【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401115120.html
手を洗わない男性の心理

手を洗わない男性の心理 | LADYCO

LADYCO
手を洗わない男性の心理

なんで洗わないの?手を洗わない男性に多い性格や心理をまとめました。

  • 単純に面倒くさがりである
  • 生物として、不必要なことだと思っている
  • 石けんなどの人工的な香りが苦手である
  • 何らかのにおいを「消したくない」と思いがちである
  • あまりに厳しいしつけの反動として「手を洗わない」ようになっている
  • 潔癖な女性を避けようとする傾向がある
  • 節約の一環と判断して、洗わない
  • 他の行動で手洗いが兼ねられると思っている
  • ウエットティッシュが好きである
  • まとめ

1. 単純に面倒くさがりである

単純に面倒くさがりである

一般的にいうなら、手を洗う程度のことは「手間」とも思われない行為です。

しかし面倒くさがりな度合いが高い男性では、それすらも「手間だ、面倒だ」と感じてしまうのです。

生きる上で絶対に必要なこと、たとえば睡眠をとるとか食事をするとか、そういうことは彼らでもします。

手を洗うことが生活上必須だと思っていないのです。

2. 生物として、不必要なことだと思っている

生物として、不必要なことだと思っている

手を洗うことは、人間社会ではある程度常識的な行動ですが、人間を一つの生物として考えたとき、どうなるでしょうか。

類人猿や各種哺乳類が手を洗ったり歯磨きをしているかといえば、そうではありません。

それでいて健康を保っています。

皮膚の常在菌などの関係で、必ずしも手を洗わなくても不衛生にならないということは、理屈上はありえます。

何かと手を洗わない傾向にある男性では、無精なのではなく、「健康上、平素から手を洗う必要はない」と考えていることもあります。

3. 石けんなどの人工的な香りが苦手である

石けんなどの人工的な香りが苦手である

石けんや、ハンドソープなどの香りを好まない男性もいます。

それだけであるなら水のみで手を洗えば良いところですが、手洗い自体を避ける傾向となってしまう人もいます。

このような男性では、自然派の無臭石けんをすすめる、あるいは殺菌効果のある「お茶がら」で手を洗うなど別の方策をすすめると、手をよく洗うようになることもあります。

4. 何らかのにおいを「消したくない」と思いがちである

何らかのにおいを「消したくない」と思いがちである

手を洗えば、手は無臭になるか、石けんなどの香りに包まれます。

一般にはそれでスッキリするとか、爽快になるとか思うものですが、誰しもがそうではありません。

特に男性は、女性が思いもよらないことに「こだわる」傾向があり、同僚と握手した手を洗いたくないとか、美しい樹木に触れた手をしばらく洗いたくないとか、変わった心理を持つことがあります。

好きな女性と手を握りあった場合なども、「手を洗いたくない」と考えてしまう人がいます。

女性の場合でも、芸能人やスポーツ選手と握手した手を洗いたくないといった気持ちはときに生じることでしょうが、一部の男性では、そうした気持ちが、一般には思いもよらないことについても起きることがあるのです。

5. あまりに厳しいしつけの反動として「手を洗わない」ようになっている

あまりに厳しいしつけの反動として「手を洗わない」ようになっている

子ども時代、保護者や教師などから、手洗いをあまりにも徹底して奨励されていると、男女問わず「そこまで手を洗う必要もないだろう」という「反動」が形成されがちです。

特に男性の場合、理不尽だと判断したことへの反発心が強く出がちであり、「手を洗うのは良いとしても、そんなにしょっちゅう洗う必要はない」などと、強く決め込むこともあります。

6. 潔癖な女性を避けようとする傾向がある

潔癖な女性を避けようとする傾向がある

清潔好きな女性は魅力的でもありますが、それこそ過剰に手を洗うなど、清潔好きの度が過ぎてくると同性・異性双方から敬遠されることもあります。

では、潔癖な女性からある程度距離を置くにはどうしたら良いか?

それは簡単で、自分が清潔好きでないところを見せれば良いのです。

この理由からあえて人前で手を洗わない男性もいます。

7. 節約の一環と判断して、洗わない

節約の一環と判断して、洗わない

手を洗う場合、一般には水の他に石けんなどを用います。

当然、わずかのコストは発生するものです。

手をあまり洗わない男性では、水や石鹸が勿体無いというシンプルな理由でそうしていることもあります。

ただし手を洗わないことで病気にかかったりしては、結局コストがかかってしまうわけで、やや読みの甘い、短絡的な発想だとも考えられますね。

8. 他の行動で手洗いが兼ねられると思っている

他の行動で手洗いが兼ねられると思っている

たとえばお風呂に入れば、半ば自動的に手も洗うことになりますし、食器を洗うのでもやはり手はある程度洗われることとなります。

このようなことをするのであれば、「手のみ」をわざわざ洗わなくていい、と考える男性もいます。

しかし、手を洗わないでお風呂に入るとすれば、着替えやバスタオルは洗っていない手で持ち運ぶことになるかもしれず、やはり不衛生ですね。

 

9. ウエットティッシュが好きである

ウエットティッシュが好きである

男性は女性よりは肌が強い傾向にあり、アルコール等の入ったウエットティッシュを使っても、特に肌荒れなどに困らないことも多いものです。

ウエットティッシュであれば拭いてポイで済みますし、外でもすぐに使えます。

このような製品に慣れるがあまり、水で手を洗うことをしなくなる男性もいます。

まとめ

手を洗わない男性には、色々と特徴がありますが、女性や、清潔好きな男性からは想像もできない理由も潜んでいます。

関係性が良いなら、手を洗わないことにどういう理由があるのか、話をしてみるのは悪くないでしょう。

なんで洗わないの?手を洗わない男性に多い性格や心理をまとめました。


単純に面倒くさがりである

一般的にいうなら、手を洗う程度のことは「手間」とも思われない行為です。

しかし面倒くさがりな度合いが高い男性では、それすらも「手間だ、面倒だ」と感じてしまうのです。

生きる上で絶対に必要なこと、たとえば睡眠をとるとか食事をするとか、そういうことは彼らでもします。

手を洗うことが生活上必須だと思っていないのです。

生物として、不必要なことだと思っている

手を洗うことは、人間社会ではある程度常識的な行動ですが、人間を一つの生物として考えたとき、どうなるでしょうか。

類人猿や各種哺乳類が手を洗ったり歯磨きをしているかといえば、そうではありません。

それでいて健康を保っています。

皮膚の常在菌などの関係で、必ずしも手を洗わなくても不衛生にならないということは、理屈上はありえます。

何かと手を洗わない傾向にある男性では、無精なのではなく、「健康上、平素から手を洗う必要はない」と考えていることもあります。

石けんなどの人工的な香りが苦手である

石けんや、ハンドソープなどの香りを好まない男性もいます。

それだけであるなら水のみで手を洗えば良いところですが、手洗い自体を避ける傾向となってしまう人もいます。

このような男性では、自然派の無臭石けんをすすめる、あるいは殺菌効果のある「お茶がら」で手を洗うなど別の方策をすすめると、手をよく洗うようになることもあります。

何らかのにおいを「消したくない」と思いがちである

手を洗えば、手は無臭になるか、石けんなどの香りに包まれます。

一般にはそれでスッキリするとか、爽快になるとか思うものですが、誰しもがそうではありません。

特に男性は、女性が思いもよらないことに「こだわる」傾向があり、同僚と握手した手を洗いたくないとか、美しい樹木に触れた手をしばらく洗いたくないとか、変わった心理を持つことがあります。

好きな女性と手を握りあった場合なども、「手を洗いたくない」と考えてしまう人がいます。

女性の場合でも、芸能人やスポーツ選手と握手した手を洗いたくないといった気持ちはときに生じることでしょうが、一部の男性では、そうした気持ちが、一般には思いもよらないことについても起きることがあるのです。

あまりに厳しいしつけの反動として「手を洗わない」ようになっている

子ども時代、保護者や教師などから、手洗いをあまりにも徹底して奨励されていると、男女問わず「そこまで手を洗う必要もないだろう」という「反動」が形成されがちです。

特に男性の場合、理不尽だと判断したことへの反発心が強く出がちであり、「手を洗うのは良いとしても、そんなにしょっちゅう洗う必要はない」などと、強く決め込むこともあります。

潔癖な女性を避けようとする傾向がある

清潔好きな女性は魅力的でもありますが、それこそ過剰に手を洗うなど、清潔好きの度が過ぎてくると同性・異性双方から敬遠されることもあります。

では、潔癖な女性からある程度距離を置くにはどうしたら良いか?

それは簡単で、自分が清潔好きでないところを見せれば良いのです。

この理由からあえて人前で手を洗わない男性もいます。

節約の一環と判断して、洗わない

手を洗う場合、一般には水の他に石けんなどを用います。

当然、わずかのコストは発生するものです。

手をあまり洗わない男性では、水や石鹸が勿体無いというシンプルな理由でそうしていることもあります。

ただし手を洗わないことで病気にかかったりしては、結局コストがかかってしまうわけで、やや読みの甘い、短絡的な発想だとも考えられますね。

他の行動で手洗いが兼ねられると思っている

たとえばお風呂に入れば、半ば自動的に手も洗うことになりますし、食器を洗うのでもやはり手はある程度洗われることとなります。

このようなことをするのであれば、「手のみ」をわざわざ洗わなくていい、と考える男性もいます。

しかし、手を洗わないでお風呂に入るとすれば、着替えやバスタオルは洗っていない手で持ち運ぶことになるかもしれず、やはり不衛生ですね。

 
ウエットティッシュが好きである

男性は女性よりは肌が強い傾向にあり、アルコール等の入ったウエットティッシュを使っても、特に肌荒れなどに困らないことも多いものです。

ウエットティッシュであれば拭いてポイで済みますし、外でもすぐに使えます。

このような製品に慣れるがあまり、水で手を洗うことをしなくなる男性もいます。

手を洗わない男性には、色々と特徴がありますが、女性や、清潔好きな男性からは想像もできない理由も潜んでいます。

関係性が良いなら、手を洗わないことにどういう理由があるのか、話をしてみるのは悪くないでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-