【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115150.html
写真を撮られるのを嫌がる男の心理

写真を撮られるのを嫌がる男の心理 | LADYCO

LADYCO
写真を撮られるのを嫌がる男の心理

写真を撮ろうとすると、頑なに嫌がる男性がいます。

では、写真を撮られるのをそんなに嫌がる男性の心理とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

  • 自分のルックスに自信がない
  • 写真撮影に対してトラウマがある
  • どんなポーズをしたらいいか分からない
  • ネットに流出するリスクを恐れている
  • 写真は撮る方が好き
  • 魂を抜かれると思っている
  • まとめ

1. 自分のルックスに自信がない

自分のルックスに自信がない

顔やスタイルなど自分のルックスが好きではない、自信がないという可能性があります。

自分が理想としている顔やスタイルとは程遠く、その外見をコンプレックスに感じていることもあるかもしれません。

その為、自分が写った画像を他人に持っていて欲しくないのです。

また、自分自身も写真でコンプレックスに感じている姿を、改めて確認したくないという思いがあるのです。

写真映りが悪く、自分が納得できる顔で撮ることができないという男性もいるでしょう。

逆に、自分のルックスに自信を持っている男性は、写真を撮られることが好きなはずです。

2. 写真撮影に対してトラウマがある

写真撮影に対してトラウマがある

過去に写真撮影をした際に「もう二度と写真なんて取りたくない」と思うような嫌な出来事があったのかもしれません。

たまたま写真映りが悪かった時に、それを友達にからかわれたという経験や、写真撮影ではいつも目をつぶってしまうなど、写真撮影に対して全くいい思い出がない場合は、それがトラウマになっている可能性があるでしょう。

他人からすると、気にしなくていいと感じるような出来事でも、その男性にとっては大きな心の傷になっているのかもしれません。

3. どんなポーズをしたらいいか分からない

どんなポーズをしたらいいか分からない

男性の中には、女性のように普段から写真を撮り慣れていないという人も多いでしょう。

その為こういった男性の場合は、いざ写真を撮られるとなると、どんなポーズで映ったらいいのか分からないのです。

カメラを向けられても固まってしまい、ポーズどころかどんな表情をしたらいいのかさえ分からないはずです。

このような男性は笑顔も作り慣れていない為、どうしても仏頂面になってしまいます。

そのような写真を、他の人に見られたくないのです。

4. ネットに流出するリスクを恐れている

ネットに流出するリスクを恐れている

今のご時世、ネットへの画像流出や、画像の悪用などのリスクを恐れている可能性も高いでしょう。

画像を含む個人情報の管理に対してとても敏感で、自己防衛本能がかなり高い男性です。

実際に、周りに写真を悪用された経験のある人がいるのかもしれません。

また、彼氏という存在でありながらも、頑なに写真を撮ることを嫌がるのであれば、他に彼女がいるということも考えられるでしょう。

その為、自分の画像が他の女性のカメラやスマホに残ってしまい、SNSでネット上に拡散されてバレてしまうことを恐れているのかもしれません。

理由はどうであれ、自分の情報が漏れてしまうことを恐れているのでしょう。

5. 写真は撮る方が好き

写真は撮る方が好き

写真は撮ることが大好きで、人に自分を撮られるのは苦手だという男性も多いかもしれません。

風景を撮ったり、彼女だけをひたすら撮ったりするのが楽しくて、自分がそこに一緒に映ることには興味が全く無いのです。

「写真は撮られるものではなく、撮って楽しむもの」という価値観を持っているのでしょう。

彼女からすると、一緒に撮りたいという気持ちがありますが、本当にカメラが好きという男性には、こういった考えの人も多いのです。

6. 魂を抜かれると思っている

魂を抜かれると思っている

「写真を撮ると魂が抜かれる」という昔の古い迷信を信じている男性なのかもしれません。

小さい頃から、家族にそう言い聞かされてきたような特殊な環境にいたとすれば、写真撮影を極端に嫌がることもあり得るでしょう。

また、その男性の霊感が強く、写真に何か映っていたといった心霊写真の経験を持っているなど、写真撮影に対して特別な恐怖感を抱いている可能性もあるでしょう。

まとめ

写真を撮られることを嫌がる男性には、それぞれに違った理由があるのです。

デリケートな問題が潜んでいることもあるので、無理強いはやめておきましょう。

写真を撮ろうとすると、頑なに嫌がる男性がいます。

では、写真を撮られるのをそんなに嫌がる男性の心理とは、いったいどのようなものなのでしょうか。


自分のルックスに自信がない

顔やスタイルなど自分のルックスが好きではない、自信がないという可能性があります。

自分が理想としている顔やスタイルとは程遠く、その外見をコンプレックスに感じていることもあるかもしれません。

その為、自分が写った画像を他人に持っていて欲しくないのです。

また、自分自身も写真でコンプレックスに感じている姿を、改めて確認したくないという思いがあるのです。

写真映りが悪く、自分が納得できる顔で撮ることができないという男性もいるでしょう。

逆に、自分のルックスに自信を持っている男性は、写真を撮られることが好きなはずです。

写真撮影に対してトラウマがある

過去に写真撮影をした際に「もう二度と写真なんて取りたくない」と思うような嫌な出来事があったのかもしれません。

たまたま写真映りが悪かった時に、それを友達にからかわれたという経験や、写真撮影ではいつも目をつぶってしまうなど、写真撮影に対して全くいい思い出がない場合は、それがトラウマになっている可能性があるでしょう。

他人からすると、気にしなくていいと感じるような出来事でも、その男性にとっては大きな心の傷になっているのかもしれません。

どんなポーズをしたらいいか分からない

男性の中には、女性のように普段から写真を撮り慣れていないという人も多いでしょう。

その為こういった男性の場合は、いざ写真を撮られるとなると、どんなポーズで映ったらいいのか分からないのです。

カメラを向けられても固まってしまい、ポーズどころかどんな表情をしたらいいのかさえ分からないはずです。

このような男性は笑顔も作り慣れていない為、どうしても仏頂面になってしまいます。

そのような写真を、他の人に見られたくないのです。

ネットに流出するリスクを恐れている

今のご時世、ネットへの画像流出や、画像の悪用などのリスクを恐れている可能性も高いでしょう。

画像を含む個人情報の管理に対してとても敏感で、自己防衛本能がかなり高い男性です。

実際に、周りに写真を悪用された経験のある人がいるのかもしれません。

また、彼氏という存在でありながらも、頑なに写真を撮ることを嫌がるのであれば、他に彼女がいるということも考えられるでしょう。

その為、自分の画像が他の女性のカメラやスマホに残ってしまい、SNSでネット上に拡散されてバレてしまうことを恐れているのかもしれません。

理由はどうであれ、自分の情報が漏れてしまうことを恐れているのでしょう。

写真は撮る方が好き

写真は撮ることが大好きで、人に自分を撮られるのは苦手だという男性も多いかもしれません。

風景を撮ったり、彼女だけをひたすら撮ったりするのが楽しくて、自分がそこに一緒に映ることには興味が全く無いのです。

「写真は撮られるものではなく、撮って楽しむもの」という価値観を持っているのでしょう。

彼女からすると、一緒に撮りたいという気持ちがありますが、本当にカメラが好きという男性には、こういった考えの人も多いのです。

魂を抜かれると思っている

「写真を撮ると魂が抜かれる」という昔の古い迷信を信じている男性なのかもしれません。

小さい頃から、家族にそう言い聞かされてきたような特殊な環境にいたとすれば、写真撮影を極端に嫌がることもあり得るでしょう。

また、その男性の霊感が強く、写真に何か映っていたといった心霊写真の経験を持っているなど、写真撮影に対して特別な恐怖感を抱いている可能性もあるでしょう。

写真を撮られることを嫌がる男性には、それぞれに違った理由があるのです。

デリケートな問題が潜んでいることもあるので、無理強いはやめておきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-