【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115141.html
ラーメンばかり食べる男子の心理

ラーメンばかり食べる男子の心理 | LADYCO

LADYCO
ラーメンばかり食べる男子の心理

飲み会のシメ、気温が寒いから温かい物が食べたいなどの理由で、ラーメンを食べたくなります。

毎日食べたくなるかというとそこまでに至らないですが、中には毎日ラーメンを食べる男子もいるのです。

  • 単純にラーメンを食べるのが好き
  • 流行っているものが好き
  • 自称グルメ通
  • 食費の節約
  • コミュニケーションツールとして食べ続けている
  • 時間の節約として食べている
  • まとめ

1. 単純にラーメンを食べるのが好き

単純にラーメンを食べるのが好き

ラーメン店によって、味の特徴やトッピングが違っています。

醤油や塩や味噌をはじめ、豚骨や唐辛子が多く入っている辛めの味、スープに合わせて麺の太さや固さ、トッピングにもチャーシューの味付けや卵も黄味の状態や味が付いているなど、1つ1つに対して拘りを持っています。

蕎麦やうどんだと味やトッピングがパターン化し、何店か食べ歩くことによって飽きてしまうこともあります。

ラーメン店の場合は、コレといった特徴がないとお客も飽きてしまうことから、何度も改良して提供しているので、普段の生活環境の中でお店が多いほど食べ続けても飽きないです。

2. 流行っているものが好き

流行っているものが好き

人気があるラーメン店は、マスコミにも紹介されています。

そこのお店に通って人気がある商品を食べますと、他の人と会話した時に注目されることもありますし、SNSにて写真付きでアップしますと色々な人が閲覧し、中には羨ましいという感情を持ってしまいます。

ラーメンは男女関係なく好きな人もいますし、カップラーメンでも新商品があれば気になって手に取ってしまうこともあります。

とくに新商品のカップラーメンは、月に複数の商品が販売されていますので、流行っているものが好きな人ほど多く食べてしまいがちです。

3. 自称グルメ通

自称グルメ通

グルメ通は自分で探して気になっている店で食事をしますが、中にはブログや口コミサイトなどに投稿し、投稿数やブログのアクセス数が多いとマスコミにも注目されます。

その為、他の人よりも外食する回数が多いことから食費も嵩み、それなりに収入がないと継続するのも難しいのですが、自称グルメ通は外食の中でも比較的コストが低いラーメンに注目します。

1日に複数の店舗に通うこともでき、食べた感想などをSNSに発信しますと内容次第でアクセス数も増えてきます。

注目されるだけではなくコメントも貰えますので、自然とラーメンばかり食べることになってしまうのです。

4. 食費の節約

食費の節約

外食としても安価な食べ物ですが、スーパーやコンビニなどでもカップラーメンや袋メンが扱っていますので、大量に買うことによって自宅でも食べることができます。

味のバリエーションも多く、自分で自由に調味料を足したり具材を足すこともできるのも、即席ラーメンの楽しみでもあります。

飲食店と比べれば全体的に物足りなさは感じられるものの、1食での食費としてはコストが低くサイズ違いもありますし、自宅だけではなくお湯とゴミ捨て場の確保ができれば職場や学校、野外でも食べることができますので、食べ方によって節約することもできます。

5. コミュニケーションツールとして食べ続けている

コミュニケーションツールとして食べ続けている

一時的なブームは過ぎ去ってはいるものの、お店の努力もあってラーメンの人気は衰えていないです。

人気が高いお店は行列に並んでも食べたいという人もいることやマスコミでも紹介されていますので、知名度の高いラーメン店は食べたことがなくても店名だけは1回でも聞いたことがあります。

その為、人気が高いラーメン店を多く食べていますと、会話をする時には味の感想を伝えることや直接連れて行くこともできます。

自分が好きで食べていることもありますが、ラーメンが嫌いな人は少ないので、コミュニケーションツールとして出すことができます。

6. 時間の節約として食べている

時間の節約として食べている

仕事で残業したり、学生ですと運動部で体を動かして自宅に帰るまでにお腹が空いてしまいますと、短時間で満腹になれそうなものを食べたくなってしまいます。

また疲れている時ほど帰宅しても食事する時間が勿体ないと思ってしまいますので、外に出ている間に食べることができるラーメン店に向かいます。

ラーメンの良さは自分の疲れ具合によって味や量を調節することもできますが、独身ですと栄養不足を感じれば野菜を多く入れてもらえるお店を探すこともできますので、料理する手間を省けたり帰った後も自由にできるので、時間の節約が可能なのです。

まとめ

傍から見ていますと、毎日ラーメンばかり食べて飽きないのかと思ってしまいがちです。

しかし味の好み、このお店が好きというこだわりがなければ、毎日食べることができます。

中には食費にかける金額によっては、ラーメンを食べるだけではなく、会話を引き出すための手段や発信手段、節約することでお金を貯めて別の事にも使えるので、他の食事を楽しみたい人は冷めた目で見ないで下さい。

飲み会のシメ、気温が寒いから温かい物が食べたいなどの理由で、ラーメンを食べたくなります。

毎日食べたくなるかというとそこまでに至らないですが、中には毎日ラーメンを食べる男子もいるのです。


単純にラーメンを食べるのが好き

ラーメン店によって、味の特徴やトッピングが違っています。

醤油や塩や味噌をはじめ、豚骨や唐辛子が多く入っている辛めの味、スープに合わせて麺の太さや固さ、トッピングにもチャーシューの味付けや卵も黄味の状態や味が付いているなど、1つ1つに対して拘りを持っています。

蕎麦やうどんだと味やトッピングがパターン化し、何店か食べ歩くことによって飽きてしまうこともあります。

ラーメン店の場合は、コレといった特徴がないとお客も飽きてしまうことから、何度も改良して提供しているので、普段の生活環境の中でお店が多いほど食べ続けても飽きないです。

流行っているものが好き

人気があるラーメン店は、マスコミにも紹介されています。

そこのお店に通って人気がある商品を食べますと、他の人と会話した時に注目されることもありますし、SNSにて写真付きでアップしますと色々な人が閲覧し、中には羨ましいという感情を持ってしまいます。

ラーメンは男女関係なく好きな人もいますし、カップラーメンでも新商品があれば気になって手に取ってしまうこともあります。

とくに新商品のカップラーメンは、月に複数の商品が販売されていますので、流行っているものが好きな人ほど多く食べてしまいがちです。

自称グルメ通

グルメ通は自分で探して気になっている店で食事をしますが、中にはブログや口コミサイトなどに投稿し、投稿数やブログのアクセス数が多いとマスコミにも注目されます。

その為、他の人よりも外食する回数が多いことから食費も嵩み、それなりに収入がないと継続するのも難しいのですが、自称グルメ通は外食の中でも比較的コストが低いラーメンに注目します。

1日に複数の店舗に通うこともでき、食べた感想などをSNSに発信しますと内容次第でアクセス数も増えてきます。

注目されるだけではなくコメントも貰えますので、自然とラーメンばかり食べることになってしまうのです。

食費の節約

外食としても安価な食べ物ですが、スーパーやコンビニなどでもカップラーメンや袋メンが扱っていますので、大量に買うことによって自宅でも食べることができます。

味のバリエーションも多く、自分で自由に調味料を足したり具材を足すこともできるのも、即席ラーメンの楽しみでもあります。

飲食店と比べれば全体的に物足りなさは感じられるものの、1食での食費としてはコストが低くサイズ違いもありますし、自宅だけではなくお湯とゴミ捨て場の確保ができれば職場や学校、野外でも食べることができますので、食べ方によって節約することもできます。

コミュニケーションツールとして食べ続けている

一時的なブームは過ぎ去ってはいるものの、お店の努力もあってラーメンの人気は衰えていないです。

人気が高いお店は行列に並んでも食べたいという人もいることやマスコミでも紹介されていますので、知名度の高いラーメン店は食べたことがなくても店名だけは1回でも聞いたことがあります。

その為、人気が高いラーメン店を多く食べていますと、会話をする時には味の感想を伝えることや直接連れて行くこともできます。

自分が好きで食べていることもありますが、ラーメンが嫌いな人は少ないので、コミュニケーションツールとして出すことができます。

時間の節約として食べている

仕事で残業したり、学生ですと運動部で体を動かして自宅に帰るまでにお腹が空いてしまいますと、短時間で満腹になれそうなものを食べたくなってしまいます。

また疲れている時ほど帰宅しても食事する時間が勿体ないと思ってしまいますので、外に出ている間に食べることができるラーメン店に向かいます。

ラーメンの良さは自分の疲れ具合によって味や量を調節することもできますが、独身ですと栄養不足を感じれば野菜を多く入れてもらえるお店を探すこともできますので、料理する手間を省けたり帰った後も自由にできるので、時間の節約が可能なのです。

傍から見ていますと、毎日ラーメンばかり食べて飽きないのかと思ってしまいがちです。

しかし味の好み、このお店が好きというこだわりがなければ、毎日食べることができます。

中には食費にかける金額によっては、ラーメンを食べるだけではなく、会話を引き出すための手段や発信手段、節約することでお金を貯めて別の事にも使えるので、他の食事を楽しみたい人は冷めた目で見ないで下さい。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-