【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180115173432.html
ピンクが好きな人の深層心理

ピンクが好きな人の深層心理 | LADYCO

LADYCO
ピンクが好きな人の深層心理

ピンクと言えば女性の色というイメージが強いですが、ピンクが好きな人に隠された6つの深層心理についてみてみましょう。

  • 美への強い憧れがある
  • 愛情が深く優しい
  • 愛されたい願望が強い
  • 繊細で傷付きやすい
  • 現実逃避をしたい
  • 甘え上手
  • まとめ

1. 美への強い憧れがある

美への強い憧れがある

ピンクと言えば女性の色を連想するように、ピンクが好きな人は、人一倍美しいものへの憧れが強い傾向にあります。

特に女性でピンクが好きな場合は、女性以上として生まれてきた以上、男性にはない女性ならではの魅力を、常に持っていたいと思っています。

美意識が高いので、ファッションにしてもお化粧にしても、自分のスタイルにしても、いつもパーフェクトで美しくありたいと考えているのです。

スキンケアやヘアケアなど、美容に対する興味も旺盛です。

歳を重ねても、いつまでも若々しくいたいという願望も強くあります。

実際に、ピンクには女性ホルモンを活発にするような効果があるので、上手にピンクを使うのはおすすめです。

また、ピンクが好きな女性は、男性から魅力的な存在だと思われることを意識している為、ファッションにも上手にピンクを取り入れ、男性ウケのいい服装をしているのです。

女子力が高いといわれるタイプの女性には、ピンクが好きな人が多いでしょう。

2. 愛情が深く優しい

愛情が深く優しい

ピンクはよくハートの色としても使われますが、ピンクが好きな人はとても愛情深い人です。

母親のような大きな愛で、とことん人を包み込めるような一面を持っているのです。

広くて優しい心を持っているので、自分のことは後回しにして、相手のことを優先してしまうようなことも多いでしょう。

周囲からは、優しい人という印象を持たれているはずです。

誰に対しても愛情を持って接しますが、特に好きな異性に対しては、どんな時でも大きな愛で接することができます。

その為、付き合っている相手は大きな安心感や幸福感を得ることができるはずです。

相手を思い遣る気持ちはもちろん大事ですが、自分のこともしっかりと愛してあげましょう。

3. 愛されたい願望が強い

愛されたい願望が強い

ピンクが好きな人は、自分が愛情深い分、自分も同じように愛されたいという願望を強く持っています。

恋愛運を上げるにはピンクを身に付けるといいとよく言われますが、これは自分が愛情を求めているという、異性への強いアピールになるからです。

付き合う前はいつもピンクを好んで着ていたものの、恋人ができ付き合ったり結婚をしたりして落ち着くと、意識していなくても、不思議とピンクを着なくなったというようなこともあるくらいです。

また、たとえ結婚をしていたとしても、相手から十分に愛されていないと孤独を感じているような場合は、無意識にピンクを選んでいる場合が多いでしょう。

4. 繊細で傷付きやすい

繊細で傷付きやすい

ピンクが好きな人は、とても繊細で傷付きやすいガラスのようなハートの持ち主です。

人よりも愛情が深い分、自分の気持ちが相手に伝わらなかった場合には、一人で深く傷ついてしまうことが多いのです。

人を思い遣る優しい心を持っている分、周囲の人の気持ちを考えることができるので、人が自分をどう思っているのかなどを敏感に察することができ、それが逆に自分を苦しめてしまうようなこともあるでしょう。

ちょっとした相手の態度や言葉に反応して、いつまでも悩み続けることもあります。

とても繊細なので、一度深く傷ついた時には、簡単には立ち直れないはずです。

5. 現実逃避をしたい

現実逃避をしたい

ピンクを好む人は、心のどこかで現実から目を背けたいと考えているところがあります。

もともとピンクが好きな人はとてもロマンチストなので、自分の理想としている世界を頭の中で妄想することで、その世界にどっぷりと浸っていることが多いのです。

その為、実際に何か辛いことがあれば、その現実を直視して受け止めることができず、現実逃避をしてしまうのです。

そうすることで、心のバランスを取っているのでしょう。

ピンクが特別好きではないという人でも、もし現実の世界で苦しいことや逃げ出したいようなことがあった場合には、自然と心のどこかでピンクを求めているはずです。

6. 甘え上手

甘え上手

ピンクが好きな人はとても甘え上手です。

基本的に依頼心が強いので、友達、親、同性異性に関わらず、誰に対しても自然と上手に甘えることができる性質を持っています。

甘えることは悪いことだと考えていないので、躊躇なくどんどん人に頼ることができるでしょう。

甘えることが苦手な人からすると、それはすごい能力に見え、羨ましく感じるかもしれません。

周囲の人からも、甘え上手な人という印象を持たれているはずです。

しかし、あまりにそれが行き過ぎてしまうと、鬱陶しく感じて嫌がられてしまう可能性もあるでしょう。

依頼心が強過ぎる為に、自分で何とかしようとする姿勢を失ってしまうというのは考えものです。

まとめ

ピンクは愛情深くて幸せな色と言われますが、あまりにもその傾向が強過ぎると裏目に出てしまうこともある色です。

ピンクが好きという人は、程よくピンクを取り入れるようにしましょう。

ピンクと言えば女性の色というイメージが強いですが、ピンクが好きな人に隠された6つの深層心理についてみてみましょう。


美への強い憧れがある

ピンクと言えば女性の色を連想するように、ピンクが好きな人は、人一倍美しいものへの憧れが強い傾向にあります。

特に女性でピンクが好きな場合は、女性以上として生まれてきた以上、男性にはない女性ならではの魅力を、常に持っていたいと思っています。

美意識が高いので、ファッションにしてもお化粧にしても、自分のスタイルにしても、いつもパーフェクトで美しくありたいと考えているのです。

スキンケアやヘアケアなど、美容に対する興味も旺盛です。

歳を重ねても、いつまでも若々しくいたいという願望も強くあります。

実際に、ピンクには女性ホルモンを活発にするような効果があるので、上手にピンクを使うのはおすすめです。

また、ピンクが好きな女性は、男性から魅力的な存在だと思われることを意識している為、ファッションにも上手にピンクを取り入れ、男性ウケのいい服装をしているのです。

女子力が高いといわれるタイプの女性には、ピンクが好きな人が多いでしょう。

愛情が深く優しい

ピンクはよくハートの色としても使われますが、ピンクが好きな人はとても愛情深い人です。

母親のような大きな愛で、とことん人を包み込めるような一面を持っているのです。

広くて優しい心を持っているので、自分のことは後回しにして、相手のことを優先してしまうようなことも多いでしょう。

周囲からは、優しい人という印象を持たれているはずです。

誰に対しても愛情を持って接しますが、特に好きな異性に対しては、どんな時でも大きな愛で接することができます。

その為、付き合っている相手は大きな安心感や幸福感を得ることができるはずです。

相手を思い遣る気持ちはもちろん大事ですが、自分のこともしっかりと愛してあげましょう。

愛されたい願望が強い

ピンクが好きな人は、自分が愛情深い分、自分も同じように愛されたいという願望を強く持っています。

恋愛運を上げるにはピンクを身に付けるといいとよく言われますが、これは自分が愛情を求めているという、異性への強いアピールになるからです。

付き合う前はいつもピンクを好んで着ていたものの、恋人ができ付き合ったり結婚をしたりして落ち着くと、意識していなくても、不思議とピンクを着なくなったというようなこともあるくらいです。

また、たとえ結婚をしていたとしても、相手から十分に愛されていないと孤独を感じているような場合は、無意識にピンクを選んでいる場合が多いでしょう。

繊細で傷付きやすい

ピンクが好きな人は、とても繊細で傷付きやすいガラスのようなハートの持ち主です。

人よりも愛情が深い分、自分の気持ちが相手に伝わらなかった場合には、一人で深く傷ついてしまうことが多いのです。

人を思い遣る優しい心を持っている分、周囲の人の気持ちを考えることができるので、人が自分をどう思っているのかなどを敏感に察することができ、それが逆に自分を苦しめてしまうようなこともあるでしょう。

ちょっとした相手の態度や言葉に反応して、いつまでも悩み続けることもあります。

とても繊細なので、一度深く傷ついた時には、簡単には立ち直れないはずです。

現実逃避をしたい

ピンクを好む人は、心のどこかで現実から目を背けたいと考えているところがあります。

もともとピンクが好きな人はとてもロマンチストなので、自分の理想としている世界を頭の中で妄想することで、その世界にどっぷりと浸っていることが多いのです。

その為、実際に何か辛いことがあれば、その現実を直視して受け止めることができず、現実逃避をしてしまうのです。

そうすることで、心のバランスを取っているのでしょう。

ピンクが特別好きではないという人でも、もし現実の世界で苦しいことや逃げ出したいようなことがあった場合には、自然と心のどこかでピンクを求めているはずです。

甘え上手

ピンクが好きな人はとても甘え上手です。

基本的に依頼心が強いので、友達、親、同性異性に関わらず、誰に対しても自然と上手に甘えることができる性質を持っています。

甘えることは悪いことだと考えていないので、躊躇なくどんどん人に頼ることができるでしょう。

甘えることが苦手な人からすると、それはすごい能力に見え、羨ましく感じるかもしれません。

周囲の人からも、甘え上手な人という印象を持たれているはずです。

しかし、あまりにそれが行き過ぎてしまうと、鬱陶しく感じて嫌がられてしまう可能性もあるでしょう。

依頼心が強過ぎる為に、自分で何とかしようとする姿勢を失ってしまうというのは考えものです。

ピンクは愛情深くて幸せな色と言われますが、あまりにもその傾向が強過ぎると裏目に出てしまうこともある色です。

ピンクが好きという人は、程よくピンクを取り入れるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-