【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180120090303.html
暗い男性を好きになる女性の心理

暗い男性を好きになる女性の心理 | LADYCO

LADYCO
暗い男性を好きになる女性の心理

誰がみても暗いと思わせる男性って意外と多いものです。

そして、このタイプを好む女性はどんな心理をしているのか、探ってみましょう。

  • 神秘的なものが大好き
  • 癒し系にみえる
  • 母性愛が芽生える
  • 素直であると感じる
  • ギャップを楽しみたい
  • まとめ

1. 神秘的なものが大好き

神秘的なものが大好き

暗い男性ってどこか神秘的に見えるんですよね。

それは女性とは正反対の側面をもっている場合、とくに当てはまることです。

つまり、暗い男性が好きなタイプの女性は、意外と思われるかもしれませんが、とても明るいタイプの人が多いのです。

自分には持ち合わせていない側面を絶えず持っている男性たちに彼女たちは無意識のうちに惹かれるのです。

「いったい何が彼をそこまで暗くしているのか」、その真実を探りたくて女性はうずうずするという不思議な心理が働いてしまうのです。

2. 癒し系にみえる

癒し系にみえる

人は疲れたときに癒してくれる人が近くにいるととても落ち着くものです。

考えてみればわかることですが、女性が落ち込んでいるときに、明るくしている男性はなんとなく軽く見えてしまいがちです。

それに比較して、暗いタイプの男性は、女性にとっては共感してもらえていると感じやすいものです。

こちらが精神的にダメージを受けているのに男性が妙に明るく振舞っていると苛立ちさえ覚えますからね。

ですから、暗い男性の存在は、多くの女性にとっては癒される存在となっている場合が多いと言えるでしょう。

彼らは何も飾らず、ただ黙って見守ってくれる、そんなさりげない優しさがあるように女性からは感じやすいのです。

3. 母性愛が芽生える

母性愛が芽生える

明るいタイプの男性はどちららかと言うと、一人で放っておいても大丈夫と思えるタイプでしょう。

しかし、暗いタイプの男性は、女性側からすると見えない部分が多く不安を感じるため、母性本能のスイッチがオンになりやすく、自然とかまいたくなる心理が働きます。

「自分がいないとこの男性は強くなれない」とか「自分がいることで彼の心を安定させてあげている」などと、無意識下で母性愛が女性に働きやすくなるということです。

本来であれば、女性側が男性に見守ってほしいものですが、暗い男性を好むタイプの女性は母性本能が働く反面、精神的にはとても自立した男性的な面を兼ね備えた人が多いと言えるでしょう。

4. 素直であると感じる

素直であると感じる

これは意外と思われるかもしれませんが、暗い男性は神秘的な面をもっているように見えはするものの、じつは嘘をつくのが下手であると、このタイプが好きな女性は感じるものです。

彼らは自分の表情や内面を巧みに表現することが苦手な傾向が強いため、女性側としてはこのタイプの男性は、表現力の高い男性よりは自分に素直であると感じやすいのです。

嘘をついたとしてもすぐにばれる、もしくはばれやすいのが暗い男性であるため、女性は自分に忠実であると感じやすく、一緒にいて安心できる存在と思えるわけです。

5. ギャップを楽しみたい

ギャップを楽しみたい

暗い男性が好きなタイプには明るい女性が多いものです。

彼女たちは、どちらかというと好奇心旺盛なタイプで、自分とは同じタイプの男性を好みません。

人生において、自分とは正反対の男性とお付き合いするほうが人生の幅が広がり楽しいと感じるからです。

つまり、精神的にはとても大人の女性が多いと言えるでしょう。

彼女たちは周囲の同性からは「なぜ彼と一緒にいるの」と不思議がられることもよくあります。

しかし、彼女たちにとってはそれこそが嬉しい一言なのです。

意外性を強調されることに満足さえ覚えると言ってよいでしょう。

まとめ

誰がみても暗いと思わせる男性って意外と多いものです。

そして、このタイプを好む女性はどんな心理をしているのか、探ってみましょう。

誰がみても暗いと思わせる男性って意外と多いものです。

そして、このタイプを好む女性はどんな心理をしているのか、探ってみましょう。


神秘的なものが大好き

暗い男性ってどこか神秘的に見えるんですよね。

それは女性とは正反対の側面をもっている場合、とくに当てはまることです。

つまり、暗い男性が好きなタイプの女性は、意外と思われるかもしれませんが、とても明るいタイプの人が多いのです。

自分には持ち合わせていない側面を絶えず持っている男性たちに彼女たちは無意識のうちに惹かれるのです。

「いったい何が彼をそこまで暗くしているのか」、その真実を探りたくて女性はうずうずするという不思議な心理が働いてしまうのです。

癒し系にみえる

人は疲れたときに癒してくれる人が近くにいるととても落ち着くものです。

考えてみればわかることですが、女性が落ち込んでいるときに、明るくしている男性はなんとなく軽く見えてしまいがちです。

それに比較して、暗いタイプの男性は、女性にとっては共感してもらえていると感じやすいものです。

こちらが精神的にダメージを受けているのに男性が妙に明るく振舞っていると苛立ちさえ覚えますからね。

ですから、暗い男性の存在は、多くの女性にとっては癒される存在となっている場合が多いと言えるでしょう。

彼らは何も飾らず、ただ黙って見守ってくれる、そんなさりげない優しさがあるように女性からは感じやすいのです。

母性愛が芽生える

明るいタイプの男性はどちららかと言うと、一人で放っておいても大丈夫と思えるタイプでしょう。

しかし、暗いタイプの男性は、女性側からすると見えない部分が多く不安を感じるため、母性本能のスイッチがオンになりやすく、自然とかまいたくなる心理が働きます。

「自分がいないとこの男性は強くなれない」とか「自分がいることで彼の心を安定させてあげている」などと、無意識下で母性愛が女性に働きやすくなるということです。

本来であれば、女性側が男性に見守ってほしいものですが、暗い男性を好むタイプの女性は母性本能が働く反面、精神的にはとても自立した男性的な面を兼ね備えた人が多いと言えるでしょう。

素直であると感じる

これは意外と思われるかもしれませんが、暗い男性は神秘的な面をもっているように見えはするものの、じつは嘘をつくのが下手であると、このタイプが好きな女性は感じるものです。

彼らは自分の表情や内面を巧みに表現することが苦手な傾向が強いため、女性側としてはこのタイプの男性は、表現力の高い男性よりは自分に素直であると感じやすいのです。

嘘をついたとしてもすぐにばれる、もしくはばれやすいのが暗い男性であるため、女性は自分に忠実であると感じやすく、一緒にいて安心できる存在と思えるわけです。

ギャップを楽しみたい

暗い男性が好きなタイプには明るい女性が多いものです。

彼女たちは、どちらかというと好奇心旺盛なタイプで、自分とは同じタイプの男性を好みません。

人生において、自分とは正反対の男性とお付き合いするほうが人生の幅が広がり楽しいと感じるからです。

つまり、精神的にはとても大人の女性が多いと言えるでしょう。

彼女たちは周囲の同性からは「なぜ彼と一緒にいるの」と不思議がられることもよくあります。

しかし、彼女たちにとってはそれこそが嬉しい一言なのです。

意外性を強調されることに満足さえ覚えると言ってよいでしょう。

誰がみても暗いと思わせる男性って意外と多いものです。

そして、このタイプを好む女性はどんな心理をしているのか、探ってみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-