり多いです。

落として困るような大事なサイフやケータイでさえ、ポケットに入れて出かけてしまいます。

そういった男性の心理には、カバンというものは“煩わしい"というものがあるからです。

カバンさえも煩わしいと感じるということは、「傘」ともなると余計にそう感じざるをえないでしょう。

「持つ」だけでもイヤな人が、風の抵抗や視界が悪くなるような傘を「さして歩く」ということをするはずもありません。

5. 自然の中で育った男子

自然の中で育った男子

自然の中で育っているということは、子どものころから雨に濡れる経験を何度も繰り返してきているという可能性があります。

そうすると、雨に濡れることを「不快」とは感じにくくなっているのです。

6. 日ごろから「男らしさ」を気にしている男子

女性からすると、とても幼稚的な考え方のような気がしますが稀に“くだらないこと"に「男らしさ」を見出す男子がいます。

何かにつけては「男だったら?しないべきだ」というような考え方を振りかざすのです。

傘をさすことがイヤなのではなくて、雨に濡れることを“気にする自分"がイヤなのです。

最近ではテレビをつけなくても「天気予報」を見ることができます。

しかも、次の日の天候だけでなく1週間の予報が分かりますし、天気が崩れてくるという場合の具体的な時間帯までもが常に配信されています。

ですので、雨に備えるということが昔に比べるとカンタンになっていると言えます。

それなのに、絶対に雨具を準備しない人がいます。

または、傘を持っているのにもかかわらず“ささない"という人もいます。

天気予報がはずれて、急な雨に遭遇したときならまだしも確実に雨だと分かっていても、傘をささないというある意味では“ツワモノ"とも呼べるような者も中には存在するのです。

今回はそのような「雨でも傘をささない男子の心理や性格」について書いていきます。


歩かない男子

歩かないというのは、どこに行くにも“乗り物"に乗って行くことが多いということです。

歩くといっても、駅の中だけであったり目的の建物にすぐに入ってしまうという男子には「傘」が必要ないのです。

というよりも、雨に降られるスキがないのです。

こういったことから、普段マイカーで移動をしているような男性は傘を持ち歩いていないことが多いです。

ファッションに興味関心がない男子

雨でも傘をささないということは、ある程度雨に濡れる覚悟があるからです。

もしもファッションにこだわりがあったりして、常に自分のこだわりのアイテムを身に付けるような男性であれば、雨に濡れることは避けたいはずです。

また、ファッションに関心があるということは毎日ヘアスタイルを整えているということが考えられます。

それが崩れることは避けたいのです。

この逆説を考えれば、傘をささない理由の1つがわかります。

制服のない仕事をしている男子

仕事柄、常に制服を着用している男子は雨に濡れることを嫌います。

それは「制服」が自分の所属している“会社"のしるしだからです。

この場合、制服もスーツも同じことです。

濡れた制服でいることは、会社の評判を下げてしまうことにつながりかねないのです。

その点、制服が決まっていない男性ですとそういった心配はありません。

服装に縛りがないので、濡れてしまったら着替えればいいや。

くらいにしか思っていません。

ちなみに、制服を着用しているからといっても「学生」は該当しません。

それは制服によって「学校」を背負うことと、「会社」を背負うことの責任の重さが違うからです。

カバンを持たない男子

女性ではなかなかいませんが、カバンを持たない男性はかなり多いです。

落として困るような大事なサイフやケータイでさえ、ポケットに入れて出かけてしまいます。

そういった男性の心理には、カバンというものは“煩わしい"というものがあるからです。

カバンさえも煩わしいと感じるということは、「傘」ともなると余計にそう感じざるをえないでしょう。

「持つ」だけでもイヤな人が、風の抵抗や視界が悪くなるような傘を「さして歩く」ということをするはずもありません。

自然の中で育った男子

自然の中で育っているということは、子どものころから雨に濡れる経験を何度も繰り返してきているという可能性があります。

そうすると、雨に濡れることを「不快」とは感じにくくなっているのです。

女性からすると、とても幼稚的な考え方のような気がしますが稀に“くだらないこと"に「男らしさ」を見出す男子がいます。

何かにつけては「男だったら?しないべきだ」というような考え方を振りかざすのです。

傘をさすことがイヤなのではなくて、雨に濡れることを“気にする自分"がイヤなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-