【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401114357.html
すぐ論破したがる男の心理

すぐ論破したがる男の心理 | LADYCO

LADYCO
すぐ論破したがる男の心理

会社の会議、呑み会など、男性が複数いる時、ちょっとした世間話でも、すぐ論破を仕掛けてくる男性って、いますよね。

彼らは、どういう心理なのでしょうか。

  • 共感性が低い
  • 会話のキャッチボールをついついゲーム感覚でとらえてしまう
  • 会話のレベルが低いと感じ、見下して、論破してしまう
  • 彼の家族が論破好き
  • 過去に人を怖く思った強烈な体験を持っている
  • 自分に自信が無い
  • まとめ

1. 共感性が低い

共感性が低い

すぐ論破したがる男性の性格は、実は様々なのです。

ただ共通する特徴としては、共感性が低い人達が多いです。

例えば、みんなで誰かの仕事の相談を聞いていたとします。

みんなは、悩みに共感をしていて、「大変だねー」と言っていたとします。

しかし、すぐ論破をしたがる男性は、「そんなの、君の能力が低いからだよ。

もっと勉強したほうがいい」
と、突如独自の結論を投げつけてきます。

共感性が低いので、空気を読みません。

読めないのではなく、読むことに興味が無いのです。

2. 会話のキャッチボールをついついゲーム感覚でとらえてしまう

会話のキャッチボールをついついゲーム感覚でとらえてしまう

特に女性の場合はですが、会話を勧めていく中で、結論を出したいわけではなく、共感して欲しいから話すということも多いですよね。

しかし、すぐ論破したがる男性は、共感性が低いので、共感はしません。

みんなと同じ仲間意識を保って会話を続けることに興味は有りません。

それより、会話をゲームととらえ、自分がメンバーから突出して勝利者になることが快感だったりするのです。

みんなと同じ立ち位置ではなく、上の立場になりたいのです。

3. 会話のレベルが低いと感じ、見下して、論破してしまう

会話のレベルが低いと感じ、見下して、論破してしまう

学歴が高かったり、知識が豊富だったりする男性の中に、すぐ論破をしたがる男性がいます。

その理由は、みんなで話している会話が、彼にとって、あまりにレベルが低い、つまらないと判断をしてしまうのです。

そうすると、「つまらない議論だから、早く終わらせたい」と思い、論破をしてくるのです。

こういうタイプの男性は、周囲から見たら、論破を仕掛けられたと感じるでしょうが、当の本人は、つまらない話を早く終わらせたいだけなのです。

4. 彼の家族が論破好き

彼の家族が論破好き

すぐ論破したがる男性の中には、育った環境の影響を受けている人もいます。

エリートの夫婦のもとに生まれた場合、小さい頃から、両親が議論をしている姿を見ています。

そういう家庭は、食事の時も議論の時間だったりします。

そのような家庭で育つと、議論と言うコミュニケーションの手段しか知らないのです。

こういうタイプの場合、本人は論破をしている気さえ有りません。

メンバーで話している中で、「それおかしいよ」と、思ったことを、そのまま言っているだけなのです。

ただ言われた側は、論破を仕掛けてこられたと感じると思います。

5. 過去に人を怖く思った強烈な体験を持っている

過去に人を怖く思った強烈な体験を持っている

すぐ論破をしかける男性の一部の人は、過去に人を怖く思った強烈な体験を持っているようです。

小さい頃、おとなしくていじめられたなどです。

「あの時、いじめられたのは、自分がちゃんと言い返せなかったからだ」と言う、コミュニケーション能力について、コンプレックスを持っている場合が有ります。

このような体験を持っていると、会議などで自分の立場が危うくなったりすると、突如論破をすることで、自分が不利な立場にならないよう、自分を防御しているのです。

6. 自分に自信が無い

自分に自信が無い

頭が良かったり、高学歴だけれども、自分に自信を無いと言う男性は一定数います。

見た目に自信が無かったり、男らしさに自信が無かったりなどです。

そういう男性は、弁が立つことが、自分の強味だと思っていますので、論破出来る機会を見つけると、自分と言う人間の価値を知ってもらいたいと思い、論破をしてきます。

こういうタイプは、論破をする相手を攻撃したいのではなく、自分の価値を認めてほしいと言う気持ちです。

まとめ

すぐ論破をしてくる男性が苦手な人は多いと思います。

彼らの中には、いろいろな性格や心理が潜んではいます。

もし、論破をしてこられ、対処に困った際、出来るのであれば、相手に花を持たせてあげることは、ひとつの策です。

もし、すぐ論破をしてくる男性が会社の同僚や部下などで、仕事上、困るのであれば、周囲の人と相談をして、対策を立てると良いでしょう。

会社の会議、呑み会など、男性が複数いる時、ちょっとした世間話でも、すぐ論破を仕掛けてくる男性って、いますよね。

彼らは、どういう心理なのでしょうか。


共感性が低い

すぐ論破したがる男性の性格は、実は様々なのです。

ただ共通する特徴としては、共感性が低い人達が多いです。

例えば、みんなで誰かの仕事の相談を聞いていたとします。

みんなは、悩みに共感をしていて、「大変だねー」と言っていたとします。

しかし、すぐ論破をしたがる男性は、「そんなの、君の能力が低いからだよ。

もっと勉強したほうがいい」
と、突如独自の結論を投げつけてきます。

共感性が低いので、空気を読みません。

読めないのではなく、読むことに興味が無いのです。

会話のキャッチボールをついついゲーム感覚でとらえてしまう

特に女性の場合はですが、会話を勧めていく中で、結論を出したいわけではなく、共感して欲しいから話すということも多いですよね。

しかし、すぐ論破したがる男性は、共感性が低いので、共感はしません。

みんなと同じ仲間意識を保って会話を続けることに興味は有りません。

それより、会話をゲームととらえ、自分がメンバーから突出して勝利者になることが快感だったりするのです。

みんなと同じ立ち位置ではなく、上の立場になりたいのです。

会話のレベルが低いと感じ、見下して、論破してしまう

学歴が高かったり、知識が豊富だったりする男性の中に、すぐ論破をしたがる男性がいます。

その理由は、みんなで話している会話が、彼にとって、あまりにレベルが低い、つまらないと判断をしてしまうのです。

そうすると、「つまらない議論だから、早く終わらせたい」と思い、論破をしてくるのです。

こういうタイプの男性は、周囲から見たら、論破を仕掛けられたと感じるでしょうが、当の本人は、つまらない話を早く終わらせたいだけなのです。

彼の家族が論破好き

すぐ論破したがる男性の中には、育った環境の影響を受けている人もいます。

エリートの夫婦のもとに生まれた場合、小さい頃から、両親が議論をしている姿を見ています。

そういう家庭は、食事の時も議論の時間だったりします。

そのような家庭で育つと、議論と言うコミュニケーションの手段しか知らないのです。

こういうタイプの場合、本人は論破をしている気さえ有りません。

メンバーで話している中で、「それおかしいよ」と、思ったことを、そのまま言っているだけなのです。

ただ言われた側は、論破を仕掛けてこられたと感じると思います。

過去に人を怖く思った強烈な体験を持っている

すぐ論破をしかける男性の一部の人は、過去に人を怖く思った強烈な体験を持っているようです。

小さい頃、おとなしくていじめられたなどです。

「あの時、いじめられたのは、自分がちゃんと言い返せなかったからだ」と言う、コミュニケーション能力について、コンプレックスを持っている場合が有ります。

このような体験を持っていると、会議などで自分の立場が危うくなったりすると、突如論破をすることで、自分が不利な立場にならないよう、自分を防御しているのです。

自分に自信が無い

頭が良かったり、高学歴だけれども、自分に自信を無いと言う男性は一定数います。

見た目に自信が無かったり、男らしさに自信が無かったりなどです。

そういう男性は、弁が立つことが、自分の強味だと思っていますので、論破出来る機会を見つけると、自分と言う人間の価値を知ってもらいたいと思い、論破をしてきます。

こういうタイプは、論破をする相手を攻撃したいのではなく、自分の価値を認めてほしいと言う気持ちです。

すぐ論破をしてくる男性が苦手な人は多いと思います。

彼らの中には、いろいろな性格や心理が潜んではいます。

もし、論破をしてこられ、対処に困った際、出来るのであれば、相手に花を持たせてあげることは、ひとつの策です。

もし、すぐ論破をしてくる男性が会社の同僚や部下などで、仕事上、困るのであれば、周囲の人と相談をして、対策を立てると良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-