【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401111947.html
いつも話を聞かない男の心理

いつも話を聞かない男の心理 | LADYCO

LADYCO
いつも話を聞かない男の心理

こちらが話かけても、いつも話を聞かない男性が少なくありません。

どうして話を聞こうとしないのか、そういう男性はどんな心理をもっているのか見ていくことにしましょう。

  • 相手の話に興味がない
  • 相手に関心がない
  • 人の話を聞く必要はないと思っている
  • 人の話を聞くよりも自分の話をしたい
  • 悩みや問題を抱えていて、いつも考えごとをしている
  • まとめ

1. 相手の話に興味がない

相手の話に興味がない

いつも話を聞かないような男性でも、すべての人のすべての話を聞こうとしないというわけではありません。

たとえば、野球が大好きな男性が、自分の好きなプロ野球チームの話や、ファンの選手の話をされれば、大いに興味をもって、その話に耳を傾けることでしょう。

つまり、自分の興味のある話は積極的に聞こうとするわけです。

逆に、興味を持てない話には耳を傾けようとしません。

ですから、「いつも話を聞いてくれない」と思う場合、こちらの話す話題が、いつも相手の男性の興味のないものばかりということが考えられます。

相手の話に興味がないこと、これが人の話を聞かない男性の心理と言うことになるでしょう。

2. 相手に関心がない

相手に関心がない

話の内容以前に、話しかけられている相手に関心がないというのも、いつも話を聞かない男性の心理と考えていいでしょう。

たとえば、好意を寄せている女性とのデートが実現したとしましょう。

その女性とできれば交際したいと考えている男性が、相手女性に大いに関心を持っていることは言うまでもありません。

「彼女のことをたくさん知りたい」と思っているわけですから、その女性の話すことには、内容に興味があってもなくても、積極的に耳を傾けるはずです。

逆に、相手に関心を持てない場合は、その人の話を真剣に聞こうとはしなくなります。

適当に話を聞き流し、ちゃんと話を聞こうとしないのは、話しかけている相手そのものに関心がないからなのです。

3. 人の話を聞く必要はないと思っている

人の話を聞く必要はないと思っている

人が何か自分の意見を述べているとしましょう。

その意見が自分とはちがうものだったとします。

その場合、ふつうはその意見もひととおり聞いた上で、話し合うということをするものです。

しかし、自信過剰な男性の中には、自分とは違う意見を聞こうとしない人が少なくありません。

自分の意見に絶対の自信を持っていて、自分とは違う意見はまちがっていると決めつけています。

そのため、「人のまちがった意見を聞く必要はない」と考えているのです。

自信があり、自分の意見や考えだけが正しいと思っているため、それとは違う意見や考えを聞く必要はないと思っていること、これも、人の話を聞こうとしない男性の心理の一つと言っていいでしょう。

4. 人の話を聞くよりも自分の話をしたい

人の話を聞くよりも自分の話をしたい

人の話を聞かない男性には、おしゃべりで話好きな人もいます。

人の話を聞かないのですから、人と話をすること自体が嫌いなのかと思うと、実はそうでもないケースもあるのです。

こういうタイプの男性は、人の話を聞くことをたいくつと感じ、「それよりも、自分の話をしたい」と考えています。

相手が何か話をしていても、それには上の空で、「早く自分の話をしたい」と思っているのが、このケースでの、人の話を聞かない男性の心理ということになるでしょう。

5. 悩みや問題を抱えていて、いつも考えごとをしている

悩みや問題を抱えていて、いつも考えごとをしている

人間は、何か深刻な悩みや問題を抱えていると、そのことで頭がいっぱいになって、人の話を聞く余裕がなくなってしまうものです。

人には隠している健康不安があるとか、家族に大きな問題が生じているとか、仕事のことで深刻な悩みを抱えているというような場合、そのことに気を取られて、人の話を聞けなくなってしまうことが少なくありません。

ですから、いつも話を聞かない男性には、常に頭を支配している問題があって、いつもそのことに関して考え事をしているという心理もあるのです。

まとめ

いつも話を聞かない男性の心理を、ここでは5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、男性の心理を知るための参考になさってください。

こちらが話かけても、いつも話を聞かない男性が少なくありません。

どうして話を聞こうとしないのか、そういう男性はどんな心理をもっているのか見ていくことにしましょう。


相手の話に興味がない

いつも話を聞かないような男性でも、すべての人のすべての話を聞こうとしないというわけではありません。

たとえば、野球が大好きな男性が、自分の好きなプロ野球チームの話や、ファンの選手の話をされれば、大いに興味をもって、その話に耳を傾けることでしょう。

つまり、自分の興味のある話は積極的に聞こうとするわけです。

逆に、興味を持てない話には耳を傾けようとしません。

ですから、「いつも話を聞いてくれない」と思う場合、こちらの話す話題が、いつも相手の男性の興味のないものばかりということが考えられます。

相手の話に興味がないこと、これが人の話を聞かない男性の心理と言うことになるでしょう。

相手に関心がない

話の内容以前に、話しかけられている相手に関心がないというのも、いつも話を聞かない男性の心理と考えていいでしょう。

たとえば、好意を寄せている女性とのデートが実現したとしましょう。

その女性とできれば交際したいと考えている男性が、相手女性に大いに関心を持っていることは言うまでもありません。

「彼女のことをたくさん知りたい」と思っているわけですから、その女性の話すことには、内容に興味があってもなくても、積極的に耳を傾けるはずです。

逆に、相手に関心を持てない場合は、その人の話を真剣に聞こうとはしなくなります。

適当に話を聞き流し、ちゃんと話を聞こうとしないのは、話しかけている相手そのものに関心がないからなのです。

人の話を聞く必要はないと思っている

人が何か自分の意見を述べているとしましょう。

その意見が自分とはちがうものだったとします。

その場合、ふつうはその意見もひととおり聞いた上で、話し合うということをするものです。

しかし、自信過剰な男性の中には、自分とは違う意見を聞こうとしない人が少なくありません。

自分の意見に絶対の自信を持っていて、自分とは違う意見はまちがっていると決めつけています。

そのため、「人のまちがった意見を聞く必要はない」と考えているのです。

自信があり、自分の意見や考えだけが正しいと思っているため、それとは違う意見や考えを聞く必要はないと思っていること、これも、人の話を聞こうとしない男性の心理の一つと言っていいでしょう。

人の話を聞くよりも自分の話をしたい

人の話を聞かない男性には、おしゃべりで話好きな人もいます。

人の話を聞かないのですから、人と話をすること自体が嫌いなのかと思うと、実はそうでもないケースもあるのです。

こういうタイプの男性は、人の話を聞くことをたいくつと感じ、「それよりも、自分の話をしたい」と考えています。

相手が何か話をしていても、それには上の空で、「早く自分の話をしたい」と思っているのが、このケースでの、人の話を聞かない男性の心理ということになるでしょう。

悩みや問題を抱えていて、いつも考えごとをしている

人間は、何か深刻な悩みや問題を抱えていると、そのことで頭がいっぱいになって、人の話を聞く余裕がなくなってしまうものです。

人には隠している健康不安があるとか、家族に大きな問題が生じているとか、仕事のことで深刻な悩みを抱えているというような場合、そのことに気を取られて、人の話を聞けなくなってしまうことが少なくありません。

ですから、いつも話を聞かない男性には、常に頭を支配している問題があって、いつもそのことに関して考え事をしているという心理もあるのです。

いつも話を聞かない男性の心理を、ここでは5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、男性の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-